自転車に移動距離や時間の測定に便利なサイコンを活用しよう

自転車に乗っていると、移動距離や、スピード、走行時間について気になることがありませんか?

特に、スポーツ自転車の場合、巡航スピードはママチャリに比べて速いわけですから、こういった情報は必要になるでしょう。

そこで、おすすめなのがサイクルコンピューター(サイコン)です。

スポーツ自転車にお乗りの方は、ぜひサイコンを活用していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カンチブレーキは複雑?セッティングを徹底解説!

カンチブレーキは、ややマイナーなタイプのブレーキです。メンテナンス性や、制動力が特に優れ...

キャノンデールのフーリガンをカスタムで仕上げていこう!

キャノンデールの【フーリガン】は、ミニベロです。以前は、ドロップハンドルのロードバイクタ...

ミニベロとはどんな自転車?折りたたみ自転車との違い

ミニベロと折りたたみ自転車って形が似ていますよね。では、どのように区別すればいいのでしょ...

自転車タイヤのパンクの原因はバルブのムシゴムだった!?

ママチャリなどのシティサイクルのバルブは、英式バルブが標準です。英式バルブには、ムシゴムとい...

ルイガノのミニベロ「mv2」のタイヤは適正なサイズなのか?

2017年をもって、ルイガノの人気ミニベロ「mv2」が市場から消えてしまいました。ライセ...

ストライダーとへんしんバイクの比較!2歳児にはどちら?

お子さんが補助輪なしで自転車に乗れるようになるのをサポートするのは、親御さんも苦労することと思い...

日本一周に自転車で挑戦の前に!ブログを参考にしよう

自転車で日本一周を走りたい、そんな思いがあっても、自転車で日本一周は漠然としすぎていて、なにが必要な...

自転車のワイヤー錠は簡単に切断される!?お勧めの施錠方法

自転車の盗難は、あとを絶ちません。前までは、単なる移動手段を目的として盗難されることも多...

6歳用自転車の選び方!運動苦手で乗れない子の自転車練習法

6歳といえば、小学校入学を控えている子か、一年生でしょう。大きくなった子供に、そろそろ大きい自転...

北海道大好き!サイクリングスポット・名前の由来って?

ふと、名前の由来が気になることってありますよね。特に、親しみのあるものや変わった名前の場...

bianchiの2018カタログを予測してみる~2018年モデル紹介

自転車メーカーでは、早いところで例年10月頃には、次年度のカタログが出来上がってきます。...

フルクラムのレーシング1を知っていますか?インプレで確認

フルクラムと言えばカンパニョーロの子会社として有名ですが、今や親会社にも劣らない超人気ホイールメーカ...

マウンテンバイクのクランクの外し方をご紹介します!

マウンテンバイクなどのスポーツ自転車は、動力を車輪に伝えるクランクが、非常に重要な役割を持ちます...

トラック競技用タイヤの特徴!レース中に外れることはない?

自転車のトラック競技といえば、やはり競輪が有名ですよね。トラックを何周もする競輪などのタイヤ...

自転車を宅配サービスで送るには、送料はどれくらいかかる?

自転車好きなら、旅先などで自分のロードバイクに乗りたい!という方が多いのではないでしょうか。...

スポンサーリンク

移動距離や走行時間の測定はサイコンを活用しよう

サイクルコンピューターを簡単にご説明しますと、自転車に取り付ける小さなコンピューターのことです。
ホイールに付けた、磁石の磁気センサーにより感知され、情報を計算しモニターに表示されます。

また、サイコンで分かる情報は、移動距離やスピード、走行時間だけではありません。
他にも積算距離、ケイデンス、心拍数、消費カロリーなどが測定できるものも多く存在します。

積算距離を管理できるということは、タイヤなどの各パーツの消耗具合を管理することにも役立ちます。

また、スポーツ自転車に乗る上では、ペース配分やモチベーションを上げるためにも、走行時間やスピードを知ることは重要なことです。

スポーツ自転車に乗る上で、サイコンは必要だと考えます。
サイコンには様々なメーカー、種類が多数存在しますので、おすすめのサイコンをご紹介していきましょう。

自転車に装着するサイコン!おすすめメーカーは?

スポーツ自転車にサイコンを装着しようと思っても、様々なメーカーから多種多様の機種が販売されているため、どれを選べばいいのか悩んでしまう方もいるでしょう。

サイコンのメーカーは、手に入れやすいものを挙げると、「ガーミン、キャットアイ、ジャイアント、Wahoo Fitness、ユピテル、ポラール、パイオニア」あたりでしょうか。

この中でも特に人気であるのが、「ガーミン」または「キャットアイ」です。

「キャットアイ」は多くの商品をリリースしていることもあり、ネットショップでも容易に手に入れることができます。

「ガーミン」といったら、本格的にスポーツバイクに取り組んでいる方であれば誰もが知っている本格的サイコンです。

ただ、「ガーミン」は価格も高価ですので、手軽にサイコンを取り入れたい方であれば、「キャットアイ」がおすすめです。

では、早速「キャットアイ」のおすすめサイコンをご紹介していきます。

○キャットアイ/CC-VT230W

サイコンに必要最低限の機能は揃っています。

移動距離や走行時間を計るだけでなく、平均速度、最高速度を割り出し、ペースアロー(平均速度から、速いか遅いかを表示)機能も付いています。

もちろん、積算距離や消費カロリーも計算してくれますよ。

現在の価格は値引きされ、3500円程度で購入ができます。
最低限の機能が揃っていればいいという方におすすめです。

サイコンは移動距離と走行時間以外に測定できる

スポーツ自転車に乗っていれば、移動距離や走行時間などの基本機能だけでなく、ケイデンス(ペダルの回転数)についても気になる方が多いはずです。

ケイデンスを知ることは、身体への負荷をかけすぎないようにするための判断材料になります。

できるだけ長距離を走るには、どういったギア比で走るのが最適なのかを判断しますが、ケイデンスの測定で、それに必要な数値が得られるからです。

○キャットアイ ストラーダ デジタルワイヤレス [CC-RD410DW]

人気メーカーの1つである、キャットアイのサイコンからケイデンス機能搭載の商品をご紹介します。

キャットアイの商品の中で、おすすめなのが、ストラーダデジタルワイヤレス [CC-RD410DW]です。
ケイデンスとデジタルワイヤレスを装備した商品の中でも、低価格のモデルになります。

画面も見やすく、表示変更も簡単に行うことができます。
また、防水機能付きですので、走行途中雨が降ったとしても安心して使用できるでしょう。

価格は9000円程になりますが、基本的な機能の他にケイデンスも計れてこの価格ならお得なのではないでしょうか。

自転車で移動距離を延ばしたい本格派におすすめのサイコン①

スポーツ自転車でロングライドをする時は、すごい長距離を走る方もいらっしゃいます。

長距離を走るためには、ケイデンスや心拍数を測定できることに加えて、スマホと連動したGPS機能が使える本格的なサイコンがおすすめです。

サイコンを活用して、効率よく走ることで、移動距離を延ばすことにも繋がります。

○「ガーミン」

ガーミンはキャットアイに比べると、価格が高くなりますが、GPS機能搭載で、非常に高性能なサイコンです。

価格の安いガーミンのモデル「Edge520J」は本体で35000円ほど、センサーセットになると48000円ほどです。

先ほどご紹介したサイコンより高価ではありますが、基本的な機能の他、ケイデンス、心拍数だけでなく勾配も計測できるので、山道でのトレーニングには非常に有効なサイコンです。

また、ガーミンの特徴でもあるGPS機能を使い、ナビとしても使用することができます。

走り終わったあとはスマホと連動させて、走行した経路や時間、スピードなどのデータを、情報として見て記録することも可能です。

本格的に自転車に取り組みたい方にとって、うれしい機能が充実しています。

自転車で移動距離を延ばしたい本格派におすすめのサイコン②

次におすすめするサイコンは、「Edge520J」よりも上位のモデルである「Edge820J」です。

先ほどご紹介した「Edge520J」と「Edge820J」ではどのような違いがあるのか、ご紹介していきましょう。

まず、「Edge820J」の価格は58000円ほどです。

「Edge520J」はサイコン本体のみでも販売されていますが、「Edge820J」はセンサーセット販売のみしか行われていません。

また、「Edge520J」と比べ、大きな機能の違いはナビの性能にあります。
「Edge520J」にはなく「Edge820J」のみに搭載されている機能が、ナビゲーション機能です。

ガーミンのナビゲーションは、スマホと比べてしまうと簡易的で、やはり正確性には欠けてしまうようです。

ですが、「Edge520J」よりも「Edge820J」はナビ性能がアップしたと言われています。

今まで把できなかった、森の中や高いビルの中を走行していても、連携している衛星が多いため、位置情報を素早く的確に表示してくれます。

自転車で走行中に道に迷ってしまったら時間のロスにもなりますし、ナビの性能がアップしたというところは大きなメリットではないでしょうか。

多機能サイコンをトレーニングに活用し、効率よく移動距離を延ばしていきましょう。

初心者にこそ!走行時間や移動距離などがわかるサイコンをつけよう

スポーツ自転車を始めたばかりの初心者は、まず必要最低限が揃っている安価なサイコンから始めてみましょう。

トレーニングに活用したいと考えている方は、ケイデンス機能が付いているものがいいでしょう。

サイコンは移動距離や走行時間など、自転車の様々な情報を数字として残すことができます。
このような情報は、自転車を続けるための大きなモチベーションにもなるでしょう。

また、サイコンを活用することは、トレーニングの質やモチベーションが上がるだけでなく、自転車のメンテナンス時期を知る上での情報源になるので重要です。

このようにサイコンは、上級者のみならず、初心者でも必要な情報を教えてくれます。
今現在の時速がリアルタイムで把握できることは、非常に楽しいものです。

高額なGPS搭載などの多機能のサイコンは、自転車に乗り慣れてきて、必要だと感じたら購入するのがおすすめです。

スポーツ自転車にサイコンは必需品

サイコンは様々なメーカーから販売されていますが、初心者におすすめなサイコンは、キャットアイです。

最低限の機能が揃いつつ、価格、性能も申し分ありません。

サイコンを活用して、自転車ライフを更に楽しみましょう。