日本一周ロードバイク旅の計画の立て方!ニート必見!

日本一周の旅をロードバイクでするなんて、考えただけでもわくわくが止まりません。

しかし、日本一周の旅は長期間のお休みが必要となります。

現在ニート中だというのであれば、この絶好のチャンスを逃してなりません。

今すぐにロードバイク旅の計画を立てましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車は邪魔物扱い!?車道を走るときはどこを走る?

自転車は、原則左側通行、そして車道を走らなくてはいけません。しかし、狭い車道を走る自転車は、...

自転車のワイヤー錠は簡単に切断される!?お勧めの施錠方法

自転車の盗難は、あとを絶ちません。前までは、単なる移動手段を目的として盗難されることも多...

シマノのコンポーネントで9速のロードを11速化する

初めて買ったロードバイクがリア9速(8速)だったけど、慣れてきたから10速・11速にしたい。...

フルクラムのレーシング1を知っていますか?インプレで確認

フルクラムと言えばカンパニョーロの子会社として有名ですが、今や親会社にも劣らない超人気ホイールメーカ...

自転車のサドル位置合ってる?ママチャリもスピードが出せる

筆者は日頃から、自転車のサドルの位置が低すぎる状態で乗っている方が多いと感じていますが、皆さんは...

シェファードシティを改造して目指せるものとは?

「シェファードシティ」は、日本の「ライトウェイプロダクツジャパン」が展開するブランド「RITEW...

トピークのサドルバッグはLサイズがおすすめ!その理由とは

ロードバイクなどのスポーツバイクで荷物を持ち運ぶ場合は、自分の体に身に付けるか、自転車にバッグを...

知っていますか?スプロケットやチェーンの交換方法

ロードバイクにおいて、チェーンやスプロケットは消耗品ですので、定期的に交換が必要です。交換を...

カンパのホイールをあえて手組みするメリットを考えてみた

ロードバイクの走行性能に大きな影響を与えているのが、ホイールです。ホイールには「手組み」と呼...

フルクラムとカンパニョーロのホイール比較!どちらを選ぶ?

ホイールといったらフルクラム!でしょうか!?新興ブランドですが、カンパニョーロの子会社という...

自転車のアルミフレームの寿命はいつ?メリットとデメリット

自転車を乗る人に人気があるアルミフレーム。アルミは安くて、錆びにくく、丈夫な点がメリットとい...

ストライダーの価格は均一!ムラサキスポーツのメリットは?

ストライダーを購入しようと考えている方は、価格や販売店舗などが気になるところかと思います。...

自転車の速度に制限はあるの!?罰則や罰金は!?

ここ最近では、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクを乗っている人が増えました。スポ...

シマノチェーンの寿命を延ばすための簡単なメンテナンス

自転車のパーツの中で、動力の源とも言えるのが「チェーン」です。人間の力を車輪に伝えるため、常...

乱立する規格、混迷極めるホイールの互換性!鍵は「ハブ径」

つい先日、カンパニョーロから12段変速のコンポが発表され、ますますパーツ選択の幅が広がっています。...

スポンサーリンク

ニート期間を充実させる日本一周のバイク旅

現在ニートだという方は、貴重な一日をどのように過ごしているでしょうか?
遅い時間に起床して家に引きこもり、だらだらと一日を過ごしている方が多いはずです。

そういった生活を続けて、時間を無駄にしているときっと「あの時こうしておけば良かった」と、後悔する日がやってくることでしょう。

せっかく長い休みがあるのなら、ロードバイクで日本一周の旅をすることを考えてみてはどうでしょうか?
自分の脚でペダルを漕いで、日本の各地に行くことは、自分の成長へと繋がります。

勤めていた仕事が辛く、退職をしてニートになってしまったという人は多いです。
仕事をすることが怖くなってしまうと、どんどんとニート期間が長くなってしまうものです。

そんな人こそ、そのニート期間を充実させるためにロードバイクで日本一周の旅をすることをおすすめします。
今の自分を変えたいと思っているニートの方は、ここで一緒にロードバイク旅の計画を立てていきましょう。

日本一周バイク旅の計画の立て方

ロードバイクで日本一周の旅をすることは、ニート期間を充実させるためにピッタリです。
しかし、旅をすることを決意したとしても、もちろんいきなり行くことはできません。

行く前にまずは、日本一周の旅の入念な計画を立てることが必要です。
もし、適当になんとなく計画を立ててしまえば、途中で断念して帰ってきてしまう可能性も高くなるでしょう。

また、計画をきちんと立てることで、実際にロードバイクで旅をする自分を想像し、夢を膨らませることができます。

そのため、より日本一周の旅をするという決意も強くなることでしょう。

話しは本題に移りますが、まず「計画の立て方」についてご紹介していきます。
計画の立て方ですが、一番重要なのが旅にかかる日数を確認することです。

この日数によって、食費や宿泊費などの計算も変わってくるためです。
また、ロードバイクで走行するルート決めも重要となります。

旅の日数を決めたとしても、ルートによって移動にかかる時間も変わりますので、計画していた日数とかなり変わってくることもあるのです。

さらに、天気は自分で決められるものではないので、悪天候の時などロードバイクで走行できない日があることも頭に入れて計画することが必要です。

ニートの日本一周バイク旅~日数~

先ほどは、計画の立て方について少しお話ししました。
次は、実際に計画を立てる時に、どうやって日数を決めるのかご紹介します。

現在ニートだという人の中には、これから先のことがまだ決まっていない方と、就職や進学など、これからのことが決まっているという方に別れると思います。

前者であれば、この日数も決めやすいですが、後者であれば、次の新生活が始まる前には、ロードバイクでの日本一周の旅を終わらせなければなりません。

また、ギリギリで終わらせるよりは余裕を持って終わらせておいた方が、自宅でゆっくりと休養することができます。

ですので、日数を決めるときには、自分が何日間確保できるのかを確認しましょう。
日本海側と太平洋側をしっかりと一周したいのであれば、旅に必要な日数も多くなります。

もし、自分の日数が足りない場合には、短いルートで旅をする必要があります。

しかし、ロードバイクで走行するスピードは年齢や性別などによっても変わってきます。

そのため、自分の平均的な走行スピードを知っておくと、どのくらいで移動ができるのかが分かるため、より現実的に日数も決められるでしょう。

ニートの日本一周バイク旅~予算~

先ほどに続いて、今度は予算をどうやって決めるのがをご紹介します。

ロードバイクで日本一周の旅をする際にかかるのは、時間だけではありません。
生きていくためには、食事、そして睡眠が必要となります。

ロードバイクは全身運動なので、消費カロリーもその分多くなります。
そのため、しっかりと食べて寝て身体の疲れを取らなければ、日本一周を完走することはできません。

旅の食事というと、お店などで食べたり、買ったりすることを想像する人も多いと思います。
しかし、毎日毎日食費代をかけていると予算も高くなってしまいます。

この食費代ですが、自炊することで安く済ませることができます。

また、宿に泊まると宿泊代が買かってしまいますが、テントや寝袋などがあれば宿泊費を浮かせることができます。

そして、意外とかかってしまうのが飲み物代です。
特に、暑い夏などは飲む水の量も多くなります。

コンビニや自動販売機で飲料水を買っていれば、予算もかかってしまうので、水道水でその費用を浮かせましょう。

日本の水道水は安全なので、安心して飲むことができます。

ニートでなくとも誰もが、できるだけ費用を抑えたいと思うものです。
ちょっとしたことでも、日本一周にかかる旅の費用を大幅に削減することができます。

ニートの日本一周バイク旅~ルート~

走行するルートも、日本一周のロードバイク旅で重要になってきます。

ロードバイクなどの自転車は、車道の左側を走行します。
そのため、左手に海が見えるように走ることを考えてルートを決めると簡単です。

そして、自分の走行の平均スピードが分かっていると、一日でどのくらいの走行距離になるのかが分かるので、よりルートを決めやすくなるでしょう。

しかし、いくらニートで時間があるからといっても、日本一周のルートを全て細かく決めておくことは、非常に大変です。

緻密にルートを決めるのは不可能ではありませんが、まずは、国道を基準として、県のどのあたりを走行するのかだけを決めておきましょう。

また、自分でルートを決めるのも良いですが、ロードバイクで旅をする際におすすめのルートなどの載っている本やネットなどを利用するのも、自分では分からなかった有益な情報が得られるのでおすすめです。

ロードバイクではなく普通の自転車でも良い

人力の乗り物の中で最も速いスピードで走ることができるのは、ロードバイクです。
そのため、長い距離を移動する日本一周の旅では、このロードバイクをおすすめしました。

ロードバイクは、普通の自転車とは違うスポーツ自転車なので、日本一周の旅にぴったりの自転車といえます。
しかし、ロードバイクを持っていないけど、日本一周の旅をしたいと思っているニートの人もいるでしょう。
そういった場合、シティサイクルなどのママチャリ自転車でも、日本一周することは可能です。

もちろんロードバイクに比べて、走行する際の速度は落ちてしまうので、日本一周の旅にかかる期間もさらに長くなってしまいます。

どちらの自転車でも、日本一周できたときにはきっと、今までに味わったことのないほどの達成感を感じられるでしょう。

ロードバイクで日本一周の旅をしよう

ロードバイクで日本一周の旅をしたという人はたくさんいるのです。

現在ニートで、ただ何もせずに時間を無駄にしているという人は、ロードバイクでの日本一周の旅を考えてみてはどうでしょうか?

帰ってきたころには、今まで悩んでいたことがなんだったのか思い出せないくらい成長しているかもしれませんよ。