MONTH

2017年8月

  • 2017年8月31日

mtbを軽量化の改造をするならシングルスピードがおすすめ?

mtbの重量を軽くするのであれば、普通に考えられるのはパーツの交換です。軽量なパーツに交換していきしょう。交換するパーツは、タイヤ、ペダル、クランク、ステム、ハンドル、コンポーネントとどこでも良いです。現在のパーツより軽いものを選択すれば軽量化することができます。しかし、すでに最軽量のパーツにしている場合は、パーツを交換することで軽量化することができません。もっと軽量化したい場合は、シングルスピードに改造することが考えられますが、改造するとどのような変化があるのでしょうか。

  • 2017年8月31日

trekのロードバイクはなぜ人気なのか!?ブログから検証!

trekは世界有数の自転車メーカーで、日本でも大変人気の高いブランドです。ロードレースに出場するプロから、一般のロードバイクのファンまで、trekは多くの人に支持されています。そこで、trekのロードバイクの人気の秘密を、ブログから検証してみました。

  • 2017年8月31日

クロスバイクに乗る人のブログから、trekの評判を検証する!

クロスバイクは、自転車通勤から週末サイクリングまで、幅広い目的をかなえてくれる自転車です。そのため、多くの愛用者がいて、ブログで情報配信をする人もたくさんいます。そこで今回は、trekのクロスバイクに乗る人のブログから、trekに実際に乗ってみての感想やその乗り心地を調べました。

  • 2017年8月30日

英国が誇る老舗メーカー!ラレーのロードバイクの評判は?

昨今、街角でロードバイクを見かけることが多くなってきました。そんなロードバイクを購入する際、どのようなメーカーが良いだろうかと、色々悩む方も多いことと思います。実に多種多様なメーカーの中から、今日はイギリスの老舗、ラレーをご紹介します。さて、ラレーが提供するロードバイクとは?そして、その評判は?

  • 2017年8月30日

自転車がパンクしたら便利な修理剤を使おう!使い方と注意点

自転車で走行中、パンクしてしまったら、誰だって困りますよね。そんなときに便利なアイテムが、パンク修理剤です。パンク修理剤は、100円ショップでも購入することができるので、1つ持ち歩いておくと、いざというとき便利です。今回は、修理剤の使い方から、注意点を詳しくご紹介していきます。

  • 2017年8月30日

自転車は安全に乗ろう!アルミフレームの修理ってできるの?

ママチャリでも、スポーツ自転車でも、安くて軽量なアルミフレームをお使いの方は多いと思います。アルミフレームは、ヒビが入ったり、折れたりしたときに修理できるのでしょうか?まずは、自転車のフレームの種類のお話から始めていき、アルミフレームの特徴のご説明、アルミフレームが修理できるのか、までをご紹介していきます。

  • 2017年8月29日

ロードバイクを教えたい!知識と技術の違いを理解しよう

ロードバイクを始めたばかりの仲間が、練習方法やパーツ交換についていろいろと聞いてくることがあるかもしれません。また、親の趣味に興味を持った子供が自分もやりたいと言い始めることもありますよね。知識を得る場合とは違い、技術の習得には時間と根気が必要です。また、ロードバイクの技術を教える前に必ず身につけなければならない基礎知識をしっかり伝えることが何よりも大切なことです。

  • 2017年8月29日

日本が誇る東レのカーボン!t700のグレード・注意点って?

自転車のフレームは、今はカーボンが主流と言っても良いでしょう。アルミの味わいも捨てがたいですが、レースシーンを見ても活躍しているのはカーボンで、一般の方にも手が届く価格のカーボンバイクも、多く販売されるようになりました。東レのカーボンt700は世界的にも評判が良く、お使いの方も多いと思います。では東レのカーボンの中でt700は、本当に信頼できるのでしょうか。東レと書いてあっても注意すべき場合についても取り上げます。

  • 2017年8月29日

やっぱり弱虫ペダルが好き!巻島と東堂の絆は不滅!

ロードバイクを始めるきっかけとなることも多い人気漫画、弱虫ペダル。この漫画は、ロードバイクの楽しさを上手く表現し、登場人物のからみも魅力的です。その中でも巻島と東堂は女性のツボを抑えている人気のある組み合わせです。今回は、弱虫ペダルを読んでいる方にも、そうでない方にも伝わるように、巻島と東堂の魅力に迫りました。若干のネタバレはありますので、お気を付けください。

  • 2017年8月28日

ロードバイクのハンドル幅が広いとどんな効果があるの?

ロードバイクのハンドル幅は、基本的には肩幅で測るのが良いとされています。でも、乗っているうちに自分に合った幅のサイズがこれで良いのか、疑問に思う方もいることでしょう。この記事では、ロードバイクのハンドル幅が肩幅より広いものと狭いものでは、どんな効果があるのかご説明していきます。