ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

mtbのクランクには種類がある!それぞれの外し方をご紹介!

2018.2.19

mtbやロードバイクなどのスポーツ自転車では、クランクの外し方が分からないという声をよく聞きます。

確かに、最初は複雑かもしれないという情報も入り、戸惑うかもしれませんが、覚えてしまえば何てことはありません。

そこで今回は、mtbを例に挙げ、クランクの外し方や交換時の注意点を確認していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車の防犯登録は県外で登録しても大丈夫?

自転車を購入すると、必ず勧められるのは防犯登録でしょう。 盗難等にあった時、自転車が見つかりやすく...

700x28cのタイヤに注目!適正空気圧・転がり抵抗って?

数年前から各メーカーがワイドリムのホイールをリリースしています。 このことでタイヤの主流が70...

自転車のブレーキゴム(ブレーキシュー)の種類!車種で違う

自転車のブレーキにはいくつかの種類がありますが、多くのブレーキにはブレーキゴムが使われています。 ...

自転車をネットで購入した時は、防犯登録はどうするの?

自転車を安く買いたいと思ったらまずは、ネットで自転車を調べる方も多いのではないでしょうか。 実...

フルクラムとカンパニョーロのホイール比較!どちらを選ぶ?

ホイールといったらフルクラム!でしょうか!? 新興ブランドですが、カンパニョーロの子会社という...

mtbのハンドルの適正幅とは?ハンドルカットに挑戦しよう!

mtbのハンドルはフラットバーといって、まっすぐなタイプのハンドルです。 また、ハンドル幅を決...

26インチと27インチのシティサイクル。適正身長で迷った時は

自転車を選ぶ際、多くの方が身長で自転車を選ぶのではないでしょうか? 自転車屋さんでよく見かける...

自転車事故を起こしたとき警察から逃げるとどうなる!?

自転車に乗っていて、必ず考えなくてはいけないことがあります。 それは、いつ事故が起きるか分からない...

旅する自転車ランドナー!自分でレストアしてみよう

最近、自転車で旅をする方が、また増えてきたようです。 日本国内でのスポーツ自転車ブームはひ...

mtbをドロップハンドル化したい!予算はどのくらいだろう?

最近は、スポーツ自転車の用途が多様化されてきており、車種の垣根を超えたカスタマイズが目立ちます。...

ロードバイクのフレームやパーツにサビが!どう対処する?

雨でもロードバイクに乗っている方にとって、パーツのサビは気になることの1つではないでしょうか? ...

立教大学の自転車競技部が気になる!自転車競技を始める方へ

立教大学はスポーツというよりは、安定した就職率や伝統を重んじる校風で人気が高い大学でした。 し...

エンド幅135mmの自転車に、130mmホイールの取り付けは可能?

クロスバイクに乗っていると、走行性能をアップさせる目的で、ロードバイク用のホイールを履かせるといった...

自転車のホイールバランスは重要!!振れ取りをしよう!

自転車メンテナンスのひとつとして、ホイールバランスの振れ取りがあります。 自転車は、少しの重さ...

自転車のネジのサビ取り方法と、自転車を長持ちさせるコツ

あなたの自転車、部分的にサビていませんか? 自転車のサビは放っておくと大変です。 自転車...

スポンサーリンク

mtbのクランクとBBの種類

mtbのクランクの外し方を確認する前に、クランクはBB(ボトムブラケット)とセットで考える必要があります。

また、BBはフレームに装着されますから、フレームのBBシェルの形状も関わってきます。

この辺りが全て連動しているので、まずはクランクやBBの種類を確認しておきます。

昔ながらの自転車に多く見られるのは、BBによって支持されているシャフト(軸)に、左右両側のクランクを嵌合(かんごう)するタイプです。

「コッタレスクランク」などと呼ばれますが、これが一般的でした。

BBは、フレームのBBシェルに金属製のカップを挿入し、そこにスチール製のボールべアリングを配する「カップ&コーン」ベアリングが採用されています。

そのベアリングをケースに内蔵させた「カードリッジ式」が、コッタレスクランクとの組み合わせが現在の主流です。

ただ、嵌合部分が多いので、やや剛性面に不安があります。
そのためか、現在のスポーツ自転車では、あまり採用されていません。

現在のスポーツ自転車の主流は「2ピースクランク」で、右側のクランクとシャフトが一体化しているものです。

右側のクランクから出ている軸を、左側のクランクで支持するので、固定力が強く、剛性も高くなります。

BBは旧来の回転体の役目ではなく、軸受けとしての役目が主になります。

mtbのクランク交換をお店で行うと?

今回は、mtbのクランクの種類ごとに外し方をご紹介していきますが、先に作業をお店に頼んだ場合の工賃を確認しておきます。

後述しますが、クランクを自力で外すには、専用の工具が必要になります。
その価格と比べて、どちらにするか決めていただければと思います。

大手サイクルチェーンでは取り外しというよりは、クランクの交換になります。

料金は、片側で1,000円~1,500円が相場のようです。

また、BBの交換は1,500円~2,000円といったところですので、同時に行うと工賃に2,500円~3,500円です。

これに、新しいBBとクランク代が加わるので、結構な額になります。

クランクの交換は、頻繁に起こるような作業ではないので、お店に任せても良いかもしれません。

しかし、クランクを外してBBをメンテナンスすることは、定期的に行う作業ですので、できるのに越したことはないです。

mtbのコッタレスクランクの外し方

それでは、mtbのクランクの外し方をご紹介していきます。

まずは、コッタレスクランクですが、専用工具が必要です。
「コッタレス抜き」で検索していただくと、画像付きで確認できます。

私が知る限り、他の工具では代用できません。
ですが、1本1,000円もしませんので、必ず用意してください。

あとは、モンキースパナがあれば、クランクは外せます。

BBも交換するなら、BB用の工具も必要になるので、これに関しては後述します。

では、手順を説明します。

まず、専用工具の空洞になっているほうを、クランクの固定ボルトにセットして、モンキーで外します。

ここは正ネジなので、左に回すと緩みます。

ボルトを外したら、専用工具の反対側にネジ切りがしてあるので、これをクランクにねじ込んでいきます。

突き当たるまでは手で回し、止まったらモンキースパナで、ゆっくりと回していきます。

専用工具をねじ込むことによって、シャフトからクランクが、押し出されるように外れていきます。

これを両側行えば、コッタレスクランクは外れます。

クランクを外したら、BBもついでに交換するか、メンテナンスをしたほうが良いです。

次項では、そのBBの外し方をご紹介します。

mtbのコッタレスクランク対応BBの外し方

先述したように、mtbのコッタレスクランクと組み合わされているBBは、「カップ&コーン」方式か「カードリッジ」式かのどちらかです。

それによって外し方が違いますので、順を追ってご説明します。

まずカップ&コーン式ですが、先端のロックリングを外すのに、「引掛けスパナ」が欲しいです。

「引掛けスパナ」で検索すると、格安のものが多くヒットしますが、ロックリングにはサイズがありますので、合うサイズのものを購入してください。

左側から外していきますが、ここは正ネジですので、左に回して外します。

次はカップを外しますが、左側はモンキーで左回り、しかし右側は「逆ネジ」なので右回りで外します。

これで、カップ&コーン方式のBBは、全て取り外せます。

次に、カートリッジ式BBの取り外し方に移ります。

カードリッジ式のBBの脱着には「BBツール」という工具が必要ですが、これも1,000円しないくらいなので用意しましょう。

カートリッジ式のBBの外し方は、至って簡単です。
BBツールを差し込んで左側は左回り、右側は逆ネジのため、右回りに回せば外れます。

シマノ「ホロ―テックⅡ」クランクとBBの外し方

前項までは、mtbのコッタレスクランクと、それに付随するBBの外し方をご説明しました。

ここからは、「2ピースクランク」の外し方をご紹介します。

今回は代表的な、シマノの「ホロ―テックⅡ」のクランクとBBの外し方を確認します。

こちらにも専用工具が必要でして、「シマノクランク取り付け工具(TL-FC16)」と「BBユニット取り付け工具」です。

あとは、5mmの六角レンチを用意してください。

それでは手順をご紹介します。

まず、六角レンチで左クランクの上部にある2つのボルトを交互に緩めます。
(ボルトは緩めるだけで外さない)

次に、固定ボルトにクランク取り付け工具を装着し、左回りで外します。

ボルトが外れたら、上部にある脱落用の爪を上げてロックを解除して、左クランクを抜き取ります。

右クランクは左クランクに支持されているので、その時点で抜けるようになります。

あとはBBですが、BBユニット取り付け工具で左側は左回り、右側はここも逆ネジですので、右に回して外します。

mtbのクランクは自力で外す

ここまで、数種類のmtbクランクの外し方をご紹介しました。

いずれも専用工具があれば、作業自体はさほど難しいものではないと思います。

ただし、長年使用しているものですと、ナットがきつく締めこまれ過ぎていたり、ロックリングが噛みこまれてしまって外れないケースがあります。

潤滑油を挿してみたり、無理やり叩き出したりしているインプレも見かけますが、その場合は、自転車屋さんにお願いしましょう。

また、先述したお店に頼む場合の工賃と、自力で行う工具代の比較ですが、いずれのクランクも専用工具が2~3本必要です。

そのため、同等程度と見て良いでしょう。

後のメンテナンスのことを考えれば、工具はこれっきりではないので、私個人としては自力で行うことをおすすめします。

クランクは大きな負荷が掛かる部分なので、BBともども定期的なメンテナンスが必要になります。

その都度、自転車屋さんに依頼するのであれば、専用工具を購入したほうが、長期的に見ればコスパが高いということになりますからね。

クランクを外すのは難しくありません

今回は、mtbのクランクの外し方をご紹介しました。

ひと口にクランクと言っても、様々な種類があり、それぞれ違った外し方があります。

また、クランクはBBと仕様を合わせる必要がありますので、必ずセットで考えるようにしてください。

作業に関しては、さほど難しくないので、尻込みせずに挑戦してみてください。

 - 自転車全般