ママチャリのブレーキ・ワイヤーを交換、調整しよう!

長年使っているママチャリのブレーキ、不具合が出ていませんか?

ブレーキは、大変重要なパーツです。

走行中にブレーキがきかなくなったら大変ですよね。

今回は、そんなママチャリのブレーキとブレーキワイヤーを交換、調整してみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のスタンドが故障!?バネ交換・スタンド交換方法

自転車のスタンドの調子が悪いと思ったら、バネ交換のみ行えば、問題なく使えることがあります。ま...

自転車での雪道運転は危険で怖い!走行中の注意点とは?

雪道で凍結している道路は非常に滑りやすく、細いタイヤの自転車はなおさら危険です。転倒すると考える...

ledは暗い夜道におすすめ!ライトが点灯しない原因とは

自転車に装着されているライトが点灯しなくなってしまうことってありますよね。暗い夜道に自転車のライ...

人気のシクロクロス!カンチブレーキで最強を目指せるか?

近年、シクロクロス競技において、ディスクブレーキが使用可能になり、多くの選手がディスクブレーキを搭載...

日本一周に自転車で挑戦の前に!ブログを参考にしよう

自転車で日本一周を走りたい、そんな思いがあっても、自転車で日本一周は漠然としすぎていて、なにが必要な...

bb30は雨に弱い!異音が発生したらオーバーホールで改善!

bb30はbb規格の1つで、キャノンデールが推し進めている規格です。bb30の名前は使われて...

自転車が新品なのに傷ついている!?傷のチェック法と対処法

皆さんは、買ったばかりの新品の自転車にも関わらず傷がついていた、という経験はないでしょうか。...

レイノルズのホイール「Performance」のインプレ!

レイノルズのホイールといえば、カーボンが有名ですね。レイノルズは、カーボンホイールの種類が豊...

やっぱり弱虫ペダルが好き!巻島と東堂の絆は不滅!

ロードバイクを始めるきっかけとなることも多い人気漫画、弱虫ペダル。この漫画は、ロードバイクの楽し...

ストライダーをタイヤ交換でカスタム!タイヤの値段はいくら

ストライダーを長年使用しているとタイヤがすり減ってツルツルになっていますが、その状態はとても危険です...

東京~山梨自転車トリップ!おすすめプランをご紹介!

都心から100km前後で行ける自然の宝庫、山梨。山梨県は大きく分けると、八ヶ岳周辺エリア、甲...

自転車で荷物を携帯するならサドルバッグ!付け方をご紹介

スポーツバイクの中でも特にロードバイクには、荷物を運ぶという概念がありませんので、ボトルケージ以...

自転車のクロモリフレームの特徴って?重量は重いの!?

自転車のフレームで、よく耳にするクロモリフレーム。いったいクロモリはどんな素材か?また、...

ストライダーは自転車への移行をスムーズにしてくれる乗り物

ストライダーはペダルのない自転車で対象年齢が2歳からのため、小さなお子さんが自転車に乗る前の練習...

自転車で右折する時に二段階右折をしないと違反になる!?

普段なにげなく乗っている自転車の交通ルールについて、正しく理解している方は少ないように感じます。...

スポンサーリンク

ママチャリのブレーキやワイヤー交換に必要な道具

ママチャリのブレーキやワイヤー交換に必要な道具は、スパナの8mm、10mm、14mm、15mmの4種類が必要になります。
8mmと10mmは各部のナット用で、14mmは前輪のハブナット用、15mmは後輪のハブナット用に使います。

14mmと15mmの両方がラチェット機能付きであれば、ソケット部分の深さもあるので、使いやすいです。
ですが、家で修理する場合には、普通のスパナで大丈夫です。
セットのものを購入する際には、上記のサイズがあるか確認してください。

プラスドライバーは、各部のネジに使います。
サイズは2番一本で大丈夫です。
ですが、柄の長さが75mmと200mmの両方あると、場所によってはやりやすくなります。

六角レンチは、各部のボルトやステムの調節に使いますが、プラスネジが多いのもあるので、使わない場合もあります。

ボックスドライバーの10mmも一本で大丈夫ですが、8mmもあると小回りが効きます。

ワイヤーを交換して、長さを調節するときに、ワイヤーカッターを使います。
専用のカッターは、切断した後の断面が綺麗に仕上がり、耐久性を長く保つことができます。

まとめますと、スパナ4種類、プラスドライバー、六角レンチ、ボックスドライバー、ワイヤーカッターを用意して置く必要があります。

ママチャリの前ブレーキワイヤーを交換しよう

ママチャリの前ワイヤーの交換方法をご説明します。

まず、ワイヤーとブレーキの接続部分の金具を緩め、前のワイヤーと保護するアウターを外します。
これは、前も後ろも同じやり方です。

ワイヤーとブレーキの接続部分の金具はきつく締まっているので、サイズの合うレンチで回します。

ワイヤーの先についているストッパーをペンチで引き抜きます。
ストッパーを取ったら、ワイヤーを抜くことができます。

新しいワイヤーを付いていたときと同じように、ブレーキレバーにセットして取り回します。
ブレーキとワイヤーの接続部に通します。
ワイヤー部分をネジの空洞に通し、引っ張りながら、ワッシャーとナットを締め、はめます。

これで、仮組は終わりです。
そして、調整をしていきます。

ワイヤを引っ張って張らせて、ナットネジをきつく締め上げていきます。
ここをちゃんと締めていないと、引っ張られたときに、ナットごと飛んで行ってしまいます。
中のワイヤーがつぶれてしまうことになるので、流用は効きません。

ママチャリの後ろブレーキワイヤーを交換する

今度は、ママチャリの後ろブレーキの交換する方法をご説明してます。

まず、ワイヤーとブレーキの接続部分の金具を外します。
ここも、前と同じく、ワイヤーとブレーキの接続部分の金具が、かなりきつく締まっているので、サイズの合うレンチで回しましょう。

ワイヤーの先についているストッパーをペンチで引き抜きます。
そして、ワイヤーを抜きましょう。

新しいワイヤーを交換前と同じように、ハンドル部分から通して、ブレーキまで持って行きます。
そして、ワイヤー部分を引っ張りながら、ナットをはめます。
ネジの空洞部分にワイヤーを通し、ワッシャーとナットで締めて固定します。

これで、ワイヤー交換の基本は終わりです。

そして、調整していきます。
ワイヤーを引っ張って張らせて、ナットネジをきつく締め上げていきます。

ここをちゃんと締めていないと、引っ張られたときに、ナットごと飛んで行ってしまいます。
ここでも、中のワイヤーがつぶれてしまうことになり、流用は利きません。

前側とやり方はほとんど一緒です。

ママチャリのキャリパーブレーキの交換方法

ママチャリのキャリパーブレーキの交換方法をご紹介します。
止めてある金具を全て取り外します。

ワイヤーとブレーキを繋ぐナットや、ブレーキと車体を繋ぐネジも外します。
また、泥除けも外しましょう。

新しいブレーキを取り付けるときは、同時に取り付け、調整ができます。
外したネジ等は、後で使うかもしれないので、整理しておくとよいでしょう。
新しいブレーキをつけるときに、ブレーキによっては車体にぶつかってしまうこともあるので、そのときに外したネジを使うことができるかもしれません。

はめるだけですが、ポイントは、ブレーキと車体を通す長ネジ部分のリングを、丸いフレームに合わせることです。
フレームに合わなくても、ネジで締めたときに、がたがたしなければ大丈夫です。

ブレーキシューを上下に、リムを挟める位置まで長さを調整します。
最後に、ワイヤーを通して調整していきます。

上から通し、穴の開いたネジに通し、しっかりと張らせて、ナットを締めます。
締め具合が重要になります!

最後はママチャリ片効き調整を行おう!

ママチャリのブレーキの交換の続きです。

位置を調整するために、ブレーキ本体を下から持ち上げ、ブレーキと泥除けフェンダーのナットを、きつく固定させましょう。
ブレーキアーチの位置について、重要なポイントは、ブレーキアーチの位置を仮定することです。

リムを左右対称に、バランスよく挟むのがいい位置です。
泥除けフェンダーとブレーキの留め具が同じであれば、泥除けフェンダーの位置も仮定します。

泥除けフェンダーの位置は、泥除けフェンダーが、タイヤにすれない位置がよいです。
正面から見て、ブレーキがリムを同時に挟めるのか、泥除けフェンダーはタイヤに当たっていないか、を確認しましょう。

ネジやナットを締めると、本固定されます。
そのときに、全体の仮定がずれてしまうことがあるので、泥除けフェンダーや、ブレーキを少し押さえてネジを本締めするとよいでしょう。

これで、片効き対策は終わりです。
このやり方を覚えれば、いつでもブレーキの調整ができます。

ブレーキに関わるパーツは定期的に交換を!

ママチャリのブレーキワイヤーは、定期的に交換しましょう。

あまり切れることはありませんが、突然のブレーキで、普段よりも強い握力で握ることにより、ワイヤーが劣化し、断裂してしまう恐れもあります。
ワイヤーは1,2mmなので、劣化していると、急に切れてしまうかもしれません。

切れなかったとしても、ワイヤーがほつれ、伸びて、ブレーキが効かなくなってしまうこともあります。
それが、突然のブレーキのときに起きてしまい、事故に繋がってしまう可能性もあります。

それだけでなく、ブレーキを多用している際に切れてしまうことも考えられます。
例えば、峠道の下り坂で起こってしまったら、恐ろしい結果になるでしょう。

それこそ、命に関わることなのです。

ブレーキシューも消耗品なので、すり減っていなくても、劣化が起こっているので、普段から走行の前には点検するのがよいでしょう。
また、ブレーキシューの寿命は、二年ほどと言われています。

ブレーキワイヤーやシューの劣化を見過ごしている人は多いので、しっかり点検をして、状態によっては交換するようにしましょう。

ママチャリのブレーキメンテナンス

ママチャリのブレーキ周辺のメンテナンスは、きちんと行われていますか?

ブレーキは、時に命に関わるほど重要なものです。

一度、自分で出来るようになってしまえば、まめに点検調整が出来、安心ですね。

これからやってみるという方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。