チェーンスタビライザー搭載!シマノ「ULTEGRA RX」

シマノのリアディレイラーに「ULTEGRA RX」というモデルのリアディレイラーがラインナップされています。

このモデルは、ロードバイク用リアディレイラーでありながら、悪路の走行にも対応できるようにチェーンスタビライザー機能を備えています。

この記事では、その「ULTEGRA RX」を詳しく解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車を購入後にトラブルなしでキャンセルするには?

最近は、通販サイトが増えたことで、自転車の購入もずいぶんと手軽になりました。しかし、購...

自転車の歴史!ブレーキの外れたピストバイクが街中を走る

2000年代はスポーツ自転車の普及が進んだターニングポイントの時代であったといえます。しかし...

スペシャライズドのサドルには複数のサドル幅がある

乗車位置や姿勢が大切なスポーツバイクでは、サドル幅がかなり重要な要素となります。しかし、...

自転車フォークのガタ取りは簡単!自分でやっても5分以内

自転車は、ヘッドパーツによって、フレームとフォークが連結されています。長く走行していると、走...

肩幅や身長の平均値だけではない!自分だけの自転車選び

ロードバイクを購入する際に、サイズの間違ったものを選ぶと、購入した後に後悔する事があります。...

ママチャリが生まれ変わる!自家塗装とカゴ交換にチャレンジ

見た目は汚れていても、まだまだ乗れるママチャリ、捨ててしまってはもったいないです。少し手間は...

ホイールやハブってなに?自転車における役割は?

自転車のパーツや用語は本当に多いですよね。似たようなものもあって、理解が難しい場合もあります。...

東京から箱根へ!箱根駅伝のコースを自転車で走ってみよう!

今や日本のお正月の風物詩となった箱根駅伝、今年も熱戦が繰り広げられ、正月早々テレビに釘付け、という方...

自転車のブレーキはリム形状の「wo」や「HE」で何が変わる?

多くの自転車には、「リムブレーキ」が採用されています。ホイールの外周部分のリムで制動が行...

毎日1kmを徒歩や自転車を行うだけなのに健康的になる!?

家から駅まで・買い物まで1kmって聞いたら、徒歩と自転車どちらを選びますか?徒歩を選択し、歩...

シマノのギア・スプロケット周辺部品の修理・交換方法

自転車のギア・スプロケットは、ほとんどがシマノ製です。ですので、シマノ製の修理・交換方法...

自転車が新品なのに傷ついている!?傷のチェック法と対処法

皆さんは、買ったばかりの新品の自転車にも関わらず傷がついていた、という経験はないでしょうか。...

giosのミニベロの特徴!定番バイクとタイヤ交換のポイントをご紹介

イタリアの老舗自転車メーカー・gios(ジオス)は、車種が豊富なことで有名です。ロードバイクを中...

高費用?低費用?パーツによってベアリング交換の値段は違う

ベアリングは機械が回転するための機構ことで自転車には豊富に使われています。ペダル、BB、ホイ...

日本人に合うサイズのメーカーとは?女性向きもご紹介

現在は以前と比べ、女性がロードバイクなどに乗っている姿を良く見かけるようになりました。しかし...

スポンサーリンク

シマノの「ULTEGRA RX」のベースとなった「ULTEGRA」とは?

この記事では、シマノの「ULTEGRA RX」を取り上げ、通常のULTEGRAとの差異はどこにあるのか見ていきましょう。

本題に入る前に、まずは「ULTEGRA RX」のベースである、シマノのULTEGRAについてお話しします。

ULTEGRAは、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレードに位置します。

セカンドグレードに位置するULTEGRAは、トップグレードのDURA-ACEと比較すると重量面で一歩劣ります。

しかし、セカンドグレードながら、変速性能ではトップグレードのDURA-ACEと同等の実力を誇ります。

しかし、ULTEGRAの販売価格はDURA-ACEの半値ほどであり、性能のコストパフォーマンスに優れてたコンポーネントであるといえます。

また、シマノの高度な電動変速「DI2」が搭載されたコンポーネントは、ロードバイク用コンポーネントではDURA-ACEとULTEGRAのみです。

これらから、ULTEGRAはプロサイクリング選手も練習用のロードバイクに使用したり、性能を重視するアマチュアライダーからも篤い支持を得ています。

悪路走行に対応する「ULTEGRA RX」

シマノの「ULTEGRA RX」は、ULTEGRAのリアディレイラーがベースになっています。

そのULTEGRAのリアディレイラーに、チェーンスタビライザー機能を追加したモデルが「ULTEGRA RX」です。

このチェーンスタビライザー機能は、シマノのMTB用のリアディレイラーに採用された機能であり、悪路走行時等、振動が激しい場合でもチェーンの暴れを抑制する役割をもっています。

チェーンの暴れが抑制されると、チェーン落ちのリスクが減少し、暴れたチェーンによってフレームが傷つく事態を避けられます。

チェーンスタビライザーの機能は、リアディレイラーケージの付け根付近に設置されたレバーで、オンとオフの切り替えが可能です。

舗装された路面ではスタビライザー機能をオフにて走行し、グラベルに突入したらスタビライザー機能をオンにしてチェーン落ちを回避するというように、路面の状況に合わせた運用ができます。

当然ながら、「ULTEGRA RX」はULTEGRAシリーズのリアディレイラーであるため、シマノのロードバイク用のデュアルコントロールレバーに対応しています。

シマノの「ULTEGRA RX」を導入するメリット!どのような方におすすめ?

シマノの「ULTEGRA RX」は、ULTEGRAのリアディレイラーに悪路走行時でもチェーンの暴れを抑制するスタビライザー機能が追加されたモデルです。

この章では、「ULTEGRA RX」はどういった方におすすめできるのかについてお話しします。

「ULTEGRA RX」の恩恵を最大に受けられるのは、シクロクロスユーザーでしょう。

シクロクロスは悪路を走行する競技でありながら、シクロクロスバイクに使用されるコンポーネントは、基本的にオンロードでの使用を想定して設計されたロードバイク用コンポーネントです。

そのため、シクロクロスのような激しい振動が予想される競技においては、ロードバイク用のリアディレイラーとして設計されていながらも、激しい振動に強い「ULTEGRA RX」が有利であるといえます。

また、近年流行の兆しがあるグラベルロードバイクのユーザーにとっても、「ULTEGRA RX」の存在は大きな意味をもちます。

グラベルロードバイクは、その名のとおりに舗装路と悪路の両方の走行性を向上させたロードバイクです。

つまり、「ULTEGRA RX」のスタビライザー機能のオンとオフの切り替えによる適切な運用が、グラベルロードバイクで最大限に活用できるといえます。

舗装路中心に走る方には「ULTEGRA RX」はあまり意味がない

前章では、シマノの「ULTEGRA RX」はどういったユーザーに適しているかについてお話ししました。

この章では、逆に「ULTEGRA RX」を導入する必要はないのは、どういったユーザーなのか考えてみましょう。

当然ながら、サイクリングロード等きれいな路面の場所を中心に走るロードバイクユーザーやクロスバイクユーザーとっては「ULTEGRA RX」から得られる恩恵は少ないでしょう。

なぜなら、サイクリングロードや街中の舗装路には、チェーンが暴れてフレームにヒットするような悪路はほぼ存在しないためです。

なお、ロードバイクやクロスバイクでも、峠道や石畳等の荒れた路面を走行する場合もあり、そういった場所をしばしば走行するユーザーにとってはこのかぎりではありません。

また、MTBユーザーも「ULTEGRA RX」を導入する必要はないでしょう。

MTBのリアディレイラーにはチェーンスタビライザー機能が備わっており、わざわざ「ULTEGRA RX」を使う理由はないといえます。

ULTEGRAと「ULTEGRA RX」の価格差は?

シマノの「ULTEGRA RX」は、通常のULTEGRAのリアディレイラーにチェーンの暴れを抑制するチェーンスタビライザー機能が付加されたリアディレイラーです。

しかし、このような機能が追加された「ULTEGRA RX」の販売価格はULTEGRAより高価になるのは確実であると考えられます。

そこで、通常のULTEGRAのリアディレイラーと「ULTEGRA RX」のリアディレイラーの販売価格を比較してみます。

以下に、アマゾンでの実売価格を参考にULTEGRAと「ULTEGRA RX」の実売価格を記します。

・ULTEGRA 7,522円

・ULTEGRA RX 9,405円

なお、この実売価格は機械式のリアディレイラーのものです。

アマゾンでの実売価格の場合、「ULTEGRA RX」とULTEGRAの差は1,883円でした。

そのほかの通販サイトの実売価格でも、「ULTEGRA RX」とULTEGRAの価格差は約2,000円です。

シクロクロスやグラベルの走行をメインとするユーザーであれば、ULTEGRAより2,000円多く払うだけでチェーン落ちのリスクが減少するため、前向きに導入を検討してもよいでしょう。

シマノはなぜ「ULTEGRA RX」の販売を始めたのか?

最後の章では余談として、シマノはそもそもなぜ「ULTEGRA RX」の販売を始めたのかについてお話しします。

「ULTEGRA RX」は、いうなればULTEGRAの改良版であるのは、すでにお話ししたとおりです。

しかし、ULTEGRAのリアディレイラーに問題があったために改良した「ULTEGRA RX」の販売を始めたわけではありません。

「ULTEGRA RX」はULTEGRAのリアディレイラーのバリエーションであるため、あくまでロードバイク用のリアディレイラーであるといえます。

つまり、「ULTEGRA RX」はロードバイクで悪路を走行することを想定して設計されたリアディレイラーであるといえます。

そのような場面は、ヨーロッパのレースやシクロクロスにおいても以前から存在したため、さほど珍しくはなく、そのような場面でも通常のロードバイク用のリアディレイラーが使用されていました。

では、なぜ今になって悪路の走行を想定したロードバイク用リアディレイラーが発売されたのでしょうか。

それは、グラベルロードバイクが登場したためでしょう。

つまり、シマノはグラベルロードバイクが大きな市場であると見込み、それに最適なリアディレイラーの販売を始めたと考えられます。

今後の動向が注目される「ULTEGRA RX」シリーズ

この記事では、ULTEGRAのバリエーションモデルである「ULTEGRA RX」について詳しく解説しました。

現在、この「ULTEGRA RX」シリーズは、リアディレイラーのみの展開です。

しかしながら、今後のグラベルロードバイク市場の発展にともない、新たなパーツが販売される可能性は高いでしょう。