ツーリングにおすすめ!自転車で名古屋を走るならどこ!?

せっかくのツーリングだったら、景色が良くて走りやすく気持ちのいいコースが良いですよね!?

今回は、名古屋で自転車ツーリングを楽しみたい人におすすめなコースを調べてみました。

ぜひツーリングする際や単独でサイクリングを楽しみたい人、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カンパニョーロのコンポ「ヴェローチェ」の魅力に迫る

イタリアのコンポーネントメーカー「カンパニョーロ」が送り出す製品は、日本のシマノと比較すると、美し...

ドッペルギャンガーの自転車の評判!コスパがいい!?

スポーツ自転車を選ぶのは楽しいです。しかし、様々なメーカーが多くの自転車を揃えているので、ど...

自転車のブレーキでよく見るブランド「promax」とは?

自転車のブレーキ、とくにロードバイクやピストバイクでよく見かけるのが「promax(プロマックス)...

ロードバイクを輪行する際のホイールバッグのおすすめは?

ロードバイクを輪行する際には、ホイールを外すことになりますので、収納時にホイールでフレームを傷つけな...

自転車通学に!坂道でも速い乗り方とおすすめのママチャリ

ママチャリに乗っていても爽やかさを振りまく学生さんは、眩しく感じるものですね。中には、本当に...

バーレーン メリダが使用しているヘルメットのメーカーは?

多くの強豪選手が所属し、ジロ・デ・イタリアやツール・ド・フランスといった、名だたる自転車レースに出...

目指せ日本一周!自転車で行く女性の一人旅の心得とは

日本一周の旅。この壮大な旅をやってみたいと思ったことがある方も多いのではないでしょうか?...

通勤通学・趣味の自転車にも!便利な速度計の仕組みって?

自転車は健康的で環境にも優しい移動手段ですね。ママチャリなどに乗って通勤したり、気ままな...

ヒルクライムでの適正ケイデンスは?そもそもケイデンスとは

自転車に乗っていると、ケイデンスという言葉を耳にしたことがあるかと思います。このケイデンスで...

自転車の空気の入れ方をご紹介!ママチャリをメンテナンス!

みなさん、自転車の空気の入れ方はご存じでしょうか?ママチャリなどのシティサイクルは、空気...

自転車の前輪ブレーキの調整方法!ブレーキの仕組みを知ろう

自転車は、後輪と前輪にブレーキが付いています。ブレーキが効かなくなってきたという人は、ブレー...

フロントフォークにオイル漏れが!オイル漏れ時の対処法は?

自転車に使用されているフロントフォークですが、フォーク内にはオイルが使用されています。ここは、...

自転車は初心者マークがつかない!お子さんを事故から守ろう

自転車は車とちがって、教習所で教わることも、初心者マークをつけることもありません。小さなお子...

シマノのセミディープホイールwh-rs30~後継やライバルは?

シマノのロードバイク用ホイール「wh-rs30」は、かなり前のモデルなので、現在、市場にはほとんど出...

町田市の放置自転車の対応策!撤去や対策への取り組みとは

現在、多くの自治体で放置自転車が問題となっています。基本的には撤去するしかないのですが、保管...

スポンサーリンク

名古屋でツーリングを楽しむならここ!!

名古屋で自転車のツーリングを楽しむならば、途中で千種区にある平和公園を訪れるのがおすすめです。

無料駐車場が完備されていますので、車に自転車を積んで公園まで行くこともできます。

平和公園から西区にある庄内緑地までは、矢田川サイクリングコースと庄内川サイクリングコースを通っていくので、信号がなく快適にサイクリングができるコースになっています。

13キロほどの距離ですが、一部サイクリングコースが途切れていますので、そこには気をつけてください。
それと、ロードバイクに乗る前には、安全点検の7つはしっかりチェックしてくださいね。

平和公園は、自転車の練習にもちょうどいいコースです。
サイクリングコースは給水等に向かって進み、住宅街を通って矢田川に出るのですが、ここまでは急な下り坂になっていますので、スピードの出し過ぎには注意が必要です。

サイクリングコースに入ってしまえば、道なりに進んでいくだけです。
川沿いを走るコースですので、自然を楽しみながらサイクリングができます。
一部に段差がありますので、試走して危ないところをチェックしておくと安心です。

ウォーキングやランニングをしている人がいますので注意が必要ですし、桜の時期やイベント開催時には大変混雑します。

自転車のツーリングにもおすすめ!名古屋の走れる公園

名古屋で自転車のツーリングをするなら庄内緑地に立ち寄って楽しむのもいいでしょう。庄内緑地は、庄内川の遊水地を利用した公園です。

テーマは「水と緑と太陽」であり、自然の雰囲気を大切に整備されています。
ツバキ園やバラ園、花木園、ショウブ園などが整備されており、特にツバキ園には60種類ほどのツバキが植えられています。
また、桜の季節になると「ナノハナ・サクラまつり」が開催されるなど、花にまつわるイベントも開催されます。

バーベキューができるピクニック広場があり、お花見をしながらバーベキューを楽しんでいる人たちもいます。
人気のスポットなので、休日は予約をしてから行ったほうが安心です。

庄内緑地は、緑地とグリーンプラザがありますが、グリーンプラザは温室とサイクリングセンター、室内広場になっています。
温室では、多くの植物が育てられている他、講習会が開催されるなどしています。
室内広場では、卓球を楽しむスペースがあり、卓球の講習会も行われています。

サイクリングコースは、1.8kmの緑地を周回するコースと、2.3kmの池を周回する2つのコースが整備されています。
自転車に初めて乗る子供の練習にもいいですし、土日や祭日には無料のレンタサイクルもあります。
多くの人がいろんな目的で使用する施設ですので、サイクリング時には気をつけましょう。

ツーリングにもおすすめ!名古屋のサイクルロード

名古屋で自転車のツーリングのコースに、名古屋港サイクリングロードを組み込むのもおすすめです。

名古屋港サイクリングロードは、およそ17.7kmに渡って整備されているサイクリングロードです。
富浜緑地と名古屋港ゴルフ倶楽部富浜コースの外周、楠緑地を縦断するコースになっています。

冬場を除いて土日祭日にレンタサイクルが行われている富浜緑地では、気軽にサイクリングが楽しめます。
レンタサイクルの貸出所がある管理棟を起点に南西が名古屋港ゴルフ倶楽部富浜コースを周回する6.7kmほどのコースになっており、北東は楠緑地を縦断する約11kmのコースになっています。

ツツジやサザンカ、桜並木などに囲まれている富浜緑地は、自然の豊かなコースです。
一方の名古屋港ゴルフ倶楽部富浜コースは、伊勢湾が一望できるコースです。

休憩所も多いですし路面もしっかりと整備されているので、サイクリングには最適なコースです。
季節によっては落ち葉が多く、路面の状態が悪くなるので注意が必要です。
また、歩道を走行しなければならない場所もあり、全て左側通行ですので気をつけてください。

おすすめな名古屋市付近のサイクリングロード

名古屋周辺で自転車のツーリングをするなら、安城市の豊田安城サイクリングロードを通るといいですね。

45kmに渡って整備されている本格的なサイクリングロードになっており、パイプライン化された明治用水の上が整備されています。

距離の長い順番に豊田安城自転車道、西井筋自転車道、西高根用水自転車道、花ノ木用水自転車道、中井筋自転車道の5つから成り立っています。

道路との交差が立体化さていているところもあり、安全にサイクリングが楽しめます。
トイレや休憩所もある他、四季折々の花木もあり、自然を感じながらのサイクリングができます。

武豊町と大府市にかけての知多半島サイクリングロードは、31.1kmに渡って整備されているサイクリングロードです。

河川や自動車専用道路に沿って、歩行者と自転車の専用道路になっています。
健康と長寿の国際的拠点となっているあいち健康の森など、名所旧跡や公園、レクリエーション施設など、自然や歴史を感じながらサイクリングが楽しめます。

知多半島の魅力を知ることができるコースになっています。

自転車でツーリングをする前にプランニングを立てよう

名古屋周辺で自転車のツーリングを楽しむ前に、しっかりとプランニングしましょう。
コースを走りきった際に、楽しかったと思えるように計画したいものです。

まずは、どんなコースをサイクリングするのか、ある程度の道の状況を確認しておくといいでしょう。

また、どのくらいの時間がかかるのかも目安を計画しておくと、余裕をもって行動できます。
途中でプランが変更になるケースも考えられますので、前もってツーリングをするときの情報を得ておくと気持ち良く走行できます。

また、安全、安心にサイクリングを楽しむためにも、ヘルメットや事前の整備や点検は必須です。
最低でも空気圧の確認は行い、前日に整備をお願いしておくことがおすすめです。

ヘルメットに関しては必須ではなくても、何かの事故が起きたときに周りには知り合いがいなくなります。
そのため、少しでも身を守る術として装着しておくと安心ですね。

道具や予算に関しては、トラブルに対応できるように余裕をもっておくことをおすすめします。

このようにあらゆる事態に備えておくことが大事です。

自転車でツーリングをする場合は計画を立ててから!

名古屋周辺で自転車のツーリングをするならば、走りたいところを決めておきましょう。

景色を楽しみたいのか、寺社や名所旧跡なのか、それとも美味しい食事を味わいたいのかなどでを考慮すると決めやすいです。

じっくり地図を見て、20~50kmぐらいの範囲でポイントを決めます。
あまり交通量の多い道路はおすすめできませんので、できれば交通量の少ない道がいいでしょう。

楽しくサイクリングするために目的地は決めておくべきですし、途中に寄りたいポイントを組み込むようにしましょう。

サイクリング以外にもテーマを作り、テーマを巡るサイクリングもおすすめです。
テーマはグルメでも芸術でも構いませんし、動物でも景色でも構いません。

美術館や博物館、歴史遺跡、銭湯などなんでもいいのでテーマを決め、駅から遠い施設を自転車で巡るのも楽しいかもしれませんね。

話題の映画のロケ地を巡るのも楽しいと思います。
長距離のサイクリングであれば1泊や2泊してもいいでしょう。

長距離走ってから地ビールとご当地グルメで乾杯なんて、最高の旅になることでしょう。

自転車ツーリングを楽しもう

自転車でツーリングをする際は、まずは目的を決めてプランニングしましょう。

ただ単に走るだけではなく、目的と目標を決めてみんなで走ることで達成感が生まれ、ツーリングがもっともっと楽しくなるでしょう。

もちろんツーリングをするなら、周りに注意し交通ルールは必ず守ってくださいね。