サイクルコンピューターのGPS付ナビが優秀で自転車には必須

週末に自転車でサイクリングやポタリングを行っている人は数多くいます。

自転車で、サイクリングやポタリングを行う際に欠かせないのがサイクルコンピューターです。

サイクルコンピューターは、速度や距離そして消費カロリーを測定するため用いられます。

それだけではなく、GPS付ナビを活用することで地図の代用にもなります。

今回は、サイクルコンピューターのGPS付ナビの活用について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オルトリーブのサドルバッグsは見た目よりも容量有り!

自転車のロングライドには、サドルバッグがあると便利です。おすすめしたいのはオルトリーブの...

自転車で片側1本スタンドはなぜ人気?スタンドの交換方法!

片側1本スタンドの自転車が最近増えてきています。両立スタンドよりも見た目がおしゃれ、というこ...

自転車に移動距離や時間の測定に便利なサイコンを活用しよう

自転車に乗っていると、移動距離や、スピード、走行時間について気になることがありませんか?特に...

トピークのサドルバッグはLサイズがおすすめ!その理由とは

ロードバイクなどのスポーツバイクで荷物を持ち運ぶ場合は、自分の体に身に付けるか、自転車にバッグを...

ヘルメットを被ろう!頭のサイズが平均よりも大きい人は?

みなさん、自転車に乗る時にしっかりとヘルメットを被っていますか?ヘルメットを選ぶ時にひとつの...

ロードバイクにスタンドは必要!?立て方のコツとは?

ロードバイクには、もともとスタンドが付いていません。しかし、実際のところスタンドは必要なので...

ロードバイクに付けたい!サドルバッグサイズ別おすすめ10選

ロードバイクには荷物を運ぶという概念がありませんので、ママチャリのようにキャリアやカゴは付いていませ...

ランドナーで安全な旅を楽しもう!おすすめライトをご紹介

自転車で旅をするときに愛用している方も多いランドナーですが、ライトはどんなものを付けたらいいのでしょ...

ストライダーにはヘルメットが必須!失敗しないサイズ選び方

ストライダーは、2歳~5歳の子供を対象にした乗り物です。公道を走ることはできませんが、敷地内...

サイクルウェアの常識を打ち破るナリフリの独自性とは

サイクルウェアと聞くと、肌に密着したサイクルジャージを思い浮かべるか方も多いかと思いますが、少な...

頭のサイズを測ろう!子供のヘルメット選びのノウハウ!

みなさんの子供は、自転車に乗っていますか?そんな時に必須なのが、ヘルメットですよね。...

sサイズとxsサイズの違い!サイクルウェアの選び方

サイクルロードレースは、小柄な方にもピッタリな競技です。身長160cm以下の、サミュエル・デ...

自転車につける走行距離計って?その機能や選び方を知ろう!

スポーツ自転車のハンドル部分などについている走行距離計とは、どんなものでしょうか。また、...

ロードバイクにホイールライトを取り付ける目的は?

ロードバイクのホイールに、ライトを付けて走っている人を見かけることがあります。装飾の意味が強...

ストライダーにおいてヘルメットは本体とセットと考えるべき

ストライダーはペダルなし自転車の一種であり、乗りこなせるようになるのは、補助輪なしで自転車に乗る...

スポンサーリンク

サイクルコンピューターのGPS付ナビとは

ここ数年間で増加しているのは、自転車にサイクルコンピューターを取り付けるライダーです。

それまでは、自転車にサイクルコンピューターを取り付けている人は本気で乗っている人に限られていました。

しかし、一般的な自転車であるママチャリにもサイクルコンピューターを取り付けている人もいます。

自転車に取り付けられるサイクルコンピューターは車体購入時には取り付けられていないパーツです。

にも拘わらず、わざわざ取り付ける人が多くいるのは自転車が軽車両扱いされていることにあります。

自転車は、二輪車と同様の軽車両に該当するため本来であれば車体にメーターは欠かせません。

ですが、実際は自転車にメーターが取り付けられていないためオプションとして取り付けます。

自転車のサイクルコンピューターは、価格帯により便利な機能を備えているものもあります。

それが、GPS付ナビであり自転車で遠出する際には欠かすことのできない機能です。

スマホの地図アプリでも代用はできますが、バッテリー消費が激しいためおすすめしません。

出先で地図を確認する時は、気軽に確認できるサイクルコンピューターが便利です。

GPS付ナビをサイクルコンピューターで確認することは容易

自転車に取り付けられるサイクルコンピューターも年々進化しています。

より、自転車に乗っている人が扱いやすいようにデザインや機能が多くのモデルで見直されています。

数年前までは、サイクルコンピューターといえば速度や距離を測定する機器でした。

GPS付ナビを搭載したモデルは、高価格帯に限られ一般人では手の届かない代物という位置づけでした。

しかし、昨今は一般人であってもGPS付ナビを搭載したサイクルコンピューターを取り付けています。

技術の進歩により、GPS付ナビが低コストで製造できるようになった背景があります。

実際に、市販されているものを使用してみると製品によってばらつきはありますが実用性は抜群です。

さらに、操作性についても普段自転車に乗っている人であれば問題なく使用できるものです。

自転車にあまり乗ったことがない人でも、日常的にスマホやパソコンを操作している人であれば扱えます。

多くのサイクルコンピューターの操作は、ボタンを押すだけの単純なものばかりです。

そのため、年齢や経験に変わらず誰しもが操作できるようなものになっています。

サイクルコンピューターにGPSナビをを搭載したモデルは高い

自転車で休日にサイクリングやポタリングをしようとするライダーに欠かせないものがあります。

それは、GPSナビ付サイクルコンピューターです。

サイクリングやポタリングでは、短距離を走るのでなく長距離をメインに走ります。

そのため、知らない土地へ赴くこともしばしばあるためGPS付ナビが必要となります。

今やサイクルコンピューターを搭載している自転車はほとんどといえるほど多いです。

しかし、その中でGPSナビが搭載されているモデルを取り付けれいる人は僅かしかいません。

なぜなら、GPS付ナビが搭載されたサイクルコンピューターは一般的には非常に高価だからです。

GPS付ナビを搭載したサイクルコンピューターとして有名なのがガーミンです。

ガーミンのモデルは、そこそこのスペックを積んでいる自転車と同じ価格帯です。

ということは、自転車にガーミンのモデルを取り付けた場合には自転車2台分の価格となります。

非常に高価なことから、サイクリングやポタリングをしている人の多くが取り付けられていない現状です。

ただし、中国製であればGPSナビを搭載したモデルでも安価で購入することができます。

自転車にGPSナビがどうしても欲しい場合には、検討の余地があります。

GPS付ナビは日常使いの自転車にも有効活用できる

GPS付ナビを搭載した自転車はサイクリングやポタリングで多く使用されています。

しかし、自転車に乗っている人の目的はさまざまであるため多数派がそのようにしているだけです。

では、GPS付ナビを搭載していてサイクリングやポタリングに使用していない人は日常で使用しています。

一見すると、日常使いの自転車に搭載する必要はないとイメージする人は多くいるはずです。

通勤や通学そして買い物に自転車移動している人にとっては、GPS付ナビがとても便利なのです。

まず、通勤や通学に関してですが日常的に自転車で通っている場合には必要ないかもしれません。

ですが、公共交通機関で通っていたものを自転車に変更した際は重宝します。

普段の道のりとは違ったルートをは走行することになるため、地図で道のりを把握する必要があります。

そこで活躍するのが、GPS付のサイクルコンピューターというわけです。

GPSナビを使用することにより、最短距離で安全な道のりを実際に走行しながら確認できます。

また、買い物においても行ったことのない場所でも迷わず目的地に到着する際に役立ちます。

GPS付ナビは、日常使いしている自転車にも欠かせなくなってきているといえます。

サイクリングで活躍GPSナビ搭載サイクルコンピューター

GPS付ナビを搭載した自転車が多く使用されるのは、サイクリングやポタリングです。

サイクリングやポタリングといっても人によって、距離やルートはさまざまです。

距離にして5kmから10kmぐらいの距離を走る人にとっては、GPS付ナビは必要ないでしょう。

それぐらいの短距離であれば、知らない土地であっても事前に確認することで把握することができます。

しかし、10km以上のルートを走行する場合にはGPS付ナビが欠かせないものとなってきます。

道なりに走る分には、必須とまではいえませんが山道を走る場合には必ず必要となります。

実際に、自転車でサイクリングやポタリングで山間のルートを走行してみると分かることがあります。

人里離れているため、まず人とすれ違うことはほとんどありません。

そのため、万が一の場合を想定してスマホの電池は温存しておく必要があります。

なので、必然的にルートを確認する手段はGPS付ナビを搭載したサイクルコンピューターとなります。

山間のルートを走行する場合は、目測距離が狂ってくるため定期的に地図を確認するした方がよいです。

GPS付ナビを搭載することは、人里離れた場所を走行する際のマナーといってもよいぐらいです。

GPS付ナビを搭載したサイクルコンピューターは本当に必要か

自転車の車体の種類に関わらず取り付けられているのがGPS付ナビを搭載したサイクルコンピューターです。

機能としては、地図を見ることがメインとなります。

そのため、スマホで地図を確認するような感覚に近いといえますが違う点は自転車が合わさっていることです。

徒歩の場合でも、歩きながらスマホを見ることが社会現象となり問題視されています。

それによる、事故やトラブルも年々増加していると情報を見聞きしたりします。

では、自転車でそのようなことを行った場合ですが確実に事故につながる可能性が高くなります。

それゆえに、自転車に関して地図を見ることを想定しているならGPS付ナビが必要となっています。

実際に、自転車においてGPS付ナビを搭載したサイクルコンピューターを取り付けている経験からいいます。

ほとんどの走行場面において、そのようなものを取り付ける必要性はあまりありません。

なぜなら、知らない土地を訪れる場合であっても道なりに進んでいれば何とかなるからです。

また、標識や看板を確認することで目的地へ訪れることも可能です。

そのため、自転車にそうしたものが必ず必要かと問われれば必要ではないという答えになります。

サイクルコンピューターのGPS付ナビが優秀!自転車に必須?

サイクルコンピューターのGPS付ナビの活用について紹介しました。

GP付ナビを搭載したサイクルコンピューターはあればとても便利と感じる場面は数多くあります。

ですが、そのようなものがなくてもサイクリングやポタリングを楽しむことはできます。

あえて、GPS付ナビを搭載せずに自転車で知らない土地へ赴く人も多くいます。

楽しみ方は、人それぞれなので自分に合ったスタイルを見つけましょう。