ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ブルーノはミニベロが有名!おすすめ車種とその評価は?

2017.3.28

ブルーノは、ミニベロに力を入れているメーカーです。
ミニベロの種類も豊富なので、どれを選ぶか迷ってしまいます。

そんなブルーノのミニベロのおすすめ車種と、その評価をご紹介していきます。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

キャノンデールのフーリガンをカスタムで仕上げていこう!

キャノンデールの【フーリガン】は、ミニベロです。 以前は、ドロップハンドルのロードバイクタ...

自転車のサドルは盗難される!?様々な盗難防止対策方法

最近はロードバイクなどの結構高級な自転車に乗っている人たちも増えてきました。 それと同時に増加し...

ラレー crfの乗り心地は?クロモリロードの実力をチェック

ラレー crfは伝統的なクロモリフレームを採用したロードバイクです。 最新の実力派コンポを採用...

スポーツ自転車のハンドルをドロップ化するメリットは?

スポーツ自転車のハンドルの形は、自転車の種類によって異なります。 クロスバイクのハンドルは、一...

自転車にスピードメーターを!子供の自転車も本格的になる?

ご両親のいずれかが、ロードバイクを趣味にされている場合、子供も乗りたがりますよね。 子供用...

自転車のブレーキレバーは引きに注意!修理が必要か判断する

自転車のブレーキは酷使されている事もあり、トラブルや故障の頻度が高い部分です。 ブレーキシ...

ボントレガーのサドル「アフィニティ」は自分に合うのか?

「ボントレガー」を知っている人は相当なスポーバイク好きか、「トレック」ユーザーですね。 ボ...

ストライダーの「ホンダモデル」と一般モデルの違いは?

ストライダーには基本のモデルの他に、各企業とのコラボモデルがあります。 中でも日本が世界に...

自転車のブレーキの修理や調整方法!修理費用の相場まで

自転車のブレーキが故障した時、どのような対処をして良いのかわからない時ってありますよね。 お店...

自転車の右折・左折の方法と注意点!歩行者を優先しよう

自転車での右折・左折なにも考えずにしていませんか? 実は自転車は、車両扱いになります。 なの...

ストライダーとペダル後付け自転車は将来的にどっちがいい?

ストライダーはペダルなしの子供用自転車の代表的な製品で、世界に150万人のユーザーがいると言われ...

自転車に最適なホームセンターで買えるパーツクリーナーは何

自転車を使用していると、いつの間にか蓄積されている、泥はねや油汚れ。 これらを放置していると、...

自転車の後輪のハブにはたくさんの重要な役割がある

自転車の車輪の中央にあるハブは、非常に多くの役割を担っています。 ハブは「拠点」「中枢」の...

ホイールやクランクのスプロケット、ギア比や歯数の違いは?

自転車のリアホイールやクランクに付いている、スプロケットをご存知でしょうか? スプロケットの歯...

自転車のギアチェンジは必要?変速機の仕組みについて解説!

スポーツ用自転車はもちろんのこと、街乗り用の軽快車であっても、変速機が装備されているものがほとんどで...

スポンサーリンク

ミニベロが有名なブルーノの魅力とその評価

ブルーノは、旅をテーマにして、ミニベロに特に力を入れて設計しています。
そのため、自然な乗車位置で乗れるよう設計されており、街乗りから長距離まで楽しめます。

また、小回りが効き、操作性も良い状態で、ライダーはストレスのない走りができます。
さらに軽いので街乗りに向いており、安定性のある乗り心地は長距離にも向いています。

このブルーノの特徴は、ミニベロ使用者の広い期待に応えて、いろいろな状況に対応可能なことでしょう。

日本人は、北欧のおしゃれなデザインを高く評価しています。
北欧の伝統的な文化や品の良さ、また見た目から質の高さがうかがえるフォルムで、ブルーノは多くの人たちに好まれています。

また、ミニベロは街乗りにもよく使われるので、人に見られる機会がたくさんあります。
そして、ブルーノは、優れたフォルムと飽きのこないカラーで、見ている人たちを虜にします。

このことから、存在感のあるブルーノのミニベロは、自転車愛好家だけでなく、歩いている人たちの羨望の的になり得るでしょう。

ブルーノのミニベロ人気車種をご紹介!

ブルーノは、スイスのブルーノ・ダリシエが立ち上げました。
ブルーノ・ダリシエは、シクロクロス、MTB、ロードで活躍した人です。

ブルーノは、ロードバイクの扱いもありますが、ミニベロが有名です。
レトロなデザインのミニベロを売り出してから、そのおしゃれな見た目と扱いやすさで、高く評価されています。

どの車種も、かなりスタイリッシュなデザインになっています。
特にサドルとハンドルの色やタイヤの色は、飽きのこないデザインです。

値段も高級というほど高くはありません。

このブルーノの人気モデルをご紹介していきます。

・ミニベロミキスト 20
・ベンチュラ T
・スキッパーロード20
・ベンチュラSTD
・ベンチュラフラット
・ミニベロ20ロード
・ロードミキスト
・700Cツアー

次に、人気のあるモデルのいくつかをもう少し詳しくご紹介します。
ミニベロの購入を考えている人は、参考にしてみてください。

女性の評価が高いのはミニベロミキスト!

ブルーノの中で、女性におすすめしたいのが、ミキストタイプです。
カラーは、三種類あります。

ブルーノミニベロミキストは、上のパイプは、2本のパイプでハシゴのように組まれた素晴らしい造りです。

素材は、クロモリなので、乗り心地も良いでしょう。
グリップは、コルク模様のラバーグリップです。

グリップ、サドル、タイヤがブラウン系なため、クラシカルな感じに見えることでしょう。
さらに、カンチブレーキがクラシカルな感じをアップしています。

普通のメーカーなら、Vブレーキを使いそうですが、そこをカンチブレーキにしているところが、ブルーノです。

軽快な走行ができ、坂道での走行も問題ありません。

女性用の場合は、ピンクなどをラインナップしがちですが、クラシカルな感じを保つために、わざとシックな色にしているのでしょう。

眺めれば眺めるほど、デザイン性と性能に隙を感させません。
実際に乗ってみると良く考えて作られている自転車だと感心することでしょう。

女性に向いている街乗りのミニベロとして、高く評価されているのも納得いきます。

ブルーノのミニベロ、ベンチュラの評価は?

ブルーノのフラッグシップモデルとして、高い評価のあるベンチュラは、ラインナップから外れたこともあったのですが、2015年に戻ってきました。

スポーティな装いから変わって、ツーリング系ミニベロとして乗り心地に重点が置かれています。

ベンチュラは、ギドネットレバーやハンドレストなどの部品を使用したクラシックさが特徴です。

しかし、懐古主義ではなく、ロングライド向けの部品をしっかり選択しています。
このことからツーリングに重点を置いたブルーノの狙いが見えます。

また、サドルにはBrooksのB17スタンダードが用いられています。

ベンチュラは、2015年に戻ってきたときと前回とを比べると、ロングライド向けの安定性のある走りへと変わっています。

振動吸収性や直進安定性がしっかり考えられた素晴らしいジオメトリーで、軽快な走りを楽しむことができます。

ベンチュラの重さは、9.9kgという軽量化で、持ち運びもしやすいことも特徴です。
さらにサドルやステムは、工具一本で簡単に下げることができるため、輪行や車に積むのも楽です。

それでは、次にブルーノのおすすめのミニベロをご紹介していきます。

小柄でも安心!ブルーノのおすすめミニベロ

先程まではブルーノの中でも人気のあるモデルをご紹介してきましたが、ここではおすすめのモデルをご紹介していきます。

●ミニベロ20ロード
ツーリングモデルとしての快適さがアップしたため、中長距離のツーリングで評価されています。

ドロップハンドルなので、様々なポジションを取ることが可能で補助レバーがあるため初心者でも安心です。
また、ふらつきにくく、シフトチェンジも手元で可能です。

フレームは3サイズあり、身長は150cm~185cmになります。
重さは、10.2kgです。

2016モデルからはサドルがBROOKSレザーサドルに変わりました。

ドロップハンドルのミニベロ20ロードは、やや不安な人もいます。
そんな人には、スキッパーロードが良いでしょう。

しかし、残念なことに2014年モデルでなくなってしまいました。
売れ残りなどあれば、専門店で売っているかもしれません。

クロモリフレームで、小さいフレームサイズなため、小柄な人でも大丈夫です。
レザータイプのグリップがファッショナブルです。

タイヤは幅があるため、安定しています。
ブレーキはカンチブレーキを採用しています。

フロント変速機がないため、トラブルが少ないです。
8段変速なので、街乗りから坂までOKです。

日本独自のラインナップ!ビーアントの評価

ビーアントは、ブルーノの上級モデルの日本独自仕様のミニベロブランドです。
こちらもブルーノ同様、旅をテーマにしています。

BROOKSレザー部品を使用して、細かいところまでこだわりのあるクラシカルな仕上がりになっています。
ツーリングでの評価はもちろんのこと、街乗りでも高い評価がされています。

このビーアントのモデルをご紹介していきます。

●406steel
クロモリフレームであり、至るところにレザーを使用しているため、使いこむと味が出ます。

480mm・500mm・520mm・540mmのサイズがあります。
ハンドルには、補助ブレーキがあり、体に合う姿勢で走れます。

日本製のバテッドチューブでスムーズな走行が可能です。
また、スケルトンデザインで、さらに軽くなりました。

自然の中でも街中でも、存在感のあるフレームデザインになっています。

●Ventura 451 steel
ブルーノを含め、最上級のモデルです。
メッキカラーにホワイトカラーで、最高に高級な感じが出ています。

コンポはシマノ105を採用しています。

ミニベロといったらブルーノ!

いかがでしたか。

今回は、ブルーノのミニベロの魅力についてご紹介しました。

ブルーノはミニベロ専用設計ですので、ミニベロに関しては種類も豊富で、カラーリングも素敵なものばかりです。

ミニベロの購入を考えている人は、ブルーノも候補に入れてはいかがでしょうか。

 - まだまだ知りたい自転車のあれこれ, ミニベロ, 自転車全般