ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ロードバイクが転倒!フレームよりハンガーの曲がりに要注意

2017.6.2

ロードバイクは楽しいだけではなく、様々なトラブルも起こります。

もし、愛用のロードバイクを転倒させてしまったら、フレームよりもディレイラーハンガーに曲がりがないかを確認しましょう!

ハンガー?曲がり?何のことかわからない方にも、わかりやすくご説明します。

ハンガーの曲がりを放置することの危険性や、ハンガーの交換方法、変速調整方法もお教えします。

安全に乗るために、どうか覚えておいていただきたい知識です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

身長175cmの標準股下って?ロードバイクの基本セッティング

身長175cmの標準的な股下の長さや体重はどれくらいなのでしょうか。 計算方法をご紹介しますの...

ロードバイクを扱うジャイアントの評価は分かれる?

台湾が誇る大手自転車メーカーのジャイアントは、クロスバイクを始めとするスポーツ自転車が低価格帯で、且...

ロードバイク購入後の点検を忘れずに!どこをチェックする?

ロードバイクを始めて購入される方も、そうでないかたも、忘れてはいけないのがロードバイクの定期的な...

アルテグラDi2!これぞ変速の進化!電動11速化の過去未来

アルテグラDi2。電動で11速のギアが思うがままに変わってしまう夢のようなコンポーネント… ロ...

ロードバイク観光に、ブログおすすめスポット!三重県編

三重県といったら、参拝で誰もが知っている伊勢神宮を初め、三重ならではのグルメやさくら名所100選に選...

ロードバイクのケイデンスってなに?計算する意味ある?

ロードバイクに乗っている方や、乗ってみたいと思っている方は、「ケイデンス」という言葉を一度は聞いたこ...

ロードバイクで速く走りたい!体重は走りに影響するの?

ロードバイクに乗っている方なら、もっと速く走れるようになりたい!と思うのではないでしょうか。 ...

fsaのクランク「オメガ」の評判が良くないのはなぜ?

fsaのクランク「オメガ」と言うと、エントリーモデルの完成車に装着されているイメージが強いです。...

ケイデンスとは自転車にとって、重要なものなの!?

自転車ロードバイクに乗っていると、「ケイデンス」という言葉を耳にすることがあります。 このケイ...

次のロードバイクはカーボンフレームだ!そのお手入れは?

ロードバイクに乗っている人なら、誰もが憧れるカーボンフレーム。 お値段が手頃とは言い難いのです...

自転車ロードバイクに関する様々なランキング!!

自転車(ロードバイク)がほしいけれど、どのメーカーが人気があるのか、どの種類がいいのか・・・たくさん...

アンカーのロードバイクはユーザーが多くてブログも多い!

ブリヂストンが製作している自転車であるアンカーは、日本メーカーのロードバイクということもあって日本で...

メリダの最廉価ロードバイク「ライド80」のおすすめ度は?

今回の主役である「ライド80」は、メリダのロードバイクの中で最も安価なモデルになります。 ...

ジオスのフラットバーロード・カンターレの評価を知りたい!

ジオスブルーでお馴染みのイタリアの自転車メーカー「GIOS(ジオス)」のフラットバーロード【CA...

ロードバイクの見た目かっこいいだけに初心者は惑わされるな

自転車も快適に乗れる季節になってきました。 そこで、初めてのロードバイク購入を考えている方もおられ...

スポンサーリンク

ロードバイクのフレームより弱い!?ディレイラーハンガーとは

ロードバイクに多いトラブルで「ハンガー折れ」があります。

ハンガーというのはディレイラーハンガーと呼ばれるもので、他にもリプレーサブルハンガー、リヤエンド、リプレーサブルエンドなど様々な呼称があります。

ディレイラーハンガーとは、リアディレイラー(変速機)とフレームを接続するためのフック状の金具です。
アルミフレームの場合は別パーツになっており、フレームよりも弱い素材で作られています。

なぜフレームより強い素材にしないかというと、転倒した時の衝撃を逃がすことができずフレームが破損してしまうからです。

このようにディレイラーハンガーは、しなやかに変形するような作りになっているため、転倒すると簡単に曲がります。

もし、曲がったまま乗っていると、やがて破損するなどで大事故につながるケースも発生することがあります。
ハンガーが折れる可能性のあるバイクは、後ろ変速機に転倒によるキズが確認できます。

また、事故を引き起こすタイミングはと言いますと、トップギヤに入れている時は問題ないのですが、ローギヤ(大ギヤ)にすると車輪に変速機が巻き込まれ、ハンガーがちぎれます。

それにより、バランスを崩して転倒し大怪我をしてしまう、なんて事態が起こるのです。

フレームより曲がりやすい!ハンガーを確認

あなたのロードバイクのディレイラーハンガーは大丈夫ですか。
危険を防ぐために、セルフチェックのポイントをご紹介します。

・後ろ変速機にキズがある
・後ろ変速機をローギヤに入れると「カランカラン」などの音がする
・駐輪場で自転車が倒されていた、または倒された形跡があり、グリップやペダルサイドにキズがある

もしも、一つでも該当する項目があれば、ハンガーが曲がっている可能性があります。

軽度の曲がりであれば、応急処置として真っ直ぐに直せば使用可能ですが、一度曲がった箇所はもろくなり、いつ折れてもおかしくないと考えていた方がいいでしょう。

また、変速機はバネで引っ張られており、それをシフトワイヤーで逆方向に引っ張ることでチェーンの位置を変更するという構造になっています。

それに合わせて、変速機とフレームを接続するハンガーも動くので、変速の度に前後左右に引っ張られ、かなりの圧力を受けます。

このことからも、ハンガーに曲がりがある場合は、徐々に酷くなっていき、やがて折れてしまうのです。

曲がりがあった場合は、なるべくローギア(軽いギア)には入れないようにし、すぐにショップに持ち込みましょう。

大事故につながる可能性もあるので、早急に対応することをおすすめします。

ハンガーに曲がりがあったら交換しよう!ショップでの費用

前項でご説明したとおり、ハンガーに曲がりのあるロードバイクに乗り続けるのは大変危険です。
そのため、新しいディレイラーハンガーへの交換が必要となります。

しかし、ショップに依頼した場合の費用は、どのくらいかかるのか気になるところでしょう。
ショップに依頼した時の金額についてご説明していきます。

ハンガーのみ交換する場合は、新品のディレイラーハンガーが約3,000円、工賃(取り付け&変速調整)が1,000~2,000円程度の店が多いです。

ショップに依頼した際の注意点としては、変速調整の信用性です。

ほとんどのショップは手回しだけで、乗って確認する店は少ないのではないでしょうか。
ロードバイクが戻ってきたら、必ず自分で、実際に乗って確かめましょう。

こだわるなら、自分でハンガーを交換し、変速調整まで行うのがおすすめです。

ハンガーはフレームよりも弱い素材で作られているので、転倒などで簡単に曲がってしまいます。
今後も、交換が必要になってくるかもしれないので、交換方法を覚えておいた方は無難ですよ。

そして、予備ハンガーも常備しておくと安心ですね。

次項では、自分でディレイラーハンガーを交換する方法をご紹介します。

曲がりのあるハンガーの交換方法!一緒にフレームやタイヤも綺麗に

これからロードバイクのメンテナンスを、どんどんやっていきたいとお考えの方に、ディレイラーハンガーの交換方法をお教えします。

曲がりのあるディレイラーハンガーを新しいものに交換しましょう。
念のために予備ハンガーは常備しておくといいですよ。

手順を簡単にご説明します。

①リアホイールを外す
②リアディレイラーを外す
③ディレイラーハンガーを外す
④新しいハンガーを取り付ける
⑤リアディレーラーを取り付ける

リアホイールは外したら、リアディレイラーをアーレンキーで外します。
ディレイラーハンガーもアーレンキーで外します。

外したら、ネジ穴やネジを、布などで拭いて綺麗にしましょう。
※メンテナンスの際に、作業用の布切れは必須です。

その際にフレーム側やタイヤ側のネジやネジ穴なども、綺麗にしておきましょう。

次に新しいディレイラーハンガーを取り付けます。
その際、ハンガーとハンガーを取り付けるネジに、綿棒などを使ってグリースを少量塗りましょう。

最後に、リアディレイラーを取り付けるのですが、その前にディレイラー直付ゲージでディレイラーの歪みがないか確認します。

リアホイールを履いて変速を確かめたら完成です。

ロードバイクのメンテナンス!リアディレイラーの調整①

ここでも、ロードバイクのメンテナンスのご紹介です。

余談ですが、メンテナンスの基本は清掃です。
必ず布切れを用意し、フレームやタイヤを磨き、油汚れがあったら拭きとりましょう。

それでは交換方法に続いて、リアディレイラーの調整方法をご紹介していきます。
曲がりのあるディレイラーハンガーから新品に交換したら、変速調整を行いましょう。

必要な工具は、アーレンキー(5mm)と、プラスドライバー(#2)だけです。

調整の前段階として、ケーブル固定ボルトをアーレンキーで少し緩めて、シフトケーブルが動く状態にしておきましょう。

これでリアディレイラーは、バネの力でトップ側に動くようになります。

次に、チェーン位置の調整です。

リアホイールを外し、チェーンもフロントのチェーンリングから外します。
このままでは、チェーンは下にだらりと垂れてしまうので、プーリーに引っ掛けておきます。

そして、スプロケットにチェーンを掛けないまま、リアホイールを取り付けましょう。
こうすることで、スプロケットとプーリーとの微妙な位置関係がわかりやすくなります。

前段階が終わったので、リアディレイラーを調整してきましょう。
トップ側調整ボルト「H」とロー側調整ボルト「L」の、2本のボルトでリミット位置の調整を行います。

まずはトップ側からです。

トップ側調整ボルトを、時計回りに締めて、リアディレイラーを内側に寄せ、それからボルトを反時計回りに緩めながら、トップギヤの外側線真下にプーリーが来る位置に合わせます。

このときもチェーンを外しておけば、微妙な位置を確認しやすいです。

続いてロー側は、トップ側と反対の動きになり、時計回りに締めるとリアディレイラーは外側に、反時計回りに緩めると内側に移動します。

ローギヤとプーリーのセンターが一致するところが、ロー側のリミット位置になります。

ロードバイクのメンテナンス!リアディレイラーの調整②

では、変速調整が正しくできたのか、チェーンを戻して確認しましょう。

リアディレイラーのケーブルは外れているので、自分の手でリアディレイラーを動かして確認していきます。
まずは、ロー側に思い切り押し込み、カタカタと異音がしなければOKです。

トップ側は、どんな状況で手を離しても、チェーンがトップギヤに戻って来れば問題ありません。
また、クランクを逆回転させてみて異常や異音がなければ、トップ・ロー両側のリミット調整は成功です。

最後はシフトケーブルの調整です。

シフトケーブルにもアジャスター機能が付いているので、微調整します。

アウターケーブルの調整ボルトを手で回して、一番ケーブルを緩めます。
ダウンチューブも同じように、緩めた状態にしておきましょう。

指でケーブルを引っ張り、ピンと張った状態にして、そこでケーブル固定ボルトを締め込みます。
ここで、ケーブルがうまく張れていないと、失敗しますので注意してください。

しっかりとボルトを締めたら、テストを行いましょう。

デュアルコントロールレバーを操作し、しっかりと反応を確かめてください。
もし反応が悪いようであれば、ケーブルをピンとするまで張りなおしをして、再調整しましょう。

これで、リアディレイラーの調整は完了です。

ロードバイク初心者の頃は、走っていて転倒することもあるかと思います。
そんな時は、フレームの傷よりもハンガーに曲がりがないかを一番に確認しましょう。

ハンガー曲がりの放置は危険

ディレイラーハンガーは一度曲がってしまうと、乗っているうちに酷くなっていきます。
応急処置として、素手で真っ直ぐに伸ばして、そのまま乗り続けるのは危険ですよ。

曲がりが見つかったら、早いうちに交換しましょう。

ロードバイクを駐輪する際は、平坦な場所を選ぶようにする等、なるべく転倒させないように心がけましょう。

 - ロードバイク