mtbのダウンヒル初心者必見!上手になるテクニックのコツ

mtbで行う競技の1つに、ダウンヒルがあります。

ダウンヒルは、山道に作られた急な斜面を高速で下る、最も危険で激しい過酷なレースです。

ここでは、ダウンヒルに挑戦してみたい方や、ダウンヒル初心者に向けて上手になるためのテクニックをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車にキズ?!外装塗装をセルフメンテナンスしてみよう!

自転車に乗っていると、ちょっとしたことでフレームの外装塗装にキズを作ってしまいます。自分...

自転車のブレーキ音はトラブルの可能性も!直す方法紹介

自転車のブレーキ音に悩まされている方が多いことと思いますが、原因が多岐に渡っているため、特定が難...

自転車のブレーキ音解消に注油は厳禁!ならどうすればいい?

自転車の後輪ブレーキから、激しいブレーキ音がするのは珍しくありません。しかし、そのブレーキ鳴き...

自転車で移動距離を延ばしたい!有効なトレーニング方法は?

スポーツ自転車に乗り始めたばかりだと、長距離を走ろうと思っても途中で疲れて断念してしまうことがありま...

自転車の後輪ブレーキが原因の音鳴りの改善方法とは!?

アスファルトにすれるタイヤの音はなめらかで、通り過ぎてく風の音は耳に心地よく、順調よく漕ぎだした...

自転車のbbってなに?自転車から異音がする原因や対処法は?

bbをご存じですか?自転車部品の一つであるbbですが、自転車に乗っていても知らないという方は...

自分で出来る!自転車のギアの修理の手順

自転車に長く乗っていると、ギアの調子が悪くなってくることがありますよね。そして、悪化すると、...

ツールド東北2015年と2016年レポート!復興支援が目的で人気

ツールド東北も2017年で5年目を迎えます。参加しようか迷って費用や宿泊地の都合がつかず断念...

自転車購入後に行う、防犯登録をすることの大きな意味は?

自転車を店頭で購入後、必ずといっていいほど、防犯登録の加入を勧められるでしょう。この防犯登録...

自転車に電球を取り付けよう!ledライトのおすすめは?

自転車で、ロードバイクやクロスバイクにはもともとライトは取り付いていません。そのため、ライト...

ピカールの使い方って!?自転車のサビ取りや掃除に大活躍

「ピカール」ってご存知でしょうか?ピカールは、研磨剤の一種になります。ピカールと呼ばれる...

ヤマト運輸で自転車を送りたい!発送や梱包の仕方は?

「ヤフオクやフリマアプリなどで自転車を処分したい!」「実家や引っ越し先に自転車を送りたい!」...

キャノンボールって何?東京から大阪まで自転車で走るの?

皆さん、キャノンボールという言葉は聞いたことがありますか?簡単にいうと、東京から大阪まで...

ストライダーに男の子・女の子用の区別なし!色はどうする?

ストライダーはお子さん用のペダルなし自転車で、世界150万人の子供たちに愛用されていると言われて...

就活用の履歴書の趣味欄でサイクリングをアピールしたい!

就活を控えた高校生や大学生にとって、履歴書の趣味欄が悩みの種という方も多いですよね。趣味はサ...

スポンサーリンク

mtbで坂を下る競技、ダウンヒルって?

mtb(マウンテンバイク)はその名前の通り、山を走るために作られた自転車です。

mtbの競技は大きく分けて「クロスカントリー」と「ダウンヒル」があります。
どちらも山道を走る競技ではあるものの、全く質が異なります。

自転車競技の中でも最も激しいジャンルに分類され、危険とされるのが「ダウンヒル」です。

まずは、「ダウンヒル」について少しご紹介していきましょう。

「クロスカントリー」は長距離を走る競技ですが、「ダウンヒル」は急な斜面を一気に駆け下りる、危険を伴う競技です。

「ダウンヒル」競技に使用されるmtbは、一般的なmtbと作りが違い、特殊な構造です。

まず、サスペンションには油圧式もしくは空圧式のものを採用しています。
こうすることで、あらゆる路面を確実に走ることができます。

また、急斜面を一気に下る危険な競技ですから、ブレーキの制動力も非常に重要になります。
そのため、ブレーキもオートバイと同じ油圧ディスクブレーキを採用しています。

このように、「ダウンヒル」は自転車競技の中でも最も激しく、危険な競技であることは間違いありません。

始めるにあたり、注意点も踏まえながらしっかりとテクニックを覚えていきましょう。

mtbでダウンヒル!上手くなるテクニックのコツは?①

mtbで行うダウンヒルの上達を目指す方に、テクニックのコツをご紹介していきましょう。
まず、ダウンヒルを行う際、その恐怖から身体がこわばり固くなってしまう方も多いかと思います。

しかし、身体が固くこわばってしまっている状態では、mtbを上手くコントロールすることができません。

ダウンヒルをマスターするテクニックのコツは、無駄な力を抜いてリラックスすることです。

人間は、恐怖心を持つとどうしても身体が固くなってしまいがちですが、バーを固く握った状態では、クラッシュの危険性も増してしまいます。

しっかりと体勢を保ちながら、なるべくリラックスすることが、ダウンヒルを上達させるポイントになります。

リラックスするためには、息を吐くことを行ってみてください。
人間の身体は、息を吐くことで緊張がほぐれ、筋肉が動きやすくなると言われています。

また、ダウンヒルでは、様々な複数の作業を行い、考えながら斜面を下らなくてはなりません。
息を吐いて身体をリラックスさせ、良いライディングができるように調整してみましょう。

mtbでダウンヒル!上手くなるテクニックのコツは?②

続いて、ダウンヒルでのテクニックをお伝えしていきましょう。

mtbでのダウンヒルの最中、目線は足元ばかり見ていませんか?
ダウンヒルは予期せぬ障害物に出くわし、急なブレーキで流れを崩してしまうことがよくあります。

これは、きちんと前方を見ていないことが原因です。
ダウンヒルの最中の目線は、足元ではなくやや前方を見るようにしましょう。

前方をしっかりと見極め、自分が走るラインを考えながら走れば、突然の障害物を回避することができます。
結果、スピードを無駄にすることなく、スムーズに走ることができるのです。

また、重心を下げることもテクニックの1つです。

重心を下げるためには、シートポジションを自分に合う位置まで落としてみましょう。

急斜面を下る際には、サドルにお尻を乗せるのでなく、お尻を少し浮かせ、サドルにおへそがあたるような気持ちで重心を後方へ移動させます。

この乗車姿勢は、より低く後方の位置に重心が決まり、急な斜面の動きにも、より対応しやすくなります。

mtbのダウンヒル、コーナーでのテクニックとは

mtbでコーナーが苦手という方は多いはずです。
ここでは、ダウンヒルのコーナー時のテクニックをご紹介していきます。

コーナーなどで、重心を左右に移動させるときは、mtbを傾けてコントロールするのがポイントになります。

mtbなどの自転車は、傾けると自然と進行方向に曲がってしまうといった構造になっています。

ハンドルだけでコーナーを曲がろうとすると、mtbを傾けている状態よりも大回りで無駄なコーナリングとなってしまいます。

特に、ダウンヒルなどのスピードが出る競技の場合、大回りになるコーナリングは危険です。

また、ブレーキレバーを正しくセットすることもダウンヒルには非常に重要なことです。
自分に適切なブレーキレバーのセッティングは、ダウンヒルのテクニックにも大きく影響します。

多くの方はブレーキレバーを地面に向けてセットしていると思いますが、このセッティングだと、ダウンヒルの場合は姿勢を崩しやすくなります。

そこで、ブレーキレバーの位置を少しフラットな位置にセッティングしてみましょう。
こうすることで、ダウンヒル時の重心移動もコントロール性もより増すはずです。

ダウンヒルは常に危険と隣り合わせであること

mtbに限らず、自転車のコントロールの基本は、ブレーキ操作です。

特にダウンヒルの場合、急斜面、急な障害物などブレーキをかけるシーンもたくさんあります。

ブレーキ操作を正しくできない状態で山道を走るとなれば、前輪をロックさせたり、回転してしまったり、転んでしまうといったことが起こりやすくなります。

コーナーに入る際は、その前でしっかり減速し、曲がっている最中にブレーキを使わないのがポイントです。

しかし、コーナー中にスピードを落としたいときもありますよね。

その場合はフロントブレーキをかけず、リアブレーキを少し触るくらいのイメージで減速します。

また、ダウンヒルの最中で、スピードが出ている状態での急ブレーキが最も危険です。

その場合は、思いきり体重を後ろに移動しますが、この動作はやっているつもりでも、できていない方がたくさんいます。

このようなブレーキテクニックは、練習を重ねて習得できるものです。

ダウンヒルは、常に危険と隣り合わせの競技です。
正しい重心位置と、ブレーキ操作を身に付け、危険な状態に陥らないようにしましょう。

ダウンヒルにおすすめの装備品

最後に、mtbで行うダウンヒルの装備品の1つである、ヘルメットをご紹介していきます。

ダウンヒルに欠かせないアイテムの1つがフルフェイスのヘルメットですね。

先ほどは、ダウンヒルが上手くなるテクニックの1つとして、目線はやや前方とご紹介しました。

ですが、重いヘルメットでは、上下に大きく振れる路面の振動で、目線がブレ、しっかりと路面を捉えることができなくなってしまいます。

ですので、ダウンヒルを行う際は、ヘルメットの軽さも重視してみましょう。

おすすめは、DISSIDENTのヘルメットです。
このDISSIDENTのヘルメットは、サイズによっても異なりますが、1キロほどと軽量なものになっています。

顎のバックルは、よくあるボタン式ではなくマグネットタイプで、着脱が簡単にできることもうれしいポイントです。

軽いヘルメットは、常に前方の目線を確保することができるでしょう。

DISSIDENTのヘルメットなら、ダウンヒルに必要な安全性の他に、抜群の快適性も保証できます。

ダウンヒルに必要なテクニックを身につけて、上達を目指そう

mtbで行うダウンヒルは、危険と隣り合わせの競技です。

まずは、基本となるブレーキ操作からしっかりと習得し、上達させていきましょう。

危険な事故を起こさないためにも、無茶な走行はせず、予知しながら走行を行うことが大切です。