ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

サイクルウェアは必要!初心者でもサイクルウェアを着よう!

2018.8.21

ロードバイク初心者でサイクルウェアを着ていない方もいるでしょう。

そのような方は、サイクルウェアを着てロードバイクに乗っている人が目に入ってくるのではないでしょうか。

そして、「かっこ良いけど、まだ早いかな?」と考える人も多いのではないでしょうか。

そこで、初心者にサイクルウェアを是非着てもらうために、サイクルウェアの必要性をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スポーツ自転車のステムのサイズの測り方をご紹介します!

ハンドルをフレームに支持するステムですが、特にスポーツ自転車では、ポジションを決める上で大きな役割を...

シートポストやサドルの交換は、本当に効果があるのか!?

ロードバイクにはまると、パーツのカスタマイズを楽しむようになりますよね。 その中で、シートポス...

マビックホイールのオーバーホールは自力でやれる?

ホイールのオーバーホールをしたことがありますか? オーバーホールは、それこそ総点検ですから...

ホイールバランスが歪むとスポーツバイクにどう影響する?

スポーツバイクに乗っている人ならば、ホイールバランスを聞いたことがあるのではないでしょうか? ...

scottの名車cr1が2017年で引退!インプレで確認しておこう

スイスの「scott」が、このほど2018年モデル発表しました。 それによると、人気の「A...

自転車とバイクが衝突事故!!過失の割合はどうなる!?

自転車とバイクが衝突事故を起こした場合の過失割合ご存知ですか? 自転車とバイクお互いが交通ルー...

中国・ドイツの自転車事情と自転車性能の違いを比較!

皆さんは、自転車を選ぶとき、何を基準に選びますか? やはり公道を走るものなので、安全性は重視し...

安心のためマスターしておきたいブレーキワイヤーの注油方法

「自転車のブレーキはレバーを握れば当然かかるもの」そんな認識を持っている皆さんがほとんどなのではない...

スペシャライズドのヘルメットはキノコにならないって本当?

ロードバイクなどのスピードが出るスポーツ自転車を楽しむ上で、必須の装備と言えるのがヘルメットです。...

自転車のスリックタイヤは雨に弱いと言われるが本当か?

自転車のスリックタイヤは、溝が刻まれていない表面がツルツルした感じのタイヤです。 ロードバイク...

スペシャライズド直営店は東京ならどこにある?営業時間は?

世界的に有名なアメリカのスポーツサイクルメーカー「スペシャライズド」では、近年、直営店やコンセプト...

自転車用ヘルメットの正しい被り方、サイズ調整方法をご紹介

自転車に乗るのに、あなたのヘルメット、きちんとサイズは合っていますか? また、顎紐などのサイズ...

trekの7.4fxはホイールに難あり?交換できるの?

trekの7.4fxはクロスバイクですが、2016年で販売を終了しています。 人気のバイク...

トイザらスでストライダーは購入できる?口コミの怖さ

ストライダーは「ペダルなし自転車」というジャンルの子供用の乗り物ですが、自転車と認められる機能が...

自転車のハンドルの上げ方を説明~適正なポジションとは?

自転車のハンドルの上げ方と聞かれると、意外と分からなかったりするものです。 そもそも、ハン...

スポンサーリンク

初心者はサイクルウェアを着たがらない?

ロードバイクに乗り始める初心者の人は、サイクルウェアを着るのを躊躇してしまう方が多いのではないでしょうか。

そのような理由として、「サイクルウェアは派手すぎる」とか、「体にピッタリしすぎて恥ずかしい」と感じているからです。

また、「初心者なのに格好だけ揃えてもちょっと…」と考えている人もいるのではないでしょうか。

しかし、サイクルウェアには、理由があってあのような形状をしています。

そこで、サイクルウェアの性能と、ロードバイクに乗るときに、なぜサイクルウェアを着た方が良いのか、初心者だからこそおすすめしたい理由をご説明していきます。

きっと、サイクルウェアの必要性に気が付けば、自分のサイクルウェアが欲しくなるはずです。

なぜサイクルウェアは必要なの?

まずはサイクルウェアの機能や性能についてご説明していきます。

ロードバイクは、空気抵抗まで考えられてフレームが設計されています。

しかし、ロードバイクに乗る人が、空気抵抗を受けるような服装を着ていた場合、せっかくのフレーム形状も台無しです。

サイクルウェアには、空気抵抗を減らす効果があります。

サイクルウェアが体にピッタリしている理由は、空気抵抗を極力減らすためなのです。

ロードバイクに乗っているとき、空気抵抗の約8割が人間の体によるものだと言われています。

カジュアルな服やTシャツなどを着てロードバイクに乗ると、風の抵抗を受けて走行し難くなり、疲れの原因となります。

このほか、サイクルウェアのメリットとしては速乾性に優れている点です。

Tシャツは汗の吸収は良いですが、その後の乾きがいまいちのものが多いです。

実際ロードバイクに乗ると、とても汗をかきますよね。

汗が乾かないまま長時間走り続けるよりも、速乾性のあるシャツで快適に走行した方が気持ちも良いでしょう。

また、サイクルウェアには背中にポケットが付いているものが多いです。

この理由は、走行中に補給食が必要になったり、ちょっとした小物を入れるために付いています。

ズボンのポケットに小物を入れておくと、ペダリンクの邪魔になりますし、走行しながら補給食を出し入れするには、ズボンでは危険です。

そして、シャツの背中にポケットが付いているものは、サイクルウェア独特のデザインです。

デザインというと、サイクルウェアは背中の生地が長くなっています。

ロードバイクに乗るときの姿勢をイメージしてみてください。

前傾姿勢になりますよね。

そのように、前傾姿勢になっても背中までちゃんと隠れるような形状をしています。

最後に、パンツです。

非常にピタッとしていて、少し恥ずかしい感じもしますが、ロードバイクに長い時間乗っていると、初心者の場合お尻が痛くなることがあります。

サイクルウェアのパンツには、お尻にパッドが入っているものもあり、痛みの緩和になります。

また、ロードバイクはずっと同じペースでペダリングを行うことがあります。

このペダリングを常に維持できるよう、考えられています。

初心者だからこそ着る!サイクルウェア!

前述したように、サイクルウェアにはロードバイクに乗るための機能が、数多く備わっています。

初心者の人には、少し手を出しにくいかもしれませんが、それらの機能を考えたら初心者の方がサイクルウェアを着るべきではないでしょうか。

まず、空気抵抗から考えてみます。

ロードバイクに乗り始めの初心者は、ロードバイクに乗るための体がまだできていません。

そのため、すぐ疲れてしまうことが多いでしょう。

極力無駄な力を使わず、楽しくロードバイクに乗るために、空気抵抗を減らしてあげる必要があります。

また、サイクルウェアのポケットも初心者には必需品ではないでしょうか。

バックパックを背負って、サイクリングすると、ロードバイクに乗るだけでも不安定なのに、背中の重みでさらに不安定になります。

しかし、サイフやスマホなどの小物は持っていきたい場合が多いでしょう。

そこで、このポケットが活躍します。

ロードバイクの操作を邪魔することなく、小物を持って行くことができます。

そして、初心者の人に最もおすすめしたいものがパンツです。

先ほども少し触れましたが、ロードバイクに乗り始めたばかりの初心者は、お尻が痛くなります。

パンツにはパッドが入っているものが多いので、お尻の痛みを緩和してくれます。

サイクルウェアの種類

サイクルウェアの重要性と、初心者だからこそ着てもらいたい理由をご説明しました。

では、実際のサイクルウェアは、どのようなものがあるのでしょうか。

サイクルウェアには、実に様々な形状があります。

その中では、シャツとパンツが分かれているもの、ワンピースのように上下が一体で繋がっているものなどがあり、さらにジャージのように前がジッパーで開くものなどもあります。

季節によっても、生地の材質や、速乾性なのか保温性なのかなどの選択肢がいくつもあります。

自分がどのようなスタイルでロードバイクに乗るのか、どの季節に合わせて揃えるのかを考えて選ぶ必要があるのです。

では、そのように選べば良いのでしょうか。

初心者の方に向けたサイクルウェアの選び方をご紹介します。

初心者必見!サイクルウェアの選び方!

一般的に、普通の服ですと、丈でサイズを選ぶことが多いのではないでしょうか。

サイクルウェアに関しては、丈よりも胸囲やウエストで選ぶようにします。

普段のサイズよりも小さめになることが多いですが、フィットするサイズのものを選ぶようにしてください。

サイズが小さくなると丈が足りないことを気にする人もいるかもしれませんが、サイクルウェアは先にも少し触れたとおり、前傾姿勢になっても背中が出ないように長めに作られています。

そのため、それほど気にしなくても違和感はありません。

また、パンツの場合も、シャツと同様に太さで選ぶようにします。

長さよりも太もも周りとお尻周りのサイズを重視して、フィット感の得られるものを選択してください。

どちらの場合も、2つのサイズで迷うようなことがあったら、小さいサイズの方を選ぶことをおすすめします。

初心者で、これからロードバイクに乗っていると、体がしまって少し小さいサイズでも、フィットするようになってきます。

最後に、気に入ったデザインのものを選ぶようにしてください。

機能性が良くサイズも合っていたとしても、気に入らないデザインだと着ることが少なくなってしまいます。

サイクルウェアも安いものではありません。

気に入ったものを見つけ、長く使いましょう。

サイクルウェアの基本アイテム!

これまで、サイクルウェアのシャツやパンツに重点を置きご紹介してきましたが、実はサイクルウェアというと、それらのものだけではないのです。

上の方から順にご紹介します。

まず頭です。

サイクルキャップやヘルメットといった、頭部を守るものや汗止め、日よけ効果のあるものがあります。

また、腕にはアームカバーがあります。

長袖のシャツを着ている場合は不要ですが、日焼けして、腕がポッキーのようになってしまうことが多いです。

特に女性の場合はアームカバーがあれば、そのようなことが避けることができます。

さらに手にはグローブが必要でしょう。

ロードバイクは腕や手でも体重を支えています。

ハンドルから伝わる衝撃も意外と多く、手が痺れる原因となります。

グローブにはこの衝撃を緩和してくれる効果があり、また転倒時などに保護する効果もあります。

最後に、見落とされがちなものにソックスがあります。

人間の足は多くの汗をかく部位の1つです。

そのため、蒸れ難いものであり、ペダルを漕ぐときに摩擦が発生し難いものがあると良いでしょう。

ロードバイクに乗り始めて間もない初心者の場合、全てを1度に揃えるのは難しいかもしれません。

必要に応じて、少しずつ揃えていけば良いでしょう。

初心者こそサイクルウェアを着て快適なサイクリングを!

初心者だと敬遠しがちなサイクルウェアですが、その機能を考えれば、初心者ほどサイクルウェアが必要ではないでしょうか。

また、サイクルウェアを選ぶ際には、実際に試着してみて、フィット感の良いものを選ぶことをおすすめします。

お気に入りのサイクルウェアを見つけて、楽しく快適なサイクリングを楽しみましょう!

 - サイクルウェア, 自転車のアクセサリー, 自転車全般