子供用自転車選びのポイント!ブレーキの重要さを教えよう

子供の自転車を選ぶ一番大切なことは、サイズが合っているかです。

また、自転車を始めたばかりの子供は、ブレーキの正しいかけ方をきちんと理解していません。

ブレーキは命を守る大切なものであり、大切な子供にはきちんと、覚えさせておきたいものです。

そこで、今回は子供にとって自転車選びの重要性とブレーキの大切さについてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シマノのギア・スプロケット周辺部品の修理・交換方法

自転車のギア・スプロケットは、ほとんどがシマノ製です。ですので、シマノ製の修理・交換方法...

学校での自転車の盗難を防止するには?警察も含めた対応を

通学に自転車を使っている人の一番の心配は、自転車の盗難ですよね。私の通っていた高校でも、盗難...

fsaのクランクの重量はとても軽い!最上級グレードの重量!

自転車の走りに重要な役割を果たしているクランクですが、その種類も様々です。fsaは、カーボン...

自転車のホイールについているバルブの種類と選び方

自転車の空気を入れるために、バルブの種類を理解しておきましょう!バルブには主に3種類あり、そ...

自転車のライトは点灯・点滅どっちがいいの?

自転車についているライトは、点灯しっぱなしのものから、点滅しているものがありますよね。ライト...

自転車のハンドルをまっすぐにする方法!ハンドルの種類

自転車のハンドルが曲がってしまうと走行しずらくとても危険です。自分で出来る自転車のハンドルを...

自転車のハンドルが重いと感じたら?ヘッド部をグリスアップ

自転車のベアリングは、大きく分けて5箇所の回転部分があります。ベアリング部には、定期的なグリ...

自転車のギアが入らない!対処法やメンテナンスを知りたい

自転車に乗っていて、どうも変速が上手くいかないとか、ギアが入らない経験をしたことがありませんか?...

カンチブレーキは複雑?セッティングを徹底解説!

カンチブレーキは、ややマイナーなタイプのブレーキです。メンテナンス性や、制動力が特に優れ...

ロードバイクのホイールで5万円以下のおすすめを紹介

ロードバイクは、自転車の中でもかなり高価なものです。名の通ったメーカーのものなら最低でも10...

自転車のサドルでおしゃれをしてみたい!おすすめをご紹介

自転車のサドルには様々な大切な要素があり、何を求めるかは人それぞれですが、今回は「おしゃれ」にこ...

自転車のメンテナンス方法!!ママチャリの場合

ママチャリといえば、日本人にとって一番なじみのある自転車かも知れません。ホームセンターなどで...

自転車のクロモリフレームの特徴って?重量は重いの!?

自転車のフレームで、よく耳にするクロモリフレーム。いったいクロモリはどんな素材か?また、...

自転車の荷物の固定にゴムが便利!積み方と使い方とは!?

長距離や買い物などで、荷物が増えてしまった場合、荷物の置き場に困りますよね?そこで、荷物はゴ...

BBタイプやクランクタイプ毎の様々なクランクの外し方

ロードバイクに長く乗り、自分で自転車の状態を点検していると、クランクの歯の摩耗やBBの劣化等はつきも...

スポンサーリンク

初めての自転車選び、大切なことは?

自転車に初めて乗れるようになった記憶を今でも覚えていますか。
小さい頃のことかと思いますので忘れてしまった方も少なくないでしょう。

自転車に初めて乗れるようになった年齢の統計は、大体3-4歳の頃に乗れるようになる人が多いと言われています。
幼少時代に覚えた技術は大人になってもなかなか覚えているものです。

しかし、幼少期に自転車に乗れず、大人になってから乗れるようになった人は、練習にかなりの時間がかかってしまいます。
ですから、やはり子供の頃に自転車に乗る練習をしておくのが良いと言えるでしょう。

しかしながら、良い自転車の選び方は、身長にあった自転車を選ぶことですから、幼少期に買った自転車は成長するとともに、どんどんと大きいサイズに買い替えなければなりません。

そのため、最初から大きなサイズの自転車を買っておこうという考えをしている方がいるかもしれませんが、この考えは、いざという時にブレーキがかけるのが遅くなったりなど、安全性の面からもやめていただきたいところです。

自転車屋さんに行き、子供にまたがってもらい、ちゃんと足が地面につくか、手がブレーキにかかるかどうかなど細かく確認して購入するようにしてください。

子供の自転車、ブレーキはきちんと手のサイズに合っていますか?

子供に自転車を買ってあげようとする時に特に気をつけて確認していただきたいのは、ブレーキレバーの幅です。

ブレーキレバーの幅が子供の手の大きさにあっていない場合、ブレーキがかかるまでの時間が遅くなることが実験でも実証されています。

事故を回避するためにも、自転車のブレーいレバーの幅が子供の手にあったものを選ぶようにしてください。

また、乗車した時の手首の位置にも気をつけてあげてください。
良い乗車姿勢では、手首がまっすぐになっています。

手首が曲がった状態では、手に十分な力が入らず、ブレーキレバーをうまく操作することができません。
お下がりなどの自転車もこの部分に関しては、確認し整備してあげるようにしてあげてください。

このように確認して買った自転車ですが、公道に出る前に広い場所でしっかりと練習をし、安全に自転車に乗れることを確認できてから行動に出るようにしてください。

また、その際に万が一の事故に備えて、頭にはヘルメットを絶対に着用するよう子供に言い聞かせてあげてください。

子供はなかなか自主的にはヘルメットをかぶらないでしょうから、大人がアシストしてあげることが必要です。

子供が自転車に乗るときは、ヘルメットも忘れずに!

子供が自転車に乗っていて事故を起こした時に一番重体や死亡事故につながる怪我が、頭を打った時の怪我によるものなのです。
自転車に乗る際には、ヘルメットは必ず着用するようにしましょう。

ヘルメットをかぶることで防げる怪我もありますから、ヘルメットはブレーキ同様に自転車に乗る際にはとても重要なものとなってきます。

このことから、デザインや色などを重視し、自分の頭にぴったりなものを選ばず、大きめのサイズを選んだり古いヘルメットを使用することは避けましょう。

また、食品などに賞味期限があるように、ヘルメットにも使用期限があります。
それは、発泡スチロールの状態が影響し、3年ほどで使用期限を迎えると考えられています。

もしその期限以内に事故などで転倒などを起こし地面などにぶつけたことがあれば、、発泡スチロールの優れた衝撃吸収能力は低下していますので、そのヘルメットを続けて使用することはできません。
すぐに使用を中止するようにしましょう。

また、雨や汗でぬれた場合は水分を良く拭き取り、陰干しにしてカビなどが発生しないようにヘルメットを清潔に保つよう心がけてください。

子供に教える、ブレーキ練習方法!

自転車に乗り始めたばかりの頃の子供は、まだブレーキのかけかたが良くわかっていません。
このことから、転倒しそうになった時や何かにぶつかりそうになった時には、ブレーキをかけずに、足を地面につけて、静止させようとします。

これは、とても危ない行為ですし、スピードがある程度出てきた時には自転車は安全には止まりません。
ブレーキは非直観的な動作なので、親が手取り足とり子供に教えてあげる必要があります。

具体的なやり方としては、自転車に乗っている子供に親が併走し、ブレーキが必要になった時に子供の手の上から親がブレーキをかけてあげることです。
このようにアシストしてあげることが、子供にとってもブレーキを体感することができます。

さらにブレーキをかける際に、「ここでブレーキぎゅーっ!」というように擬音語も一緒に合わせて使うと幼児の頭に入りやすいので、より効果的に学習することができます。

親がこのように言葉と体で子供にブレーキを教えていかないと、子供はいつまでたっても足を使って自転車を止めることになってしまいますので、しっかりアシストしてあげましょう。

子供に教えるブレーキ練習方法!距離感を覚えさせる

子供がブレーキを認識しはじめ、ブレーキのかけかたもわかった所で、次に注意していただきたいことがあります。

それは、「ブレーキをかけたところで、自転車は急には止まれない」ということです。
危険を感じてブレーキをかけて停止したい地点と、ブレーキが効き始めて実際に止まった地点では、差があり、必ずしも同じではないということです。

このことを子供に理解してもらうために、具体的な方法をご紹介します。

まずは、マンホールや親がその場所に立つなどして、ブレーキで停止したい場所の目印を決めます。
そして、その地点で止まるよう子供に伝えます。

最初は、子供がブレーキをかけ始めるのが遅いので、当然オーバーランしてしまいます。
そのため、親がこのあたりと思う地点で「ブレーキぎゅーっ!」と叫び、子供にブレーキをかけるタイミングを知らせてあげるのです。

このように、自転車には乗れるようになっても、公道に出て安全に自転車を乗るためには、まだまだ親と子は一緒になって練習する必要があるのです。

小さな子供におすすめな、自転車のブレーキとは?

ビーチクルーザーなどの海外の自転車メーカーの中には、子供用自転車にコースターブレーキというタイプを採用しているメーカーが多いです。

小さい子供は握力があまりなく、ブレーキをかけることがなかなか難しいため、別の方法で自転車にブレーキがかかるようにしてあるものがあるのです。

コースターブレーキは、ブレーキレバーを握ることなく、ペダルを後ろに回すと後輪がロックされ停止できるのです。

足を少し後ろに回すだけで、いとも簡単に自転車は止まりますので、ブレーキをかけるのに大きな力は必要ありません。

また、不必要にブレーキがかからぬよう、ペダルを常に並行に保とうとするパラレルポジションが身につくなども期待されています。

海外メーカーが作る12や16インチほどの子供用自転車にはこのブレーキタイプが多く見られます。

身長が伸びていくにつれて、通常のブレーキのかけ方を学ばなければなりませんが、その時にはすでに十分な握力が備わっていることになりますので、すんなり移行することができます。

子供の自転車選びはサイズに注意しよう!

子供は成長が早いので、自転車はなるべく大きいものを買ってしまいがちですが、子供の自転車選びはサイズが大切になってきます。

サイズが合っていない自転車は、乗りずらい上、もしもの事故の時、回避が遅れてしまう可能性もあるのです。

大切なお子さんを守るためにも、自転車は身体に合ったものを、そのつど買い換えるのが一番といえるでしょう。