リドレーのmtbをご紹介!フレームの塗装にもこだわろう!

スポーツ自転車を選ぶ時、塗装が気になる、という人もいるでしょう。

ゴツいイメージのmtbでも、フレーム塗装は気になりますよね。

この記事では、塗装技術にこだわりがあるブランド(リドレー)をご紹介するとともに、自宅でできるmtbのフレーム塗装についてもご説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のブレーキがスムーズに動かない!様々な原因と対処法

自転車を止める唯一の手段はブレーキであり、ブレーキが動かないということになれば、命の危険もありま...

家から会社まで5km!自転車通勤を始めたいが何分かかるの?

満員電車に揺られる毎日、進まない道路渋滞にイライラ!ストレスが溜まりますよね。そんなスト...

道路の路肩と路側帯の違いって何?2つの見分け方もご紹介!

普段の生活で道路を通ることは多くありますが、道路の端まで意識することはあまりありませんよね。...

インターハイには自転車競技もある!ロードレースの甲子園!

インターハイ(全国高等学校総合体育大会)に自転車競技もあるのをご存知でしょうか。最近では...

さいたまクリテリウム2013の赤字の原因と2014年大会

自転車好きな方ならご存知の方も多いクリテリウムですが、さいたま市でも開催されたことがあります。...

シマノ製コンポ装備自転車のギア比とギア交換の必要性

シマノといえば、シティサイクル~ロードバイク等の競技用自転車までコンポーネント(コンポ)類のパーツに...

自転車のブレーキ「キャリパー」はこのまま終わっていくの?

自転車のブレーキは、時代ごとに使用されるものが変化してきています。顕著な例はMTBで、カ...

自転車のサドルは重さを気にしなくてよい?大切なことは?

自転車のサドルのカタログや通販の製品説明欄には、必ずと言ってよいほど重さが記載されています。...

スペシャライズドのMTBに注目!評判が良い理由は?

スペシャライズドは今でこそ、ワールドツアーに参加するチームにロードバイクを提供するメーカーですが...

シュワルベのタイヤを参考にして適性の空気圧を考える

自転車に限りませんが、タイヤには適正の空気圧があり、タイヤ自体に刻印されているものもあります。...

趣味や趣向のあるサイクルライフを楽しく始めませんか?

大人になってはじめる「趣味」には、いくつかのハードルがあります。家族やお金や時間のことだった...

自転車のボルトなどのパーツがサビてしまったら?対処法は?

自転車は主に金属でできています。自転車のパーツでも、むき出しのチェーンやボルトのサビは、外に...

フロントフォークはサビがつきやすい!落とし方教えます

大事に乗っている自転車でも、ふと気付くとサビが浮いていたりすること、ありませんか?自転車...

ロードバイクのサドルの高さを股下の長さで?微調整が必要

スポーツタイプの自転車のサドルの高さを決める際に、自分の股下の長さに任意の係数を掛けて導きだすという...

自転車のブレーキレバーの交換方法を覚えて経費削減へ!

ブレーキレバーには、いくつかの種類があります。しかし、デュアルコントロールレバーと呼ばれ...

スポンサーリンク

フレーム塗装技術が光る!リドレー

フレーム塗装に力を入れているブランドは数多くありますが、今回は「リドレー」に注目します。

このリドレーは、自転車大国ベルギーのブランドです。

ベルギーというと、何が思い浮かぶでしょうか?
甘いワッフルやチョコレート、バラエティに富んだビール、妖精のような美女、本当に魅力的な国ですよね。

そして、ベルギーを訪れて感じずにはいられないのが、街並みの美しさです。
世界遺産も多く、中世の趣を残した街並みや建物、石畳のロマンチックさには惚れ惚れします。

まさに、国全体が美術館のようです。

そして、このベルギーのブランドであるリドレーの特徴と言ったら、フレームの塗装の技術でしょう。
フレームに入っている細かな模様やロゴが、とても素敵に見える自転車を作ってます。

この洗練されたリドレーの自転車の外見も、美意識の高い国の職人が作っていると考えると、納得ですね。

また、ベルギーに多い石畳を走るレースもあり、タフで頼れるロードバイクやmtbが作られてきました。
そして、シクロクロスも有名ですね。

このように個性的で、ハマると抜け出せないのがリドレーのロードバイクです。

こうしたレースは激しい坂があることでも知られており、ロードレーサーにとっては試練の多いレースだと言えるでしょう。

ですが、その分見ごたえがあり、レースの人気につながっています。

リドレーの始まりと塗装技術の関係って?海外ではmtbも人気!

リドレーの始まりは、塗装工場です。
始めは、有名ブランドから塗装や組み立てを請け負っているだけでした。

そこから、まずはシクロクロスの分野で成功を収め、続いてロードバイクもツール・ド・フランスで高い評価を受け、トップブランドとして知られていきます。

その性能はさることながら、もともとは塗装請け負い中心だっただけに、高い塗装技術を誇り、アルミフレームであっても非常にこだわってカラーリングされています。

精密なマスキングテープをコンピューター制御によって作り上げ、手作業で塗装するこだわりなど、リドレーの右に出る者はいないと言えるでしょう。

塗装にたくさんの時間を費やすあまり、生産台数が抑えられてしまうほどです。

そんなリドレーですが、海外ではmtbも人気です。
リドレーのmtbは、日本ではあまり馴染みがありませんが、近年、フルサス仕様のmtbも登場しました。

そして、ベルギーには石畳など凸凹した路面や砂地も多く、シクロクロスやmtbの需要も高いのです。

リドレーのmtbのご紹介

それでは、筆者がおすすめするリドレーのmtbをご紹介します。
それは「Ignite(イグナイト)」です。

凹凸の多い路面での走行も安定していて、振動吸収性にも優れています。

そのため、登りだけではなく下りでも力を発揮します。
トレイルライドでも安心して走れることでしょう。

フレームも美しい曲線を描いていて、計算しつくされた形状です。

気になる塗装も、高級感あふれるカラーリングに「リドレー」のロゴがくっきりと入っていて魅力たっぷりです。

このイグナイトですが、日本ではフレーム販売のみで、しかも取り寄せになり入手が難しいのが難点です。

ですがリドレーファンなら、ぜひチェックしたいmtbです。

価格は、変動がありますが、約30万円ほどで手に入ります。
希少価値が高いため、乗っていれば周りから注目の的になるかもしれません。

運よく入手することができたなら、存分に乗ってあげてください。

そして、ブログなどでインプレを書いて、リドレーのmtbの魅力を広めるのもおすすめです。

自分で好みの色に!mtbのフレーム塗装

では、ここからはフレーム塗装にこだわる人のために、自分でできる金属フレームの塗装方法についてご説明していきます。

今現在乗っているmtbの塗装が気に入らない場合や、一部剥げてしまったという場合でも、この方法をマスターすれば、買い替える欲求を抑えられるかもしれません。

まずは、簡単な方法からご紹介します。
下地を活かして再塗装していきます。

(用意するもの)

・本塗り用缶スプレー
・下地用プラサフスプレー
・軍手
・シンナー
・カッター
・古布
・サンドペーパー
・敷物
・お好みで、マスキングテープなど

(準備)

①新聞紙や段ボールなどを敷いてください。

②各パーツを分解し、フレームとフォークをバラバラにしましょう。

③パーツのほこりや汚れを落とし、きれいに拭いていってください。

④ロゴが貼られているなら剥がします。
(塗装を傷つけないよう注意して、カッターの刃などを使い慎重に)

⑤剥がした後に糊が残ったら、シンナーで落としてください。

⑥塗装面の傷をペーパーで削り、フレームを磨き錆び取りします。
(「下地処理剤」を塗るのもおすすめ)

mtbのフレーム塗装を開始!下地作り

続いて、mtbのフレーム塗装のご説明です。

ここでは、まず下地作りをご説明していきます。

フレームを掛けるために高いところからフックを吊るし、後で引っ掛けられるようにしておくと作業がスムーズです。

(下地作り)

◯下地となるプラサフスプレーを吹きます。

プラサフスプレーをしっかりとフレームに吹きかけることで、塗装の乗りが良くなり、ざらついた仕上がりになるのを防いでくれます。

塗装が剥げるのを防ぐ効果も期待できます。

パイプの集合部や、エンド部分などの細かく塗りにくい部分をまず始めに塗ります。

片手でパーツを持って動かしながら、各パイプに一定の距離を保ったままスプレーを吹きかけるとムラなく仕上がります。

その際の距離はだいたい15cmくらいが良いでしょう。
近すぎたり、離れすぎたりすると、塗装が厚いところと薄いところができてしまいます。

少し大変ですが、仕上がりの美しさのために頑張りましょう。

mtbのフレーム塗装の仕上げとサスペンションの塗装について

ではここから、フレーム塗装の本塗りに入ります。

①プラサフスプレーを吹きかけたら、♯240くらいのペーパーでこすります。
(塗装がよく乗ります)

②本塗りします。

一度に完成させるのではなく、重ね塗りするのがポイントです。
2、3回に分けて少しずつ様子を見ながら仕上げていきましょう。

mtbの場合、スプレー缶は、3~4缶ほど必要になると思います。
多めに買っておいてください。

市販のマスキングテープで遊びを入れるのも楽しいですよ。

最後に、mtbのフロントサスペンションの塗装についてですが、フレームと合わせて缶スプレーでも良いのですが、できるだけ丈夫な塗装を施す方が賢明です。

剥げやすいので、塗装が落ちたときにみっともなくならないよう注意し、色を合わせるなど気を付けて行いましょう。

もともとの塗装がフレームと合っているのであれば、わざわざ塗ることもないかもしれません。

mtbのフレーム塗装にこだわるなら自分でやってみよう

リドレーでは珍しいmtbのご紹介と、自分できれいにフレーム塗装するコツを書いてきました。

リドレーのmtbは日本では入手が困難ですので、めぐり合えた人は幸運ですね。

自分で塗装するときの注意点も細かく書きましたので、参考にしてください。

塗る前の準備が仕上がりの美しさを左右しますが、無事完成したときは、やり切った達成感を味わえます!

ぜひ、トライしてみてください。