ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

bb30は雨に弱い!異音が発生したらオーバーホールで改善!

2017.8.19

bb30はbb規格の1つで、キャノンデールが推し進めている規格です。

bb30の名前は使われているクランク軸の直径が30mmから来ており、通常の24mmより太くなっています。

クランク軸の直径が太くなったことで剛性が高まっているのですが、通常のbbとは互換性がありません。

そしてbb30でよく言われている問題点があって、異音が発生することがあります。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車のフロントとリアのシフトチェンジを使い分けよう

自転車の中でもロードバイクなど、スポーツバイクはフロントとリア両方にギアがそれぞれついています。 ...

ブルックスなどの革サドル!痛いのに人気がある理由とは!?

イングランドの自転車サドルメーカー「ブルックス」。 品質第一の理念を変わることなく守りつづけ、...

スペシャライズドのヘルメットはキノコにならないって本当?

ロードバイクなどのスピードが出るスポーツ自転車を楽しむ上で、必須の装備と言えるのがヘルメットです。...

自転車は歩道を通行したり、駐輪することはできるのか!?

街では、自転車が歩道に駐輪されているのを皆さん見たことがあるでしょう。 実際、自転車は歩道に駐...

子供乗せ自転車のハンドルロック!解除ができないトラブルも

子供を乗せる場合はとくに、ハンドルがぐらついたり、自転車が倒れたりしないように、細心の注意を払い...

自転車を買う人へ!おすすめ購入期間と必要な道具をご紹介!

自転車の購入を考えている人は一度こちらの記事に目を通してみてください。 スポーツ自転車に乗りた...

ロードバイクのフレーム塗装を補修する!再塗装も考える

ロードバイクに慣れないうちは倒してしまったり、ビンディングペダルを装着しているのを忘れてしまい、降車...

ボスフリーを知ってますか?また8速のものはあるの?

ボスフリーは後輪のギアの歯車のことで、カセットスプロケットが主流になる前のパーツです。 カ...

フラットハンドルにバーエンドバーを~取り付け方も知りたい

MTBやクロスバイクは、ハンドルが一本棒のフラットバーです。 ハンドル操作がしやすく、ブレ...

自転車のチェーンカバーが壊れたらどうする?対処法をご紹介

自転車は、ママチャリからスポーツ自転車まで多くの種類があり、様々なパーツから成り立っています。 ...

ママチャリ運転でお尻が痛い!サドルの交換方法や選び方

大学生の通勤や、お母さんが買い物をするときに使われているママチャリですが、乗っていてお尻が痛くなる経...

ビアンキの小径車のエントリーモデル~ミニベロ7の評判は?

イタリアの老舗自転車メーカーであるビアンキは、ロードバイクからシティサイクルまで、数多くの種類の...

カンパのbbの人気の秘密を探る!あなたはどのBBを選ぶ?

ロードバイクを愛するライダーにとっては、bbなどのパーツ一つ一つにもこだわりがあるものですね。 ...

トーイン調整は必要??自転車にトーインを付ける理由

自転車のブレーキは、意外に単純な構造なので、自分でブレーキシューを交換したり、調整したりするのは、そ...

自転車に前カゴが付いていないけど、後付けできるの?

ママチャリには、前カゴが必ずと言って良いほど付いていますが、逆にスポーツ自転車には、ほとんど付いてい...

スポンサーリンク

bb30の異音の理由はグリスの流出

bb30で異音が発生する最大の原因は耐久性です。

耐久性を消耗してしまう最大の原因は雨や泥になります。

つまりbb30は防塵防滴性能が高くないのです。

雨の日に乗ってしまうと、bb30の中に雨が入ることになり、異音の原因になってしまいます。

それも雨天での走行を1度しただけでも異音が発生することがあるくらいです。

異音の発生に気づかなかったり、異音がしているというのにそのまま走行を続けていたりしていると異音が大きくなりますし、トルクをかけたときだけでなくペダルが回るだけで異音が発生するようになります。

また異音は、ベアリングだけでなくシャフトからも発生するので、メンテナンスする場合はシャフトを抜いてグリスアップしていかなければなりません。

bb30を使い続けるなら異音対策は不可欠

bb30を使い続けるのであれば、異音対策を覚えておきましょう。

まず簡単な異音対策としてはOリングの挿入が考えられます。

bbとクランクの隙間にOリングを入れておくことで防塵防滴性能を高めることができます。

しかしながらOリングはすでに装着されているので、異音対策としてはいまいちかもしれません。

少しはマシになるという認識でOリングを使っていきましょう。

異音対策としてかなり有効なのは雨の日に自転車を使わないことです。

急な雨でもbb30に悪影響を与えてしまうのでロングライドを控えたり、天気予報をしっかりと確認したり、雨に降られないように工夫しましょう。

雨にさえ降られなければbb30といえど、異音が発生することもなく普通に使えるはずです。

ロングライドで雨に降られてしまうという人であれば、bb30をメンテナンスできるようになりましょう。

メンテナンスできるというのは最大の異音対策となります。

異音の原因はグリス不足によることなので、オーバーホールさえできれば異音が発生してもメンテナンスで改善できるようになります。

bb30の異音対策の1つはアダプター

bb30の異音対策としてはメンテナンスが1番です。

少しでも雨に降られれば、オーバーホールしてしっかりとグリスアップすれば異音は発生しないでしょう。

雨に弱いというのはbb30の宿命であって、bb30を使用している限りは、雨を避けていくしかありませんし、異音と付き合っていかなければなりません。

しかし少しの雨でオーバーホールする必要が出てきたり、頻繁に異音が発生するというのは嫌だったりする場合はbb30を諦めて他のbb規格を使用しましょう。

しかしbb30は圧入式なので着脱に適しているものではありません。

安易に力を加えてしまってフレームを歪ませてしまうということもありえるので、bb30は装着したままにしておくのが良いでしょう。

幸いなことにbb30のクランク軸の直径は30mmであり、通常のクランク軸は24mmで、その隙間を埋めるようなアダプターを入れれば普通の規格のBBとして運用することができるようになります。

クランク軸の直径が変わるのでクランクも交換しなければならないのですが、アダプターを使ってクランクを交換してしまえば異音が発生することが少なくなります。

bb30のメンテナンスはクランクを外すことから

bb30を使い続ける場合は、異音が発生してもメンテナンスで改善できるようにbb30の分解方法を知っておくべきでしょう。

bb30を分解するは、まずは左クランクを外すところから始めます。

bb30の場合は、通常のクランクとは異なるので、クランクを固定するボルトがありません。

左クランクの軸にアーレンキーを挿し込んでから回すだけで緩めることができて、さらに回していけば左クランクを外すことができます。

それから、次は右のクランクを外すわけですが、ゴム製のハンマーを用意してください。

左側からゴム製のハンマーで叩くことでクランク軸を抜き取ることができます。

使うハンマーは必ずゴム製のものにしましょう。

金属製のハンマーでは軸やフレームに傷がついてしまいますし、木製のハンマーではハンマー側がへこんでしまうので、ゴム製のハンマーがもっとも適してます。

ハンマーで軽く叩いてもクランク軸は抜けないでしょうから、様子を見ながら強く叩いていきましょう。

以上のように、左クランクを外してから、ハンマーで叩いてクランク軸を取ることで、bb30をメンテナンスできるようになります。

クランクを外すときの注意点とbb30の分解

bb30の異音を改善しようとクランクを外すわけですが、クランクを外すときに注意点があります。

1つ目は汚泥が出てくることです。

雨に振られてしまったことで雨水がbb内に溜まっていることがあるので、床を汚さないように何か敷いておきましょう。

2つ目は右クランクとチェーンリングが落下してしまうことです。

ハンマーでクランク軸を外す段階で、クランク軸が外れると同時に右クランクが落下してしまいます。

地面に落下するとクランクやチェーンリングに傷がついたりへこんだりしてしまうのでやはり何か敷いておくと良いでしょう。

以上のように、汚泥とクランクの落下緩衝が必要であることから、汚れても大丈夫な布やウエスを敷いておきましょう。

そしてクランクを外すと、ベアリングが見えてきます。

ベアリングは樹脂製のシールでカバーされているのですが、そのシールは割れやすいので慎重に取ってください。

またシールとベアリングの隙間が少ないので、カッターやマイナスドライバーを使って丁寧に剥がしていきましょう。

bb30の洗浄と組み立て

異音対策であっても、bb30の洗浄でベアリング本体をフレームから取り外す必要性はないと思います。

bb30の場合はベアリングが強く圧入されているので取るのも一苦労ですし、まっすぐ装着することも難しいので、基本的にベアリングを取ることはおすすめしません。

フレームにベアリングを残したままで、掃除していきましょう。

掃除はディグリーザーを使っても良いですが、ウエスで拭くだけでも十分でしょう。

それよりも重要になるのがグリスアップです。

ベアリングにたっぷり塗って、それからクランク軸(シャフト)にもたっぷり塗りましょう。

ベアンリグとクランクの軸を十分にグリスアップすることで異音が鳴らなくなります。

それからシールをベアリングに付けることを忘れず、組み立てていきましょう。

また、シール、クランク軸(右クランク)、左クランクと組み立てていく中で、Oリングの装着も忘れないようにしましょう。

ベアリングのシールとOリングは忘れやすいのでよく注意しながら組み立てていきましょう。

メリットに注目してbb30を使い続ける

異音が発生しやすいbb30の運用では、異音対策は必要不可欠です。

それでもbb30の清掃とグリスアップは慣れてしまえば30分くらいです。

それにメンテナンスすることは高い性能を維持できることだと言い換えることもできます。

そのように異音が発生するデメリットに注目することも良いのですが、不可欠なメンテナンスによる性能維持というbb30のメリットに注目して、bb30と上手く付き合っていきましょう。

 - 自転車全般