スポーツ自転車を始めたい!初心者はブログが参考になる!

近年、通勤や通学にスポーツ自転車を乗っている方も多く、スポーツ自転車がより身近になりました。

そこで、「スポーツ自転車を始めたい!」といった初心者は、ブログを参考してみるのも1つの手です。

ブログで書かれている内容を元に、初心者におすすめする情報を、ご紹介していきましょう。

ぜひ、参考にして見てください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

毎日1kmを徒歩や自転車を行うだけなのに健康的になる!?

家から駅まで・買い物まで1kmって聞いたら、徒歩と自転車どちらを選びますか?徒歩を選択し、歩...

ランドナーで福岡県を走ろう!福岡県は自転車にやさしい街

ランドナーはロードバイクと見た目は似ていますが、まったく違った自転車になります。ランドナーは...

自転車はどうしたら止まるの?ブレーキの種類と原理!

自転車がその機能を果たすためには、いくつかの動作が必要になります。自転車の機能とは、走ること...

タイオガの輪行袋の使い方を学ぶ!おすすめの輪行袋は?

自転車の楽しみの中に、輪行袋を使用して電車や新幹線に自転車を乗せて移動するという楽しみ方もあります。...

サドルバッグとトップチューブバッグの自作方法を大公開!

皆さんは、サドルバッグやトップチューブバッグを持っていますか?サドルバッグやトップチュー...

自転車の古いタイヤを新品タイヤに交換するタイミングとは?

みなさん、楽しい自転車ライフをいかがお過ごしなされてるしょうか? 通勤・通学、近所への買い物...

ブルックスの革サドルの特徴は?取り付け方法とメンテ方法

ブルックスといったら、革サドルというイメージが強いですよね。それほど、ブルックスは革サドルの...

ブルーノのお洒落なバイク、ベンチュラの改造のポイントは?

ブルーノのベンチュラは、クロモリフレームが美しい、スイス生まれのミニベロです。軽量で、走りの...

mtbのハンドルバーを交換する~ライザーバーやブルホーンに

mtbのストレートハンドルバーは、文字通り、水平で横に長い一本棒のハンドルです。レースな...

スペシャライズドのサドル「ローミン EVO」は誰に向くのか?

スペシャライズドは、バイクを身体にフィットさせるということに重きをおいています。そのため...

東京から大阪まで自転車で走ろう!完走させるポイント

50km、100km…と、ロングライドに徐々に慣れて来た頃、更に長距離に挑戦してみたくなりませんか?...

ビアンキのロードバイク!サイズ「53」が本当にピッタリ?

初めてのロードバイクに、ビアンキを選ぼうとお考えの方も多いですよね。ビアンキは見た目・性...

自転車のブレーキは前輪の方が制動力が強いので要注意!

自転車のブレーキは、前輪と後輪にそれぞれ一つづつ装着されています。「どちらが重要か?」の...

筋肉痛で体重が増える理由は?自転車は筋肉痛になりにくい?

筋トレや激しい運動を行った翌日、筋肉痛になることがありますよね。ダイエット目的で筋肉トレーニング...

自転車と徒歩のスピードの差。ダイエットに向いているのは?

通学によく使用される自転車。徒歩との速度の差はどれくらいなのか?そんな疑問を解決すべく調...

スポンサーリンク

ブログ紹介が圧倒的!初心者におすすめのクロスバイク

まず、スポーツ自転車といっても、ロードバイク・マウンテンバイク・クロスバイクなど、車種もメーカーも様々でどれを選べばいいか、悩んでしまうでしょう。

ブログなどで、初心者におすすめできるスポーツ自転車として、最も目にするのがクロスバイクです。

このクロスバイクは、一体どんなスポーツ自転車で、なぜ、初心者におすすめとされているのでしょうか。

ロードバイクはレース用の自転車であり、マウンテンバイクは山道などのオフロードを走るための自転車です。そして、クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの丁度中間的存在になります。

クロスバイクの特長でもある、真っ直ぐなフラットハンドルは、操作性もよく、初心者でも乗りやすいとされています。

クロスバイクはロードバイクと違い、無理な前傾姿勢になりません。
そのため、視界が広く取れるので、より安全に走行できます。

親しみやすい乗車姿勢も、初心者にクロスバイクをおすすめするポイントです。

普段使いはもちろん、ツーリングで長距離にも適している自転車です。
オールマイティーなスポーツ自転車と言えるでしょう。

初心者のスポーツ自転車がロードバイクはあり?

初心者でも、クロスバイクではなく、ロードバイクという選択肢もあるでしょう。

しかし、ロードバイクは、スポーツバイクの中でも、最もスピードに特化した自転車です。
ロードバイクの特徴である、ドロップハンドルからの前傾姿勢は、空気抵抗を減らすためのものです。

しかし、この前傾姿勢は、バランスが取りにくいとされ、初心者であれば危険を感じてしまうほどです。

スポーツ自転車に初めて乗るような方は、クロスバイクに慣れてから、ロードバイクを購入された方がいいかもしれません。

また、ロードバイクは非常に高価な自転車です。
安いモデルでも、10万円程度の資金は必要になるはずです。

正直、自転車を購入しても、乗り続けるかどうかは分からないですよね。

比較的安いクロスバイクから始めた方が、もし乗らなくなってしまったときのリスクも抑えることができます。
また、高価な自転車にになればなるほど、盗難の心配が付きまといます。

そう言ったことから、ブログでも多くあるように、初心者はまずはクロスバイクがいいというわけです。

ブログでクロスバイクの魅力について探ろう!

自転車クロスバイクが、初心者におすすめとされる理由は、乗車しやすいこと・幅広く活用できることですね。
しかし、クロスバイクの利点は、まだまだ他にもたくさんあります。

ブログでも多くの方が、クロスバイクの魅力について、ご紹介しているので参考にしていきましょう。

クロスバイクの価格帯は、低価格のもので、4~5万円程度で購入できるモデルもたくさんあります。

ロードバイクやマウンテンバイクに比べても、低価格で購入できるため、初心者が気軽に始められる、おすすめのスポーツ自転車と言えるでしょう。

自転車通学や自転車通勤での使用する場合、10km程度ほどの距離でしたら、クロスバイクを使用している方が非常に多いです。

そして、なんと言っても、ママチャリなどシティサイクルと乗り比べるとスピードの速さに驚くでしょう。
同じ自転車であっても、クロスバイクとママチャリでは大きな違いがあります。

次では、ママチャリとクロスバイクを比較してみましょう。

自転車を比較!クロスバイクとママチャリ

初心者であれば、誰もがシティサイクル、つまりママチャリ程度しか乗ったことが無いのではないでしょうか。

同じ自転車といえど、クロスバイクとママチャリを比較してみると、大きな違いがあります。

ブログを参考にしながら、ご紹介していきましょう。

1つは、重量です。

ホームセンターなどで売られている、ママチャリの重量はおよそ、18キロから20キロ程度。
変わって、クロスバイクの重量は、10キロ前後です。(価格帯で重量は変化します)

この車体の重量の違いが、走行スピード・走りだしの軽さ・加速感に大きく影響します。

もう1つの違いが、タイヤの太さにあります。

一般的な、クロスバイクのタイヤ幅は28mmです。
一方ママチャリのタイヤ幅は34mm。

さらに、タイヤの空気圧にも違いがあり、ママチャリの空気圧は3気圧程度、クロスバイクは8気圧と、約3倍に近い圧力がかかります。

これはつまり、クロスバイクのタイヤの固さから、走行中にタイヤが潰れないため、地面とタイヤが触れる抵抗を少なくしています。

さらに、タイヤが細いことでも地面の抵抗を減らし、より早く走れるようになっているのです。

ブログで見る初心者におすすめのクロスバイクメーカーは?

オールマイティーに使用できるクロスバイクは、多くの方から支持され、人気があるスポーツ自転車ですね。

人気があるために、メーカーごとに、車種も非常に豊富なラインナップを揃えています。

ここでは、ブログを参考にして、初心者におすすめのクロスバイクを見ていきましょう。

○価格帯で選ぶクロスバイク

「低価格のクロスバイクが欲しい」そんな方には、低価格ながら、性能も申し分ないクロスバイクをご紹介していきましょう。

おすすめは、ジャイアントです。

大手自転車メーカーであるジャイアントは、なんと言ってもコストパフォーマンスの高さが魅力です。

その上性能も申し分ないので、初心者が選ぶクロスバイクとして、多くの方がブログで紹介しています。

ジャイアントの中で、おすすめするのは「ESCAPE R3」です。

「ESCAPEシリーズ」の中でも、快適性・軽量性も両立され、オーソドックスなモデルであり、初心者にもおすすめです。

2017年モデル「ESCAPE R3」の定価は50,000円(税抜き)と、比較的お求めやすい価格となっています。

安すぎるクロスバイク自転車には注意しよう!

クロスバイクを購入する時、誰でも安く購入したいものです。
しかし、価格が安すぎるクロスバイクは、注意が必要です。

こういった激安スポーツ自転車のことを「ルック車」と呼びます。

クロスバイクが、なぜ低価格で販売されているかと言うと、各部品の性能が低いからです。

一流メーカーのクロスバイクのパーツや部品は、高性能で耐久力の強い、良質なものを使用しています。

しかし、量販店等で販売されている激安クロスバイクは、その値段ゆえに、初心者では分かりにくいパーツなどの部分のコストを下げ、クオリティや耐久力が低いものになってしまいます。

「ルック車」というものは、見た目はクロスバイクそのものなのに、粗悪なパーツを使用し、全くスポーツ自転車について知らない初心者を狙った、利益追求のために作られた自転車なのです。

性能が低いということは、壊れやすいと言えるでしょう。
いくら安く購入できたとしても、すぐ壊れてしまっては、どうしようもありません。

こういった販売店では、メンテナンスにも期待できない部分が多く、購入する場合は注意する必要があります。
こういった粗悪な自転車の購入を防ぐため、ブログなどを参考にして、しっかりと見極めて購入しましょう。

初心者はまず、クロスバイクから始めよう

初心者におすすめするスポーツ自転車は、やはりクロスバイクでしょう。

クロスバイクは、スポーツ自転車の中でも低価格なため、普段使いからロングライドにも活用できる、オールマイティーな自転車です。

ブログ等でも、クロスバイク関連の記事は多く見かけますので、ぜひ購入される前に参考にしておくといいでしょう。