ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

タイヤサイズで26インチや700cってどのくらいの大きさ?

2017.12.20

自転車のタイヤサイズは、様々な表記が入り混じっています。

単位はインチやmm、小数点表記だったり分数だったり、わざとややこしくしているのかと思えるほどです。

例えば、ママチャリの標準が26インチ、ロードバイクが700cと聞いただけで、大きさがピンとくるでしょうか?

しかも、これはタイヤの外径の話で、幅(太さ)はまた違う表記です。

今回は、こんな煩雑なタイヤの世界を整理してみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

シマノのコンポーネントで9速のロードを11速化する

初めて買ったロードバイクがリア9速(8速)だったけど、慣れてきたから10速・11速にしたい。 ...

ミニベロで通勤できる?ビアンキとブルーノを比較してみた!

近年では、エコブームや健康志向の高まりを受けて、自転車で通勤する方も目立ってきています。 ...

ロードバイクのフレーム塗装を補修する!再塗装も考える

ロードバイクに慣れないうちは倒してしまったり、ビンディングペダルを装着しているのを忘れてしまい、降車...

折りたたみ自転車のサドルが硬い!痛いときの対処法って?

折りたたみ自転車に乗っていると、サドルが硬くて痛い...ということが、どうしても気になってきます...

自転車の古いタイヤを新品タイヤに交換するタイミングとは?

みなさん、楽しい自転車ライフをいかがお過ごしなされてるしょうか?  通勤・通学、近所への買い物...

ストライダーのベアリングは交換しかメンテの方法がない?

ストライダーに乗っているお子さんを見ていて、「進みが悪くなった」「タイヤの回転が鈍い」と感じるこ...

自転車のスタンドが上がらない原因は?その対処法

自転車のスタンドが上がらない! いざ、出かけようとして自転車のスタンドが上がらなくては、出かけ...

ロードバイクを快適に!サイクルウェア選び初心者向け指南

ロードバイクのサイクルウェアは、吸水速乾性やストレッチ性に優れ、また、ウェアの形状や機能が自転車に特...

シマノ製コンポ装備自転車のギア比とギア交換の必要性

シマノといえば、シティサイクル~ロードバイク等の競技用自転車までコンポーネント(コンポ)類のパーツに...

フィアットの自転車(ミニベロ)の口コミとは!?

フィアットといえば、自動車を思い浮かべる方も多いかと思いますが、自転車(ミニベロ)でも非常に高い評価...

自転車のハンドルから異音がする場合の原因と解決法

自転車のハンドルから「ギシギシ」「ミシミシ」という異音がしたことはありませんか? このハンドル...

シマノのインソール!ピッタリサイズで痛みは解消できる?

シマノから発売されているカスタムフィットインソール。 熱成型により、乗る人の足の形とサイズにピッ...

ストライダーのホイールをカスタムすると重量が重くなる?

ストライダーは対象年齢が2歳~ということもあり、車体がコンパクトで重量もとても軽くなっています。...

自転車を分解して自分の好きな色に再塗装してみましょう!

自転車は屋外で保管する事が多いので、錆びたり、塗装が剥げたり、自然と劣化してまう物です。 見た...

神戸周辺を自転車で走ろう!サイクリングに必要なものは?

神戸は、海沿いを走るサイクリングコースが充実しています。 また、観光名所をめぐるコースや空港ま...

スポンサーリンク

26インチや700cはタイヤの外径

まず、自転車のタイヤの表記が機種別に、どうなっているのか整理しておきます。

タイヤのサイズの従来型の表記は、先に外径が示され、後ろに幅が示されています。

ママチャリやMTBは、外径も幅も単位はインチで、外径は整数、幅は小数点や分数で表記されます。

例えば、26×1-3/8という表記のタイヤは、大きさが26インチで幅が1-3/8インチ(約35mm)ということになります。(1インチ=2.54mm)

しかし、この26インチは、タイヤの外径のことではなく、ビード径と呼ばれるものです。

自転車の車輪は、タイヤのビードがホイールのリムに、はまる構造で成り立っています。

そのため、上記のタイヤは26インチのホイールに、はめることができる、約35mmの幅を持つタイヤということです。

一方、ロードバイクやクロスバイクは、タイヤの外径と幅はミリメートルで表記され、対応するリムの幅を示す記号が最後に付きます。

700×25c表記のタイヤは、700cサイズで25mmの幅という意味です。

26インチや700cのような異なる表記を統一するのが「ETRTO」

上記のように、自転車の機種によって、タイヤのサイズ表記は異なります。

しかし、これでは非常に分かりづらいということでできたのが、「ETRTO」という統一規格です。

これは異なる表記は尊重するが、互換性を分かりやすくするというコンセプトでできています。

表記が26インチだろうが、700cだろうが、同じホイールのリムに、はまりさえすれば互換性があるということです。

そのため、ETRTOの表記は、タイヤのビード径になります。

単位はミリメートルに統一され、幅が先に表記されます。

先ほど例に挙げた26×1-3/8サイズはETRTOで【35-590】、700×25cは【25-622】と表記されます。

よって、この2つのタイヤはビード径が違うので、互換性がないということが分かります。

現在のタイヤは従来の表記に加え、ETRTOを同時に表記することが義務付けられているので、互換性は分かりやすいです。

ただ、そこまで考えなくても、ミリメートル表記をするのが、ロードバイクとクロスバイク。
インチ表記をするのが、MTBとママチャリと覚えておけば、大きな間違いはないです。

しかし、最近は用途が多様化しているので、「ロードバイクでMTB用のタイヤを履きたい」のような要望があります。

このときに、ETRTOが必要になるのです。

ETRTOのビード径が合えば、理論上はロードバイクにMTB用のタイヤが適合するわけです。

しかし、ブレーキとの相性や、フレームとのクリアランスの問題があるので、実際に履けるかどうかはケースバイケースです。

MTBのタイヤは26インチに始まり27.5インチに落ち着いた

スポーツ自転車のタイヤのサイズには、いつの時代も主流があります。

それは、スポーツ自転車が基本的にはレースに使われる機材であり、その時代のレースに使われている規格が、エンドユーザーにも流れていくからです。

現在のMTBは、27.5インチが主流です。(650Bという表記のされ方もします)

正にこれは、レースの世界からの波及であり、26インチから29インチを経て、現在の27.5インチにたどり着いているのです。

27.5インチは、ママチャリよりは少し大きいですが、ロードバイクよりは小さめのサイズです。

タイヤの外径は漕ぎ出しの感覚、スピードの維持、小回り性などに影響があります。

外径の小さなタイヤは漕ぎ出しが軽く、小回りは効きますが、スピードの維持が難しくなります。

一方、大きなタイヤは、漕ぎ出しは重く小回りは効きにくいですが、一度スピードに乗れば維持がしやすいです。

MTBは、ママチャリほどの小回り性は必要ないが、ロードバイクほどスピードを維持する必要もないです。
そのため、中間の27.5インチが主流になったと言われています。

ロードバイクやクロスバイクの主流は700cですが、こちらは次項で詳しく説明します。

ロードバイクやクロスバイクは700cが主流

ちなみに、ママチャリのタイヤに主流はありません。

ママチャリは、そもそもタイヤのサイズが、そのまま自転車のサイズとなっているので、自分に合ったサイズを選びますからね。

女性は24インチ以下、男性は26インチが良いと言われていますが、あくまでも目安です。
そしてロードバイクですが、700cは主流というよりも、このサイズしかほぼ見たことがありません。

ロードバイクはスピードが最優先ですが、一瞬の瞬発スピードよりも、巡航性を重視します。

そのため、1回転ごとの進む距離が長くなる、大口径の700cが採用され続けてきました。

また、ロードバイクは他のどんな自転車に比べても、ホイールに力が注がれています。

各メーカーが、いかに軽量で、よく転がるホイールを作れるかを競っている状態です。

そういった状況下では、700cワンサイズで大量生産できるメリットは、かなり大きいです。
その影響で、タイヤもほぼ700cに統一されていると考えられます。

また、最近ではクロスバイクもスピード化の傾向にあり、大半の完成車で700cのタイヤが採用されています。

タイヤは大きさ(26インチなど)と太さが重要

さて、ここまでの話では26インチや700cなど、どちらかと言えば、タイヤの大きさについての話が中心でした。

タイヤは大きさに加えて、幅(太さ)も重要な要素のひとつです。

タイヤの幅は主に、スピードと乗り心地に大きな影響を与えます。

細いタイヤは地面との摩擦が少なくなるので、よく転がるぶん、スピードが出ます。
しかし、空気圧を高くする必要があるので、安定感には少し欠けます。

一方、太いタイヤは、地面との接地面積が大きくなり、摩擦が大きくなりますので、スピードには欠けます。

しかし、充填する空気量が大きくなるぶん、クッション性が増すので、乗り心地は良くなります。

こういったことが考慮され、スピード優先のロードバイクには細目のタイヤ。
乗り心地優先のママチャリや、地面とのグリップ力が大事なMTBには、太いタイヤが採用されているわけです。

しかし最近では、やや太めのタイヤがトレンドになってきており、ロードバイクも多くの完成車に、700×25cのタイヤが採用されています。

それに伴って、ホイールのリムも幅が広がり、ワイドリム化の傾向になっています。

タイヤのサイズの変遷

タイヤはホイールを交換しない限り、大きさを変更することはできません。

ETRTOの項でも触れましたが、26インチのホイールに700cのタイヤは、どうやってもはまりません。

私が知っている中で互換性があるのは、MTBの29インチとロードバイクの700cです。
ETRTOでビード径が同じ622mmなので、理論上は可能ということです。

MTBの29インチ車は、「29er」とも呼ばれる特別な存在です。

大口径タイヤのMTBとして一世を風靡しましたが、レースの世界においてはオールマイティさを欠くため、に下火になりました。

さらには、市販車の面でも、街乗りに使える、スピードの出るMTBとして人気がありました。

しかし、ほぼ同じタイヤサイズであるクロスバイクの台頭により、29erは少数派へと落ちていきました。

このように、タイヤのサイズは時代の流れによって、刻一刻と変化していくものなんですね。

タイヤの大きさは覚えてしまった方が良い!

タイヤのサイズは、自転車の機種ごとに表記の仕方が違う、ややこしい状況でした。

現在は、ETRTOができたおかげで、少し整理されましたが、相変わらず旧表記の方が認知度が高い状況です。

そのため、自分の乗っている自転車は、タイヤサイズを覚えてしまうことが一番確実です。

そうすれば、タイヤ交換の際は、太さを決めるだけですからね。

 - 自転車全般