ラレーのミニベロrsmの特徴!女性におすすめな理由とは

ラレーのミニベロの中で、rsmは街乗りをする女性におすすめのモデルです。

そんなラレーのrsmの特徴をご紹介していきます。

ラレーのrsmは、女性にうれしいミキストフレーム採用です。
このフレームで、街乗りがもっと楽しくなること間違いなし!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

mtbでトレイルライドに挑戦!安全に楽しく京都を走ろう!

mtbで林道を走って峠からの景色を楽しむトレイルライドが、最近人気です。山道を安全に走行する...

ママチャリのチェーンのたるみの原因!放っておくと危険!?

ママチャリでも、どんな自転車にもついているチェーン。このチェーンの点検は行っていますか?...

自転車の新品と中古では、どっちを購入する方がいいのか?

みなさんは自転車を購入される際にどういった検討をされるでしょうか?自転車ショップやホーム...

自転車が盗難されてしまったら、盗難サイトを利用しよう!

年々増えてきている自転車の盗難。以前は「ちょっとそこまで~」と移動目的で盗難されるのが多かっ...

ハンドルをブルホーンにした場合stiレバーを使用できる?

ブルホーンは、先端が「牛の角」のように、前方に突き出ているハンドルのことです。トライアス...

ホイールやクランクのスプロケット、ギア比や歯数の違いは?

自転車のリアホイールやクランクに付いている、スプロケットをご存知でしょうか?スプロケットの歯...

乱立する規格、混迷極めるホイールの互換性!鍵は「ハブ径」

つい先日、カンパニョーロから12段変速のコンポが発表され、ますますパーツ選択の幅が広がっています。...

自転車の移動時間は気にせず距離を伸ばすことを考えてみよう

皆さんは「自転車で10キロ走る」と言われたら、どのように思うでしょうか?また「40分走る...

諸説あり!「チャリンコ」という自転車の呼び名の由来は!?

みなさんは自転車のこと何と呼んでいますか?チャリやチャリンコ、東海地方出身の方ならケッタでし...

ストライダーのグリップをカラーで彩りたい!外し方を教えて

ストライダーは車体のカラーはバリエーションが豊富ですが、パーツの色は標準装備では全部黒色です。...

フラットバーにバーエンドバーを!取り付け方法をご紹介

mtbやクロスバイクのフラットバーハンドルは、小回りが利いて操作性には優れています。しか...

自転車の古いタイヤを新品タイヤに交換するタイミングとは?

みなさん、楽しい自転車ライフをいかがお過ごしなされてるしょうか? 通勤・通学、近所への買い物...

ストライダーの類似品がトイザらスに?キックバイク選び方

今回は間違って認識している方も多いと思われる、「ストライダー」について詳しくお話していきます。...

ママチャリタイヤの空気圧はどうやって測ればいいの!?

ママチャリについている英式バルブは、空気圧が測定できない構造になっています。しかし、ママチャ...

ピカールの使い方は簡単!ロードバイクの錆取りにも効果的

ピカールは金属磨きをするときに便利で、たくさんのご家庭に常備されていると思います。ロードバイ...

スポンサーリンク

ミニベロってどんな自転車?

ラレーのミニベロであるrsmは、オシャレでコンパクトな外見が老若男女から愛されています。
そこで、ここではミニベロに詳しくご説明していきましょう。

ミニベロとは、フランス語での呼び名で、小さな自転車という意味です。
日本では、小径車という名で呼んできました、タイヤが20インチ以下の小さな自転車の事をミニベロといいます。

ミニベロのラインナップは豊富で数種類のタイプがあります。

スポーティータイプのミニベロは、走行性能に優れています。
オシャレタイプのミニベロは編みカゴが可愛らしいです。
万能タイプのミニベロは実用的な機能に溢れています。
ユニークタイプのミニベロは変わり種で個性が光っています。

このように個性豊かなラインナップもミニベロの魅力いえるでしょう。

また、ミニベロはタイヤ小さいがためにタイヤの耐久性に不安を持つ方もいらっしゃいますが、心配する必要はありません。

クロスバイクやロードバイク等と比べると、走行性能やタイヤの大きさに差がある事も確かです。

しかし、このタイヤの小ささのおかげで、ミニベロの車体自体を軽量にすることができ、軽いペダルタッチや取り回しの軽量感を出すことができるので、高く評価されています。

ミニベロに走行性能を求めたい方は、それに見合ったモデルを選ぶと良いでしょう。
また、ミニベロは、タイヤが小さいので、変速機が必須の機能となっています。

ミニベロが人気な理由って?

このようにミニベロが老若男女を問わずに人気がある秘密は、可愛らしくてコンパクトなのにオシャレさを感じさせる外見にあります。

ミニベロは、籐風の網カゴや砲弾型のライト、レザー調のパーツなどモデルごとのこだわりや個性に溢れています。
このように様々なパーツを搭載しているので、通勤・通学に買い物からサイクリングまで、どんなシーンでも活躍できます。

ミニベロは、車体が小さくて軽量の為に、軽めのギア比であれば、最初の漕ぎ出しが物凄く軽く感じられます。
このことから交差点などで停車・発進もスムーズに行えるので街乗りの方にはおすすめです。

また、駐輪もスムーズに行えます。
軽量で、かつ小柄なので自宅マンションのエレベーターに乗せたり、駅周辺の駐輪場での持ち上げも楽におこなえます。

このようにトータル的に見てみると、毎日の使用の負担がとても少ない自転車なのです。

外見的には、スポーツ車やシティサイクルと比較してみると、個性的な車種が多いです。
このことからデザイン性も良く、可愛らしいものから格好良いものまであるのです。

カラーもパーツもカスタマイズが比較的簡単で、自分のセンスに染めることができることも良いところでしょう。

個性的なモデルを選ぶも控えめなモデルを選ぶも選択肢の幅があります。
そのなかでもラレーのrsmは、街乗りに最適で、人気があるモデルなので、次でご紹介していきましょう。

ミニベロのラレーのrsmは街乗りに最適!

ラレーは、イギリスで100年以上続く老舗ブランドで、ラレーのrsmはラレーの車種の中でも大人気のモデルです。

まずは、気になる価格帯ですが、どのくらいなのでしょうか?

ラレーのrsmの参考価格は、58,000円(税抜き)です。

また、カラーは4種類あります。
フレームはクロモリの420mmで、泥除けがついています。

重量は約11.4kgで、ギアは8段変速になっています。
適正身長は147~175cmです。

性能はこのような感じですが、rsmは乗りやすさも別格のモデルです。
入り組んだ小道や人通りが多い場所でも小回りがきくのでスイスイ走れます。

また、楽に変速できるグリップシフトに、握りやすさを考えて設計したライザーバー等、初心者への配慮がしっかりされています。

rsmは、他にもしっかりとブレーキが効くVブレーキやチェーンガード等もきちんと搭載して安全面もバッチリです。

また、ラレーのrsmは、クラシックな香りを大事にしつつ、クイルステムやスキンサイドのタイヤを採用するなど、ラレーらしさに溢れているモデルでもあります。

ラレーのrsmにも採用されているミキストフレームとは!?

最近は、自転車通勤をする人も増えています。

しかし、女性にとって自転車通勤は、困難を伴う場合も多いです。
その困難の一つが、スカートを履いて自転車に乗る事が難しいという事です。

女子中高生の時は、短い制服のスカートでも自転車に平気に乗る事ができました。
しかし、就職してリクルートスーツなどのタイトなスカートを履いて、自転車には乗りにくいものです。

そこで、女性にはミニベロをおすすめします。
ミニベロはフレームが全体的に低い為、漕ぐのが楽でスカートの引っ掛かり等もありません。

ラレーのrsmに使われているミキストフレームは、個性的なデザインと女性らしく感じさせる細いフレームを両立させています。
さらに、ミキストフレームは、女性もまたぎやすくできている等、女性の乗りやすさを追求したフレーム構造になっています。

rsmは、ラレーオリジナルの泥除け、ふかふかのサドル等、ラレーらしい乗り心地のよさと使いやすさを兼ね備えたモデルです。

ミニベロのラレーのrsmを試乗してみた!

ラレーのrsmは、女性におすすめのモデルだということをご紹介しました。
それでは、実際に私がラレーの新型ミニベロであるラレーrsmに乗ったときの感想を書いていきます。

ラレーのrsmは、個性的なミキストフレームが人気で、爽快感のある乗り心地を楽しめるモデルでした。
実際に乗ってみて感じたことは、ミニベロというよりもクロスバイクに近い乗り心地ということです。

優雅な乗り心地を楽しめて、価格が5万円台という驚きの価格設定です。
これだけの外見と性能と乗り心地を兼ね備えていての5万円台は、ハッキリ言って破格の値段でしょう。

クロスバイクの5万円台の製品よりも、rsmの方が性能もデザインも乗り心地も優れているように感じます。

乗って数分は、ハンドルが若干クィックに感じますが、すぐに慣れました。
感覚的には、10万円代のミニベロと比較しても遜色のない走行性能なのでは、と思わせてくれます。

さらにダブルレッグスタンドにフェンダーまで付いています。
これだけのスペックで5万円代は本当に驚きの価格でしょう。

乗りやすさはrsm。本格派を選ぶなら、ラレーのrsc!

ラレーは、ミニベロを制作してから半世紀が立ちます。

ラレーのrsmは、人気のモデルですが、本格的に自転車を楽しみたい方達からは、ラレーのrscに注目が集まっています。

ラレーのrscは、ラレーのrsr(アルミフレームのミニベロ)の後継に位置づけられているミニベロです。

クロモリロードとして新たに発売されたのです。
ラレーのrscは、20インチのミニベロですが、ラレーのクロモリロードを感じされる風格が漂っています。

ラレーと同じイギリスのブランドであるレイノルズのクロモリチューブを使って上質な乗り心地を保証しています。

フロントフォークは、振動吸収性の向上と軽量化を目的にカーボン製が採用されています。

シートチューブやワイヤーの取り回しにも、ラレーらしい気遣いが施されています。

最新のリア11段変速を誇るSHIMANO 105(5800系)をコンポーネントに採用していて、ミニベロを最大性能で走行させる為に、クランクはSUGINO RD-5000を採用しています。

このようにミニベロでも本格的に楽しみたいのであれば、ラレーのrscが良いでしょう。

ラレーのrsmは女性におすすめな自転車

ラレーのミニベロrsmは、ミキストフレーム採用で女性にも乗りやすく、おすすめな自転車です。

また、ミニベロといえば、おしゃれな見た目ですね。

おしゃれな見た目は、女性に重要な部分ではないでしょうか?

カゴを付けるなどすれば、より便利に街乗りを楽しめることでしょう。