自転車ブレーキの異音を鳴き止める方法はあるのか!?

自転車に乗っていると、どうしても起こってしまう現象が、ブレーキの異音です。

ブレーキの異音の原因はたくさんあるので「原因はこれ!」と断定できませんが、ブレーキの異音が鳴ってしまう様々なケースをお話していきます。

また、その異音を鳴き止める方法も一緒にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本発祥の自転車とは!?自転車で女性でも筋肉が付くの?

誰もが知っている自転車ママチャリは、実は日本が発祥ってご存知でしたか?実は、日本は自転車に乗...

子供用自転車を分解!フレーム塗装で綺麗にリメイク!

子供がいると、三輪車から自転車に乗り換える時期がきます。子供用でも自転車って結構痛い出費とな...

自転車で荷物を携帯するならサドルバッグ!付け方をご紹介

スポーツバイクの中でも特にロードバイクには、荷物を運ぶという概念がありませんので、ボトルケージ以...

自転車の予備知識!盗難届の手続きと取り下げ方

「自転車が盗まれたけど、盗難届の出し方がわからない」「盗難届を出した後に自分で発見してしまった」...

弱虫ペダルがアツい!登場人物のバイクメーカー名大公開!

大人気の「弱虫ペダル」ですが、みなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回...

コスパ最強!meridaのride800は、初心者向けロードバイク!

merida(メリダ)という自転車メーカーをご存知でしょうか?meridaは、giant...

ロードバイクのタイヤでグリップ力が高いメリットは?

ロードバイクのタイヤにはそれぞれ異なった性質があります。耐久性や耐パンク性に優れたものやグリ...

自転車ブレーキがキーキーうるさい!鳴きの原因を解明しよう

自転車のブレーキをかけたと同時に、物凄いブレーキ音が鳴った経験はありませんか?自転車のブレー...

競輪選手の自転車が届かない?競輪選手にまつわるエピソード

日本で自転車の「プロ」と言ったら、多くの方が真っ先に出てくるのが「競輪選手」ではないでしょうか?...

シマノの9速用クランクに交換する~注意点をご紹介

スポーツ自転車というのは、とかくカスタマイズをしたくなるものです。その中で障壁になってくるの...

ロードバイクのタイヤに亀裂!?どのような対処法をする?

ロードバイクのタイヤに亀裂が走る経験は、ロードバイクに乗っていると意外と多いことです。特に、...

初心者必見!自転車のグリップの外し方や交換方法をご紹介!

スポーツ自転車の中でもクロスバイクやmtbは、ハンドルにフラットバーが採用されています。そし...

乱立する規格、混迷極めるホイールの互換性!鍵は「ハブ径」

つい先日、カンパニョーロから12段変速のコンポが発表され、ますますパーツ選択の幅が広がっています。...

自転車のブレーキを掃除して制動力をよみがえらせよう!

自転車のブレーキは動きを止める唯一の手段なので、乗り手の命を預かっている、と言っても過言ではあり...

自転車を目的地に発送するため、より安い方法とは

スポーツバイクに乗り慣れてくると「もっと遠くで走りたい!」「イベントに参加してみたい!」って誰しも思...

スポンサーリンク

自転車ブレーキの嫌な音鳴りは、新車でも起こる!?

自転車に乗っていて、ブレーキをかける際、ものすごいブレーキ音に恥ずかしい経験をした方も多いのではないでしょうか。

このブレーキからの音鳴りは、様々な原因があります。
まずは、原因を探り、それぞれの対処法を見ていきましょう。

○ブレーキの音鳴りは新品の自転車でも起こる!?

ブレーキの音鳴りは、古い自転車にだけ起こるものではありません。
新車の自転車でも、ブレーキ音が鳴ってしまうことがあります。

なぜ、新品なのに、ブレーキの音鳴りがしてしまうのかというと、新品のシューの状態に原因があります。

新品のシューは、まだすり減っていない綺麗な状態であるため、ブレーキと馴染まずまれに異音が出てしまうことがあるようです。

購入直後でしたら、シューがある程度削れ、馴染むまで様子を見てみましょう。

また、他の原因としてブレーキシューの製造工程で、バリがきれいに落とされていない場合も考えられます。

バリが残っている状態だと、リムとの接触面にバリが当たり、音鳴りの原因になることがあるようです。

このような場合、鳴き止める方法としては、サンドペーパーなどのヤスリで、バリを削り落としてみましょう。

自転車のブレーキからの異音!鳴き止める方法はあるの?

では、最も初歩的で簡単なブレーキの音鳴り対策法から、ご紹介していきます。

自転車のブレーキが、かかる仕組みはブレーキシューとリムの摩擦によるものです。

ブレーキをかけるたびに、シューとリムが削られ、少しずつカスが出ているのですが、このカスが溜まると、異音の原因になる可能性があるのです。

ですから異音が気になるようでしたら、まずは、ブレーキシューとリムにカスが溜まっていないか、確認をしてみましょう。

もし目に見えるほどのカスが付着していた場合、取り除くことで、ブレーキ音を鳴き止めることが出来る可能性があります。

カスを取り除くには、身近にある台所洗剤や、研磨剤などの使用がおすすめです。

こうした洗剤をブレーキの掃除に使用する注意点として、油分を含んだものを使うとブレーキの利きが悪くなってしまうおそれがあります。

なので、ブレーキの掃除を行う際は、洗剤成分も確認しておくといいでしょう。

ブレーキシュー周りの掃除をしても鳴き止めることが出来なかったら!?

ブレーキ周りを掃除することは、リムや、シューの寿命を延ばすことにも繋がります。

走行した後、自転車のブレーキ周りは思った以上に汚れている場合があります。

こういった汚れは、ブレーキをかけるときにリムも同時に削ってしまうことになりますので、走行後、汚れをふき取るだけで、寿命を延ばすことが出来ます。

○掃除しても異音が鳴き止められないときは?

シューの掃除を行った後でも、音が鳴り止まない場合、次の対処方として、ブレーキシューを削ることを行っていきましょう。

ブレーキシューは、ブレーキの摩擦熱で炭化を起こします。

つまり、シューが焼けて、表面がツルツルの状態になってしまうことです。

ツルツルになってしまった、ゴム表面を、サンドペーパーやヤスリで削り、ザラザラの状態にすることで、ブレーキシューをまたよみがえらせる事が出来ます。

ゴムを削るためにブレーキシューを外したら、ガラス片や金属片が、ゴム表面に付着していないかの確認も行いましょう。

そして、もしシューに食い込んでいる異物があれば、カッターナイフなどでほじり出しておいてください。

ある程度ゴムを綺麗にしてから削らないと、かえってゴムを傷めてしまいます。

ブレーキシューにも寿命がある!?交換時期の目安とは

ブレーキのシューを削ることで、一時的な異音は解消出来るかもしれませんが、自転車のブレーキシューの交換は、安全性から、半年に1回は交換が望ましいとされています。

もし、上記の方法で、ブレーキの音が鳴き止められない場合、ブレーキシューの寿命が原因かもしれません。

そもそも、ブレーキシューは、ブレーキシューとリムを挟むことで、制動力を得られますよね。
挟んで止めるということは、少しずつ摩耗していることになります。

そのため、定期的な交換が必要になるのです。

もし、半年たっていなくても、ブレーキシューのブロック溝が見えない程、磨り減っている状態であったり、偏って減っている場合でしたら、交換しておいた方がいいかもしれません。

ブレーキシューを交換することで、新品に近い、制動力を得ることが出来ます。

一度、安全のためにも、お使いのブレーキシューを確認してみるといいでしょう。

自転車のブレーキシューのトーイン調整って!?

自転車のブレーキの音鳴りを、鳴き止める対策方法は、まだあります。

ブレーキシューの角度を変えるのです。

この調整方法を「トーイン調整」といいます。
トーイン調整は、ブレーキシューとリムの当たりに角度をつける調整のことを指します。

ブレーキシューのトーイン調整を行うと、異音による鳴きを防止する効果もあります。
トーイン調整を行っていない、ブレーキシューは、リムと平行になっているはずです。

ブレーキシューのトーイン調整は、ハの字にして角度をつけることが一般的です。
当たり前のことですが、自転車のブレーキをかけるとき、タイヤは回転しています。

トーイン調整を行い、角度をつけることで、回転しているタイヤが止まるまでの間、ブレーキシューがリムに徐々に平行に当たるようになるのです。

そのため、音鳴りの対策の他、より強い制動力を得ることが出来るのも1つのメリットです。

では、早速トーイン調整を行っていきましょう。

次の項で、作業手順と必要なものをご説明していきます。

ブレーキ音の鳴き止め対策!トーイン調整方法

自転車のブレーキの鳴き止め対策に有効である、ブレーキのトーイン調整を行っていきましょう。

トーイン調整を行う際、様々な方法がありますが、よく使用されるのが、プラバンや、クリアファイルなどを使用した方法です。

トーイン調整の調整には、厚さ0.2mm程度の薄いものを使用していきます。
そのため、こういったものが丁度いい厚みになります。

必要なものは、クリアファイルやプラバンと、6角レンチです。

では、早速作業に取り掛かります。

まず、用意した、クリアファイルなどを小さく切りハの字をイメージして、シューの隙間を少し開けたい、端の部分に挟み込みます。

その際、左右とも、対象になるようにします。

そして、両方に挟み込めたら、ブレーキを握ります。

ブレーキを握る際は、強い力でブレーキを握りすぎるとシューが動きませんので、ある程度のゆるいブレーキタッチを意識してください。

ブレーキを握っている状態で、ブレーキシューの固定ボルトを6角レンチを使用し緩めていきましょう。
そうすると、ブレーキシューの隙間に挟んでいる分、高さが異なるので、シューが勝手にズレてきます。

ズレを確認出来たら、ブレーキシューの固定ボルトを締め直し完了です。

調整を行った後は、必ず確認を行っていきましょう。

確認方法ですが、ブレーキを思いっきり握ったときに、ブレーキシューがズレないか見て判断してください。
ズレがあるようなら、再度やり直す必要があります。

ブレーキ周りの点検を行おう

自転車のブレーキの音鳴りの原因は様々です。

ここでは、考えられる原因と鳴き止め方法についてお話しました。

ブレーキの音鳴りは、自転車からの異常サインなのかも知れません。

お使いの自転車のブレーキ周りを点検することも、重要な作業です。

一度、安全のためにも、ブレーキを点検してみましょう。