タイオガの輪行袋の使い方を学ぶ!おすすめの輪行袋は?

自転車の楽しみの中に、輪行袋を使用して電車や新幹線に自転車を乗せて移動するという楽しみ方もあります。

そして、タイオガというメーカーでは、この輪行袋を販売しています。

輪行袋は使い方を間違うと愛車に傷がついたり、電車では他のお客さんの迷惑になったりもします。

そこで今回は、タイオガの輪行袋について、正しい使い方を学びましょう。
また、おすすめのタイオガの輪行袋もご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クランク交換の料金は一定ではない!賢く依頼するための方法

自転車のクランクにも種類があって性能がそれぞれ異なります。自分の自転車のクランクを交換したい...

トライアスロンに挑戦!苦手なバイクも克服できる練習会へ!

自分の身体を徹底的にいじめ抜くのが、トライアスロンという競技です。水泳やランニングが得意...

ウイリーをカッコよくキメたい!効果的な練習方法って!?

マウンテンバイクで挑戦したい技といえばウイリーですよね。ウイリーとは、フロントタイヤを浮かせ...

どうしたら自転車で坂道を楽に上ることができるの?

平地ではスイスイ漕ぐことができるけれど、坂道を自転車で上るのは一苦労・・・そう思う方は多いのではない...

サイクルウェアブランド紹介!カジュアルウェアでお洒落に!

サイクルウェアには、様々なブランドが存在し、それぞれレース指向であったりカジュアル指向であったりと性...

ママチャリの選び方!内装3段と外装6段の違いって?

ママチャリはシティサイクルとも呼ばれ、もっとも利用されている自転車です。通勤・通学にも便利な...

子供に乗らせたいのは?三輪車それともストライダー?

筆者が子供の頃は子ども用の乗りものと言えば、三輪車~自転車(補助輪付き)の流れしかなかった気がし...

自転車の「キーキー」という高い音は?~異音の原因を解説~

自転車に乗っていて、「キーキー」という高い音が鳴った経験のある人は多いはず。しかし、その...

ストライダーの類似品がトイザらスに?キックバイク選び方

今回は間違って認識している方も多いと思われる、「ストライダー」について詳しくお話していきます。...

自転車やヘルメットの塗装、自分で出来るやり方紹介

皆様は、自転車やヘルメットを譲り受けた経験はありますか?自転車やヘルメットを譲り受けた場合、...

mtbでトレイルに挑戦!!トレイルの服装や持ち物は?

登山ブームにより、以前より山に入る人は増えてきました。mtbでトレイルを始めたいけど、何から...

26インチと27インチのシティサイクル。適正身長で迷った時は

自転車を選ぶ際、多くの方が身長で自転車を選ぶのではないでしょうか?自転車屋さんでよく見かける...

小学生の自転車練習方法!都内で自転車練習できる公園は?

小学生になっても、まだ補助付きの自転車に乗っているお子さん。あせらなくても大丈夫ですよ!...

歩道を自転車で走ることや逆走は違反!ルール違反の危険性

近頃、自転車に乗っている方を多く見られるようになりました。自転車が増えた一方、マナーをきちんと守...

ロードバイクの乗り方で変える?ハンドルの角度調整の方法!

みなさんは、ロードバイクに乗る時、姿勢を気にしたことがありますか?実は、走る目的に合わせて姿...

スポンサーリンク

まずは、輪行袋を使って輪行をするということを考えてみる

輪行は、自転車が趣味になっている人には避けては通れない方法の一つです。

この輪行とは、自転車が趣味としてる人は当然知っていることだと思います。

しかし、自転車が趣味になって間もない人は、自転車で旅をしたいと考えたり、イベントに出たいと思った時に、どうやって自転車を持っていくのか、という疑問にぶつかります。

その際に利用する方法の一つが、輪行になるわけです。

輪行は、日本全国で開催されている自転車イベントに参加する際や、自転車で旅をしたりする場合、専用の袋に自転車を入れて、電車や新幹線に自転車を乗せて目的地に行くという方法です。

車を持っている人は、車に自転車を乗せるという方法もありますが、車を持っていない人や車に自転車を乗せることができない場合に輪行はとても有効な方法です。

輪行袋に自転車を入れるというのは、慣れてしまえば簡単ですが、最初のうちはなかなか上手くできないものです。

自分の自転車ライフの中で、輪行を選択肢に入れるかどうかで、行動範囲に大きな違いが出てきます。

タイオガというメーカーでは、自転車の部品などを販売していますが、輪行袋も販売しています。
そこで、タイオガの輪行袋の使い方について見ていきましょう。

タイオガの輪行袋を購入して使い方を知る

自転車を輪行するには、専用の輪行袋が必要になります。

その輪行袋はいろいろあるのですが、先ほどもお伝えしたとおり、タイオガでも輪行袋が販売されています。

しかし、この輪行袋を購入しても、初心者は使い方がよく分からなかったりする場合が多いです。
輪行袋を購入すると取扱説明書がありますので、よく読んで正しく輪行袋に入れるようにしましょう。

取扱説明書をきちんと見ておかないと、誤った入れ方をしてしまい、納まりが悪くなります。

また、愛車に傷がついてしまう可能性もあります。
気がついたときには、傷がついていて後でがっかりなんてこともありますので、注意しましょう。

また、どのようなシチュエーションで輪行袋を使用するのかということも知っていて損はありません。
購入前には、輪行をするシチュエーションについて調べておくといいでしょう。

今後の自分の用途を考えて、当てはまりそうなときは、購入しても損はしづらいですね。

このことから、輪行袋を購入する必要があるのかどうかを、輪行袋の使い方や用途などを調べて考えましょう。

「タイオガ 輪行袋 使い方」とネットで調べてみる

輪行初心者の人には、輪行袋の使い方は少し難しいかもしれません。

自転車の前輪を外したり、サドルを外したり、ハンドルを固定したりと、いろいろとやることがあるからです。初めての人にはハードルが高い方法といえます。

また、様々な肯定が必要になるので、今回は割愛します。

そこで、調べ方についてご説明していきましょう。

まずは、インターネットで使い方について調べてみましょう。

タイオガの輪行袋を購入する前に一度調べておくと、どのように使うのかという使い方を知ることができます。
また、様々な用途に対する使い方を知ることができます。

その他にインターネットで調べるメリットとしては、説明書に書いていないことも分かることがあるところです。

また、輪行袋の中には、取扱説明書では使い方が分かりづらいという場合もあります。

そのような時は、動画で輪行の方法を紹介しているものもあります。
動画は非常に分かりやすいので、見れば一発で使い方が分かるでしょう。

そして、輪行を行う際は、自転車をどのように運んで、行きたい場所に行くのかということを考えると、サイクリングプランが立てやすくもなります。

自転車イベントに参加するということでもいいですし、地方でサイクリングを楽しむ、などでもいいでしょう。

このように輪行袋の使い方を知っておくことは、サイクルライフが広がるきっかけにもなります。

いろんなシチュエーションを考えてみて、輪行するという方法を選択肢に入れてみてください。

輪行袋の正しい使い方を知っておく

更に、輪行袋について調べてみるとその用途がよく分かります。

公共交通機関で使用する輪行袋は、その車内に持ち込む際に規定があります。

公共交通機関を利用する場合、自転車は専用の袋に入れて持ち込むというのが大前提ですので、輪行袋が必ず必要になります。

また、タイオガの輪行袋のサイズなどを知っておくことで自分の自転車が入れられるのかどうか、ということも知ることができ、自転車が入らなかったというトラブルもなくなります。

このように輪行は、自転車を輪行袋に正しくしまう方法と輪行袋の正しい使い方について調べておくことが重要です。

タイオガというメーカーでは、輪行袋の他にいろいろな自転車関連のものがありますので、チェックしておくといいですよ。

タイオガの輪行袋のおすすめは?

タイオガの輪行袋を検索して、使い方を知っておけば、他のメーカーの輪行袋を使用する際にも役に立ちます。
ここではタイオガの中でもオススメの輪行袋をご紹介していきます。

タイオガの輪行袋の中でもオススメなのが「コクーン」シリーズです。
タイオガのコクーンシリーズは、簡単に輪行を行えると人気があります。

人気の理由として、リアタイヤを外すことなく輪行することができますので、手が汚れてしまう問題がないといった点です。

さらに、ジッパーを開いて輪行袋の後輪部分を留めれば、後輪で転がし移動することも可能です。

また、輪行をする際は、基本は担がければなりません。
担ぐともなると、輪行袋の重量も気になるところです。

そこをタイオガのコクーンシリーズは、役250グラム前後という重量ですから、非常に軽量です。

簡単かつ軽量を重視される方にオススメの輪行袋です。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

輪行袋を購入したら、いざ輪行!

輪行袋の使い方を理解し、購入したら、いざ輪行です。
タイオガの輪行袋でも、そうでなくても、輪行袋があれば行動範囲が大幅に広がります。

輪行袋には縦で収納するものもあれば、横に収納するものもあり、その種類はいろいろとありますので、よく吟味してから購入してくださいね。

そして、行きたいけど遠くて行けないと思っていた場所へ、輪行で行ってみてください。

また、急な怪我やマシントラブル、その他の原因で自転車の走行が不可能となってしまった場合でも、本当に持っていてよかったと思えるのが輪行袋です。

輪行袋を使わないときは、コンパクトに収納できますので、自転車乗りの人には、マストアイテムの一つです。
ドリンクホルダーに収まるサイズになるものもありますから、サドルバックに忍ばせておくこともできます。

オススメするのは、汚れが落ちやすい素材のものです。
その訳は、自転車を輪行袋に入れると、どうしてもチェーンの汚れが輪行袋についてしまいます。

チェーンの汚れ、使っていると落ちなくなってしまいますし、汚れるとやはり気持ちいいものではありませんよね。

先ほどご紹介したタイオガのコクーンシリーズは、ナイロン性で撥水加工をされているので汚れにくくおすすめです。

輪行を行うと、旅先でのサイクリングを楽しむことができ、様々な経験をすることができます。
これからのサイクリングが一層楽しくなりますよ。

輪行袋の使い方を知っていて損はない

もし、輪行をしないとしても、使い方を知っていて損は全くありません。

自転車を乗り始めて、旅を考えるようになったり、自転車イベントに参加したいと考え出してからでも購入するのは遅くありません。

タイオガの輪行袋を例えにしてみましたが、いろんな輪行袋がありますので、自分の愛車にぴったりのものを購入してみてください。

そして、ルールを必ず守って公共交通機関を利用するようにしてくださいね。