ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

カンパニョーロのユーラスをインプレしてみた結果とは!?

2017.3.30

カンパニョーロのユーラスは、カンパの中でも上位のモデルになります。

そのため、価格も10万円を超える高級ホイールです。

今回は、そんなカンパニョーロのユーラスをインプレッションしてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車が盗難に遭った!被害届はどうする?効果はあるの?

皆様は、自転車の盗難被害に遭った経験はありますか? 自転車の中でも高価なロードバイクは、盗難被害に...

ママチャリの改造は変速機で勝負!爽快な走りをゲットできる

ママチャリを改造し、クロスバイク仕様に近づける人が増えています。 サドルやハンドル、タイヤを交...

自転車をネットで購入した時は、防犯登録はどうするの?

自転車を安く買いたいと思ったらまずは、ネットで自転車を調べる方も多いのではないでしょうか。 実...

ツールド沖縄の魅力とは?2016年のレースを振り返ってみた!

皆さんは、沖縄県で毎年開催される「ツールド沖縄」を知っていますか? 沖縄では、沖縄の地形を生か...

意外と知らない?自転車のクランクとベアリングの重要性!

普段何気なく乗っている自転車。 その自転車も、数限りないパーツが緻密に組み合わさって、1つの乗...

ストライダーとへんしんバイクの比較!2歳児にはどちら?

お子さんが補助輪なしで自転車に乗れるようになるのをサポートするのは、親御さんも苦労することと思い...

デローザの2017年のカタログから注目のバイクをご紹介!

各メーカーの2018年モデルが、続々と発表されていますね。 そんな中、そろそろカタログの発...

サドルカバーを付けて雨の日の自転車ライフを快適にしよう!

雨の日でも自転車に乗る方は多いかと思いますが、サドルが濡れていると、うっとうしいですね。 また...

ツールド東北2015年と2016年レポート!復興支援が目的で人気

ツールド東北も2017年で5年目を迎えます。 参加しようか迷って費用や宿泊地の都合がつかず断念...

自転車のホイールバランスは重要!!振れ取りをしよう!

自転車メンテナンスのひとつとして、ホイールバランスの振れ取りがあります。 自転車は、少しの重さ...

カーボンフレームの特徴と、内部のクラックを調べる方法

カーボンといえば、スポーツバイクでも人気のあるフレームですね。 高価なカーボンですが、強い衝撃...

2kmって遠い?自転車で走ったらどのくらい時間が掛かる?

「自転車で2km走れ」と言われたら、皆さんはどう思いますか? 「しんどい」と感じますか? ...

高費用?低費用?パーツによってベアリング交換の値段は違う

ベアリングは機械が回転するための機構ことで自転車には豊富に使われています。 ペダル、BB、ホイ...

古くなった自転車を塗装!自分でやったら意外と簡単だった?

長く乗ってきた愛用の自転車。 まだまだ乗り続けていきたいけれど、ちょっと飽きたかも? そ...

自転車のパンク修理!後輪を外さず修理してみよう!

自転車に乗ると気付かない内にパンクしていた、なんてことがあると思います。 パンク修理に出すとお...

スポンサーリンク

カンパニョーロのユーラスの特徴は!?

まず、カンパニョーロのユーラスを他メーカーの製品と比較したインプレをご紹介します。

イタリアのメーカーであるカンパニョーロですが、アルミホイールのうち上位モデルと言えばユーラスです。

カムシンヴェントシロッコゾンダの次がユーラスです。
価格は12万円を超えますが、同価格帯のアルミホイールと言えばシマノのWH9000C24マビックキシリウムのSLSフルクラムのレーシングゼロなどがあり、競合の激しいグレードと言えます。

カンパニョーロのユーラスの基本スペックをご紹介します。

参考価格:   128000円
重量:     1465g
リム高:    前24㎜・後28㎜
リム素材:   アルミ
スポーク本数: 前16H・後21H

他のアルミホイールと比較してみると、リアのスポーク本数を見てわかる通りカンパニョーロの特徴でもあるG3組みを採用しているので、重量も1500gを切っており、アルミホイールとしては軽いと言えます。

ただし、重量だけで見る1400gを切っているシマノのデュラエースWH9000C24CLのほうが優れているようにも見えます
ただ、リムハイトがカンパニョーロのユーラスより若干低くスポーク本数もリアが一本少ないので剛性的にはやや低く柔らかいとも言われています。

軽いから優れていると断定できないのがアルミホイールの奥の深さでしょう。

カンパニョーロのユーラスをインプレ!①

次に、カンパニョーロのユーラスの音や上りのライド時のインプレをご紹介します。

第一印象としては、走り出すと回転が滑らかで気持ちよく回る感じがします。
そして、ラチェット音が静かです。

カンパニョーロのラチェット音は、大きな音というイメージがありますがほとんど無音に近いです。

マビックのキシリウムを使用した他の方に連結させていただいたことがあるのですが、ラチェット音がかなり大きくて後ろからプレッシャーをかけているようでした。

しかし、ユーラスはそのようなこともありません。

また、上りの印象ですが、上りのスピードは体調の良し悪しや風などの影響が少ないと考えています。
カンパニョーロのユーラスについて言うと、上りのスピードが1~2km/hくらい速くなった感じがします。

上りでこれほどスピードが速くなったことを感じたということは、確実に速くなっているということでしょう。
即ちホイールの重量が軽くなったことと回転が良いということの効果だと言えます。

1~2km/hのスピードアップは、タイムに換算すれば5分ほど速いということになります。
回転が滑らかで良く回るので、シッティング向きかなと思われますが、ダンシングしてもストレスなくスピードが伸びてゆく感じがします

カンパニョーロのユーラスをインプレ!②

続いは、カンパニョーロのユーラスの平地でのライドと剛性についてのインプレです。

平地では上りと違ってちょっとした風の違い、体調の良し悪しなど自転車の性能以外の影響を受けやすいので、カンパニョーロのユーラスの効果は実感しにくいです。

しかし、いつもなら自分のペースで走ると30km/hに届かないことも多いのですが、ふと気が付くと30km/hを楽に超えていたりします

これはよく回るハブ極太のきしめんのようなスポークほんのちょっと高いリムハイトによる空力抵抗効果でスピードが伸びている証拠かもしれません。

剛性についてですが、まずラジアル方向の剛性はキシリウムエキップよりソフトライドになっています

それによって剛性が低いとは言い切れませんが、キシリウムエキップよりは明らかに乗りやすいです。
そのため、ロングランには適しています

しかし、回転方向の剛性は、キシリウムエキップほど高くないようです。
そのため、パワーで走る方やレーサー志向の方にはインパクトが足りなくて物足りなく感じるかもしれません

横方向の剛性については、剛性が分かるようにスピードを出さないので分かりませんでした。

カンパのユーラスはヒルクライム向き!インプレ結果!

カンパニョーロのユーラスは、先ほどのインプレでもお伝えした通りヒルクライム向けのホイールだと感じます。

ヒルクライムに関しては、剛性が高いからか重量が軽い影響からか軽快に上っていけます。
また、下り坂も安定して走れるので剛性の高さによる影響はありそうです。

平地巡行に関しては、同じ価格帯のアルミホイールと大差はないように感じます。

ディープリムほどはリムハイトが高いわけではなく、スポーク本数も最近は他のメーカーのアルミホイールもカンパニョーロのユーラスのように前16本というのが主流となっているので、大きなアドバンテージはないように感じます。

また、同じカンパニョーロのゾンダのような価格の低いアルミホイールと比べると、重量が軽いので漕ぎ出しは軽快に感じます。
ただし、同価格帯の他のメーカーのアルミホイールに比べても漕ぎ出しにそれほど大きな違いは感じられませんでした。

カンパニョーロのユーラスの総合的なインプレとしては、上位モデルのアルミホイールに引けを取らないという感じです。
見た目が良い重量の軽さチューブレス対応といいことだらけのカンパニョーロのユーラスなので非常におすすめです。

カンパニョーロのユーラスとゾンダを比較!!

カンパニョーロの主力アルミホイールであるユーラスとゾンダを比較したインプレをご紹介します。

どちらも良いアルミホイールですが価格の面から言えば高価なユーラスの方が良いのは当然だと思われるかもしれません。

そこでスペックを比較してみましょう。

ユーラスとゾンダのスポーク数は前が16本後が21本と同じで、スポークパターンも同じです。

リアはどちらもカンパニョーロ特有のG3で、リム高も前が24、後が30で同じです。

ハブ形状ハブ素材も同じとなってます。

それでは、何が違うのかというとスポークの材質です。
ユーラスはアルミで、ゾンダはステンレスです。

小さな違いと思われるかも知れませんが、これが大きな違いなのです。

ステンレススポークの方がどちらかと言えばしなやかで、その分コーナリング衝撃吸収性は高いです。

アルミスポークの方は、しゃっきりとした乗り味になります。
具体的に言えば力の伝わり方加速性剛性などはアルミのユーラスの方が上です。

そのため、ヒルクライムでの反応性もいいと言えます。

まとめてみると、ロードレースに出たい、普段からとにかく速く走りたいという方はユーラスを、ロングライドなどで乗り心地のみを求めるならばゾンダがいいでしょう。

カンパといえば爆音ホイール!実際は?

最後に、多くの人が気になるカンパニョーロのユーラスのラチェット音についてのインプレです。

爆音と呼ばれるほどラチェット音が大きいというイメージのあるカンパニョーロのホイールですが、この爆音が好きな方もいらっしゃるでしょう。
逆に苦手な方もいらっしゃるかと思います。

しかし、先ほどもお伝えしましたがユーラスに乗ってみると音がほとんどせずに無音に近いことが分かります。
音が小さくなった要因はハブ内のグリスにあります。

以前のカンパニョーロホイールは、ハブにほとんどグリスを詰めていなかったことで音が大きかったのです。

それでは、このようになったのは何故かというと、生産された工場出荷後、倉庫、世界中の代理店とわたる間があり、販売店でも長いこと在庫として眠っていることもありました。

そこから消費者に商品が届くまでの間にグリスは劣化していきます。
レース用の機材であるため、グリスの劣化と言えども大きな問題となります。

そのため、販売店が消費者に販売するときにはハブ内部にグリスが詰めてありません。
そこで最近になってカンパニョーロも工場から出荷する時にグリスを詰めることになったということです。

つまり、ラチェット音の大きなカンパニョーロのホイールは、ハブの内部にグリスが詰められていなかった時代のものということになります

カンパのユーラスはヒルクライム向き

カンパニョーロのホイールの種類で、悩む方もいらっしゃると思いますが、剛性が高い分、簡単にご説明するとユーラスはヒルクライム向きということです。

また、早く走りたい!という方にも、ユーラスはおすすめです。

乗り心地のみを求める方は、ゾンダで十分かもしれませんね。

 - 自転車全般