ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

フルクラムのレーシング7はどんな評価をされているの?

2018.2.15

フルクラムは、カンパニョーロの子会社で、ホイール専業メーカーです。
最近は、カンパにとらわれず、独自路線を歩み始め、確固たる地位を築いています。

また、カンパやフルクラムの長所のひとつに、高級ホイールから安価なエントリーグレードまで、幅広く揃っていることが挙げられます。

フルクラムの【レーシング7】は、正にエントリーグレードですが、評価や評判はどうなのか検証してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

箱根に行く人必見!芦ノ湖のサイクリングコースを走ろう!

休みに箱根旅行に行こうと考えている方はいませんか? そんな方には、芦ノ湖沿いを自転車で巡る...

自転車の変速機の修理はお店に頼む?それとも自分でできる?

自転車に乗っていれば、不調や故障はつきものですよね。 それに対し、自分でできるメンテナンスもあ...

日本人に合うサイズのメーカーとは?女性向きもご紹介

現在は以前と比べ、女性がロードバイクなどに乗っている姿を良く見かけるようになりました。 しかし...

BBタイプやクランクタイプ毎の様々なクランクの外し方

ロードバイクに長く乗り、自分で自転車の状態を点検していると、クランクの歯の摩耗やBBの劣化等はつきも...

グリップシフトとトリガーシフトの違いは!?優秀なのは?

クロスバイクの場合、ギアの変速操作を行うのにシフターで変速を行います。 グリップシフトとトリガ...

自転車タイヤのバルブ交換をしよう!バルブ交換のメリット

一般的なシティサイクルなどの自転車のタイヤに付いているバルブは、英式バルブと言われるものです。 ...

中国・ドイツの自転車事情と自転車性能の違いを比較!

皆さんは、自転車を選ぶとき、何を基準に選びますか? やはり公道を走るものなので、安全性は重視し...

子供が1歳半になったら考える!三輪車かストライダーか?

子供が1歳半くらいになり、ぼちぼち自分の足で歩けるようになってくるとベビーカーもそろそろ卒業です...

ママチャリのスポークの特徴とテンション調整方法をご紹介!

ママチャリに乗っていて、気がついたらスポークが折れてしまっていた、という経験はありませんか? ...

ハンドルのバーテープ交換工賃費を節約しよう!オススメは?

ロードバイクには、ハンドル部分にバーテープが装着されているのが基本ですね。 バーテープは使用し...

女性で身長170cmは普通?!ヨーロッパの自転車事情

食の欧米化や生活スタイルの変化で、日本人の平均身長は昔と比べて高くなりましたね。 女性でも足が長く...

キャノンデールのロードバイクのフレームサイズに変化が!

「キャノンデール」は、アメリカの有名スポーツバイクブランドです。 「アルミのキャノンデール...

bb30は雨に弱い!異音が発生したらオーバーホールで改善!

bb30はbb規格の1つで、キャノンデールが推し進めている規格です。 bb30の名前は使われて...

ピストバイクのチェーンとギアの特徴!ギアの交換について

ピストバイクの見た目は、ロードバイクに似ていますが、まったく別の自転車です。 ピストバイクに使...

シマノの9速用クランクに交換する~注意点をご紹介

スポーツ自転車というのは、とかくカスタマイズをしたくなるものです。 その中で障壁になってくるの...

スポンサーリンク

フルクラム・レーシング7の評価が低い理由

フルクラム・レーシング7はロードバイク用ホイールで、アルミリムのクリンチャータイヤ用モデルです。

フルクラムのアルミリムホイールはグレードの上位から、『レーシングゼロ』『レーシング3』『レーシングクワトロ』『レーシング5』『レーシング7』です。

位置付けとしては、これより上のグレードに、カーボンリムが続きます。

アルミリムホイールはフルクラムに限らず、上位グレードになるにつれて、軽量になっていきます。

ちなみに、レーシングゼロはレーシング7よりも230g以上軽量で、価格は10万円以上高いです。

リム素材であったり、ハブのベアリングやスポークなど、色々な要素が絡み合っての価格差ですが、軽いほど高価と思っておいて間違いありません。

上記のように、レーシング7は、フルクラムのホイールの中で、一番低いグレードのホイールです。

そのため、インプレで高い評価を受けることは少ないですし、そもそも完成車の付属品としか考えられていない向きもあります。

また、フルクラムの場合は、中位レベル以上のホイールが高評価過ぎるので、レーシング7がかすんでしまうということもあります。

フルクラム・レーシング7のスペック

フルクラム・レーシング7のスペックを、ご紹介します。

参考価格:25,000円~32,000円(前後セット)

重量:1,750g(公表ではなく実測値です)

リムハイト:フロント24mm、リア27.5mm

スポーク:スチールスポークでフロント18本、リア20本

ハブ:スチールボールのシールドベアリング

2015年モデルから、ワイドリム化されています。

まず、重量は軽いとは言えませんが、エントリークラスの完成車には、2,000gを軽く超える通称「鉄下駄」が付属していることも多いです。

そのため、鉄下駄とは一線を画していますが、評価するほどの軽量感はありません。

リムハイトやスポーク本数は平均的ですが、フルクラムは全体的に剛性が高く、やや硬めの乗り心地ではあります。

ハブのベアリングは、可もなく不可もなくで、特筆すべきことは何もないです。

しかし、シールドベアリングは基本ノーメンテなので、最初のうちは助かります。

ワイドリム化されていますので、25cや28cといった太めのタイヤに対応しているのも、エントリーグレードではメリットでしょう。

あとは、見た目が評価されていますね。

シマノなどは正直地味ですからね、それに比べるとカッコいいと私も思います。

フルクラム・レーシング7のインプレ評価

フルクラム・レーシング7のスペックを確認していただきましたので、今度は使用感のインプレをご紹介します。

上位グレードと比較しているインプレですと、どうしても低評価が並んでしまいますが、他社製の同グレードとの比較では、そん色ない評価と感じます。

漕ぎ出しや、坂の上りでは、このくらいの重量のホイールは、重さを感じてしまいます。

反対に、平地の巡航なら重さがかえって心地良いと思えるはずで、以前私もレーシング7を使用していたときは、全く同じ感覚でした。

私は、クロスバイクからロードバイクに乗り換えた最初の完成車に、レーシング7が付属していました。

そのとき感じたのは「良く回るな」ということでした。
また、重さなども気にならなかったと記憶しています。

クロスからの乗り換えでしたので、多少の硬さは覚悟していましたが、それも想定内の範囲で、乗り心地が悪いという感覚はありませんでした。

その後、上には上がいることを知るのですが、当時は全く不満に思っていませんでした。

私の個人的な感覚になってしまいますが、レーシング7は、このグレードのホイールとしては、何ら問題のない良品だと言っておきます。

グレードアップ用として評価されないのはなぜ?

フルクラムのレーシング7ですが、もし完成車に付属していたら、「ラッキー!」と思って良いでしょう。

エントリグレードとしては、重量も評価できるレベルです。

また、エントリーにありがちな、こんにゃくみたいなグニャグニャな剛性でもないので、ロードバイクに乗ってる感はしっかりと体感できます。

ですから、レーシング7が付属しているからといって、すぐに交換を考えるようなことはないと思われます。

しかし、他のホイールから換装を考えたときに、選択肢に入れるホイールかどうかは微妙です。

あくまでも、完成車に付属していれば「ラッキー」と思えるレベルであり、ホイールのグレードアップ目的で採用するかと言われれば、私は「ノー」と答えます。

おすすめしない理由のひとつには、性能が無難すぎるので、仮にもっと重量の重いホイールから換装したとしても、劇的な変化が感じられないという点です。

もうひとつは、せっかくフルクラムのホイールにするならば、「2:1スポークパターン」を体験したいからです。

フルクラム独自のスポークの組み方で、リアのドライブ側に倍のスポークを配することで、テンションのバランスを図っています。

ホイールのたわみを押さえ、動力の伝達力に優れていると評価されている技術です。

しかし、この技術が残念ながら、レーシング7とレーシング5には採用されていません。

これだけでも、レーシング7を選択する意味が、ひとつ消えるということです。

ホイールのグレードアップならこれ!

レーシング7は、ホイールのグレードアップ目的にはそぐわない。
では、どのホイールが良いのかという話になります。

予算との兼ね合いもあるのですが、ホイールは走行性能が如実に表れるところなので、できるだけ妥協しないほうが良いです。

まず、同じフルクラムならば「レーシング3」です。
ここから、先ほども触れた「2:1スポークパターン」になってきます。

重量1,555g(実測)は、このグレードとしては、まずまずです。

また、ハブのベアリングがカップ&コーンになりますので、メンテナンスがしやすくなります。

さらに、カップ&コーンのカップに特殊な加工がしてありますので、セラミック製のベアリングも使用可能です。

ユーザーさんの評価も非常に高いホイールですが、問題は価格です。
安い通販サイトでも、セットで6万円以上します。

しかし、今後本格的にロードバイクを趣味にしていくという方なら、ぜひ視野に入れたいホイールです。

他のメーカーですと、カンパニョーロの「ゾンダ」・シマノの「アルテグラ」・マビックの「キシリウム・エリート」あたりが、レーシング3と同程度のグレードです。

レーシング7をmtbやクロスバイクに換装する

さて、フルクラムのレーシング7ですが、グレードアップ用のホイールとしては、評価されていないとお話しました。

しかし、クロスバイクやmtbのロード化に使用してはどうでしょうか?

スポーツ自転車の多様化が進み、昨今では、自転車の機種の枠を超えたカスタマイズが目立ちます。

mtbのホイールは、耐久性や安定感重視ですから、重くて頑丈です。

その分、スピードは犠牲にされているので、ロード用のホイールを換装すれば、かなりのスピードアップが望めます。

また、クロスバイクも含めて、車体がロードバイクよりも重いので、レーシング7くらいの重量でも全く気にならないです。

正直に言えば、軽量で高性能なホイールは、車体が重いmtbやクロスでは、性能を活かし切れません。
そのため、レーシング7くらいが、失礼な言い方ですが、妥当な線です。

エンド幅の問題で、そのままでは使用できませんので、ちょっとした工夫が必要ではありますが、選択肢のひとつとして考えてみてください。

レーシング7は決して使えないホイールではない

今回はフルクラムのレーシング7についてお話しました。

エントリーグレードとしては完成度が高く、ロードバイク最初の一台に付属していたら「ラッキー」と言えるレベルです。

急いで交換せずに、じっくりと付き合ってみて、そのうち、グレードアップを考えてみてはいかがでしょうか。

 - 自転車全般