ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

目指すはヒルクライム!ロードバイクライフをブログにアップ

2017.12.30

ロードバイクに乗っている人の中には、ヒルクライムを目指している人も多いはずです。

毎日同じようにロードバイクに乗って練習しているだけでは、マンネリ化してしまい、モチベーションも下がってしまうもの。

そんな時には、自分は見られているという意識を持つために、ブログにロードバイクライフをアップしてみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクのタイヤ交換にタイヤパウダーは必要!?

ロードバイクのタイヤを交換する際、チューブとタイヤがくっついていて、剥がれにくいという問題が起き...

ロードバイクにスタンドを使用!簡単に付けられる使い方

ロードバイクの室内保管にあると便利なスタンドですが、取り付けが難しく感じる方も多いようです。 ...

kuotaのロードバイクをご紹介!ブログでの評判を知りたい

【kuota(クオータ)】は、イタリアの自転車メーカーです。 老舗が並ぶイタリアにしては、歴史...

ロードバイクのタイヤサイズは700cだけ?太さは?

ママチャリなどの一般的な自転車は、タイヤの大きさが自転車そのもののサイズとして扱われていますので...

イーストンのホイールはマイナー?評価はどうだろうか?

アメリカの金属加工会社「イーストン」は、自転車のパーツも製造・販売しています。 ハンドル・...

ピストのハンドルの高さは低い!高く出来るのか?

ピストはスピードに特化した競技用の自転車ですので、スピードが出る仕様になっています。 スポーツ...

ロードバイクのプーリーって何!?注油は必要なの?

ロードバイクに乗ってる人でも「プーリー」を答えられない方もいることでしょう。 筆者もロードバイ...

ロードバイクのプーリーから異音がする!対処法を知りたい

ロードバイクに「プーリー」という、何とも可愛らしい名前のパーツがあります。 これは、リアディレ...

ジオスのロードバイクを選ぶ際はブログを参考にしよう!

ロードバイクを購入しようと思ったときに、ホームページやカタログは見ると思います。 当然なが...

ロードバイク通勤して良かったことをブログから考察した!

通勤の移動手段として、あなたは何を使っていますか? 徒歩・自転車・バイク・車・公共交通機関...

イタリアの至宝デローザのskの凄さをブログから読み解く

デローザ、コルナゴ、ピナレロといえば、イタリアの自転車メーカーの御三家です。 ロードバイクに乗...

ビアンキのアルミロードバイクインプルソの実力はどうか?

ビアンキのロードバイク「インプルソ」は、ビアンキの中では希少価値ともいえるアルミフレームです。 ...

ロードバイクのタイヤの主流が25cになったのはなぜ?

ロードバイクのタイヤは、700cという規格に、ほぼ統一されています。 700(mm)という...

ビアンキのロードバイクでクロモリフレームはどうなのか?

イタリアのスポーツバイクメーカーは、伝統的にクロモリなどのスチールフレームに強いところがあります...

失敗しないロードバイクのチェーン交換!どんな効果がある?

ロードバイクのチェーン交換は、覚えるまではなかなか面倒な作業ですが、これくらいはできるようにしておき...

スポンサーリンク

ロードバイクライフをブログにアップする意味

毎日同じようにロードバイクに乗ってトレーニングを続けていると、ワンパターン化してしまい、ロードバイクのモチベーションも下がってしまいます。

そんな人は、何か目標を持つことがおすすめです。
中でもおすすめなのが、「ヒルクライム」です。

ヒルクライムとは簡単に言えば、レースなのですが、このレースに向けて「万全の体制で挑む」ということが、おすすめの目標となります。

レースには、自分だけでなく、もちろん他の人も出場します。

そのため、他の人達と一緒にレースで競うといった行事があれば、トレーニングのモチベーションも上がるはずです。

さらに、自身のブログに、ヒルクライムに向けた日々のロードバイクトレーニングをアップすると、よりモチベーションも維持できるでしょう。

次では、このヒルクライムについて、詳しくご説明していきます。

ヒルクライムってなに?

中には、ヒルクライムについて知らない、という人もいるようです。
ロードバイクライフをブログにアップする前に、まずは、ヒルクライムについてご説明します。

<ヒルクライム(hill climb)>

ヒルクライムは、山や丘陵などに設定されたコースをタイムを競い、走行する登坂競技のことです。

<ヒルクライムの特徴>

ヒルクライムは、山や丘陵などにコースが設定されているため、坂を登ることも多いです。
つまり、重力に逆らってコースを走行するため、軽量であることがものを言います。

ヒルクライムに出場し、活躍している選手の共通点として挙げられるのが、小柄だということです。

そのため、この小柄な選手は「クライマー」と呼ばれ、重力に逆らって走行することの多い、ヒルクライムレース向きの体型と言えます。

また、軽量であることがものを言うため、ロードバイクなどの自転車そのものの軽量化も、非常に重要となります。

<ヒルクライムが人気の理由>

ヒルクライムには、人気の理由があります。
それは、平地のレースのように、集団で走行することが少ないという理由です。

なぜかと言うと、坂道の多いヒルクライムは、それぞれの実力でタイム差が大きくつきます。
そのため、レース中に選手達が接触することも少なく、自分のペースで走行することができるのです。

ロードバイク初心者にこそヒルクライムはおすすめ①

ロードバイク初心者にこそ、ヒルクライムはおすすめの自転車競技です。
坂を登るレースは体に負担がかかるため、ヒルクライムこそ初心者には向いていないような気もしますよね。

しかし、先ほども書いたように、ヒルクライムは「他の人との接触が少ないレース」となります。

平地のように集団走行が多いレースでは、事故が起こる危険性も高いのですが、ヒルクライムはそうではありません。

そして、自分のペースで走ることができるので、初めてロードバイクのレースに出るのであれば、ヒルクライムがおすすめと言えるでしょう。

ぜひ、これを機にロードバイクのトレーニングのため、ヒルクライムに挑戦するという目標を持ってみてはどうでしょうか。

きっとモチベーションも上がることでしょう。

さらに、ブログに日々のトレーニングをアップすれば、以前の自分と今の自分を比較することができます。
そうすれば、よりトレーニングのモチベーションが、維持できるはずです。

ロードバイク初心者にこそヒルクライムはおすすめ②

先ほどは、ヒルクライムは、ロードバイク初心者にこそおすすめと書きました。
続けて、そのおすすめの理由を書いていきます。

ヒルクライムは、当然レースなのでタイムを測り、競います。

しかし、他の自転車競技に比べると、「勝たなければ」「タイムを達成しなければ」といったような考えを持っている人は多くありません。

そのため、走行に自信がないという初心者でも、焦ったりと気にすることなくレースに出場することができます。

また、ヒルクライムではない、平地のレースでは集団走行になることも多く、その際には、駆け引きを考えなければならない場面も出てきます。

ヒルクライムは、タイムが人それぞれで大きく違うため、そういったこともないのです。

たとえ、自分が最下位だったとしても、山を全力で登り切った後の達成感は、言葉にできないほど気持ちの良いものです。

いろいろなヒルクライムに参加し、毎回ブログにアップすれば、自分で見返した時に、その時の気持ちや思い出を振り返ることができるので、これからのトレーニングの励みになることでしょう。

人気ブログを考察!ヒルクライムで速くなるなら軽量化を!

ヒルクライムに向けてモチベーションを上げるなら、人気のブログをチェックする方法もおすすめです。
ヒルクライムに参加しているユーザーの人気ブログは、インターネットですぐに検索することが可能す。

数多くのロードバイクユーザーから人気のあるブログを考察すると、ヒルクライムで速くなる方法も知ることができるでしょう。

その速くなる方法として挙げられていたのは、まずは「軽量化」です。
重力に逆らうヒルクライムは、軽いことがものを言います。

そのため、同じパワーであれば、軽ければ軽いほど楽に斜面が登れるのです。

自分の体重を軽くすることはもちろんですが、ロードバイクそのものを軽くすることが重要です。
ヒルクライムに参加する時には、たとえ重くはないものだとしても、必要のないものは外しましょう。

また、ロードバイクでトレーニングをしてれば、思っているよりも、自分の体重を絞ることができます。

人気ブログを考察!ヒルクライムで速くなるためなら使う筋肉を変える

ロードバイクユーザーに人気のブログ上位を考察していると、ヒルクライムで速くなるためには、「使う筋肉を変える」ということも分かりました。

登り坂を走行するヒルクライムでは、平地を走るよりも、かなり筋肉を使い、負担もかかります。

同じ筋肉ばかりを使っていると、どんどんとダメージが蓄積されてしまい、パワーが維持しにくくなってしまうのです。

そのため、使う筋肉を意識して変えることで、そのダメージや疲労を分散させる必要があります。
分かりやすく書くと、「体の中にいくつかあるエンジンを使い分ける」ということです。

具体的には、腹回り・背中・大腿四頭筋・ハムストリング・お尻です。

つまり、ペダリングの際、これらの筋肉を意識して変えることで、一つの筋肉にかかる負担を減らすことができるのです。

この筋肉を意識して、上手に疲労を分散させることができれば、ヒルクライムでも速く走ることができるでしょう。

初心者は、まずはヒルクライムに挑戦!

ヒルクライムは、初心者におすすめの自転車競技だということが分かりましたか?

ロードバイクのトレーニングにモチベーションがなくなってしまった方は、ぜひヒルクライムに挑戦してみてはどうでしょうか。

自身のブログを開設して、ロードバイクライフをアップすれば、ロードバイク仲間と繋がることができるかもしれません。

 -  ロードバイク