ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

自転車のスリックタイヤは雨に弱いと言われるが本当か?

2017.10.11

自転車のスリックタイヤは、溝が刻まれていない表面がツルツルした感じのタイヤです。
ロードバイクに、よく採用されていますが、見た目からすれば雨の日などは、いかにも滑りそうです。

しかし、本当にそうでしょうか?
スリックタイヤ=滑りやすいのでしょうか?

興味深いテーマだと思いますので、検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

新庄クリテリウム2011年大会!災害のための備えに自転車を

新庄クリテリウムは、毎年、楽しみにされている方も多いですよね。 2011年の、新庄クリテリウム大会...

オリンピックの自転車競技で日本人が弱いと言われる理由

オリンピックや自転車競技の大会を観戦していて、欧米人が強く、日本人が弱いのを目の当たりにすることがあ...

エンド幅の測り方を覚えてホイールのカスタマイズを行う

スポーツバイクには「エンド幅」と呼ばれる部位があり、これが合わないと車輪を取り付ける事が出来ませ...

自転車旅におすすめなカメラをご紹介!ブログを書く人必見!

自転車旅に欠かせないカメラ。 ブログに写真をアップをする人は、なるべく美しい写真を載せたいと思...

リドレーのmtbをご紹介!フレームの塗装にもこだわろう!

スポーツ自転車を選ぶ時、塗装が気になる、という人もいるでしょう。 ゴツいイメージのmtbでも、...

シマノのハブを交換する方法や費用は?メンテナンスもご紹介

ハブは車輪中央にあるスポークの受けで、特に後輪には、自転車が動く上で、極めて重要な機能が備わって...

コルナゴのクロモリロードの魅力!ビンテージ感がたまらない

クロモリロードバイクの価値は分かる人には分かるもので、今でもビンテージロードを愛する人などに、根強い...

自転車は有酸素運動!30分で消費するカロリーはどのくらい?

誰でも乗れる、身近な乗り物と言ったら「自転車」ですね。 自転車は運動の中でも負担が少なく続けや...

スカンジウムフレームってなに?どのメーカーが出している?

ロードバイクに乗っている方は、スカンジウムフレームという言葉を耳にしたことがあるのではないしょう...

ロードバイクタイヤ「700x23c」とは?適正空気圧を知る方法

ロードバイクのタイヤ側面をよく見ると「700x23c」「7.0bar」「100psi」といった表記が...

ウォーキングと自転車ならどっちがダイエットに効果的なの?

健康増進やダイエットの目的で、自転車に興味を持って積極的に乗る人が増えています。楽しみながらダイエッ...

その自転車に適したブレーキレバーは?おすすめする理由

自転車に使用するブレーキレバーには、様々なタイプのものがあります。 ブレーキレバーは基本的に、ハ...

bb30のベアリングサイズは?規格品は使える?

「bb30」は、自転車メーカーのキャノンデールが提唱したbb(ボトムブラケット)の規格です。 ...

京都の夜をツーリングしよう!!京都はサイクリングに最適!

京都はシーズンに合わせて、お寺がライトアップされるなど、夜のツーリングや散歩に最適です。 夜だ...

自転車のブレーキワイヤー考察!前後輪を間違えてはいけない

自転車のブレーキワイヤーはブレーキを掛けるごとに伸縮を繰り返しており、酷使され続けている存在です。 ...

スポンサーリンク

自転車のスリックタイヤが雨に弱いはウソなのか?

まず、スリックタイヤが滑ると言われて最初に考えるのは、タイヤに溝がないからということになりますよね。

自転車のタイヤに切られている溝はトレッドパターンと言って、制動力や撥水効果があるとされています。

スリックタイヤというのは、このトレッドパターンがないものです。

しかし、自転車において、この溝は撥水性に関しては、意味がないと言われています。
自転車はタイヤが細いので、水はけ用の溝がなくても十分に撥水されます。

しかもハイドロプレーニング現象も、タイヤの細さと出せる速度を考えれば自転車では、ほぼ起こらないので、まず撥水効果のために切ってある溝ではないと言えるのです。

これだけでも、スリックタイヤが雨の日に弱いという説には、疑問が生じるわけです。

また、制動力についてもタイヤの表面に溝があれば、それだけタイヤと地面の接地面積が少なくなるので、グリップ力が低下して制動力も低くなると考えられます。

そう考えれば、むしろ溝のないスリックタイヤの方が、制動性では有利と言えるのかもしれません。

MTBのようにオフロードを走ることが前提なら、ブロックタイヤを地面にめり込ませてグリップしますから、溝の意味はあります。

そのため、オンロードを走ることを想定されている自転車のタイヤに溝が切ってあるのは、デザイン性の問題、あるいは見た目に溝があることで、「いかにも滑りませんよ」をアピールするためのものであるという説が有力です。

スリックタイヤだから雨に弱いわけではない

また、スリックタイヤは主にロードバイクに装着されるため、細いタイヤは滑りやすい=スリックタイヤが滑りやすいというイメージが出来上がってしまっているとも考えられます。

確かに全く同じ材質で、全く同じ乗り方をすれば、グリップ力が強いぶん、太いタイヤの方が滑りにくくはなります。

しかし、細い・太いの次元で話をするなら、ロードバイクの主流の太さは25C(25mm相当)。
一方、ママチャリなどに使われる太めのタイヤが1.5インチだとして38.1mmです。

その差約13mm、わずか1.3cmの差で滑りやすさに圧倒的な差が出るわけがないのです。

まして、名の知れた自転車メーカーのロードバイクのタイヤであれば、ゴムの性質が比較的滑りずらくなっています。

1万円程度の安価なママチャリなどでは、比較にならないほど、グリップ力が強く滑りにくいものです。

そのため、雨に濡れた地面でタイヤが滑るのは溝のせいではないですし、太さによる影響も少ないと言えるのです。

自転車のスリックタイヤの敵は砂

そもそも路面が雨で濡れていれば、ドライなコンディションより滑りやすくなるのは当たり前のことです。

また、スリックタイヤで気を付けたいのは、水分よりもむしろ砂やホコリという意見があります。

自転車は原則車道の左端を走りますが、一般的な道路は水はけを考慮されて、端が低くなっています。

そうなると、水分はもちろんのこと、砂やホコリまでも端に溜まります。

この砂やホコリが溝のないスリックタイヤには厄介で、溝があれば掻き出してくれるのですが、溝がないので滑りやすくなるというわけです。

ですから、もし普段から走っていて地面に砂やホコリが多いなと感じていれば、溝が切ってあるタイヤを考えるのも意味があるかもしれません。

また、溝は減ってくればタイヤ交換の目安になるので、溝にデザインと別の意味があるとすれば、この辺りでしょう。

いずれにしても、雨の日には色々なことに気を配って自転車に乗ることが大切です。

雨の日じゃなくても自転車が危ない状況はある

スリックタイヤが細いという前提で話をするならば、排水溝などの鉄格子のフタに、はまってしまう可能性はあります。

そういったものは、道路のど真ん中ではなく端にあるものですから、自転車が通るべき場所にあると考えられます。

特にロードバイクの23Cなどの細めのタイヤですと、はまって転倒した例は、いくつか聞いたことがあります。

また、工事現場などに引いてある鉄板やマンホールの上は、雨で濡れると滑りやすくなります。

そういった部分は乾いていたとしても、アスファルトに比べれば滑りやすいです。

自転車ではなく、歩いたとしてもマンホールなどの上は滑りますから、気を付けるのは当たり前と言えます。
ですが、自転車は速度が出ているぶん、とっさの回避が難しいので、余計に注意したいということです。

このように、路面が濡れていなかったとしても滑る状況はいくらでもあるので、スリックタイヤに限って雨の日に弱いという考えは、ますますナンセンスだと思えるわけです。

滑りにくいコンパウンドのスリックタイヤ

さて、ここまでの話を簡単にまとめてみます。
自転車のタイヤにある溝はデザインである可能性が高く、特にオンロードを走る場合には、ほとんど意味のないものだということでした。

また、タイヤの太さに関しては、太い方がグリップ力が強いぶん、滑りにくいのは確かです。
しかし、自転車のタイヤのほんの数センチしかない差が、大きな影響を及ぼすことはないと言いました。

さらにタイヤのゴムの性質により、細いタイヤでも滑りにくくすることができることもお伝えしましたが、ここでは、そこをもう少し掘り下げてみたいと思います。

タイヤの性質のことを、タイヤ業界ではコンパウンドと呼びます。

様々な材料を混ぜて作るために、配合によって性質を変えることができたりするそうです。

タイヤメーカーには、雨で路面状況がウエットなときに使用するタイヤの発注もくるわけですから、スリックタイヤに滑りにくいコンパウンドのタイヤがあるのは、当然と言っても良いでしょう。

おすすめのスリックタイヤ

では、おすすめの雨の日のウエットな路面に強いと言われているスリックタイヤをご紹介しましょう。

【Panaracer(パナレーサー):RACE A EVO3 (レースAエボ3)】
参考価格:¥4,600

あらゆる自転車のタイヤを扱っているパナレーサーですが、ロードバイク用タイヤは、用途によってタイプが分かれています。

このタイヤは、転がり抵抗・耐パンク性・乗り心地など、すべてにバランスの取れたオールラウンダータイプです。

ZSGデュアルコンパウンドで強力なグリップ力を実現していて、パナレーサーのMTB用タイヤにも同じコンパウンドが使用されています。

【Continental(コンチネンタル):GRANDPRIX 4000SII タイヤとチューブ2本セット】
参考価格:¥10,000

コンチネンタルの1番人気のタイヤです。

ブラックチリコンパウンドは、ナノカーボン粒子をベースとなっているラバー素材に配合して、高いグリップ力と摩擦抵抗うを実現しています。

チューブもセットになっているので、お得感があります。

【Michelin(ミシュラン):POWER COMPETITION(パワーコンペティション)2本】
参考価格:¥10,000

世界中のレストランに、星を付けることでも有名なミシュランのスリックタイヤです。

オートバイのMoto GPで培ったレースコンパウンドを投入して、従来品よりも35%グリップ力を向上させたものです。

スリックタイヤは滑りやすくありません

今回は、自転車のスリックタイヤの話をしました。

スリックタイヤ=滑りやすいは間違った認識であったと確認できたのが、大きな収穫だったと思います。

また、トレッドパターンにもあまり意味がないことも分かりましたし、そういったデザインや飾りに惑わされないで、タイヤを選ぶのが大切だと思いました。

あとは当たり前のことですが、雨の日はどんな自転車でも滑りやすいので、注意が必要ということですね。

 - 自転車全般