ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ラレーのロードバイク、買うならどれ!?クロモリの特徴とは

2017.4.18

ラレーのロードバイクといえばクロモリ特徴の細いフレームで美しく、手ごろな価格で手に入れられるため、初心者にも人気がある自転車です。

今回は、おすすめなラレーのロードバイクとクロモリフレームの特徴について、ご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

PINARELLOの2019年のロードバイクを一挙紹介!

PINARELLOのロードバイクは、ツール・ド・フランスなどの自転車レースにおいて、数々の勝利を...

ロードバイクのシートポストはオフセットの有無でどう違う?

ロードバイクに乗る方にとって、走りの快適さはとても重要ですよね。 それには、サドルの位置も大き...

ロードバイクのホイール交換に掛かる工賃を知りたい

ロードバイクの最初のカスタマイズは、ホイール交換が良いと言われています。 ホイールを交換すると...

シマノコンポのアップグレードは何のために行うのか?

ロードバイクの完成車のグレードはピンきりであり、特に付属パーツのレベル差は車体よりも激しいと言え...

105はSHIMANOコンポの中核を担う!2019モデルをご紹介

近年SHIMANOのロードバイク用コンポは、モデルチェンジが一定の周期になっています。 201...

ラレーのcrnを改造してお気に入りのロードバイクを造ろう

ラレーは、イギリスの老舗メーカーで、国内の新屋工業がライセンス契約を交わして、企画設計、販売をしてい...

シマノコンポのモデルチェンジ周期から未来の仕様を予測する

シマノのロードバイク用コンポは定期的にモデルチェンジが行われますが、それには周期があります。 ...

鍵を紛失!自転車の鍵の壊し方&高価ロードバイクの盗難対策

自転車の鍵を無くした経験ありませんか? ポケットやバッグに入れたつもりが、いつの間にか無くなっ...

シマノの油圧ディスクブレーキのパッド交換の方法と注意点

MTBは元より、最近はロードバイクにも多くなってきたのが油圧ディスクブレーキです。 メンテナン...

アンカーを代表するレースモデルRS9はブログでどう評価?

ブリヂストン・アンカーのフラッグシップモデルと言えば、レースモデルのハイエンドグレード「RS9」...

トレックのロードバイクは定価販売!ではなぜセールがある?

トレックを始めとする大手スポーツバイクメーカーは、ロードバイクなどを通常では値引き販売しません。 ...

歴史を彩る名作揃い!ピナレロ「ドグマ」を中古品で購入する

ピナレロと言えば「DOGMA(ドグマ)」と言えるほど、ドグマはすっかりフラッグシップモデルとして...

メリダ・スクルトゥーラ4000の2018モデルと2019モデルの違い

12月頃を超えてくると、各メーカーの新しいモデルのロードバイクも出揃い、店頭にも並んでいきます。...

ロードバイクのホイールを外してみましょう~外し方を紹介

皆さんはロードバイクのホイールを外したことがありますか? タイヤのパンク修理やハブのメンテナン...

コルナゴの2017年モデルのカタログで、おすすめのバイクは?

「コルナゴ」は、数ある自転車メーカーの中でもイタリアを代表とする、トップメーカーの一つです。 ...

スポンサーリンク

クロモリフレーム!おすすめなラレーのロードバイクCRN

初めてのロードバイクなら、ラレーのCRNが良いでしょう。

クロモリのロードバイクの特徴の「細さ」と「ホリゾンタルフレーム」を安価な値段で買えるのは、ラレーのCRNです。
持っているだけで良い気分になれるデザインです。

しかし、ガッツリと走りたい人には、あまり向かないでしょう。

その理由は、コンポがミックスだからです。
ブレーキ、シフター、リアディレーラーはシマノ105で、それ以外はシマノティアグラです。

シマノ105は、ティアグラよりもグレードが高いため、ブレーキ、シフター、リアディレーラーの性能は良いです。
ミックスでも大丈夫な人なら、満足できるスペックでしょう。

スピードについてですが、タイヤは細ければ細いほど、スピードが出るのですが、ロードバイクでよく見られるのは、「23C」という表記(タイヤの幅)です。

しかし、ラレーのCRNに付属のタイヤは「25C」です。
23Cよりもやや太い幅になるので、安定感はあるでしょう。

もう少しグレードを上げるならラレーCRFのロードバイク!

さらに5万円くらい予算があれば、CRFが買えます。
CRFは、コンポが全てシマノの新105であるため、リア11速の22 Speedになります。

フォークもカーボンで、コストパフォーマンスが素晴らしいロードバイクです。
16万円でこのスペックなのは最高と言えるでしょう。

ロードバイクの初心者は、ロードバイク以外のアイテムも買わないといけないので、ロードバイク以外にもお金が掛かります。

予算が15万円くらいであれば、ラレーのCRN、20万円くらいならラレーのCRFをおすすめします。

シマノ105を使っているため、レースにも使えるポテンシャルがあります。
日本の新家工業(株)が企画・製造・販売をしているため、ARAYA製の良質なホイールが使われています。

そして、レイノルズ631のチューブが使われています。
乗り心地が快適で、シフトチェンジもとても楽です。

クロモリのロードバイクを購入したい人は、ラレーのCRNやCRFを考えてみることをおすすめします。

ラレーのフレーム、クロモリってどんな素材?

ラレーのフレームに使われているクロモリは、どのような素材なのかご紹介していきます。
自転車のフレーム素材は、カーボン、アルミ、クロモリが主な素材です。

チタン、ステンレスなどもあるのですが、主なものはこれらの3種類です。

クロモリは、クロムモリブデン鋼を略したものです。
クロムとモリブデンを添加した鋼になります。

メリットは、アルミよりも衝撃吸収性と乗り心地が良いところでしょう。
しかし、鉄であることに変わりはないので、カーボンやアルミより重いのがデメリットです。

グレードが高いものは、剛性が高いものも多いですが、クロスバイクやロードバイクのミドルグレード以下のクロモリは、衝撃吸収性が高いことが多いです。
また、丈夫なためカーボンのように割れたり折れたりしません。

スポーツ自転車の初心者は、気を使いたくないならクロモリかアルミにすると良いでしょう。
フルカーボンより、価格も安くなります。

フルカーボンのロードバイクは、30万円程かかりますが、クロモリの場合は10万円程で買うことができるでしょう。

クロモリのロードバイクは乗り心地がいい

ラレーのクロモリのロードバイクの乗り心地はしなやか、という感じです。

アルミは軽くて柔らかいのですが、自転車のフレームに使うと強度を保つために、厚く太くなってしまいます。
そのため、走りがボテッとした感じになります。

カーボンはクロモリよりかなりの弾性がありますが、これがブリブリ感を生じて独特の乗り心地になります。
そのため、短距離では快適ですが、長距離の場合は気疲れしがちです。

クロモリフレームは、しなやかで適度な剛性感があるため、乗り心地が良いです。
このしなやかさと剛性感は、使うパイプの選択によって、自分でバランスを取ることができます。

ロードレースだけでなく、サイクリングや長距離走でも、このしなやかな乗り心地は最高です。

また、クロモリフレームには特有の振動吸収性があります。
クロモリフレームは、パイプで囲む三角形の面積が広いため、フレームがサスペンションやショックアブソーバーの役割をします。

そして、パイプの断面が円で縦にも横にもしなやかに動くため、むらなく振動を吸収してくれます。

クロモリのロードバイクは美しい!

ラレーのクロモリフレームの特徴は、パイプが円形断面で細いことです。
これが、ロードバイクの見た目をひきしめます。

デザインの点では、カーボンやアルミのほうが自由で革新的なスタイルのロードバイクが多いです。
しかし、自転車としての機能美があるのは、細いパイプだけで作られているクロモリフレームでしょう。

さらにクロモリのこの美しいスタイルを作り出しているのが、ホリゾンタルフレーム形状です。
ホリゾンタルフレームとは、トップチューブが地面と平行であるフレーム形状のことです。

そして、この伝統的なロードバイクのスタイルを美しく表しているのが、クロモリフレームです。
三角のフレームが囲む面積が大きいため、ボトルなどの取付けや使い勝手が良くなります。

しかし、パイプが太いスローピングフレームは、ボトルの水を飲むだけでも大変です。
また、肩で担ぐのも簡単ではありません。

しかし、クロモリフレームの場合は、そのような問題はないと言えます。

クロモリのロードバイクはフレーム長持ち!

ラレーのクロモリのロードバイクは、フレームがとても長持ちします。

クロモリフレームは、普通に使っていれば、数十年は使えるとも言われています。
ヒビが入ったり、割れたりする心配が少ないです。

その点、アルミフレームはラグレスとなるため、接合部分にヒビが入ってしまうことがあります。

また、カーボンフレームは縦への衝撃吸収性は素晴らしいのですが、横からの衝撃に弱いです。
レース中の落車で、フレームが割れたという話も耳にします。

さらにカーボンフレームが割れた場合は、断面がとても鋭いので、大きな怪我をしてしまうこともあります。
割れ方によっては、凶器のような鋭い断面になってしまうこともあります。

しかし、クロモリフレームの場合は、このようなことにはなりません。
錆にだけ注意しておけば、とても長持ちします。

また、クロモリフレームは、フルオーダーが可能なことも魅力です。
寸法においては、自分の寸法・体型に合うスケルトンを求めることができます。

そして、クロモリフレームは、ミリ単位の設定が可能です。

クロモリのロードバイクはメリットがたくさん

コスパもよく丈夫で乗り心地がいい!とされるクロモリフレーム。

少々重い、錆びてしまうことがデメリットですが、それを除いても買う価値のある素材だと思います。

今回は、そんなクロモリフレームを採用している、ラレーのロードバイクについてご紹介しました。

自転車の購入を考えている人は、ぜひクロモリの自転車を検討に入れてみてはいかがでしょうか。

 - ロードバイク