ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

自転車での移動時間を知りたい!計算方法を教えましょう

2017.11.15

自転車には、自動車のように最初からスピードメーターは付いていませんので、自分がどのくらいのスピードで走っているのかが、分からないものです。

そのため、初めて行くような場所では、大まかな距離は地図から分かったとしても、移動時間が分かりませんね。

そこで今回は、自転車での移動時間の計算方法を考えてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車で右折レーンを走ることはNG!?複雑な自転車の交通法

自転車に乗る方が増えたと同時に、交通ルールを正しく守っていない方も多いように感じます。 あまり...

自転車は初心者マークがつかない!お子さんを事故から守ろう

自転車は車とちがって、教習所で教わることも、初心者マークをつけることもありません。 小さなお子...

自転車の様々な法律をご紹介!一方通行を逆走すると違反!?

自転車は、実は車両扱いってご存知ですか? 車では道路方式を守っていても、自転車だと気にしていな...

ランドナーのタイヤ交換時に注意したい互換性と汎用性

ランドナーと言われて、ピンとくる人は、失礼ながらオールドな自転車ファンの人ですね。 ランド...

自転車のブレーキは前輪の方が制動力が強いので要注意!

自転車のブレーキは、前輪と後輪にそれぞれ一つづつ装着されています。 「どちらが重要か?」の...

自転車のブレーキワイヤー考察!前後輪を間違えてはいけない

自転車のブレーキワイヤーはブレーキを掛けるごとに伸縮を繰り返しており、酷使され続けている存在です。 ...

キャノンデールの自転車はサイズが豊富!選び方のコツは?

アメリカを代表する自転車ブランドのひとつであるキャノンデール。 車種の多さもさることながら...

ビアンキのロードバイク!サイズ「53」が本当にピッタリ?

初めてのロードバイクに、ビアンキを選ぼうとお考えの方も多いですよね。 ビアンキは見た目・性...

ケイデンスセンサーが反応しない!ナゼ?どうしたら良い?

ロードバイクに乗っていると、いろいろなアクセサリーが欲しくなってきますよね。 また、自分がどの...

シマノ105クランクの各年代で外し方が違う

シマノ105は、ロードバイクの入門モデルに装着されている、最も需要の多いコンポーネントです。 ...

自転車のステッカー・シールのはがし方のテクニック!

自転車に貼ってあるステッカーやシールって、本当にはがしにくいですよね。 跡が残らないようにする...

自転車のフロントフォークには目安となる交換時期がない!?

自転車を操作するにあたって、フロントフォークは最も大事なパーツの1つです。 そのため、フロントフォ...

シクロクロスはタイヤで変わる!タイヤ交換するならどれ?

スポーツ自転車「シクロクロスバイク」ってご存知でしょうか。 ロードバイクとmtbのいいとこどり...

ブルックスの革サドルの特徴は?取り付け方法とメンテ方法

ブルックスといったら、革サドルというイメージが強いですよね。 それほど、ブルックスは革サドルの...

ブリジストンの自転車、アルベルト!ベルト交換は必要なの?

ベルトドライブ自転車といえば、ブリヂストンのアルベルトといわれるほど有名な商品です。 ベルトド...

スポンサーリンク

自転車の移動時間を知るために把握しておくこと

まず、自転車での移動時間を知るためには、距離と時速(スピ―ド)が分かれば計算できます。
しかし、冒頭でも言ったように、自転車はスピードを測るための機器が、最初からは装備されていません。

後ほど自転車用のスピードメーターもいくつかご紹介しますが、ここではおおよその目安となるスピードを、自転車の種類別にご紹介します。

まず、参考までに徒歩の場合ですが、平均時速は約4キロと言われています。

1時間歩けば、4キロ先まで行けるということですので、東京駅からなら東京タワーまで行けます。

ピンとこない人には申しわけないですが、個人的には1時間で、意外といけるものだなという感想です。

運動などの意識がなければ、日常生活の中で1時間歩くことは考えにくいですが、周りの景色を楽しみながら、のんびり歩いて1時間なら悪くない運動だと思います。

自転車の移動時間は距離÷速度で計算する

自転車の話になりますが、まずは一般的なママチャリです。

ママチャリには、まずスピードの概念はないので、ほとんどの人が意識せずに走っていると思います。

だからこそ、純粋な自転車の性能でスピードが測れると思うのですが、平均時速は約14キロと言われています。

また東京駅からの距離で恐縮ですが、1時間走って東京ディズニーランドに行ける計算になります。

電車での移動時間が30~40分くらいですので、何か現実味が出てくる数字ではありませんか?

しかもディズニーランドは千葉県ですから、隣の県まで1時間で行けると考えたら、ママチャリのスピードも侮れませんね。

このように目安ではありますが、スピードが分かれば、地図で距離を調べるだけで、目的地までの移動時間が分かります。

仮にママチャリで10キロ先の目的地に行こうとした場合の移動時間は、10キロ(距離)÷14キロ(時速)=0.7(移動時間)となります。

ちなみに、0.7時間は42分です。

この計算の精度を高めるのに必要なのが、自分の速度を知るスピ―ドメーターということになります。

目安はあくまでも色々な実験の平均値ですから、自分の速度を知ることが重要になります。

自転車の速度を計算しなくても一目瞭然にしたい!

自転車にスピードメーター(以下サイクルコンピューターと呼びます)を付けるのは、やはりスポーツ自転車に乗っている人になるでしょう。

ロードバイクなどはママチャリとは対極的な存在にあり、スピードを阻害するようなものを全部取っ払った、レース仕様の自転車です。

そのため、当然ながら、自分のスピードを把握できなければなりませんので、サイクルコンピューターは必需品です。

ホビーライダーには、そこまで強制的に求められるものではありません。

ですが、ツーリングなどをしていると、自然と自分がどのくらいのスピードで走っているのかを、知りたくなるでしょう。

先ほどの話からいけば、距離と移動時間で時速を計算できますが、何キロ出したという実感がないですし、面白くありません。

また、街乗り仕様のクロスバイクなどは、通勤に使っている人が多いです。
道路状況や曜日別など、日々環境が変わる中で、自分のスピードを把握するのが、とても大切になってきます。

そのために、サイクルコンピューターを取り付けている人が多くなっています。

サイクルコンピューターは何でも計算してくれる

サイクルコンピューターはピンきりですが、最初は速度・移動時間・距離が分かる、エントリーグレードで十分です。

エントリーグレードとは言っても、消費カロリーの計算をしてくれるものもありますから、ダイエットで自転車を始める人にも良いと思います。

さて、スポーツ自転車に慣れてくると、ケイデンスと言う言葉をよく耳にするようになります。

1分間の間にクランクを何回転させたかという数値ですが、自転車のスピードに関わる大事な数字です。

このケイデンスや、関係性の深い心拍数を測定できるサイクルコンピューターもあります。

別途、センサーが必要になるので値段も高くなってきますが、レースへの参戦も視野に入れるようになると、必需品になります。

それ以上のグレードになると、上記の全ての機能に加え、GPSを搭載しており正確な走行ログが残せたり、あらゆるトレーニングにも対応してくるのでレーサー向きですね。

また、サイクルコンピューターには、無線式と有線式があります。

基本的には有線式の方が安価ですが、中級モデルくらいからは無線式ばかりになってきます。

有線式ですとハンドル周りが煩雑になりますし、輪行するときにもワイヤーが引っ掛かって、切れてしまう可能性もあるので、できれば無線式の方が良いでしょう。

どんな自転車にもおすすめのサイクルコンピューター

では、自転車に取り付けたいおすすめのサイクルコンピューターをご紹介します。

【CAT EYE(キャットアイ):VELO9 CC-VL820】
参考価格:¥1,400

最初の1台ならコスパを考えて、こちらが最適です。
速度・距離・移動時間、消費カロリーも計算してくれます。

バックライト機能がないので、夜間は少し見ずらいかもしれません。
ちなみに、有線式です。

【suaoki(スアオキ):BKV3000 サイクルコンピューター スピードメーター ワイヤレス】
参考価格:¥2,900

ケイデンスが測定できるモデルでは、最安クラスです。

バックライト付きですし、気温が分かったり、ストップウォッチ機能も付いています。

ケイデンスが測定できる上に、ワイヤレスでこの値段だと、ちょっと品質を疑いたくなるのですが、レビューを読む限りでは安定して機能しているようです。

【GARMIN(ガーミン):Edge520J 136807】
参考価格:¥35,000

ハイエンドクラスのサイコンなら、ガーミンを紹介しないわけにいきません。

基本的な部分は、言うまでもないです。

GPSを搭載していますので、登録しておけば方向の指示や道を間違った場合の警告など、簡易的なナビとしても使用できます。

また、トレーニングに対応しているので、自分の走行姿勢の見直しまでしてくれる優れものです。

移動時間がどのくらいなら自転車通勤できるか?

ママチャリでもスポーツ自転車でも、近年、自転車通勤が増えているのをご存知でしょうか?

詳しい背景までは分かりませんが、通勤ラッシュときの満員電車のわずらわしさや、幹線道路の渋滞を考えると、その選択も分かる気がします。

また、自転車運動がダイエットに最適であると認識されだしてから、自転車通勤が増えたとも言われています。

しかも、ロードバイクであれば平均時速25キロ、クロスバイクでも18キロ程度と言われています。
スポーツ自転車なら、移動時間を計算してみても、かなりの長い距離が通勤可能になると思われます。

ちなみに、東京近郊に住む人と、大阪近郊に住む人で電車通勤をしている、それぞれ約1000人にアンケートを取った結果があります。

そのデータによると、約半数以上の人が、通勤に1時間以上掛かっていることが分かりました。

都心部でのアンケートですから、全国的に当てはまるとは言えませんが、通勤時間が1時間圏内なら、自転車通勤も視野に入れて良いという結果だと思います。

最初は、自転車で1時間走るのは、きついはずです。

しかし、多くの方が体験談を語っていますが、慣れてしまえば1時間くらいは、何なくこなせるようになります。

そのため、片道1時間圏内に職場のある人は、ぜひ自転車通勤を検討してみてください。

移動時間が分かれば自転車を使用する幅が広がる!

今回は、自転車での移動時間を考えてみました。

おおよその速度を目安に、移動時間を出す方法は小学校の算数で習うことですが、意外と忘れていました。

また、サイクルコンピューターを付けることで、速度は一発で分かりますので、移動時間の計算が楽になります。

移動時間の計算が立てば、自転車を交通手段として使いやすくもなるわけです。

 - まだまだ知りたい自転車のあれこれ, 自転車の速度と移動距離, 自転車全般