ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ヤフオクでトラブル!?不良品の自転車を落札しないために

2017.10.20

ヤフオクを利用したことはありますか?

中古自転車や自転車関連のアイテムなども出されていて、欲しかった商品にめぐり合うとワクワクしますよね。

しかし、ヤフオクには、まれに不良品や盗品が出品されることもあります。

そこで、今回は賢くヤフオクを利用するために注意したいことや、トラブル対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車にとって大切なブレーキ!左ブレーキは効きにくい?!

走っている自転車を止めるには、必ずブレーキが必要になってきますよね。 今回、自転車のブレーキに...

自転車の防犯登録シールは必要なの?剥がしたらどうなる!?

自転車についている防犯登録シールの意味って知っていますか? 実はこの防犯登録のシールは、義務化...

自転車を電車に乗せることができるって本当?

電車に乗る場合は徒歩でなくてはなりません。 けれど、どうしても降りた先の駅で自分の自転車を使い...

自転車のスプロケットを交換するとどんな効果がある?

スプロケットは、自転車の後輪に装着されているギアの歯車のことです。 多段化されている自転車...

スペシャライズドのサドルをインプレしてみよう!!

スムーズなペダリングのためにパッドを薄く軽量化したロードバイクサドルは、スポーツバイクやママチャリの...

3キロは自転車にとって長くない。初心者で十分走行可能!

自転車において3キロはどのような距離なのか、運動をしていない人からしてみればよく分からないことでしょ...

スペシャライズドのサドルでロングライド向きなのは?

自転車は意外なほど身体に触れる部分が少ないものですが、それだけにそこに比重が集中します。 ...

シマノのスプロケットには12-30tは存在しない?

最近の自転車ブームでロードバイク人口も増え、いろいろな場所で乗っている人を見かけます。 そして...

自転車関連のブログからおすすめのクロスバイクをご紹介

ネット上には、実に様々なテーマのブログがあり、自転車関連のブログも星の数ほど存在します。 ...

自転車のブレーキワイヤーは消耗品!交換時期のサインは?

自転車のブレーキは乗り手の命を預かっているもので、いざという時に効かないでは済まされません。 ...

mtbを軽量化の改造をするならシングルスピードがおすすめ?

mtbの重量を軽くするのであれば、普通に考えられるのはパーツの交換です。 軽量なパーツに交換し...

ラレー crfの乗り心地は?クロモリロードの実力をチェック

ラレー crfは伝統的なクロモリフレームを採用したロードバイクです。 最新の実力派コンポを採用...

ジオスのミニベロパント!!おすすめなミニベロをご紹介

「ミニベロ」というのは、小さなタイヤを持つ自転車の総称であり、折りたたみの機能を持つものもあったり、...

6歳用自転車の選び方!運動苦手で乗れない子の自転車練習法

6歳といえば、小学校入学を控えている子か、一年生でしょう。 大きくなった子供に、そろそろ大きい自転...

ブルホーンに交換!シフトやブレーキワイヤーはどうする?

スタイリッシュな印象のハンドル、ブルホーン。 交換してみたい、と考えている方も多いでしょうが、...

スポンサーリンク

ヤフオクで不良品や盗品が!?トラブルを避けたい

ヤフオクは、Yahoo!が提供する手軽に利用できるネットオークションです。

15歳以上で「Yahoo! Japan ID」さえあれば、誰でも利用することができますし、安くて手軽なので多くの人が利用していて副業に使われている場合もあります。

しかし、利用者が多い分、残念ながらトラブルも多く、自転車の中でも不良品や盗品が出品されていたり悪質な詐欺に合うことがあるのも事実です。

こうしたトラブルがあった場合の対応法として、公式サイトではトラブルチャートがあります。

トラブルチャートでは、内容証明郵便を送り警察に被害届を出すという流れについて、くわしく書かれていますので、これからヤフオクを始める方は一度目を通してみると良いでしょう。

ですが、できれば被害に遭うことなく、未然に防ぎたいですよね。

そこで、ヤフオクで不良品や盗品を落札してしまわないために、注意したいことについて書いていきます。

ヤフオクのトラブルを防ごう!不良品に注意

それでは、ヤフオクで不良品を買わないために、注意すべき点についてご説明していきます。

まず、掲載されている画像は必ず「拡大して確認」しましょう。

拡大すると少しぼやけてしまいますが、色は判別できます。
そこで、よく見て頂きたいのが、茶色く錆びている部分がないかどうかということです。

雨ざらしで放置されていたような自転車の場合、チェーンやスプロケットが錆びてしまいます。
ホイールのハブ周りや、ステムのネジ、フロントディレーラーまで錆がある自転車もまれに見かけます。

こうした自転車に乗ると、大抵異音に悩まされますし、すぐに壊れてしまうといったトラブルが起こりがちです。

また、中古車の場合、ある程度傷があるのは仕方ありませんが、「リアディレーラーの傷」には要注意です。
リアディレーラーが傷つくと変速がスムーズにいかなくなってしまいます。

このような不良品を買ってしまうことがないよう、隅々まで徹底的にチェックしましょう。

自転車を購入する場合、細かいチェックは必ず必要です。

ただし、細かなパーツは画像判断でも確認が難しいため、出品者に状態について直接質問するなども、不良品を購入しないためのポイントです。

ヤフオクは、安く買える点がメリットですが、こうした欠陥に気が付かず買ってしまうと、長持ちせず、かえって高い買い物になってしまいます。

ヤフオクでの注意点!トラブルを避けるために

引き続き、ヤフオクで不良品の自転車を競り落とさないために注意したいことについて書いていきます。

やはり、信頼できる出品者かどうか見極めなければいけません。
では、どのような点に注目すればよいのでしょうか。

〇出品者の評価をきちんと読む

評価をチェックするのは基本ですが、きちんと内容を把握しましょう。
悪い評価が一つあっても言いがかり的なものだったりします。

やり取りの流れを読み取りましょう。

〇出品履歴を見る

自転車が出品履歴の中に多いなら、自転車の扱いに慣れた人が出品しているということです。

自転車の場合、梱包や譲渡証明手続きなどのノウハウが必要になりますので、数をこなし慣れている人なら安心です。

逆に慣れていない方の場合だと梱包が不十分だったりで、配送途中で傷ついたり壊れたりするトラブルも起こる可能性があります。

手渡しで安心!不良品のチェックがその場で

前項の続きを書いていきます。

〇手渡ししてもらえるか確認

不良品を買うといったトラブルに巻き込まれないためにも、出品者と距離が近い場合は手渡し可能か聞いてみてください。

実際に現物を見ながら、出品者立ち合いのもとで確認すれば、問題点があってもその場で交渉できます。

また、スポーツ自転車などのメンテナンスが難しい自転車の場合、基本的な乗り方や点検の頻度を教えてもらえる可能性もあります。

これからスポーツ自転車を始めたい方でしたら、そうした情報は役に立つことでしょう。

ヤフオクでの自転車の送料は、だいたい5,000円から10.000円前後です。
自分の車で取りに行くと、もしかしたら少し節約できるかもしれません。

ヤフオクは、対面販売ではない分気軽に購入できるとお考えの方も多いですが、自転車などの比較的高い買い物をする場合、できればコミュニケーションを取りたいものです。

ちょっとしたやり取りでも相手の人柄が伝わってくることがあります。

ヤフオクの詐欺トラブルに気を付けよう

他にも、ヤフオクでのトラブルを回避するために注意すべき点をご紹介していきます。

・出品者が知らせてきた居住地と、入金先の銀行の場所が遠い
・出品者の名前と振込口座名義人が異なる
・早急な振込を強要してくる
・品物の発送を先延ばしする
・突然高額で多くの品物を出品している

こうした場合、他人のヤフオクIDを利用する詐欺である可能性がありますので、十分注意してください。

不良品どころか、何も手元に届かず、ただお金だけ取られてしまうことだけは、絶対に避けたいものです。
もし、やり取りの中で怪しいと感じたら、すぐに送金せず先延ばしにして評価欄をチェックし続けましょう。

落札画面を印刷したり、データの保存をしておくのもおすすめです。

もし、信用できないような出品者であるなら、購入をキャンセルするという選択もあります。
その場合、自分の評価にマイナス評価が付いてしまいますが、詐欺に遭うよりはいいですよね。

自転車は高額な商品も多いですから、ヤフオクなどのオークションでは慎重に取引し、詐欺などのトラブルを事前に防ぐ心がけが大切です。

不良品でトラブルが起きた場合の対策

ヤフオクで落札した自転車が不良品でブレーキが効かずに怪我をしてしまった場合などは、自転車の代金はもちろん治療費も請求したいですよね。

しかし、そうした不良品を出品している出品者の場合、取り合ってくれない可能性は大きいです。
あくまでも気が付かなかったと白を切るかもしれません。

そうした場合、泣き寝入りするしかないと思うかも知れませんが、実は対処法があります。

購入した商品に絶対に備わっていなければならない性能に不備があったのですから、出品者に必ず責任はあります。

出品者が「事業者」であって、落札者が「消費者」である場合、「消費者生活法」という法律で裁かれます。

消費者トラブルについて無料で応えてくれるところがありますので、まずは相談してみることです。

その際に、出品者側の自転車に欠陥がないという内容の説明があり、それに同意して落札した事実が証拠になります。

このようなトラブルを避けるためにも、やり取りは細かく記録しておくことが重要です。

無事、出品者が不正を行った事実が認められば、自転車代金の返金を求め、損害賠償も請求することができます。

ヤフオクを賢く利用しよう

ヤフオクで、満足できる買い物をするために気を付けるべきことについてご紹介しました。

掲載されている内容はしっかり確認し、出品者の評価や出品履歴に注目しましょう。
できれば、手渡しOKかどうか交渉してみると安心です。

また、詐欺などに備え、取引の流れを一つ一つ記録しておくといいでしょう。

ヤフオクは、安くラッキーな買い物ができる可能性もありますが、その分リスクもあるのです。

 - まだまだ知りたい自転車のあれこれ, 自転車の購入・発送, 自転車全般