ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

自転車ブレーキのワイヤー切れに注意!ブレーキの点検方法

2017.12.5

自転車に乗る上で、最も重要といっても過言ではないものが「ブレーキ」です。

自転車のブレーキは、ワイヤーでできていますが、このワイヤーが消耗品だという認識ができていない方が多く見られます。

自転車のワイヤーは、放っておくと最悪ワイヤーが走行中に切れてしまう危険性があります。
ワイヤーが切れてしまうと、ブレーキの制動力を得ることができません。

ブレーキのワイヤー切れを起こさないためにも、こまめにブレーキの点検を行っていきましょう。
ここでは、ブレーキの点検方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

シマノの万能ホイール!「WH-R9100-C24」の魅力とは?

シマノのホイールラインナップで、最も人気が高いのは「WH-R9100-C24」であるのは間違いな...

fsaのクランクの重量はとても軽い!最上級グレードの重量!

自転車の走りに重要な役割を果たしているクランクですが、その種類も様々です。 fsaは、カーボン...

ロードバイクのハンドルのサイズと幅の選び方とは

ロードバイクは、様々なパーツで出来ています。 そのパーツの中でも、ハンドルの形状はいくつか種類...

自転車をネット通販で買ったら防犯登録をしよう

そもそも防犯登録って必要なの?と疑問に思う方も多いかも知れません。 法律によると「自転車を利用...

ストライダーのカスタム!サドルそのままじゃもったいないよ

ストライダーは対象年齢が2歳からと早いこともあり、ペダルなし自転車の中でもサイズがコンパクトにま...

ピストのハンドルの高さは低い!高く出来るのか?

ピストはスピードに特化した競技用の自転車ですので、スピードが出る仕様になっています。 スポーツ...

自転車のカゴは修理できる?意外に簡単なカゴの修理方法

自転車のカゴ、いつの間にか壊れてしまうことも少なくありません。 自転車のカゴは買い物をした際、...

自転車のブレーキロックを防止しよう!ブレーキかけ方のコツ

自転車の中でも、ロードバイクはスピードが出るため、正しいブレーキを身に付けましょう。 適当にブ...

ラレーのミニベロ、rsrと、その後継車rscってどんな自転車?

ラレーのミニベロは、街中を走るときでも、ひときわ目を引くデザインです。 おしゃれに敏感な方にも...

少しややこしいカンチブレーキ、その構造と調整方法!

カンチブレーキは他のブレーキに比べ調整方法がやや複雑であると同時に、制動力があまり強くないなど、他の...

都内の子供でも安全に自転車の練習ができるスポット!

都内にお住まいのお子さんをもつ方は、自転車練習どうされていますか? いきなり交通量の多い道路を...

ビアンキのロードバイク!サイズ「53」が本当にピッタリ?

初めてのロードバイクに、ビアンキを選ぼうとお考えの方も多いですよね。 ビアンキは見た目・性...

ロードバイクのホイールからの異音にどう対処する?

ロードバイクに乗っていると異音が気になることが多いです。 どこから音がしているのかを特定するの...

シマノのロードバイク用ホイールのグレードを知ろう!

ロードバイクは最初は完成車を購入することが多いので、付属パーツのグレードに気が付かないケースもあ...

ロードバイクのタイヤにチェレステカラーを選択するのは?

ロードバイクのタイヤの色は、言うまでも無いかもしれませんが圧倒的に「黒」が多いです。 黒には黒...

スポンサーリンク

自転車ブレーキの重要性

普段、何気なく乗っている自転車のブレーキを点検したことはありますか?

自転車のブレーキは、直接タイヤにこすり付ける摩擦型ブレーキなどがありますが、それらはワイヤーを通して伝えています。

ワイヤーが切れた状態だと、ブレーキをかけることができません。

しかし、そのワイヤーが消耗品であり、交換をしなければならないパーツであることは、あまり知られていないのも事実です。

もしも、自転車に乗っている最中に、ブレーキが効かなくなったらと想像してみてください。

ゆっくりとした運転で、周りに人や障害物がない場合なら、自転車を安全に止めることは容易にできます。
しかし、下り坂や高速スピードでの走行中だった場合、大きな事故に繋がる可能性が高くなります。

自転車のブレーキというものは、本来であれば両方のブレーキで機能を果たしています。
だからと言って、自転車ブレーキのワイヤー切れが前輪と後輪、いっぺんに起こるとは考えにくいことです。

しかし、片側であっても、事故が起きやすくなることは同じです。

ワイヤー切れを起こす理由としては、片側ばかり使用していると、片方だけのブレーキワイヤーが極端に消耗してしまいます。

この消耗に気づかず乗り続けていると、いつかワイヤー切れを起こしてしまうというものです。

このように、自転車のブレーキワイヤーは消耗品であり、こまめな点検、および交換を必要としているパーツだということを覚えておきましょう。

自転車ブレーキのワイヤー切れは前兆がある!

自転車ブレーキのワイヤー切れは、突然起こるものではありません。
必ず、何らかの前兆がみられるでしょう。

分かりやすい判断としては、自転車のブレーキレバーの握りが深くなることです。

ブレーキレバーを深くまで握らないと、ブレーキがかからない状態といういことは、それだけワイヤーが伸びてしまっていることを示しています。

また、このような場合、ワイヤーが切れかけている状態でも起こります。

他に分かりやすい判断としては、ブレーキの異音があります。

この異音を放っておくと、ブレーキ自体にもワイヤーにも大きな負担をかけることになってしまいます。
結果、ワイヤーの消耗を早めてしまうのです。

最近では、スポーツ自転車で多く見られるトラブルの1つとして、レバー内のシフトワイヤー切れといった問題があります。

スポーツ自転車のレバーは、ブレーキとシフトを同じレバーで操作するものです。

そのため、シフトレバーが内部で切れてしまうと、ワイヤーのほつれが内部で絡まりブレーキが動かなくなるという可能性も考えられます。

特に、スピードの出るロードバイクは要注意です。

もし、少しでも違和感を感じたり、これらの症状が出ているのなら、自分で点検を行うか、もしくは自転車店に持ち込んで点検を行ってもらいましょう。

ワイヤー切れを防ぐために、交換時期を知ろう

また、目視でも自転車のブレーキワイヤーの交換時期を確認することができます。

もし、ブレーキワイヤーが目に見えてほつれていたり、サビてしまっている場合は交換時期ということになります。

ですが、ブレーキ周りの異変もなく、パッと見てもワイヤーの消費具合が分かりにくい場合、交換したほうがいいのか、まだ交換しなくてもいいのか悩んでしまいますね。

もし、毎日自転車に乗られるのであれば、1年に1度はワイヤー交換をしておくといいでしょう。
頻繁に長距離を走られる方であれば、半年に1度ワイヤー交換を行うことをおすすめします。

定期的にワイヤー交換を行っていれば、突然のワイヤー切れに見舞われず安心して自転車に乗ることができます。

ブレーキワイヤーは、交換時期が分かりにくいパーツでもあります。
見た目で判断できないとしても、少しでもブレーキ周りに異変を感じるのであれば、安全のため交換しておきましょう。

そして、もし、ブレーキワイヤーの交換を行うのであれば、ステンレス製のサビにくい素材のものを使うか、コーティングされているワイヤーの使用がおすすめです。

メンテナンスをしないと、ワイヤー切れが起こりやすくなる

自転車のブレーキワイヤーを点検していない方は、汚れやサビが付着している可能性は大きいです。

そもそも、ブレーキワイヤーというものは、金属製の「インナーワイヤー」と、樹脂などで作られた「アウターワイヤー」の2つが組み合わさったものです。

このアウターワイヤーは、インナーワイヤーを保護する役割があります。
アウターワイヤーが破損している場合だと、内部に水が染み込みインナーワイヤーがサビてしまいます。

ワイヤーのサビは劣化を早め、ブレーキのワイヤー切れに大きく関係してしまうのです。

特に、ワイヤー内部までサビが侵食していると、摩擦も大きくレバー操作の反応も悪くなってしまいます。

ブレーキワイヤーの寿命を延ばすためには、ワイヤーにグリスアップしてあげることが重要です。

グリスアップしてあげることで、グリスがワイヤーの潤滑油となり、摩擦抵抗を減らしスムーズな動きをしてくれるでしょう。

スポーツ自転車であれば、ブレーキワイヤーのみならず、シフトワイヤーも同時にグリスアップを行ってみましょう。

グリスアップすることで、ワイヤーの寿命を延ばすことに繋がるだけでなく、ブレーキやシフトチェンジもスムーズに行うことができます。

自転車ブレーキのワイヤーの注油方法

ワイヤー内の油分がなくなると、ブレーキが正常に効かなくなったりする恐れがありますので、自転車のブレーキは定期的にグリスアップをしていかなくてはなりません。

定期的なメンテナンスを行うことで、ワイヤー等の異変に気づくことができますから、突然のワイヤー切れも防ぐことができるでしょう。

ここでは、グリスアップ方法を詳しくご説明していきます。

まず、リアのブレーキを開放し、ワイヤーを緩めていきます。
緩めたら、アウターワイヤーをずらしていき、インナーワイヤーを露出させます。

そうしたら、インナーワイヤーにグリスを塗布していきます。
その際、塗りすぎるとゴミが付着しやすくなるので、薄く塗っていきましょう。

最後に元通り組み直したら、リアブレーキのグリスアップが完了になります。

次にフロントですが、これはアウター内にグリスを流し込むことが難しいので、先にワイヤーを外す作業から取り掛かります。

まず、ペンチなどでインナーキャップを外し、ワイヤーを止めているボルトを外します。
そうしたら、アウターワイヤーを引き抜きます。

露出させたインナーケーブルに、グリスを塗布していきます。
グリスを塗布できたら、元通りになるように組み直し、完成です。

自転車のブレーキワイヤーの交換費用は、お店で頼むとどのくらい?

自転車のブレーキワイヤーは、このように最悪事故にも繋がりかねない、重要なパーツだということがお分かり頂けたでしょうか。

先ほどもお伝えしましたが、ブレーキワイヤーを定期的に点検し、グリスアップなどのメンテナンスや交換を行うことで、突然のワイヤー切れを防ぐことに繋がります。

ワイヤーのグリスアップは比較的簡単にできますので、ぜひこまめに行ってみてください。

しかし、ブレーキワイヤーの交換となると、やはり難しいと感じてしまう方もいるでしょう。

そこで、自転車店に持ち込んだ場合の相場をお伝えします。

自転車店にもよりますが、大体交換だけで1000円から3000円程度が相場でしょう。

ですが、これはあくまで、工賃の金額です。
このほかに、ワイヤーなどのパーツ料金がかかることになります。

ですが、ブレーキワイヤーの交換はそこまで高額ではないので、少しでも違和感を感じたら、まずは専門店に持ち込み、見てもらうことが重要です。

ブレーキワイヤーの点検を行おう

一見、点検を忘れがちなブレーキワイヤーですが、このブレーキワイヤーは大きな役割を果たしています。

自分の身を守るためにも、自転車のブレーキ周りの点検は欠かさないようにしましょう。

もし、ブレーキワイヤーがほつれていたり、サビてしまっているなら、すぐに交換を行いましょう。

 - ブレーキ, 自転車のパーツ, 自転車全般