自転車のハブのメンテナンスを行おう!!グリスアップ方法

自転車のハブは自転車を動かす部分で重要なパーツです。

メンテナンスをすることで回転数が上がり、スムーズな走りになります。

なので、ハブのメンテナンスは、定期的に行うと良いといわれています。

今回は、難しいハブのグリスアップ方法とメンテナンスをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シティサイクルはサドルが傷みやすい!サドル交換をしよう

シティサイクルはカゴや泥除けが付いた、街でよく見かける自転車で、今では「ママチャリ」という俗称の方が...

自転車のサドルでおしゃれをしてみたい!おすすめをご紹介

自転車のサドルには様々な大切な要素があり、何を求めるかは人それぞれですが、今回は「おしゃれ」にこ...

自転車が盗難に遭った!被害届はどうする?効果はあるの?

皆様は、自転車の盗難被害に遭った経験はありますか?自転車の中でも高価なロードバイクは、盗難被害に...

意外に簡単!ブレーキディスクの歪みを修正する方法とは

オートバイでは、一般的なブレーキディスク(ブレーキローター)を使ったディスクブレーキですが、自転車の...

自転車のブレーキ音の原因!対処法と修理方法

自転車のブレーキ音が大きくて恥ずかしい・・・なんて困ったことありませんか?ぶつけて倒してもい...

BBタイプやクランクタイプ毎の様々なクランクの外し方

ロードバイクに長く乗り、自分で自転車の状態を点検していると、クランクの歯の摩耗やBBの劣化等はつきも...

自転車のハンドル調整に欠かせない六角レンチを使いこなそう

自転車ハンドルの形や調整はフィッティングに重要部分であり、調整するのに六角レンチはもっておくといいで...

距離と速度を簡単に計算できる「サイコン」を使おう!

ママチャリで通学してるような元気な学生でも、往復で20kmも走ると結構な負担になりますよね。...

ストライダーに乗る際にヘルメットの着用がなぜ必要なのか?

子供用のペダルなし自転車「ストライダー」は、世界150万人のお子さんに愛用されていると言われてい...

ヒルクライムの適正ケイデンス数の目安は、90RPM前後?

ケイデンスってご存知でしょうか?ケイデンスとは、1分間あたりのペダル回転数になります。...

サイクルウェアの選び方!冬場の着方は工夫が必要

自転車に乗る際のサイクルウェアですが、季節ごとに変えていくのは難しく悩まれている方も多いかと思い...

中国・ドイツの自転車事情と自転車性能の違いを比較!

皆さんは、自転車を選ぶとき、何を基準に選びますか?やはり公道を走るものなので、安全性は重視し...

mtbのタイヤ交換時期はいつ?見極め方と交換方法をご紹介!

自転車のタイヤ交換は、事故防止の意味でも大事です。ですが、どのくらい傷んだら交換するべき...

ツールドフランスで日本人が活躍できる?過激なファンの妨害

世界最大の自転車ロードレース、ツールドフランスですが、日本人が表彰台に立つことは少ないのが現状です。...

オルトリーブのサドルバッグsは見た目よりも容量有り!

自転車のロングライドには、サドルバッグがあると便利です。おすすめしたいのはオルトリーブの...

スポンサーリンク

自転車ハブをメンテナンスするために分解しよう!

自転車のハブをメンテナンスするためには、まず自転車を分解することから始めないといけません。

必要なものは「ロックナット」と「ハブスパナ」の2つです。
ハブスパナはいくつかのサイズがありますが、なるべく薄いものを選び、ロックナットと玉押しの大きさに最適な種類を使って下さい。

ハブの分解ですが、前ハブは左右のうちどちらを外しても構いません。
フリーハブに関しては、スプロケット側の玉押しにハブスパナを入れられないので、反対側を取るようにしましょう。

それではいよいよ作業に入ります。

ハブスパナでロックナットを反時計回りに、玉押しを時計回りに回転させて緩めたら、ハブのシャフトからロックナット、ワッシャ、スペーサー、玉押しを取り外して下さい。

お次に車輪を軽く持ち上げながらシャフトを抜くのですが、中にあるボールをなくさないように、ウエスなどを敷いておくと良いでしょう。

ハブ側にダストキャップが付いていたら、ドライバーなどで取って下さい。
そして、ベアリングを、尖ったものを差し込んで引っ張り出します。

左右のベアリングは擦り切れ具合が異なるかもしれません。
ボールが混ざらないように気を付けましょう。

自転車ハブのメンテナンス!玉押しの掃除と点検

自転車のメンテナンスを行う際には「ワン」と呼ばれる玉受けを掃除する必要があります。
そのときに中に入っているボールをなくさないように注意しましょう。

もしも、ボールに傷が付いていたら、例えひとつしか傷がなかったとしても、全てのボールを取り替えて下さい。
新品のものとすでに使用されているものでは大きさが異なります。
これは、ベアリングの性能に支障が出てしまいます。
ワンは常に回転しているため、一部分だけが傷付くことは恐らくないかと思われますが、念のために気を付けておきましょう。

万が一、擦り切れ具合がバラバラになっていたら、ハブごと取り替えて下さい。

続いて、シャフトに取り付けられている玉押しですが、これにはあらゆる衝撃や負荷がのしかかります。
こちらも異常が見られたらすぐに交換しましょう。

玉押しまで取り外したら、紛失防止のためにもベアリングがいくつあるのかを数えて下さい。
ボールを取り出す時も慎重に行いましょう。

布の上やいらない箱の中などを受け皿にすると良いかもしれません。
しかし、それでもうっかり何処かへやってしまうということは有り得ます。
くれぐれも気を付けて下さい。

合計すると必ず偶数になります。奇数だったら足りないことになるので、周辺を探して下さい。

一通り終わったら、パーツクリーナーで古いグリスを落としましょう。

自転車ハブのメンテナンス!グリスアップ方法

自転車のハブのメンテナンスにはグリスが必要となります。

左右のワン(玉受けのことを指しています)にグリスを盛るように塗り付けたら、ボールをその中に並べましょう。

ボールはなるべく混ざらないようにして下さい。
混ざっても問題は特にないかもしれませんが、もしかしたらトラブルが発生する可能性もあるでしょう。

ダストキャップはこの段階で元の位置に取り付けて下さい。

お次はシャフトから外さなかった方の玉押しにグリスを塗って差し込み、ボールを落とさないようにしながら車輪をひっくり返します。

そして、取り外した玉押しにもグリスを塗り、シャフトにねじ込みましょう。
あとは、スペーサー、ロックナットの順に取り付けます。

コツとしては玉押しを限界まで押し込んだら、4分の1ほど一旦戻してロックナットと合わせることです。
玉押しは左に、ロックナットは右に回しましょう。
がたつきがないように、軽く回る程度で構いません。

とはいえ、どんなに力を込めても多少はがたついてしまいます。
この場合はスプロケットを外し、玉当たりを調整しましょう。
そうしたらもう一度、玉押しとロックナットを合わせてやると良いですよ。

自転車ハブのグリスアップ調整のコツ

自転車のメンテナンスの工程にはグリスの塗り直しというものがあります。
これをハブに行う際、玉押しの具合がネックになることがあるようです。

ハブをどれくらいの力で留めているかによって、シャフトを回した時の手応えも変わってきます。
きつければほとんど動きませんし、緩いとがたつきます。

ゴロゴロと何かが転がるような感触はベアリングが回転しているからです。
最適な状態は、少しぬるりとしているような回り方をしていることです。

精度があまり良くないハブは回転時の感触が極端に変化していきます(グリスの量が多かった場合もいきなり感触が変わることがあります)。

その場合は、なるべく軽くしてやることがポイントです。
優れているハブはベアリングが回っているという感覚をあまり感じさせません。

最悪とも言えるのは、がたつきがあることです。
これではハブがスムーズに回りません。
しかし、きつすぎてもそれはそれで動きが鈍くなります。

限界まで軽くしなくても良いとはいえ、出来るだけ滑らかな動きをするように微調整を行うことをおすすめします。

自転車のハブをグリスアップすることによる効果

自転車にグリスを塗り終わったら、ホイールを元に戻してから回転させてみて下さい。
スムーズに回っているようならグリスが足りているという証拠です。

ハブのメンテナンスを行うことは、どれくらいの距離を走れるようになるのかを決めることと同じです。

スピードが出るわけでも、ペダルを漕ぎやすくなるわけでもありませんが、惰性による走行距離は確実に伸びています。
グリスが馴染んでくれば実感出来るようになるでしょう。

変化の規模こそ小さいものですが、決して無駄なことではありません。
抵抗が減るのは有り難いことです。

メンテナンスは性能だけではなく、各部品の寿命を延ばす手段でもあります。
特にハブは、ブレーキとその周辺の次くらいに重要度が高いと言えるでしょう。

もし、点検が不十分なら走っている最中にハブがロックされてしまい、大事故に繋がるなどといったことも有り得るのです。

自分で行う場合は何が起こっても完全に自己責任となります。
自信がない場合は専門店に持っていき、プロに任せることをおすすめします。

そのときに、ただ頼むのではなく、作業工程をしっかり見ておけばきっと役に立ちますよ。

自転車用グリスを比較!!

自転車のハブのメンテナンスにはグリスが必要不可欠ですが、具体的にはどんな種類があるのでしょうか。
今回はそれをご紹介します。

まずは、シマノの「デュラエース」です。粘度は高く、こまめに使っても5年は持つという量の多さが特徴です。
性能も文句なしなので迷ったらこれを使いましょう。
もうひとつ「プレミアム」というものもありますが、違いは名前だけなので、好きな方を購入して下さい。

お次は、販売数の多い「パークツール」です。
錆や擦り切れを防ぐことに長けており、熱や水気にも強い点が魅力です。
粘度が低いため、手に付着してもすぐに落ちます。

続いてフィニッシュラインの「セラミックグリス」です。
超微粒子のセラミックが含まれており、各部品の寿命を延ばしつつ、滑らかな動きを可能にします。
粘度はそんなに高くないので圧力には少し弱いかもしれません。

AZの「フッ素グリース」は金属に最適です。
水分や油分を弾いてくれるので、ゴムや樹脂、プラスチックにも使えます。
全体的に抜きん出た性能を持っていますが、値段がやや高めです。

最後はカンパニョーロの「チューブ入りグリス」です。
性能は平均的ですがデメリットも特に見られません。
見た目も格好良いのですが、非常に高価なのが難点と言えます。

どのグリスも一長一短と言えるため、予算や用途に応じて好きなものを選んで大丈夫です。
速さを重視するなら粘度の低いものがおすすめです。

自転車のグリスアップの効果

ハブのメンテナンスをすることで回転が滑らかになり、走行が楽になるでしょう。

ハブのメンテナンスをしていないと、ベアリングが傷だらけなってしまう可能性があります。

そうなってしまったら交換せざるをえないので、小まめにメンテナンス、グリスアップをしてあげましょう。