ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ロードバイクが転倒!フレームよりハンガーの曲がりに要注意

2017.6.2

ロードバイクは楽しいだけではなく、様々なトラブルも起こります。

もし、愛用のロードバイクを転倒させてしまったら、フレームよりもディレイラーハンガーに曲がりがないかを確認しましょう!

ハンガー?曲がり?何のことかわからない方にも、わかりやすくご説明します。

ハンガーの曲がりを放置することの危険性や、ハンガーの交換方法、変速調整方法もお教えします。

安全に乗るために、どうか覚えておいていただきたい知識です。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

富士山で自転車レース!2013年に創設されたKOH CUPって何?

富士山は、2013年に世界文化遺産に登録され、日本の象徴とも言える山です。 その富士山で2...

scottのfoil40!エアロロードバイクをリードするfoil

scott(スコット)は、本格的なライダーにとって憧れのメーカーなのではないでしょうか。 弱虫...

名門ブランド・ビアンキ!スペシャリッシマが人気な理由!

ビアンキはロードバイク初心者の方にも親しみやすい、ビビットなカラーで有名なイタリアのブランドですね。...

ロードバイクのカセットスプロケットcs-5700の重量は?

cs-5700は、シマノのロードバイク用コンポーネント・105のカセットスプロケット(cs)のこ...

ルイガノのロードバイクにまつわる評判をポジティブに検証

ルイガノのロードバイクについては、否定的な評判を目にすることがあります。 スポーツではなくファ...

読みにくいロードバイクのブランド!読み方とくわしい特徴

ロードバイクを選ぶ時、ブランドの名前がアルファベットで読みにくく、間違えてしまうときってありますよね...

メリダのロードバイクはマイナーぽいけどサイズも豊富で良い

世界一の自転車大国台湾の中で、第2のメーカーと言われるのが「メリダ」です。 多くの世界的メ...

クロモリロードバイクを軽量化してデメリットをなくそう!

ロードバイクのフレーム素材は多種類あります。 その中でもクロモリは使用されているモデルこそ少な...

アルテグラのブレーキに交換しよう!その効果とは!?

自転車のブレーキを、アルテグラに交換してみませんか!? ブレーキは、命にも関わる大切なパーツで...

シマノのビンディングシューズで!心地いいサイズの合わせ方

ビンディングシューズの着用は、ライディング技術を更に向上させる上でとても重要アイテムです。 で...

ロードバイク初心者はブログ必見!大阪の人気コースはどこ?

念願のロードバイクを手にしたあなた。 さぁ、走りに行きましょう! でも、初心者の方は、大...

スコットのアディクトシリーズをインプレッションしてみた!

スコットは、以前までスコットUSAと言う名前で、数十年前からスイスにメインオフィスを移したブランドで...

憧れのデローザのプロトス!2017年モデルのインプレ

デローザのプロトスは、デローザの中でも頼れるレーシングバイクです。 2017年にはモデルチ...

初心者必見!ロードバイクのシフトアップのタイミングは!?

ロードバイクのシフトアップや、シフトチェンジのやり方やタイミングって教わったことありますか?? ...

パナレーサーのタイヤパウダーって知ってる?代用品はある?

パナレーサーのタイヤパウダーを知っていますか? 使ってはいるけど、どんな役割があるのか、わ...

スポンサーリンク

ロードバイクのフレームより弱い!?ディレイラーハンガーとは

ロードバイクに多いトラブルで「ハンガー折れ」があります。

ハンガーというのはディレイラーハンガーと呼ばれるもので、他にもリプレーサブルハンガー、リヤエンド、リプレーサブルエンドなど様々な呼称があります。

ディレイラーハンガーとは、リアディレイラー(変速機)とフレームを接続するためのフック状の金具です。
アルミフレームの場合は別パーツになっており、フレームよりも弱い素材で作られています。

なぜフレームより強い素材にしないかというと、転倒した時の衝撃を逃がすことができずフレームが破損してしまうからです。

このようにディレイラーハンガーは、しなやかに変形するような作りになっているため、転倒すると簡単に曲がります。

もし、曲がったまま乗っていると、やがて破損するなどで大事故につながるケースも発生することがあります。
ハンガーが折れる可能性のあるバイクは、後ろ変速機に転倒によるキズが確認できます。

また、事故を引き起こすタイミングはと言いますと、トップギヤに入れている時は問題ないのですが、ローギヤ(大ギヤ)にすると車輪に変速機が巻き込まれ、ハンガーがちぎれます。

それにより、バランスを崩して転倒し大怪我をしてしまう、なんて事態が起こるのです。

フレームより曲がりやすい!ハンガーを確認

あなたのロードバイクのディレイラーハンガーは大丈夫ですか。
危険を防ぐために、セルフチェックのポイントをご紹介します。

・後ろ変速機にキズがある
・後ろ変速機をローギヤに入れると「カランカラン」などの音がする
・駐輪場で自転車が倒されていた、または倒された形跡があり、グリップやペダルサイドにキズがある

もしも、一つでも該当する項目があれば、ハンガーが曲がっている可能性があります。

軽度の曲がりであれば、応急処置として真っ直ぐに直せば使用可能ですが、一度曲がった箇所はもろくなり、いつ折れてもおかしくないと考えていた方がいいでしょう。

また、変速機はバネで引っ張られており、それをシフトワイヤーで逆方向に引っ張ることでチェーンの位置を変更するという構造になっています。

それに合わせて、変速機とフレームを接続するハンガーも動くので、変速の度に前後左右に引っ張られ、かなりの圧力を受けます。

このことからも、ハンガーに曲がりがある場合は、徐々に酷くなっていき、やがて折れてしまうのです。

曲がりがあった場合は、なるべくローギア(軽いギア)には入れないようにし、すぐにショップに持ち込みましょう。

大事故につながる可能性もあるので、早急に対応することをおすすめします。

ハンガーに曲がりがあったら交換しよう!ショップでの費用

前項でご説明したとおり、ハンガーに曲がりのあるロードバイクに乗り続けるのは大変危険です。
そのため、新しいディレイラーハンガーへの交換が必要となります。

しかし、ショップに依頼した場合の費用は、どのくらいかかるのか気になるところでしょう。
ショップに依頼した時の金額についてご説明していきます。

ハンガーのみ交換する場合は、新品のディレイラーハンガーが約3,000円、工賃(取り付け&変速調整)が1,000~2,000円程度の店が多いです。

ショップに依頼した際の注意点としては、変速調整の信用性です。

ほとんどのショップは手回しだけで、乗って確認する店は少ないのではないでしょうか。
ロードバイクが戻ってきたら、必ず自分で、実際に乗って確かめましょう。

こだわるなら、自分でハンガーを交換し、変速調整まで行うのがおすすめです。

ハンガーはフレームよりも弱い素材で作られているので、転倒などで簡単に曲がってしまいます。
今後も、交換が必要になってくるかもしれないので、交換方法を覚えておいた方は無難ですよ。

そして、予備ハンガーも常備しておくと安心ですね。

次項では、自分でディレイラーハンガーを交換する方法をご紹介します。

曲がりのあるハンガーの交換方法!一緒にフレームやタイヤも綺麗に

これからロードバイクのメンテナンスを、どんどんやっていきたいとお考えの方に、ディレイラーハンガーの交換方法をお教えします。

曲がりのあるディレイラーハンガーを新しいものに交換しましょう。
念のために予備ハンガーは常備しておくといいですよ。

手順を簡単にご説明します。

①リアホイールを外す
②リアディレイラーを外す
③ディレイラーハンガーを外す
④新しいハンガーを取り付ける
⑤リアディレーラーを取り付ける

リアホイールは外したら、リアディレイラーをアーレンキーで外します。
ディレイラーハンガーもアーレンキーで外します。

外したら、ネジ穴やネジを、布などで拭いて綺麗にしましょう。
※メンテナンスの際に、作業用の布切れは必須です。

その際にフレーム側やタイヤ側のネジやネジ穴なども、綺麗にしておきましょう。

次に新しいディレイラーハンガーを取り付けます。
その際、ハンガーとハンガーを取り付けるネジに、綿棒などを使ってグリースを少量塗りましょう。

最後に、リアディレイラーを取り付けるのですが、その前にディレイラー直付ゲージでディレイラーの歪みがないか確認します。

リアホイールを履いて変速を確かめたら完成です。

ロードバイクのメンテナンス!リアディレイラーの調整①

ここでも、ロードバイクのメンテナンスのご紹介です。

余談ですが、メンテナンスの基本は清掃です。
必ず布切れを用意し、フレームやタイヤを磨き、油汚れがあったら拭きとりましょう。

それでは交換方法に続いて、リアディレイラーの調整方法をご紹介していきます。
曲がりのあるディレイラーハンガーから新品に交換したら、変速調整を行いましょう。

必要な工具は、アーレンキー(5mm)と、プラスドライバー(#2)だけです。

調整の前段階として、ケーブル固定ボルトをアーレンキーで少し緩めて、シフトケーブルが動く状態にしておきましょう。

これでリアディレイラーは、バネの力でトップ側に動くようになります。

次に、チェーン位置の調整です。

リアホイールを外し、チェーンもフロントのチェーンリングから外します。
このままでは、チェーンは下にだらりと垂れてしまうので、プーリーに引っ掛けておきます。

そして、スプロケットにチェーンを掛けないまま、リアホイールを取り付けましょう。
こうすることで、スプロケットとプーリーとの微妙な位置関係がわかりやすくなります。

前段階が終わったので、リアディレイラーを調整してきましょう。
トップ側調整ボルト「H」とロー側調整ボルト「L」の、2本のボルトでリミット位置の調整を行います。

まずはトップ側からです。

トップ側調整ボルトを、時計回りに締めて、リアディレイラーを内側に寄せ、それからボルトを反時計回りに緩めながら、トップギヤの外側線真下にプーリーが来る位置に合わせます。

このときもチェーンを外しておけば、微妙な位置を確認しやすいです。

続いてロー側は、トップ側と反対の動きになり、時計回りに締めるとリアディレイラーは外側に、反時計回りに緩めると内側に移動します。

ローギヤとプーリーのセンターが一致するところが、ロー側のリミット位置になります。

ロードバイクのメンテナンス!リアディレイラーの調整②

では、変速調整が正しくできたのか、チェーンを戻して確認しましょう。

リアディレイラーのケーブルは外れているので、自分の手でリアディレイラーを動かして確認していきます。
まずは、ロー側に思い切り押し込み、カタカタと異音がしなければOKです。

トップ側は、どんな状況で手を離しても、チェーンがトップギヤに戻って来れば問題ありません。
また、クランクを逆回転させてみて異常や異音がなければ、トップ・ロー両側のリミット調整は成功です。

最後はシフトケーブルの調整です。

シフトケーブルにもアジャスター機能が付いているので、微調整します。

アウターケーブルの調整ボルトを手で回して、一番ケーブルを緩めます。
ダウンチューブも同じように、緩めた状態にしておきましょう。

指でケーブルを引っ張り、ピンと張った状態にして、そこでケーブル固定ボルトを締め込みます。
ここで、ケーブルがうまく張れていないと、失敗しますので注意してください。

しっかりとボルトを締めたら、テストを行いましょう。

デュアルコントロールレバーを操作し、しっかりと反応を確かめてください。
もし反応が悪いようであれば、ケーブルをピンとするまで張りなおしをして、再調整しましょう。

これで、リアディレイラーの調整は完了です。

ロードバイク初心者の頃は、走っていて転倒することもあるかと思います。
そんな時は、フレームの傷よりもハンガーに曲がりがないかを一番に確認しましょう。

ハンガー曲がりの放置は危険

ディレイラーハンガーは一度曲がってしまうと、乗っているうちに酷くなっていきます。
応急処置として、素手で真っ直ぐに伸ばして、そのまま乗り続けるのは危険ですよ。

曲がりが見つかったら、早いうちに交換しましょう。

ロードバイクを駐輪する際は、平坦な場所を選ぶようにする等、なるべく転倒させないように心がけましょう。

 - ロードバイク