デローザの2017年のカタログから注目のバイクをご紹介!

各メーカーの2018年モデルが、続々と発表されていますね。

そんな中、そろそろカタログの発送も始まる頃です。
購入を考えている人はもちろんのこと、毎年カタログを楽しみにしている人も多いと聞きます。

イタリアのデローザなども、毎年11月頃に次年度のカタログが発送されますので、チェックしたいですね。

今回は、2018年モデルの前にデローザの2017モデルを振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

PINARELLOは新時代に突入した!MARVELが今に残した伝統とは

PINARELLO(ピナレロ)のロードバイクは、以前のシリーズを復活させたり、○○の後継機などと...

自転車のブレーキの効きが悪くなってきたらワイヤー修理を

自転車のブレーキは、レバーを引くとワイヤーが引っ張られ、本体が動く仕組みです。引っ張られ...

自転車タイヤのパンクの原因はバルブのムシゴムだった!?

ママチャリなどのシティサイクルのバルブは、英式バルブが標準です。英式バルブには、ムシゴムとい...

自転車のサドルカバー!100均や様々なサドルカバーの特徴

皆さんは、サドルカバーを使用していますか?意外と、使用されていないという方が多いのではないでしょ...

ミニベロとはどんな自転車?折りたたみ自転車との違い

ミニベロと折りたたみ自転車って形が似ていますよね。では、どのように区別すればいいのでしょ...

サドルで変わる!ロングライド向けのサドルとセッティング

ロードバイクでロングライドをすると、お尻が痛くなることってありませんか?もしかしたら、その原...

自転車ブレーキの異音を鳴き止める方法はあるのか!?

自転車に乗っていると、どうしても起こってしまう現象が、ブレーキの異音です。ブレーキの異音の原...

ストライダーのカスタムで「ホイール」を交換する意味とは?

ストライダーにはレースイベントが多数ありますので、ホイールのカスタムをされている方も多いかと思い...

bianchiのロードバイクでおすすめできるものをご紹介

bianchi(ビアンキ)は、現存する中では世界最古の自転車メーカーです。それだけを聞くと敷...

自転車の逆走は厳禁!取り締まりが厳しくなった背景

みなさんは、自転車にはよく乗りますか?自転車に乗る人も乗らない人も、安全に気持ちよく道路を通...

人気のシクロクロス!カンチブレーキで最強を目指せるか?

近年、シクロクロス競技において、ディスクブレーキが使用可能になり、多くの選手がディスクブレーキを搭載...

自転車に於ける後輪ブレーキに関するあんなコトやこんなコト

自転車はもちろんの事、全ての車両と呼ばれる乗り物に於いて、最重要と言っても過言ではない機能の1つ...

「マンハッタンバイク」のミニベロは評判が良いのか?

皆さんは「マンハッタンバイク」というスポーツバイクのメーカーを知っていますか?ミニベロ、...

メリダのロード付属ホイールは重量が重い?その理由とは?

ロードバイクに慣れてくると多く人が、「もっと速く走りたい」というスピードに対する欲求が出てきます。...

シュワルベのタイヤを参考にして適性の空気圧を考える

自転車に限りませんが、タイヤには適正の空気圧があり、タイヤ自体に刻印されているものもあります。...

スポンサーリンク

デローザ2017年版カタログを確認

2017年のデローザのカタログは、カーボンバイク6種の掲載から始まっています。

ハイエンドモデルの【PROTOS】は、レース機材として徹底したエアロダイナミクスの追求と、軽量化がなされています。

レースに使用するかどうかは別として、注目はカラーバリエーションの中の「Revo Matt」。

デローザのロゴが、チューブ全体に張り巡らされている奇抜なデザインです。
さすがにレース仕様車ですので、フレーム単体で77万円と、高嶺の花的存在です。

エアロロードの【SK Pininfarina】は、太いヘッドチューブにカムテール形状のダウンチューブ、ホリゾンタルのトップチューブが美しいフォルムになっています。

レーシーな仕様ではありますが、デローザは長距離向きという意味で「グランツーリスモ」という言葉を、このバイクの説明に使っています。

確かに寝ているヘッドアングルや、ゆったり目のホイールベースからは、それが見て取れます。

デローザ 2017カタログの代表モデルは【IDOL】

デローザのブランドイメージのひとつに、「カワイイ」があります。

そのイメージを代表するのが、カーボンバイクの中位モデル【IDOL】です。
2017年のカタログでも、もちろん大々的に取り上げられています。

色使いや弓なり型のトップチューブなど、かわいさのイメージがあるフォルムは、2017モデルも変わりません。

カタログにも取り上げられていますが、「Black Fluo Pink」は正に「アイドル」という名にふさわしい色使いです。

しかし、そのイメージとは裏腹に、戦闘力と言えば極端かもしれませんが、レーシーな一面も感じさせるジオメトリです。

また、IDOLという名前が付いている理由は、何でもこなせるオールラウンダーとして人々に崇拝される存在であり、人気があるということでしょう。

ただ少し残念なのは、デローザのロードバイクは、IDOLに限らず、サイズが大きめです。

これは私も個人的に思うことであり、多くのデローザファンも指摘しています。

IDOLも最小の47サイズでも、トップチューブ長が51.7cmありますので、女性や小柄な人には、少し厳しい設定です。

デローザ 2017カタログでひと際目を引く【メタル】フレーム

デローザの2017年版カタログを読み進めていきますと、これもデローザを代表するバイクである【TITANIO 3/2.5】が目に飛び込んできます。

名前の通り、チタン素材のロードですが、金属加工はデローザのお家芸ですから、非の打ちどころのない美しいダイヤモンドフレームです。

サイズがほぼ1cm刻みで用意されていますし、女性仕様もあります。

納車までに長い期間を擁することでも有名ですが、待ってでも手に入れたい特別感は、写真を見ているだけでも伝わって来ます。

フレームのみで70万前後ですので、私などには憧れの世界ですが、一度は体験してみたいフレームです。

そして、創始者のウーゴ・デローザが培った技術と知識をベースにしている【NeoPRIMATO】も、デローザを代表するロードの1台です。

クロモリフレームらしい、細身でスタイリッシュなフォルムは、伝統のイタリアンバイクそのものです。

同じイタリアメーカー・チネリの【スーパーコルサ】が良いライバルだと思いますが、伝統勝負でもあるので、甲乙つけ難いところです。

プロも認めたアルミフレーム【SCANDIUM】

2017年デローザのカタログは、メタルフレームが続きます。

【NUOVO CLASSICO】はNeoPRIMATOの車体をベースに、ヘッド周り・フォーククラウン・チェーンステーのメッキが施されています。

【CORUM】は、スチールフレームでありながら、快適性重視の設計になっています。

基本はレーシーな仕様ですが、非常に小さな後ろ三角が、上手く衝撃を吸収してくれます。
また、フロントフォークが太く剛性を確保しつつ、ここでも高い衝撃吸収性を誇っています。

しかも、見た目のフォルムもTIG溶接の技術を用いており、溶接面が美しい仕上がりになっています。

そして、ようやくアルミフレームが登場します。

【SCANDIUM】は、7000系の上質なアルミ合金に、レアメタルのひとつであるスカンジウムを添加して、大幅に強度を高めています。

ヘッドチューブからフォークにかけての大口径は、カーボンライクな造形と質感になっています。

また、非常に軽量かつ剛性が高いフレームなので、女子ロードレーサーの西選手がSCANDIUMで、ツアーに参戦中です。

エンドユーザーには、アルミフレームながら46万円という高価さがどう映るかですが、もちろん他とは一線を画す爆発力は魅力です。

2017カタログの別冊

2017年のデローザのカタログに、完成車の掲載は、ほとんどありません。

カタログは当然ながらパーツを組み、完成車として見せてはいますが、デローザはフレームのみの販売がほとんどです。

ホームページによると、2018年はエントリーグレードのアルミフレーム【FEDE】に、完成車が見られます。
エントリーと言っても、シマノやカンパの中位グレードのコンポやホイールを採用しています。

また、大人気の【IDOL】のフレームコンセプトを踏襲しています。

その意味では、適度な価格ながら上位モデルのコンセプトを導入して、デローザユーザーへの第一歩を踏み出しやすくしてくれています。

2017年のカタログには別冊が2冊あり、1冊は先ほどもご紹介した【SK Pininfarina】の特集。
もう1冊はデローザにしては珍しい、ツーリングモデルの【Milanino】がフィーチャーされています。

【Milanino Journey】は、ダウンチューブに装着されたダブルシフターや、フェンダーの標準装備がランドナーを想わせますね。

!【Milanino 1Pada】は、クルーザーハンドルに、砲弾型のヘッドライト。

リアには、サドルバックやパニアバックまで標準装備された、通勤・通学を強く意識したような街乗り仕様車です。

2018年モデルの取り扱いは、現時点では確認できません。

デローザはカタログだけでも十分楽しめる!

今回は、デローザの2017年版カタログを振り返ってみました。

デローザのフレーム成形技術の高さを改めて思い知らされました。

特に凄いのは、金属フレームで培った技術をカーボンフレームに、存分に落とし込んでいる点ですね。

特にカーボンとしては珍しい、完全ホリゾンタルスタイルの「PROTOS」は、芸術品と言っても過言ではありません。

カタログでは、かなりリムハイトの高いホイールが組んでありますが、とてもお似合いです。

また、デローザの真骨頂であるメタルフレームも、相変わらずの健在ぶりをアピールしています。

ハイエンドモデルの「TITANIO 3/2.5」はもちろんですが、今回、凄みすら感じたのはアルミ合金の「SCANDIUM」です。

私などのホビーライダーでは剛性が強すぎて扱いにくいのでしょうが、カーボンライクな造形と質感には、惚れ惚れとさせられます。

「デローザはカタログを眺めているだけでワクワクする」というのを、以前に見たことがありました。

半信半疑ではありましたが、今となっては、私もそっくりそのまま、この言葉をリピートしましょう。

デローザのカタログを1回見て欲しい!

今回は、デローザの2017年モデルをカタログから振り返ってみました。

少し褒め過ぎだろうと思ったかもしれませんが、1度見てもらえば分かってもらえると思います。

もちろんカタログは無料なので、2018モデルを頼んでみてはいかがでしょうか?