ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

自転車のライトをLEDに替えるには?その交換方法をご紹介!

2017.11.5

自転車のライトは、夜間、安全に走行するために重要ですよね。

近年、家電製品のLED化を受けて、ママチャリのライトもLEDに交換する方が増えています。

でも、ライトの交換方法がわからない方もいますよね。

そこで今回は、自転車(ママチャリ)のライトをLEDにしたい初心者の方に向けて、そのメリットや交換方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車でもスピード違反の取り締まりを受ける!罰金は?

近年、街中でスポーツ自転車に乗っている方も多く見られるようになりました。 スポーツ自転車は...

自転車のチェーンカバーが壊れたらどうする?対処法をご紹介

自転車は、ママチャリからスポーツ自転車まで多くの種類があり、様々なパーツから成り立っています。 ...

自転車の前輪のナットを外す修理・交換作業!注意点もご紹介

チューブ交換をする際や、タイヤ交換をする際に、自転車の前輪や後輪にあるナットを外すことがあります...

フロントフォークのオーバーホールで本来の効果を持続しよう

スポーツ自転車は繊細なので、メンテナンスありきの乗りものと言われます。 特に、工業製品であるベ...

アメリカの米式バルブって?自転車空気入れは3種類ある!?

自転車には、3種類のバルブがあるのご存知ですか? 空気を入れる際に空気が入らない!と悩んでいる...

車で15分の距離の交通手段には、自転車の利用がおすすめ!

車社会になって数世紀。 車は、人類には欠かす事のできない乗り物になりました。 しかし...

フロントフォークのオーバーホールの手順をご紹介します

ロードバイクは繊細な部分があるので、メンテナンスありきの乗り物とされています。 中でも、自...

通勤手当ってどんなもの?自転車通勤に適した距離は?

社会人のあなたは、会社へは何で通勤していますか? 自動車、電車、徒歩、それとも自転車ですか? ...

自転車のホイールバランスは重要!!振れ取りをしよう!

自転車メンテナンスのひとつとして、ホイールバランスの振れ取りがあります。 自転車は、少しの重さ...

ご家庭でできる自転車修理!子供用もタイヤ交換方法は同じ?

「子供用自転車をタイヤ交換したいけど、交換方法がわからない」 こんな時、交換方法がわからず困っ...

自転車は二段階右折が基本!!違反すると罰金はいくら払う?

自転車で交差点を右折する場合、どのようにしていますか? 意外と知らない方が多いのですが、自転車...

自転車は左側通行?右側通行?どちらを走るのが正しいのか

自転車は、年齢層問わず誰でも乗ることが出来る最も身近な乗り物です。 しかし、身近である自転車の...

3tのハンドルを選ぼう!おすすめハンドルとそのサイズは?

3tは、1961年に設立された老舗ロードバイクパーツメーカーです。 設立されたトリノ市から名前...

サドル交換や高さ調整をしてママチャリの性能を上げよう!

ママチャリは生活に密着している自転車なので趣味で乗るというよりは、徒歩に代わる移動手段と考えてい...

自転車にサドルバッグを固定するにはどんな方法があるか?

スポーツ自転車に乗っている方の多くが、工具や予備のチューブなどを持ち運ぶためにサドルバッグを取り...

スポンサーリンク

自転車(ママチャリ)に元から付いているライトの問題点は?

今回は、LEDライトへの交換方法をお伝えしますが、その前に、なぜLEDライトに交換する方が多いのかを見ていきましょう。

自転車のライトには、乗っている人や周りの人の安全を守るという役割があります。

特に、天候の悪い日や、夜間の走行には、自転車のライトは欠かせない存在です。

ママチャリにも、当然、ライトが元からつけられています。

ですが、ママチャリのライトは、その多くが「ダイナモ(発電機)」を使ったものです。

ダイナモの場合、白熱電球を使用されていることが多いです。

白熱電球は、電池が不要で安い点がメリットなのですが、デメリットも多く、それに悩まされている方が多いのも実情です。

白熱電球のデメリットには、

・点灯させて走ると、音がうるさい
・タイヤに接触させるので、漕ぐときに重くなる
・タイヤの回転速度によって明るさが変わり、暗くなりがち

などが挙げられます。

ライトは前を明るく照らすことで、乗り手の安全だけでなく、車や歩行者などに自転車がいるということを伝え、安全を確保する役割を担っているので、その明かりが暗いのは、心もとないですよね。

こうした問題点を解消してくれるのが、自転車用のLEDライトです。

自転車のライトをLEDにするメリットは?

先ほどのお話で、白熱電球にはデメリットが多く、それを解消してくれるのがLEDということがわかりました。

ですが、自転車のライトをLED化するメリットはまだあります。
もう少し詳しく見ていきましょう。

1.寿命が長い

まず、電球型のライトより、LEDにした方が寿命が長くなります。
これは、他の電化製品でも証明済みですね。

寿命が長いということは、交換する頻度も少なくなるので、忙しい現代人には嬉しいですね。

2.明るい

小さいサイズのわりに明るいのも、ライトとしての役割を考えると大きなメリットです。

3.環境に優しい

水銀を使用しておらず、紫外線や赤外線の照射が少ないので、環境にも優しいです。

4.衝撃に強い

金属線やガラスを使っていないため、衝撃にも強く出来ています。

自転車のライトは、ぶつけたり、段差を乗り越えたりして衝撃が加わりやすいので、それに強いのは助かります。

これだけメリットがあれば、LEDライトを自転車用ライトとして取り入れる人が多いのも、頷けますね。

また、その交換方法を見ても、とても簡単にできるものが多いので、そうしたことも自転車ライトのLED化を推し進めています。

自転車のライトをLEDに交換するデメリットは?

先ほどは、自転車のライトを白熱電球から、LEDにするメリットについてお伝えしました。

ここでは逆に、LEDライトのデメリットについて、どんなことがあるのかお伝えします。

1.値段が高い

LEDライトは値段が高い点が、一番のデメリットです。

2.電球に比べて重い

電球に比べて重いのもデメリットですね。
自転車が重くなるので、LEDライトにするのを嫌がる人もいます。

3.暗く感じることがある

先ほど、LEDライトは明るいとお伝えしたのですが、実は、LEDライトには「光の向き」というものがあります。

そのため、光の向きによっては、光が当たらないところもでてきますし、そうしたところはやはり暗く感じることがあるのです。

このように、LEDライトにはメリットだけでなく、値段の高さや重さといったデメリットもあります。

ですが、やはり電球型よりも長持ちし、光も明るく、衝撃に強いという特徴を持つ自転車用のLEDライトは、自転車に乗る人にとって、メリットの方が大きいのではないでしょうか。

では、いよいよ次から、LEDライトの種類や交換方法などをお伝えしていきます。

自転車用LEDライトの種類は、交換方法で分けると2つある!

ここまで、自転車(ママチャリ)のライトをLEDにするメリットやデメリットをお伝えしました。
ここでは、これからLEDライトにしたいとお考えの方に、自転車用LEDライトの種類をご紹介します。

自転車用LEDライトを交換方法で分けると、電球だけを変えるタイプと、丸ごと交換するタイプの2つがあります。

1.電球だけを変えるタイプ

このタイプの自転車用LEDライトは、今までの電球に差し替えるだけで使えるので、とても便利です。
女性の方や自転車のパーツ交換に自信がない方でも簡単に交換出来ます。

2.丸ごと交換するタイプ

ライトを丸ごと交換するタイプでは、元からついていたものを全て外し、新しいものを取り付ける必要があります。

そのため、交換が難しいと思われがちですが、取り付けてしまえば、抜群に明るいものが多いです。

それまでのダイナモの音や重さ、漕ぎにくさに悩まされていた方は、交換後のダイナモの静かな回転と軽い使用感に驚くことでしょう。

ネット通販などで検索すると、色々なものが出てきますし、きちんとしたサイトなら、商品のサイズや交換方法などもきちんと書かれています。

そうした情報を比較し、自分に合ったLEDライトを探してみて下さい。

LEDライトへの交換方法①電球だけを変えるタイプ

先ほどのご説明で、自転車ライトの種類については、お分かりいただけたかと思います。

メリットとデメリットを比較した上で、自転車のライトを電球からLEDにすると決めたら、ネット通販などで気に入ったLEDライトを購入し、交換しましょう。

ここからは、実際にママチャリのライトを、今までの白熱電球からLEDに交換する方法をお伝えします。

まず、電球だけを変えるタイプの交換方法です。

ここでは、ネット通販でも売られている「LED 自転車 ダイナモ 電球 6V 代替球」を例にご説明します。

先ほどもご説明しましたが、このタイプのライトを選べば、「自転車のライトを交換するのは初めてだから、自分で出来るか不安」という方でも簡単に出来ます。

今までの電球を外し、新しいものを取り付ければ、すぐに使えます。

この方法でLEDライトのメリットが感じられるのか心配になるかもしれませんが、この商品の場合、消費電力は減りますし、十分な明るさも得られます。

また、発電の負荷も少なくなるので、ライトを点灯させてもペダルが軽く、漕ぐのが楽になります。

ただし、注意点もあります。

6Vの代替球に交換したい場合、交換予定の電球に6Vの表示があれば使えますが、12Vなどの高い電圧のものを使うとLEDライトが故障する可能性があります。

ですので、電球のみをLEDに交換する際は、交換予定の電球の表示を確認してから購入・交換して下さい。

LEDライトへの交換方法②丸ごと交換するタイプ

では、ライトを丸ごと交換するタイプについても、その交換方法をご紹介しましょう。

気に入ったLEDライトが丸ごと交換するタイプだった場合、購入はしたものの、初心者の方だと交換方法が分からず、自転車屋さんに持って行って交換してもらう方も多いでしょう。

ですが、自転車屋さんに頼むと費用がかかりますよね。

実はこのタイプも、初心者の方でも自分で交換することは可能なのです。

まず最初に、元から付いているライトを取り外す必要があるので、ハンドルから伸びている操作レバーを外します。

次に、元のライト本体を固定しているネジを取り外しましょう。
それだけで、元のライトは外れます。

元のライトが外せたら、新しく購入したLEDライトを取り付けます。

手順は、取り外しと逆の方法ですが、ダイナモをセットするときに、その中心線が車輪の中心に来るようにするのがポイントです。

ダイナモのローラーがタイヤのゴム部分の側面に当たるように、高さも調節しましょう。

また、タイヤを回転させたときにタイヤとライトが接触しないかや、ライトが点くかどうかも確認して下さい。

ここまで確認してOKだったら、ライトのネジを締めて確実に固定し、ライトの向きを調節します。

最後に、ハンドルから伸びている操作レバーを動かして、きちんと動けばライト交換は終了です。

ママチャリのライトをLEDにして安全性・快適性を高めよう!

今回は、自転車(ママチャリ)のライト交換についてお伝えしました。

ママチャリのライトを白熱電球からLEDに交換すると、ライトの暗さやペダルの漕ぎにくさなどから解放され、安全性や快適性も増します。

また、電球のみを変えるタイプであれば、初心者の方でも簡単に交換出来るので、LEDライトに興味を持った方は、ライト交換に挑戦してみて下さい。

 - ライト, 自転車のアクセサリー, 自転車全般