mtbでトレイルに挑戦!!トレイルの服装や持ち物は?

登山ブームにより、以前より山に入る人は増えてきました。

mtbでトレイルを始めたいけど、何から揃えていいかわからない。
というトレイル初心者に、服装や走行中の注意点など分かりやすくご紹介します!

最低限のマナーを覚えてトレイルを楽しみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車事故を起こしたとき警察から逃げるとどうなる!?

自転車に乗っていて、必ず考えなくてはいけないことがあります。それは、いつ事故が起きるか分からない...

ストライダーをピンクなどのカラーパーツでカスタムする

ストライダーはお子さんが乗るものですから、できるだけカッコよく、またはかわいくカスタムしてあげた...

フラットバーにバーエンドバーを!取り付け方法をご紹介

mtbやクロスバイクのフラットバーハンドルは、小回りが利いて操作性には優れています。しか...

シマノsoraのst-3500って何?新型soraの評価も知りたい

シマノのロード用コンポーネントのsoraはエントリーグレードですが、上位グレードと同様にstiレ...

自転車がパンクしたら便利な修理剤を使おう!使い方と注意点

自転車で走行中、パンクしてしまったら、誰だって困りますよね。そんなときに便利なアイテムが...

ツールドフランスで日本人が活躍できる?過激なファンの妨害

世界最大の自転車ロードレース、ツールドフランスですが、日本人が表彰台に立つことは少ないのが現状です。...

サイクルウェアは必要!初心者でもサイクルウェアを着よう!

ロードバイク初心者でサイクルウェアを着ていない方もいるでしょう。そのような方は、サイクルウェ...

ツールドフランスで日本人の活躍は?賞金年収はどのくらい?

自転車のツールドフランスは、歴史あるプロのロードレースです。主に、フランス周辺国を舞台にして...

マビックのホイールはメンテナンスが簡単!?特徴とは?

マビックのホイールと言えば、新しくホイールを買い換える中で、選択肢に入れる人も多い人気のホイールです...

自転車のサドルは奥が深い!女性に注意してもらいたいこと

近年、女性がスポーツ系の自転車に乗っているシーンをよく見ます。ショップの店員さんにも女性...

意外と知らない?自転車のクランクとベアリングの重要性!

普段何気なく乗っている自転車。その自転車も、数限りないパーツが緻密に組み合わさって、1つの乗...

ツールド日光で写真を撮ろう!観戦の時に注意することは?

みなさん、ツールド日光はご存知ですか?日光にサイクリストが集まり行われるイベントです。...

徒歩と自転車と車と原付バイクの距離と時間について考える

みなさんは生活していてお出かけする際、移動手段というものについてあれこれと考える機会は多いのではない...

トレックのサドルの種類と自分にあったサドル調整方法

ロードバイクに乗っていて、お尻が痛くなってしまうことはありませんか?筆者は昔、長時間(2時間でも...

ブリジストンの自転車、アルベルト!ベルト交換は必要なの?

ベルトドライブ自転車といえば、ブリヂストンのアルベルトといわれるほど有名な商品です。ベルトド...

スポンサーリンク

mtbでトレイルするときの服装は?

まず、mtbでトレイルをするのに最高の時期は、9月から11月です。
そこで、トレイルをするときに、抑えておいてほしいマナーをご紹介していきます。

まずは、服装についてです。

ヘルメット、グローブ、アイウェアは必ず準備しましょう。
脛あて等のプロテクターもあると良いでしょう。
転んだときに、プロテクターを身につけていれば、怪我から身を守れます。
また、パッドが入ったサイクリングショーツがあれば、お尻の痛みを防ぐことができます。

服装は、「トレイル用」がメーカーからラインナップされていますが、初心者は無理してそろえなくて大丈夫です。
動きやすくて丈夫で汚れても良い服を着ましょう。
怪我を防ぐために、肌の露出は抑えてください。

ズボンは、右足はチェーンリングに引っかかるのを防ぐために、裾が絞れるズボンをおすすめします。
ジーンズは怪我を防ぐのには良いのですが、タイトなものやストレッチがないものは、膝が動かしにくいし疲れやすいので、あまりおすすめできません。

夏のmtbトレイル!!服装で害虫から身を守る!

夏のmtbのトレイルには、虫が多いのが困りますよね。
服装は、長袖、長ズボンにして、虫に刺されないようにしましょう。

蚊に対しては 体にくっつかないゆったりとした服装をすると、蚊に刺されにくいです。

アブは、黒と黄色を好みます。
走り続ければ、アブが体にとまることはほとんどありません。

それから、マムシやヤマカカシなどの毒蛇には注意が必要です。
夏は転ばないように気をつけて、毒蛇に噛まれないようにしましょう。

もし噛まれたら 血清を打つために ヘビの種類を確認しておかないといけないのですが、実際に確認するのはけっこう難しいです。
模様が見分けにくかったり、藪の中で姿が確認しにくかったりするからです。

プロテクターとゆったりとした長ズボンを見につければ、マムシの攻撃を防ぐ確率が高くなります。
ポイズンリムーバーは携行するようにしましょう。

夏のトゲで、パンクをする事はほとんどありません。

秋冬には スローパンクチャーという徐々に空気が減っていくパンクにあうことがあります。
対処としては、DH系のタイヤを装備することです。
DH系のタイヤを装備しておけば、どの季節でもパンクの心配をすることが少なくなります
うるしに弱い人は、うるしに触れないようにするために、長袖、長ズボンを着用しましょう。

冬は冷やさない服装でトレイルしよう

mtbの初心者だった頃は、トレイルのときの服装の知識があまりないので、冬でもジーパン、シャツ、ジャンバーで走ってしまうことがあると思います。
すると、かなりの冷えを感じて、震えてしまうのです。

冷えの影響で思った通り走ることができなくなります。
冬には、暑いくらいの服装をしておくことが良いでしょう。

また、メッシュのシューズは、夏は風通しが良いのですが、雨が降ると困ります。
さらに、冬は足の指の感覚をなくすくらい冷えます。

レジ袋でシューズを覆うと、これらの問題が解決できます。
しかし、冬はレジ袋を使用しても冷えるため、薄い発泡材のシートを使うのをおすすめします。
足に合わせて折りたたみ、シューズを履くと、足が冷えません。

新聞紙を使用している方もいると思いますが、靴下が汚れたり、意外とかさばって、足が窮屈になるので、薄い発泡材のシートの方がおすすめです。

夏でも汗で冷えるということと、寒い時は足元を工夫すること、を忘れないようにしましょう。

mtbでトレイルする前に点検を行おう!!

mtbでトレイルをするときは、フルサスペンションでもハードテールでも大丈夫です。
フルサスペンションは、前と後にサスペンションが付いているので、下りは楽です。
ただ、登り、担ぎにはあまり向いていません。

ハードテールは、フロントサスペンションのみです。
軽いので、登り・担ぎが多いトレイルにおすすめです。

フレーム素材も種類が多いので、選択がたくさんあります。
値段も良心的なので、購入しやすいでしょう。
初心者は、ハードテールにすると、バイクコントロールが上手にできます。

トレイルに行く前には、mtbの点検をしてください。

タイヤの空気圧、ブレーキ、変速、をチェックしましょう。

ブレーキは、入念にチェックし、サスペンションの調整、ハンドル・ステム等の増し締め、反射板やフェンダー等は外しておきましょう。

ビンディングペダルは危険なので、フラットペダルをおすすめします。

トレイルをした後は、泥などを取り除いて、チェーンの洗浄・注油をしましょう。
トレイルのときの服装の準備も大切ですが、トレイル前のmtbの点検も忘れないようにしてください。

mtbでトレイルする際の必要な装備

mtbでトレイルをするときは、バックパックがあると便利です。
荷物がたくさん持てるし、転んだ時にクッションになって身体を守ってくれます。

レザインのトレイル用バッグは、ポケットがたくさんあり、ツールやタオルなど小分けして収納できます。

バックパックに入れるものは、時計・携帯電話・携帯ポンプ ・予備チューブ ・水分・補給食・タイヤレバー、六角レンチセット・タオルなどです。

また、サイクルコンピューター ・GPSあるいは地図とコンパス ・薬・虫除け なども入れるのをおすすめします。
トレイルの準備をするときは、自転車が故障したときのこと、そして山に登るときに何が必要かを考えると、準備不足を避けることができます。

自転車の故障で考えられることは、まずはパンクなので、携帯用の空気入れは必ず持って行き、パンク修理キット、スペアチューブ、チューブ交換用のタイヤレバー、マルチツールなども持って行くと安心してトレイルを楽しむことができます。

服装や持参するものを考えるのは、トレイルの楽しみの一つですね。

実際mtbでトレイル走行する際の最低限のマナー

mtbでトレイルするときの、最低限のマナーをご紹介します。

トレイルでは、進入禁止区域に入ってはいけません。
迷ったり誤って入ってしまったら、自転車を降りてすぐに進入禁止区域から出てください。

歩行者優先なので、追い越すときは自転車を降りて、挨拶をしましょう。
あらゆる危険を考えて、スピードを出しすぎないようにして、安全に走ってください。

リアブレーキをかけるとタイヤで土を掘るので、トレイルにダメージを与えます。
そのため、できるだけ急ブレーキをしないようにしてください。

ダウンヒルを走るときは、いつも3mくらい先を見るようにしましょう。
そうすれば、障害物が認識しやすいです。
階段やドロップは、自転車を降りて担いでください。

そして、当然のことですが、ゴミは持ち帰り、壊れた部品も拾って持ち帰りましょう。
パーティで走るなら、車間距離を取って走り、初心者がいれば3人以上で走るのをおすすめします。

以上、トレイルをするときの服装、mtbの点検、持参品、マナーについてご紹介しました。

トレイルのマナーを守ってトレイルを楽しもう

トレイル走行する前の服装や装備が分かりましたね。

トレイルは、いつどこで何が起こるか分かりません。

季節ごとのアクシデントにも対応できる準備をしましょう。

トレイルを楽しむ前提として、必要最低限のマナーは守り、楽しくトレイルしてくださいね。