ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

クロスバイクのスポークが折れる原因は?交換は出来る?

2017.6.10

クロスバイクだけに限らず、どんな自転車であってもスポークが折れてしまうことはあります。

そんなスポークの折れですが、スポークは、全体でバランスを取っているため、一本でも折れてしまうと、ホイールのバランスが崩れてしまいます。

そのため、一本でもスポークが折れてしまったら、交換しなければなりません。

今回は、スポークについてお話していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビアンキのクロスバイクをカスタムして自分好みの1台に!

スポーツ自転車は、走りに関係しないものは極力省き、軽量化を図ります。 そのため、特に街乗りに使...

クロスバイクから異音がする!考えられる原因は?

クロスバイクに乗っていると、どうしても異音がしてくることがあります。 異音を放っておくと、故障...

スペシャライズドの2017年版クロスバイク商品を紹介!

スペシャライズドは、スポーツバイクのメーカーとしてとても有名で、クロスバイク乗りなら一度は聞いたこと...

スポーツ自転車のクロスバイクの情報はブログを参考にしよう

これからスポーツ自転車を始めようという方もいらっしゃると思います。 街乗りやスポーツ自転車...

クロスバイクに乗る人のブログから、その真の魅力を検証する

ロードバイクに本格的に乗る人は、クロスバイクを敬遠する傾向があります。 マウンテンバイクに本格的に...

トレックのクロスバイクにバーエンドバーを装着して快適に

クロスバイクに長時間乗っていると、手のひらに伝わる衝撃によって疲労がたまってきます。 トレック...

クロスバイクで坂道を上るとき、ギアのシフトチェンジ方法

クロスバイクに限らず、自転車に乗っていれば、必ず坂道を上る機会はあるでしょう。 ギアのシフトチ...

軽いスポーツにいいmtbやクロスバイクはどっちがおすすめ?

軽く運動をしたいな、なんてときに始めやすいのが、自転車です。 どうせ自転車を始めるなら、スポーツバ...

トレック1番人気のクロスバイク「7.4fx」を振り返る

トレックのクロスバイクの定番モデルであった「7.4fx」は、2017年より製品名の表記が変わり、...

トレックのクロスバイクを参考にタイヤの重要性を考える

トレックのクロスバイクは様々なタイプがあり、それに応じて採用されているパーツが選ばれています。 ...

クロスバイクタイヤをロックしないブレーキのかけ方とコツ!

クロスバイクのようなスポーツバイクはママチャリと違い、ブレーキの効きが良く、慣れていないとブレーキで...

クロスバイクのブレーキから音がなる!原因と対処法は?

クロスバイクに乗っていると、ブレーキをかけた時に「キーッ」と音がなることがありませんか? そん...

ビアンキのクロスバイク「カメレオンテ」は消えていない!

ビアンキのクロスバイクは2018年より、「CAMALEONTE(カメレオンテ)」と「ROMA(ロ...

フラットバーロードとクロスバイクのメリットデメリットとは

フラットバーロードとクロスバイクの違いは、スポーツ自転車初心者の方からすれば分かりにくいものです。 ...

trekのクロスバイクを自分好みに改造してさらに快適に!

trekなどのクロスバイクに乗っていると、「もっとスピードを出せるようにしたい」「あれを付けたい...

スポンサーリンク

自転車のスポークの重要性。スポークが折れたらすぐに交換を

クロスバイクなどの自転車には「スポーク」と呼ばれる金属製のパーツが組み込まれています。

具体的には車輪の真ん中からタイヤの根本に繋がっている針金の束ようなもののことを指しています。
一本一本は、あまり頑丈ではないため、強い負荷が掛かると折れてしまう可能性があります。

大量のスポークはタイヤに安定感を与え、ふらつかないように支えるために取り付けられています。

そして、その強度は複数のスポークがまとまることで生まれているため、1本でも不具合が見つかると運転に支障を来します。

もしも、スポークが折れていたり、抜け落ちているのを発見したら、早めに交換してください。

また、スポークの組み方も重要なポイントとなります。
適当に束ねてあるのではなく、放射のように広がっています。

この形が崩れると怪我や事故が発生しやすくなるので、ご自身でスポークの張り替えを行う場合には、ある程度の知識と技術が要求されます。

自信がないという人は、専門店に持っていってプロにお任せしてしまいましょう。

クロスバイクなどの自転車のスポークが折れてしまう原因は?

ママチャリやクロスバイクなど、自転車全般を支えてくれるスポークは、強い負荷や衝撃が加わると折れ曲がってしまいます。

乗り手の体重や車体の重量も深く関係しており、例えどちらも軽かったとしても、大量の荷物を載せるとその重みに耐えられなくなってスポークが折れることも珍しくありません。

また、単純に品質の悪いものも破損しやすくなります。
安物は一見するとそのまま使っていられそうでも、乗った途端に壊れることも稀にあるようです。

スポークではなく、取り付けているホイールのメンテナンスが疎かになっている場合も気を付けてください。
走り続けていると徐々にスポークは弛んでいき、それを放置しているとやがて折れてしまうのです。

乗る直前には必ず異常がないか点検を行い、おかしな点があればすぐに調整や修理に取り掛かりましょう。

また、悪路や坂道を勢いよく走り抜けていくことを繰り返すのも良くありません。

これは自転車そのものに負担を掛かけることですので、スポークだけでなく色んな所に支障が出る可能性があります。

スポークは1本でも欠けると機能しなくなるので、その時は速やかに交換してください。

スポークなどの交換費用について

クロスバイクなどの車体を支えるために使われているスポークは、1本でも折れたらすぐに新しいものと交換する必要があります。

ホイールは、何本ものスポークが束になっているので、1本程度なら折れても問題はないのではないかと考える人も多いようですが、それは間違いです。

スポークの破損は怪我や事故のきっかけとなり得るので、早めに取り替えてください。
交換作業をプロに頼んだ場合、1,000円ほどの費用が掛かります。

ただし、これは最初の1本の代金であり、これ以降は100円ほど加算されます。
車輪の取り外しなどを行わなければならない時は、もう少し値段が上がります。

スポークが折れる心当たりがないにもかかわらず、どんどん折れていってしまう状態は金属疲労の可能性があります。

この場合は例え1、2本しか折れていなくても、全てのスポークを交換しましょう。
明確な原因が判明しているのなら、壊れているものだけで構いません。

スポークを新しくするついでに車輪の歪みも直してもらう時の料金は、車輪1本で2,000円からとなっています。なお、これはニップルが緩んでいる場合の費用になります。

クロスバイクなどのスポークが立て続けに折れてしまう原因は?

クロスバイクなどのスポークが折れた場合、基本的には破損したものだけを交換します。
ですが、そうなると新しいスポークと古いスポークが混ざることになります。

他が折れてさえいなければ確かに使うことは出来ますが、新品と比べれば強度は落ちているため、バランスが釣り合わず、古いものもすぐに折れ曲がってしまう可能性があります。

スポークは何本もの金属製の針金が集まることで安定しているため、1本でも失うと他のスポークに掛かる負担が増え、劣化が早まるのです。

ピンと張られていなかったり、ホイールの素材との相性が悪いということも考えられますが、同じホイールを使っている状態で複数のスポークが折れてしまった時は、負荷が増加したことが破損の原因と見なして良いでしょう。

これを放置していると、スポークが折れるたびに新しいものを付けてやることを繰り返す羽目になり、きりがありません。

こうなってしまったら、ホイールそのものを取り替えなければならないでしょう。

クロスバイクなどのスポーク交換は自分で出来るの?

クロスバイクなどのスポーツサイクルに組み込まれているスポークは、知識と技術が身に付いていればご自身で交換することが出来ます。

ただし、失敗した時は自己責任になるので、その辺りは気を付けてください。

まずはタイヤの空気を抜いて横に移動させるか、そのまま取り外してから「ニップル回し」を使って古いスポークを抜き取ります。

そして、新品を同じ位置に取り付けてください。
あとは下の方を留めているナットを締め付けて、真ん中にあるハブに差し込めば取り付け作業は完了です。

仕上げとして、ナットが緩んでいないか、タイヤはズレていないか、スポークが弛んでいないかなどをチェックしてください。

また、取り付けたあとは、ホイールのバランスを確認する「振れ取り」という作業が必要になります。
この振れ取りは、縦と横の両方のバランスを調整します。

この作業が難しく、とても重要な作業になるのです。
もし、何処かに不備が見られると、パンクや転倒などのトラブルを引き起こします。

また、スポークは見た目こそどれも変わらないように思えますが、実は長さや太さは微妙に異なっています。
そのため、場所によっては上手く取り付けられないかもしれません。

実際にご自身でおこなうなら、専門店へ行って質問をしたり、アドバイスをもらうと良いでしょう。

自転車のスポーク交換はプロに任せるのが一番

スポークは、ほぼ全てに近いほどのホイールについているので、クロスバイクなどのスポーツサイクルからママチャリなどの一般的なものに付いていることが分かるでしょう。

何度も言うようですが、スポークが破損したらすぐに交換しなければなりません。

取り付け作業だけならご自身でもある程度簡単に出来ますが、振れ取りのことを考えると専門店でプロに任せた方が良いでしょう。

ホイールを取って、ホイールを固定して作業をするのには専門道具から技術まで要します。
そして、腕力を使うため、素人や体格が小柄な人、女性には厳しい可能性があります。

また、道具がない人は、それを揃えるところから始める必要が出てきます。
このことを考えたら専門家に頼んだ方が安く済むこともあります。

スポークの交換に掛かる費用はそれほど高くないので、コストパフォーマンスに関しては心配無用と言えるでしょう。

スポークは1本でもおかしな状態になっていると一気に全体のバランスが崩れるので、例え新品に取り替えたとしても、バランスがしっかり取れていなければ上手く走れません。

点検や修理などのメンテナンスはとても大事なので、ホイールの取り扱いに慣れていない初心者は、専門店へ持っていくことをおすすめします。

クロスバイクなどのスポーク交換の重要性

スポークが一本でも折れてしまうと、ホイール全体のバランスが崩れ、他のスポークも折れてしまう可能性があります。

スポークが折れてしまうと、走行中にホイールが破損し事故にもなりかねません。

スポークは一本でも折れてしまったら、すぐに交換しましょう。

専門店にお願いすれば、もれなく安心もついてくるので、おすすめですよ。

 - クロスバイク