自転車で20分の距離なら、サイクルライフを楽しもう!

何の交通手段を利用するにしても、20分の距離がある目的地に行くとしたら、何の交通手段を利用しますか?

車、バイク、自転車、徒歩、電車やバス。

選択肢はたくさんありますよね。

たくさんある選択肢の中から、自転車を選んでみませんか?

今回は、自転車で20分の距離からサイクルライフをスタートするということを考えてみましょう。 

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

東京~山梨自転車トリップ!おすすめプランをご紹介!

都心から100km前後で行ける自然の宝庫、山梨。山梨県は大きく分けると、八ヶ岳周辺エリア、甲...

mtbのウィリーを習得しよう!!練習法のコツ!!

mtbのウィリーといったら、習得したい技のひとつですね。しかし、お手本もないのに、どうやって...

ビアンキのローマの特徴と簡単にできるカスタム法をご紹介!

スポーツ自転車で有名なメーカーと言えば、ビアンキですよね。中でも、ローマシリーズは世界で...

バーレーン メリダが使用しているヘルメットのメーカーは?

多くの強豪選手が所属し、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスといった、名だたる自転車レースに出...

自転車の防犯登録シールは必要なの?剥がしたらどうなる!?

自転車についている防犯登録シールの意味って知っていますか?実はこの防犯登録のシールは、義務化...

電動自転車のバッテリーの充電を長持ちさせる方法はある?

電動自転車に使われているバッテリーですが、間違った使用方法で使用すると、寿命を縮めてしまうこともあり...

自転車のホイールやハブのメンテナンスをすることで快適に!

自転車屋さんには、このような張り紙をすることがあります。「自転車は小まめなメンテナンスで...

153cmの適正体重は?女性のダイエットにおすすめは自転車!

153cmと小柄な女性は、体重の適正がどのくらいなのか、美容体重など気になるところですね。き...

弱虫ペダルがアツい!登場人物のバイクメーカー名大公開!

大人気の「弱虫ペダル」ですが、みなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回...

自転車にバーエンドバーを取り付けよう!その効果とは!?

スポーツバイクのハンドル形状は、大きく分けて、フラットハンドルとドロップハンドルがありますよね。...

トラック競技用タイヤの特徴!レース中に外れることはない?

自転車のトラック競技といえば、やはり競輪が有名ですよね。トラックを何周もする競輪などのタイヤ...

自転車の盗難届は防犯登録が必要!防犯登録には期限がある?

皆さんは、自転車を購入するときに防犯登録を行っていますか?あまり知られていませんが、防犯登録...

道路交通法、自転車にも速度制限が定められているの?

皆様は、普段どれくらいの速度で自転車を走行していますか?速度は自転車の種類によっても変わって...

自転車のブレーキシューを交換しよう!100均に売っている?

みなさんは自転車のブレーキシューを知っていますか?ブレーキシューはブレーキの要です。...

諸説あり!「チャリンコ」という自転車の呼び名の由来は!?

みなさんは自転車のこと何と呼んでいますか?チャリやチャリンコ、東海地方出身の方ならケッタでし...

スポンサーリンク

自転車で20分の距離は、何キロ?

自転車に乗り慣れている方なら、20分で何キロ程度進むのか、予測がつくかと思います。

実際の走行距離を出すなら、計算の仕方もあります。
しかし、スピードは自転車の種類や道、人の筋力、体力にもよっても距離は変わってきます。

そのため、「確実にこの距離はいける」とは言えません。

それでも一般的に20分の距離を自転車で行くと、どのくらい進むのかという目安はあります。

目安としては、概ね7〜8kmというところでしょうか。
当然、徒歩よりは長い距離を進むことができます。

また、不思議なもので、人は20分程度の距離を歩くとなると、「チョット・・・」と感じる方が多いかもしれません。

しかし、「自転車で行く」となると、「近い」や「すぐ」と感じてしまいます。
そのため、生活する中で20分の距離は、生活圏内とも言えるでしょう。

もし、自転車で20分で行ける通勤距離なら、これからは自転車で行くようにしてみてはいかがでしょうか。

このちょっとした距離ですが、自転車の魅力にハマり、サイクルライフがあなたの日常になるかもしれません。

自転車で20分の距離に何があるかを知る

それでは、実際にサイクルライフを楽しみましょう。

しかし、サイクルライフを楽しむと言っても、ただ自転車に乗っても楽しさが半減です。

そこで、自転車の楽しさを感じるために、「走行する場所に何があるのか」を知ることが重要になってきます。

まずは、googleマップなどで、自宅からだいたい7〜8kmのところに、何があるのかをチェックしてみましょう。
すると、今まで知らなかった物がある事に気が付くでしょう。

また、googleマップなどでチェックしなくても、休みの日など、実際に自転車で探検してみるのも面白いです。
新たな発見が必ずあります。

通勤でも、買い物でもその他レジャーなことでも、自転車で20分の距離の場所に何かしらの目的ができると、ライフスタイルが変わります。

そして、何の目的でも良いので、自転車で20分の距離くらいなところにある場所に行くということが、サイクルライフの始まりになります。

自転車の良さは、必ずと言って良いほど、どこのご家庭にも1台はあり、無料でどこにでも行けるというところではないでしょうか。

どんなに「運動が苦手」という方でも、乗ることができる乗り物が「自転車」です。

自転車を乗るということについては、いろんな良いところはあります。
このメリットを体感するなら、ご自身で自転車に乗って実感するのが一番です。

20分の距離を楽しむための方法

目的地への移動時間が、片道で20分と、往復で20分はだいぶ違ってきます。
当然、距離も、体への負担も違ってきます。

そこまでの道が「平坦なのか」、「アップダウンが多いのか」など道によっては、モチベーションは大きく変わってきます。

また、目的地で何をするかによって、ペース配分などに違いが出てきます。

そして、20分の距離を自転車で行くというだけで、いろんなことが関わってくるものです。

このように、ペース配分を考えるなどすることで、自転車は頭を使うスポーツになります。

一度じっくり考えてみると自転車に対する考え方などが変わるキッカケになるかもしれません。
どうしたら、快適に、体への負担が少なく目的地に着けるのか、など色々と検討してみてください。

さらにどのようにしたら、「速く進むことができるのか」、を考えると一段と自転車の楽しさがわかるというものです。

また、目的地まで早く到着できるようになったら、今までよりも遠回りしてしまうほど、自転車は楽しくなりますよ。

自転車で20分程度の距離なら他の乗り物より早く着く?

片道20分程度の距離で街中なら、自転車で行く方が他の乗り物よりも早く目的地に到着する可能性があります。

例えば車やバスを利用すると、ラッシュ時は渋滞に巻き込まれることがあります。
電車で20分は、遅延というイレギュラーがありますし、ラッシュ時は、人の乗り降りで微妙に遅れが生じます。
その点、自転車ですと、そのような事はありません。
道が混んでいたとしても、自転車なら、車の脇を通れますし、歩道も進むことができます。

車などが通れない道もスイスイ行くことができますので、自転車で20分の距離を行くということは、非常に好都合な事が多いのです。

徒歩よりも当然早いですし、スポーツ系の自転車を乗っていると、原付を追い越すほどのスピードが出せます。

20分程度の距離であれば、自転車が一番速く目的地にたどり着ける可能性が高いですから、車よりも便利だと感じるようになると思います。

ただし、田舎の場合は車の方が早く目的地に着きます。
あくまで街中の場合の話です。

自転車で20分の距離は良いことだらけ

通勤でも、その他レジャーなどでも、自転車で行動する事によってメリットはたくさんあります。

車などとは違い、環境に優しいエコ生活が送れ、健康的なライフスタイルになります。

季節を肌で感じることができますので、爽快感は他の交通手段を利用しているよりも増します。

健康的な生活を送る事ができますので、ダイエットをしなきゃと思っているなら、自転車で20分の距離を毎日とまではいかなくても、週に数回やる事でダイエットにも繋がる運動になります。

自転車は、思っている以上にカロリーを消費します。

体の筋肉の70%が下半身にありますので、自転車をこぐという単純なことが意識していなくても有酸素運動になり、ダイエットしやすい運動になるのです。

運動が苦手という方であっても、自転車は乗れると思います。
「自転車に乗る」ということは、「立派なスポーツ」だということを一度考えてみてはいかがでしょうか。

そして、普段の運動不足解消の目的から入ってみるというのも、アリだと思います。
自転車を始めるということは、アスリートへの第一歩とまで言われていますので、検討してみてください。

慣れて来たら、距離を伸ばしてみる

自転車で20分の距離を続けていると、体も慣れて来て、体力も自然とついてきます。
距離を伸ばしてみると更に良いことだらけです。

自転車の楽しみを知ってしまうと、20分の距離では物足りなくなってきます。
そうなったら、距離を伸ばすことで、新たな発見などができて、より一層楽しみが増します。

また、美味しい物を食べに行く目的などを持つのも良いです。
自転車に乗り、エネルギーを消費してから食べる美味しい物は、格別なこと間違いなしです。

目的地に向かっている途中で、知らなかった景色やお気に入りの景色が見つかったり、坂道を下るスピードは、全身で風を感じます。

このように自転車の気持ち良さや、メリットがわかると、自転車通勤がしたくなるほど、自転車にハマってしまうこともあります。

自転車にハマったのなら、本格的にスポーツ系の自転車を購入をおすすめします。

自転車の楽しみ方が一段とわかります。

そして、ライフスタイルに「サイクルライフ」という新たなカテゴリーができ、家族でも楽しめるスポーツになりますよ。

ライフスタイルに自転車を!

自転車で20分の距離を走行することについて、いろいろ考えてみましたが、いかがでしたでしょうか?

20分程度の距離なら、自転車で行くようにする事が、いろんな面でお得ではないかと思います。

エコ、健康面、ダイエット、交通費の節約etc・・・。

ご自身のライフスタイルの中に、「自転車」という新たなカテゴリーを作ってみてはどうですか?
チョットかもしれませんが、世界が変わってきますよ。