アルテグラのホイールはチューブレス!リムテープは必要なし

履き替えの定番ホイールとしても人気が高いのが、シマノの「アルテグラ」ですね。
価格も5万円前後で購入できるため、初心者にもお求め安い価格帯です。

そんなアルテグラですが、特徴のひとつであるのが、チューブレスタイヤに対応しているということです。
そのため、アルテグラにリムテープは必要ないというわけなのです。

今回は、アルテグラのホイールについて、またチューブレスタイヤについても解説していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【ママチャリ】ハンドル交換の手順!交換するとどうなる?

街中でよく見かける自転車と言えば、ママチャリです。買い物や、通勤通学にも利用しやすく、多...

ランドナーのタイヤ交換時に注意したい互換性と汎用性

ランドナーと言われて、ピンとくる人は、失礼ながらオールドな自転車ファンの人ですね。ランド...

自転車のディスクブレーキからの音鳴りがする!解決方法は?

ディスクブレーキはカンチブレーキ、Vブレーキに続き、不整地向けに開発されたブレーキで、制動力の高...

通勤通学・趣味の自転車にも!便利な速度計の仕組みって?

自転車は健康的で環境にも優しい移動手段ですね。ママチャリなどに乗って通勤したり、気ままな...

ファブリックのサドルは革新的!そこがどう評価されている?

イギリスの自転車パーツブランドの「ファブリック」は、シンプルなデザインを基調としながらも革新的な...

SKY軍の「ピナレロのドグマK10」のディティールに迫る!

ピナレロのドグマK10は、荒れた路面などを最速で走るための、エンデュランス向けのレースバイクです...

自転車のブレーキゴム(ブレーキシュー)の種類!車種で違う

自転車のブレーキにはいくつかの種類がありますが、多くのブレーキにはブレーキゴムが使われています。...

なぜジャイアントは世界一に!?ロードバイクの評判は!?

ジャイアントといえば、誰もが知っている台湾の自転車メーカーですね。ジャイアントは、圧倒的なパ...

カンパニョーロのユーラスをインプレしてみた結果とは!?

カンパニョーロのユーラスは、カンパの中でも上位のモデルになります。そのため、価格も10万円を...

ストライダーのスタンドを手作りしたい!どう作れば良い?

ストライダーは、小さなお子様にとってとても楽しい乗り物です。しかし、遊んでいるときは良い...

防犯登録された自転車に貼ってあるシール、必要なの?

自転車置き場や、街で走っている自転車・・・よく見ると、どの自転車にも防犯登録のシールが貼ってあるよう...

ピストのカスタムはハンドル幅が大事?快適性がアップする?

一時期ほどではありませんが、カスタムの素材として人気なのがピストバイクです。構造がシンプルで、パ...

トレックのロードバイクの転換期は2015モデル!その理由とは

トレックのロードバイクは、2015年モデルで大きな転換期を迎えました。それは、現在総合レーシ...

名門ロードバイクメーカー・ピナレロ!プリンスの歴史と使命

ピナレロのロードバイクの歴史そのものと言っても過言ではない名車「PRINCE(プリンス)」が、2...

スペシャライズドのエアロロードヴェンジエリート2018の実力

スペシャライズドの「VENGE (ヴェンジ)」と言えば、エアロロードの先駆者的存在であり、数々の大レ...

スポンサーリンク

アルテグラのホイールと言ったら、WH-6800

ホイールは、自転車を転がす軸となる重要なパーツです。
乗り味の違いや、軽量化の効果が最も実感できる部分でもあります。

とは言え、ホイールの価格は数万円で購入できるものから、自転車本体が購入できるほどの高額なものまで、幅広い選択肢がありますよね。

初心者が履き替えの定番の1つとするほど人気の高いアルテグラは、価格が5万円前後と手に取りやすいのも人気の理由です。

まず始めに、シマノのアルテグラWH-6800のホイールについて気になるスペックと特徴をご紹介していきましょう。

アルテグラのホイールは比較的柔らかい印象なので、乗り味はマイルドになるでしょう。

重量は1640gで、リムハイトはフロント23mm、リア23mmになります。

重量は軽いホイールとは言えませんが、それでも完成車の重いホイールから交換すれば、走行の変化を感じることができるでしょう。

また、アルテグラの特徴と言えば、チューブレス対応ホイールであることです。
このチューブレスタイヤには、基本的にはリムテープやチューブは必要ないとされています。

リムテープは必要ない!アルテグラWH-6800はチューブレス対応ホイール

アルテグラの特徴は何と言っても、チューブレスタイヤに対応していることですね。

チューブレスタイヤはクリンチャーに比べて振動吸収性がいいと言われています。
そのため、乗り心地がいいというメリットがあります。

チューブが無いタイヤですから、リムテープは当然必要がないわけです。

○そもそもリムテープとは

そもそもリムテープを使用するタイヤというものは、「WO(ワイヤードオン)タイヤ」と呼ばれるタイヤです。

おそらく最も多くの自転車に使われているもので、タイヤの中にチューブを入れて使用するものです。

チューブレスタイヤに対応していないホイールには、スポークからニップルを通すための穴が多数空いています。

リムテープの役割は、リムに空いている穴を塞ぐ目的があります。

空気圧によってリムテープも穴へ若干押し込まれることになりますが、チューブほど柔軟性はないので、チューブそのものをリムテープが保護してくれるのです。

このリムの穴が空いたまま走行すると、当然チューブはパンクしてしまいますからね。

アルテグラはリムテープ不要!チューブレスタイヤのメリットは?①

このように、アルテグラはチューブレス対応ホイールですから、当然リムテープは必要ないということになります。

せっかくですから、アルテグラホイールにチューブレスタイヤを履かせてみましょう。

○チューブレスタイヤのメリットは?

やはりチューブレスタイヤのメリットは乗り心地のよさにあります。

クリンチャータイヤに比べ、チューブレスタイヤは空気圧を下げても転がり抵抗を維持できるため、低圧で走行することが可能です。

空気圧を下げれば、当然乗り心地は柔らかくなります。
また、低圧なことで、グリップ力も上がり、坂道などの下りも安心です。

チューブレスタイヤは、路面の細かなデコボコによる振動を軽減させるのに非常に効果的です。

ロングライドでは、このような路面振動が身体の疲労やストレスの原因になるので、これを軽減させる効果は高いと言えるでしょう。

また、チューブレスタイヤのメリットは、よく転がるといった点です。

アルテグラはリムテープ不要!チューブレスタイヤのメリットは?②

先ほどに続いて、チューブレスタイヤのメリットをご紹介していきましょう。

先の項の最後にチューブレスタイヤのメリットは、よく転がることとお伝えしました。
その理由についてお伝えしましょう。

基本的に一般的なクリンチャータイヤの場合、タイヤ内でチューブが変形することで抵抗が生まれます。

それをチューブレスはチューブが無いため、転がり抵抗が少なくなり、よく転がるということです。

また、チューブレスタイヤはパンクしにくいといったメリットもあります。

クリンチャータイヤでよく起こるリム打ちパンクですが、これは段差を乗り越えるときにチューブがパンクしてしまうというものです。

しかし、チューブレスタイヤの場合、チューブが無いわけですからリム打ちパンクを心配する必要はありません。

万が一タイヤがパンクしてしまっても、バーストの心配が無いのは大きなメリットと言えるでしょう。

チューブレスタイヤはパンクしにくい上、パンクしても空気が漏れるペースが遅いため、バーストのような破裂パンクを起こすことが無いのです。

おまけにチューブ交換もリムテープの交換も必要としないわけですから、「アルテグラホイールにすればチューブレスタイヤにできてメリットだらけ!」と思う方も多いでしょう。

ですが、チューブレスタイヤにもデメリットがいくつか存在するのです。

チューブレス対応ホイールのデメリットとは?

ここまでチューブレスタイヤのメリットをお伝えしてきましたが、ここではデメリットについてお伝えしていきます。

○ホイールへの着脱が大変

やはりこれが一番でしょうか。
チューブレスタイヤをホイールに着脱する際、皆さん苦戦されているようです。

クリンチャータイヤは、チューブで気密を保ってタイヤはそれを覆うだけという形ですが、チューブレスタイヤはタイヤとリムで気密を保つことになります。

そのため、ビード部分はクリンチャーより硬く、リムにしっかりと密着するようになっています。
サイズもホイール外周ぴったりに作られているため、着脱が大変というわけです。

○石鹸水が面倒

チューブレスタイヤは、はめるときに、石鹸水を使用します。

石鹸水を使用する目的は、タイヤビードをリムの溝にはめるときに、摩擦を減らしてムラなくスムーズにはめることです。

この石鹸水、問題なのが出かけ先です。

つまり、パンクに備えて、石鹸水を持参しなければならないといった問題が出てきます。
できるだけ荷物を減らしたいライダーにとっては、デメリットとなりますし、面倒でもありますよね。

アルテグラはチューブレス対応のホイールですが、このようにチューブレスにはデメリットも存在します。

もちろん、クリンチャータイヤを履かせることもできます。

また、クリンチャータイヤにするとしても、ニップルホール自体がないので、リムテープを付ける必要がありません。

状況によってタイヤを使い分けるのもおすすめです。

アルテグラに履かせるおすすめのチューブレスタイヤは?

○IRC:ROADLITE TUBELESS ロードライト チューブレス

ロングライドでの快適性を求めるなら、おすすめは、「ロードライト チューブレス」です。

ロード用チューブレスタイヤのエントリーグレードモデルで、チューブレスタイヤの性能はそのままにリーズナブルな価格設定を実現しました。

インナーエアーシールシステムを搭載しているこのタイヤは、タイヤ内の表面のゴム層により空気の保持性が高く、パンクしにくいことも特徴です。

仮にパンクした場合でも、タイヤ内面にチューブと同じように修理することが可能です。

また、チューブレスタイヤのデメリットとなっていたコストを削減したことでも評価の高いタイヤになります。
転がり抵抗を減らすと共に、トレッドを肉厚に上げるなど、耐久性も重視しています。

ロングライドを走るときにはピッタリなタイヤです。

ぜひアルテグラホイールに交換したら、リムテープもチューブも必要なくなるチューブレスタイヤを、一度試してみてください。

アルテグラホイールにチューブレスを履かせてみよう

せっかくですから、アルテグラホイールに交換したら、チューブレスタイヤを履かせてみてはいかがでしょうか。

チューブレスタイヤは乗り心地がよく、転がり抵抗も少なく、パンクもしにくいといったたくさんのメリットがあります。

もちろんデメリットも存在しますが、ホイールと共にチューブレスにすれば、より違いを感じることができるでしょう。