mtbのクランクには種類がある!それぞれの外し方をご紹介!

mtbやロードバイクなどのスポーツ自転車では、クランクの外し方が分からないという声をよく聞きます。

確かに、最初は複雑かもしれないという情報も入り、戸惑うかもしれませんが、覚えてしまえば何てことはありません。

そこで今回は、mtbを例に挙げ、クランクの外し方や交換時の注意点を確認していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高速道路に歩行者、自転車の迷い込みは年々増加している!?

高速道路に自転車で迷い込みの事故が最近、増えてきています。ニュースでお年寄りが、高速道路に迷...

ブリジストンの自転車のブレーキ調整を学んで事故を無くそう

自転車で事故を起こした場合は、相手を大怪我させたり、最悪は死に至らしめることがあるということを知...

mtbをドロップハンドル化したい!予算はどのくらいだろう?

最近は、スポーツ自転車の用途が多様化されてきており、車種の垣根を超えたカスタマイズが目立ちます。...

ロードバイクのサドルの高さを股下の長さで?微調整が必要

スポーツタイプの自転車のサドルの高さを決める際に、自分の股下の長さに任意の係数を掛けて導きだすという...

毎日乗る自転車のママチャリ!どのメーカーがおすすめ!?

新しくママチャリの購入を考えている方、どこのメーカーがいいか、どの種類がいいか、たくさんあってひとつ...

mtbを軽量化の改造をするならシングルスピードがおすすめ?

mtbの重量を軽くするのであれば、普通に考えられるのはパーツの交換です。軽量なパーツに交換し...

11速用ホイールのスペーサーは正しい知識で使わないと危険!

自転車のカセットスプロケットは段数によって厚みが違います。11速がもっとも厚く、中くらいが8速や...

自転車にホイールカバーを付ける効果と取り付け方をご紹介!

テレビでロードレースなどを観ていると、車輪にカバーの付いた自転車で走っている選手がいます。...

自転車での雪道運転は危険で怖い!走行中の注意点とは?

雪道で凍結している道路は非常に滑りやすく、細いタイヤの自転車はなおさら危険です。転倒すると考える...

ストライダーのハンドルをカスタムして快適に乗ってみよう

ストライダーの大会などに出向くとノーマルのものを見るのが珍しいくらい、皆さんカスタムをしています...

自転車旅におすすめなカメラをご紹介!ブログを書く人必見!

自転車旅に欠かせないカメラ。ブログに写真をアップをする人は、なるべく美しい写真を載せたいと思...

自転車の右折・左折の方法と注意点!歩行者を優先しよう

自転車での右折・左折なにも考えずにしていませんか?実は自転車は、車両扱いになります。なの...

ブルーノはミニベロが有名!おすすめ車種とその評価は?

ブルーノは、ミニベロに力を入れているメーカーです。ミニベロの種類も豊富なので、どれを選ぶか迷って...

自転車のブレーキはリム形状の「wo」や「HE」で何が変わる?

多くの自転車には、「リムブレーキ」が採用されています。ホイールの外周部分のリムで制動が行...

日々の通勤で自転車を使用する場合は片道10kmが限界!?

自転車通勤をしている人は年々増加傾向にありますが、その多くは片道10kmの距離を走行していま...

スポンサーリンク

mtbのクランクとBBの種類

mtbのクランクの外し方を確認する前に、クランクはBB(ボトムブラケット)とセットで考える必要があります。

また、BBはフレームに装着されますから、フレームのBBシェルの形状も関わってきます。

この辺りが全て連動しているので、まずはクランクやBBの種類を確認しておきます。

昔ながらの自転車に多く見られるのは、BBによって支持されているシャフト(軸)に、左右両側のクランクを嵌合(かんごう)するタイプです。

「コッタレスクランク」などと呼ばれますが、これが一般的でした。

BBは、フレームのBBシェルに金属製のカップを挿入し、そこにスチール製のボールべアリングを配する「カップ&コーン」ベアリングが採用されています。

そのベアリングをケースに内蔵させた「カードリッジ式」が、コッタレスクランクとの組み合わせが現在の主流です。

ただ、嵌合部分が多いので、やや剛性面に不安があります。
そのためか、現在のスポーツ自転車では、あまり採用されていません。

現在のスポーツ自転車の主流は「2ピースクランク」で、右側のクランクとシャフトが一体化しているものです。

右側のクランクから出ている軸を、左側のクランクで支持するので、固定力が強く、剛性も高くなります。

BBは旧来の回転体の役目ではなく、軸受けとしての役目が主になります。

mtbのクランク交換をお店で行うと?

今回は、mtbのクランクの種類ごとに外し方をご紹介していきますが、先に作業をお店に頼んだ場合の工賃を確認しておきます。

後述しますが、クランクを自力で外すには、専用の工具が必要になります。
その価格と比べて、どちらにするか決めていただければと思います。

大手サイクルチェーンでは取り外しというよりは、クランクの交換になります。

料金は、片側で1,000円~1,500円が相場のようです。

また、BBの交換は1,500円~2,000円といったところですので、同時に行うと工賃に2,500円~3,500円です。

これに、新しいBBとクランク代が加わるので、結構な額になります。

クランクの交換は、頻繁に起こるような作業ではないので、お店に任せても良いかもしれません。

しかし、クランクを外してBBをメンテナンスすることは、定期的に行う作業ですので、できるのに越したことはないです。

mtbのコッタレスクランクの外し方

それでは、mtbのクランクの外し方をご紹介していきます。

まずは、コッタレスクランクですが、専用工具が必要です。
「コッタレス抜き」で検索していただくと、画像付きで確認できます。

私が知る限り、他の工具では代用できません。
ですが、1本1,000円もしませんので、必ず用意してください。

あとは、モンキースパナがあれば、クランクは外せます。

BBも交換するなら、BB用の工具も必要になるので、これに関しては後述します。

では、手順を説明します。

まず、専用工具の空洞になっているほうを、クランクの固定ボルトにセットして、モンキーで外します。

ここは正ネジなので、左に回すと緩みます。

ボルトを外したら、専用工具の反対側にネジ切りがしてあるので、これをクランクにねじ込んでいきます。

突き当たるまでは手で回し、止まったらモンキースパナで、ゆっくりと回していきます。

専用工具をねじ込むことによって、シャフトからクランクが、押し出されるように外れていきます。

これを両側行えば、コッタレスクランクは外れます。

クランクを外したら、BBもついでに交換するか、メンテナンスをしたほうが良いです。

次項では、そのBBの外し方をご紹介します。

mtbのコッタレスクランク対応BBの外し方

先述したように、mtbのコッタレスクランクと組み合わされているBBは、「カップ&コーン」方式か「カードリッジ」式かのどちらかです。

それによって外し方が違いますので、順を追ってご説明します。

まずカップ&コーン式ですが、先端のロックリングを外すのに、「引掛けスパナ」が欲しいです。

「引掛けスパナ」で検索すると、格安のものが多くヒットしますが、ロックリングにはサイズがありますので、合うサイズのものを購入してください。

左側から外していきますが、ここは正ネジですので、左に回して外します。

次はカップを外しますが、左側はモンキーで左回り、しかし右側は「逆ネジ」なので右回りで外します。

これで、カップ&コーン方式のBBは、全て取り外せます。

次に、カートリッジ式BBの取り外し方に移ります。

カードリッジ式のBBの脱着には「BBツール」という工具が必要ですが、これも1,000円しないくらいなので用意しましょう。

カートリッジ式のBBの外し方は、至って簡単です。
BBツールを差し込んで左側は左回り、右側は逆ネジのため、右回りに回せば外れます。

シマノ「ホロ―テックⅡ」クランクとBBの外し方

前項までは、mtbのコッタレスクランクと、それに付随するBBの外し方をご説明しました。

ここからは、「2ピースクランク」の外し方をご紹介します。

今回は代表的な、シマノの「ホロ―テックⅡ」のクランクとBBの外し方を確認します。

こちらにも専用工具が必要でして、「シマノクランク取り付け工具(TL-FC16)」と「BBユニット取り付け工具」です。

あとは、5mmの六角レンチを用意してください。

それでは手順をご紹介します。

まず、六角レンチで左クランクの上部にある2つのボルトを交互に緩めます。
(ボルトは緩めるだけで外さない)

次に、固定ボルトにクランク取り付け工具を装着し、左回りで外します。

ボルトが外れたら、上部にある脱落用の爪を上げてロックを解除して、左クランクを抜き取ります。

右クランクは左クランクに支持されているので、その時点で抜けるようになります。

あとはBBですが、BBユニット取り付け工具で左側は左回り、右側はここも逆ネジですので、右に回して外します。

mtbのクランクは自力で外す

ここまで、数種類のmtbクランクの外し方をご紹介しました。

いずれも専用工具があれば、作業自体はさほど難しいものではないと思います。

ただし、長年使用しているものですと、ナットがきつく締めこまれ過ぎていたり、ロックリングが噛みこまれてしまって外れないケースがあります。

潤滑油を挿してみたり、無理やり叩き出したりしているインプレも見かけますが、その場合は、自転車屋さんにお願いしましょう。

また、先述したお店に頼む場合の工賃と、自力で行う工具代の比較ですが、いずれのクランクも専用工具が2~3本必要です。

そのため、同等程度と見て良いでしょう。

後のメンテナンスのことを考えれば、工具はこれっきりではないので、私個人としては自力で行うことをおすすめします。

クランクは大きな負荷が掛かる部分なので、BBともども定期的なメンテナンスが必要になります。

その都度、自転車屋さんに依頼するのであれば、専用工具を購入したほうが、長期的に見ればコスパが高いということになりますからね。

クランクを外すのは難しくありません

今回は、mtbのクランクの外し方をご紹介しました。

ひと口にクランクと言っても、様々な種類があり、それぞれ違った外し方があります。

また、クランクはBBと仕様を合わせる必要がありますので、必ずセットで考えるようにしてください。

作業に関しては、さほど難しくないので、尻込みせずに挑戦してみてください。