ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ママチャリのブレーキ・ワイヤーを交換、調整しよう!

2017.2.21

長年使っているママチャリのブレーキ、不具合が出ていませんか?

ブレーキは、大変重要なパーツです。

走行中にブレーキがきかなくなったら大変ですよね。

今回は、そんなママチャリのブレーキとブレーキワイヤーを交換、調整してみました!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

長距離を走る場合、自転車の荷物の積み方にコツがある!?

自転車で長距離を走る場合、さまざまな用意が必要で、大荷物になることが考えられます。 重い荷物を...

自転車ブレーキのキーキー音!原因と対処法は!?

自転車に乗っていると、ブレーキがキーキー鳴ることがありますよね。 ブレーキの異音は前輪、後輪で...

ブリヂストンタイヤに注目!重量がレースを左右する?

ロードバイクレーサーにとって、タイヤは最も重要なパーツです。 特にヒルクライムを楽しむライダー...

フルクラムとカンパニョーロのホイール比較!どちらを選ぶ?

ホイールといったらフルクラム!でしょうか!? 新興ブランドですが、カンパニョーロの子会社という...

デローザの2017年のカタログから注目のバイクをご紹介!

各メーカーの2018年モデルが、続々と発表されていますね。 そんな中、そろそろカタログの発...

自転車は歩道を通行したり、駐輪することはできるのか!?

街では、自転車が歩道に駐輪されているのを皆さん見たことがあるでしょう。 実際、自転車は歩道に駐...

自転車の移動速度や所要時間~ロードバイクにするメリット~

自転車の種類には、よく乗られているママチャリや、スポーツ自転車であるロードバイクなどがあります。 ...

大阪で夜のツーリングをしよう!おすすめのサイクリングコース

東京や大阪などの主要都市では夜の自転車でのツーリングが盛んになっています。 これから夜のツーリ...

目指せ日本一周!自転車で行く女性の一人旅の心得とは

日本一周の旅。 この壮大な旅をやってみたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか? ...

日本人向きのモデルとは?身長別に自転車の選び方を解説!

日本人に合ったロードバイクは、どんなモデルなのでしょうか。 体型の特徴や平均身長などから、...

マウンテンバイクを街乗りに活用したい!参考はブログ!?

いろいろな種類がある自転車の中で、マウンテンバイクの人気は高いです。 オフロード専用の自転車で...

ピカールの使い方って!?自転車のサビ取りや掃除に大活躍

「ピカール」ってご存知でしょうか? ピカールは、研磨剤の一種になります。 ピカールと呼ばれる...

乱立する規格、混迷極めるホイールの互換性!鍵は「ハブ径」

つい先日、カンパニョーロから12段変速のコンポが発表され、ますますパーツ選択の幅が広がっています。 ...

自転車の空気圧は、ママチャリでも測定できる!

皆様の自転車は、しっかり空気が入っていますか? 自転車のタイヤに空気が入っていないと、とても走...

ハンドルをブルホーンにした場合stiレバーを使用できる?

ブルホーンは、先端が「牛の角」のように、前方に突き出ているハンドルのことです。 トライアス...

スポンサーリンク

ママチャリのブレーキやワイヤー交換に必要な道具

ママチャリのブレーキやワイヤー交換に必要な道具は、スパナの8mm、10mm、14mm、15mmの4種類が必要になります。
8mmと10mmは各部のナット用で、14mmは前輪のハブナット用、15mmは後輪のハブナット用に使います。

14mmと15mmの両方がラチェット機能付きであれば、ソケット部分の深さもあるので、使いやすいです。
ですが、家で修理する場合には、普通のスパナで大丈夫です。
セットのものを購入する際には、上記のサイズがあるか確認してください。

プラスドライバーは、各部のネジに使います。
サイズは2番一本で大丈夫です。
ですが、柄の長さが75mmと200mmの両方あると、場所によってはやりやすくなります。

六角レンチは、各部のボルトやステムの調節に使いますが、プラスネジが多いのもあるので、使わない場合もあります。

ボックスドライバーの10mmも一本で大丈夫ですが、8mmもあると小回りが効きます。

ワイヤーを交換して、長さを調節するときに、ワイヤーカッターを使います。
専用のカッターは、切断した後の断面が綺麗に仕上がり、耐久性を長く保つことができます。

まとめますと、スパナ4種類、プラスドライバー、六角レンチ、ボックスドライバー、ワイヤーカッターを用意して置く必要があります。

ママチャリの前ブレーキワイヤーを交換しよう

ママチャリの前ワイヤーの交換方法をご説明します。

まず、ワイヤーとブレーキの接続部分の金具を緩め、前のワイヤーと保護するアウターを外します。
これは、前も後ろも同じやり方です。

ワイヤーとブレーキの接続部分の金具はきつく締まっているので、サイズの合うレンチで回します。

ワイヤーの先についているストッパーをペンチで引き抜きます。
ストッパーを取ったら、ワイヤーを抜くことができます。

新しいワイヤーを付いていたときと同じように、ブレーキレバーにセットして取り回します。
ブレーキとワイヤーの接続部に通します。
ワイヤー部分をネジの空洞に通し、引っ張りながら、ワッシャーとナットを締め、はめます。

これで、仮組は終わりです。
そして、調整をしていきます。

ワイヤを引っ張って張らせて、ナットネジをきつく締め上げていきます。
ここをちゃんと締めていないと、引っ張られたときに、ナットごと飛んで行ってしまいます。
中のワイヤーがつぶれてしまうことになるので、流用は効きません。

ママチャリの後ろブレーキワイヤーを交換する

今度は、ママチャリの後ろブレーキの交換する方法をご説明してます。

まず、ワイヤーとブレーキの接続部分の金具を外します。
ここも、前と同じく、ワイヤーとブレーキの接続部分の金具が、かなりきつく締まっているので、サイズの合うレンチで回しましょう。

ワイヤーの先についているストッパーをペンチで引き抜きます。
そして、ワイヤーを抜きましょう。

新しいワイヤーを交換前と同じように、ハンドル部分から通して、ブレーキまで持って行きます。
そして、ワイヤー部分を引っ張りながら、ナットをはめます。
ネジの空洞部分にワイヤーを通し、ワッシャーとナットで締めて固定します。

これで、ワイヤー交換の基本は終わりです。

そして、調整していきます。
ワイヤーを引っ張って張らせて、ナットネジをきつく締め上げていきます。

ここをちゃんと締めていないと、引っ張られたときに、ナットごと飛んで行ってしまいます。
ここでも、中のワイヤーがつぶれてしまうことになり、流用は利きません。

前側とやり方はほとんど一緒です。

ママチャリのキャリパーブレーキの交換方法

ママチャリのキャリパーブレーキの交換方法をご紹介します。
止めてある金具を全て取り外します。

ワイヤーとブレーキを繋ぐナットや、ブレーキと車体を繋ぐネジも外します。
また、泥除けも外しましょう。

新しいブレーキを取り付けるときは、同時に取り付け、調整ができます。
外したネジ等は、後で使うかもしれないので、整理しておくとよいでしょう。
新しいブレーキをつけるときに、ブレーキによっては車体にぶつかってしまうこともあるので、そのときに外したネジを使うことができるかもしれません。

はめるだけですが、ポイントは、ブレーキと車体を通す長ネジ部分のリングを、丸いフレームに合わせることです。
フレームに合わなくても、ネジで締めたときに、がたがたしなければ大丈夫です。

ブレーキシューを上下に、リムを挟める位置まで長さを調整します。
最後に、ワイヤーを通して調整していきます。

上から通し、穴の開いたネジに通し、しっかりと張らせて、ナットを締めます。
締め具合が重要になります!

最後はママチャリ片効き調整を行おう!

ママチャリのブレーキの交換の続きです。

位置を調整するために、ブレーキ本体を下から持ち上げ、ブレーキと泥除けフェンダーのナットを、きつく固定させましょう。
ブレーキアーチの位置について、重要なポイントは、ブレーキアーチの位置を仮定することです。

リムを左右対称に、バランスよく挟むのがいい位置です。
泥除けフェンダーとブレーキの留め具が同じであれば、泥除けフェンダーの位置も仮定します。

泥除けフェンダーの位置は、泥除けフェンダーが、タイヤにすれない位置がよいです。
正面から見て、ブレーキがリムを同時に挟めるのか、泥除けフェンダーはタイヤに当たっていないか、を確認しましょう。

ネジやナットを締めると、本固定されます。
そのときに、全体の仮定がずれてしまうことがあるので、泥除けフェンダーや、ブレーキを少し押さえてネジを本締めするとよいでしょう。

これで、片効き対策は終わりです。
このやり方を覚えれば、いつでもブレーキの調整ができます。

ブレーキに関わるパーツは定期的に交換を!

ママチャリのブレーキワイヤーは、定期的に交換しましょう。

あまり切れることはありませんが、突然のブレーキで、普段よりも強い握力で握ることにより、ワイヤーが劣化し、断裂してしまう恐れもあります。
ワイヤーは1,2mmなので、劣化していると、急に切れてしまうかもしれません。

切れなかったとしても、ワイヤーがほつれ、伸びて、ブレーキが効かなくなってしまうこともあります。
それが、突然のブレーキのときに起きてしまい、事故に繋がってしまう可能性もあります。

それだけでなく、ブレーキを多用している際に切れてしまうことも考えられます。
例えば、峠道の下り坂で起こってしまったら、恐ろしい結果になるでしょう。

それこそ、命に関わることなのです。

ブレーキシューも消耗品なので、すり減っていなくても、劣化が起こっているので、普段から走行の前には点検するのがよいでしょう。
また、ブレーキシューの寿命は、二年ほどと言われています。

ブレーキワイヤーやシューの劣化を見過ごしている人は多いので、しっかり点検をして、状態によっては交換するようにしましょう。

ママチャリのブレーキメンテナンス

ママチャリのブレーキ周辺のメンテナンスは、きちんと行われていますか?

ブレーキは、時に命に関わるほど重要なものです。

一度、自分で出来るようになってしまえば、まめに点検調整が出来、安心ですね。

これからやってみるという方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 - ママチャリ, ママチャリをカスタム, 自転車全般