ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

フロントフォークのオーバーホールの手順をご紹介します

2018.3.13

ロードバイクは繊細な部分があるので、メンテナンスありきの乗り物とされています。

中でも、自転車の動力の肝である回転体は、オーバーホールが不可欠です。
ハブやボトムブラケット、フロントフォークなどです。

しかし、フロントフォークは駆動に直結する部分ではないため、ついついメンテナンスを怠りがちです。

そこで今回は、フロントフォークのオーバーホール手順をお伝えし、メンテナンスを推奨していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

フロントフォークをカーボン製に交換する方法を知りたい!

ロードバイクの完成車に、アルミフレームでありながら、フロントフォークだけがカーボンという組み合わせを...

自転車のワイヤー錠は簡単に切断される!?お勧めの施錠方法

自転車の盗難は、あとを絶ちません。 前までは、単なる移動手段を目的として盗難されることも多...

チェーンをパーツクリーナーできれいにすることは可能か?

自転車のチェーンは、いつでも外にむき出し状態ですから、当然、よく汚れます。 そのため、昔か...

ボスフリーを知ってますか?また8速のものはあるの?

ボスフリーは後輪のギアの歯車のことで、カセットスプロケットが主流になる前のパーツです。 カ...

自転車通学にオススメの自転車!ランキングでご紹介します!

小学校や中学校は徒歩で行ける距離でも、高校や大学は自転車で通う距離に・・・そんな方は多いのではないで...

スペシャライズドのサドルを価格だけで決めてよいのか?

スポーツバイクの中でも特にロードバイクは、中々自分に合ったサドルに出会うのが難しいので、悩みを抱...

高校生の自転車通学で、校則が多く厳しい理由を考えよう!

高校時代に、自転車通学をしていたという方は多いのではないでしょうか。 ですが自転車通学をするに...

MTBを始めるならここから!メリダ・ビッグセブン100

MTBは車体が重く、表面がゴツゴツとして太いタイヤが装着されているので、用途が特定されてしまい、...

自転車のギアチェンジって何?役割や正しいタイミングを解説

自転車のギアチェンジ、あなたは上手に使えていますか? 正しくギアチェンジができれば、もっと自転...

ビアンキのミニベロにサドル交換は必要?どんなものが向く?

ママチャリなどに比べてタイヤが小さく、細身でおしゃれな感じの自転車が「ミニベロ」です。 小...

自転車フォークのガタ取りは簡単!自分でやっても5分以内

自転車は、ヘッドパーツによって、フレームとフォークが連結されています。 長く走行していると、走...

自転車のフレームがサビてしまうのを防ごう!サビの危険性

自転車のフレームなどのパーツがサビてしまうことがあります。 そう、自転車はサビやすいのです。 ...

シマノチェーンの寿命を延ばすための簡単なメンテナンス

自転車のパーツの中で、動力の源とも言えるのが「チェーン」です。 人間の力を車輪に伝えるため、常...

駐車禁止の標識は自転車にも適用される?禁止となる範囲は?

様々な場所で、駐車禁止の標識を目にすることがあるでしょう。 こういった道路標識って、車だけのも...

車で15分の距離の交通手段には、自転車の利用がおすすめ!

車社会になって数世紀。 車は、人類には欠かす事のできない乗り物になりました。 しかし...

スポンサーリンク

ロードバイクのハンドル周りの仕組み

それではまず、オーバーホールを行う、ロードバイクのハンドル周りの仕組みについて説明します。

ハンドルは、「ステム」というパーツで、フレームに支持されています。
また、ステムは、フロントフォークを固定するパーツでもあります。

フロントフォークは、人間で言えば胴体に当たる「コラム」を、フレームのヘッドチューブに挿入します。

そこにステムを被せて、横から固定するイメージです。

さらに、フロントフォークの脚の部分は前輪に固定されますので、これによりハンドルでかじ取りができるようになります。

さらに、ハンドルが回転体としての体を成しているのは、フォークコラムが回転軸の役割を果たしているからです。

自転車の回転部分には、回転軸を受ける「ベアリング」が不可欠になるので、もちろんフォークにもベアリングが装着されています。

このように、ハンドル周りは連動性が強く、オーバーホールとなると全てを外していくことになります。

また、手順も重要で誤ってしまうと、大切なロードバイクを傷つけかねませんので、事前に知識を入れておきましょう。

フロントフォークのオーバーホールは後回しにされがち

ロードバイクのオーバーホールをする際に、多くの人はホイールやクランク周りなど、走りに関係する箇所を重視します。

もちろん間違いではないですし、オーバーホールの効果を実感できる部分でもあります。
しかし、忘れてはいけないのが、フロントフォークやヘッドパーツです。

ハンドルも回転体のひとつなので、動力に関わる部分と同じく「ベアリング」が使用されています。

このベアリンングを含む部品が「ヘッドパーツ」です。

後述しますが、ヘッドパーツのオーバーホールは、ハンドルとステムを外す必要があります。

また、フロントフォークもヘッドチューブから引き抜かなくてはいけませんので、結構大掛かりな作業になります。

さらに、ベアリングの種類によっては、定期的にグリスアップも必要なので、分解の手順を覚えておく必要があります。

フロントフォークのオーバーホールの流れ

ロードバイクのフロントフォークは、フレームの一部として扱われています。

フレーム単体のものは、フロントフォーク込みで「フレームセット」として販売されています。

そのため、最初は取り外しができないと思っている人も多く、オーバーホールを思いつかない箇所なのです。

今回は、この記事を読んだら即実践できるように、手順をご紹介していきます。
まず、一連の流れは以下の通りです。

ステムを外す→ブレーキを外す→ホイールを外す→ヘッドパーツ各種を外す→清掃・グリスアップ→再組み付け

なお、ボールベアリングが金属や樹脂のシールで覆われている「シールドベアリング」であれば、グリスアップの必要はありません。

シールをめくって中をグリスアップする人もいるようですが、万が一傷つけでもしてしまうと、交換になるので推奨しません。

作業に必要なものは、六角レンチ(4,5,6mm辺り)、トルクレンチ(カーボンフォークの場合は特に)、グリスです。

他には、外したパーツを並べておくバットや、軍手もあると良いでしょう。

オーバーホールの分解手順

それでは、フロントフォークのオーバーホールの手順をご紹介します。

まずは、ステムの固定ボルトを上下交互に緩めたら(外さない!)、上部のボルトを六角レンチで外します。

カーボンフォークの場合は、ここにカードリッジ式の「プレッシャーアンカー」が入っていますが、これは外さなくて良いです。

次に、ブレーキです。

フロントフォークに支持されているので、完全にばらしてオーバーホールする際は外しましょう。

六角レンチで外しますが、そのままではブラブラして収まりが悪いので、ハンドルにくくっておきます。

ワイヤーが変な方向に曲がらないように、丁寧にくくっておきましょう。

ここで、ステムをハンドルごと、引き抜きます。

この状態でも、フォークのオーバーホールは可能ですが、ホイールも外したほうが賢明です。

ホイールは、クイックリリースのレバーを倒して、何回転かさせると外れます。

フロントフォークのオーバーホール手順・続き

引き続き、フロントフォークのオーバーホール手順を説明します。

ステムを抜いた状態で、今度は、フォークコラムに付いているヘッドパーツを外します。

何種類かのリング状のパーツが付属しているので、組み付けるときに順番を間違えないためにも、外す前に写真を撮っておくと良いでしょう。

ヘッドパーツを全て外したら、フレームからフォークを引き抜きます。

最後に外したヘッドパーツがベアリングですが、これがシールで覆われているようなら、先述通りシールドベアリングです。

シールドベアリングの分解は推奨しませんので、布で拭いておくだけにします。

ここに、パーツクリーナなどの洗剤を使ってしまうと、シールド内のグリスが流れてしまうので、乾拭きにしてください。

引き抜いたフォークの根元にも、下側のベアリングが装着されていますが、これもシールドなら同様です。

他のヘッドパーツを清掃したら、次はフレーム側のベアリングの受け部分も清掃します。

あとは、ベアリングが剥き出しになっている場合は、ここにグリスを充填します。

これで、フォークのオーバーホールは完了です。

フロントフォークのオーバーホール手順・終

フロントフォークのオーバーホールが終了したら、次は元に戻す作業です。

フォークをフレームに差し込んで戻したら、外したときと逆の手順で、ヘッドパーツを取り付けていきます。

このときに、ハンドルの高さを調整するスペーサーを入れるのを、忘れないようにしてください。

ヘッドパーツを戻したら、ステムをフォークに戻し、固定ボルトを仮止め程度にしておきます。(この時点での本締めはNG)

ここで、ホイールも戻します。

次に、ステム上部のトップキャップを付けたら、トップボルトを締めていきます。
トップボルトは、べアリングの当たり具合を調整するものです。

ハンドルが、ガタつかない位置まで締めていきます。
あまり締め込み過ぎると、当たりが強すぎて回転が渋くなります。

さじ加減ではありますが、納得のいくところでストップしましょう。

あとは、ハンドルとホイールの角度が直角になるように位置を調整しながら、固定ボルトを本締めしていきます。

ここは、既定のトルクがありますので、トルクレンチを使うのが賢明です。

ロードバイクは、フォークコラムがカーボンの場合も、少なくありません。

カーボンは強い力で締めると、破断してしまう可能性があります。
既定のトルクを守りましょう。

最後にブレーキを戻し、シューとリムの当たり具合を確認して、組み付け終了です。

1年に1回はオーバーホールしましょう

今回は、ロードバイクのフロントフォークのオーバーホールを推奨しました。

作業が多く、大掛かりではありますが、大切な部分であることは間違いありません。

走行距離にもよりますが、最低でも1年に1回は行っていただきたいと思います。

 - 自転車全般