ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

自転車のベアリングにはサイズがある!基本的には4サイズ!

2017.8.17

変な音がしていたり動きが悪くなっていたりして、自転車のメンテナンスしたときに、ダメになったベアリングを見つけることがあります。

変形していたり欠けていたりする場合は交換するしかありませんが、サイズがあることをご存知でしょうか。

自転車にはたくさんのベアリングが使われていますが、箇所によって使われている玉が違うのです。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車で骨折する確率は高い!?手術でボルト入れることも!

自転車は誰でも乗れる、手軽な乗り物ですよね。 最近では、スポーツバイクを趣味として乗られる方も...

自転車のブレーキが壊れてしまった!修理代は高いのか?

自転車のブレーキは命を預けているものなので、壊れてしまったら修理しなくては乗れません。 た...

自転車タイヤのチューブレスタイヤのメリット・デメリット

自転車タイヤでチューブレスタイヤをご存知ですか?? 今回はチューブレスタイヤの特徴を調べてみた...

自転車のホイールバランスは自分で取ることが出来るのか!?

簡単にご説明しますとホイールバランスとは、均等にバランスを取れる状態にするためのタイヤとホイールの重...

ロードバイクのサドルの高さを股下の長さで?微調整が必要

スポーツタイプの自転車のサドルの高さを決める際に、自分の股下の長さに任意の係数を掛けて導きだすという...

スカンジウムフレームってなに?どのメーカーが出している?

ロードバイクに乗っている方は、スカンジウムフレームという言葉を耳にしたことがあるのではないしょう...

日本発祥の自転車とは!?自転車で女性でも筋肉が付くの?

誰もが知っている自転車ママチャリは、実は日本が発祥ってご存知でしたか? 実は、日本は自転車に乗...

自転車タイヤとチェーン、走行距離は寿命の目安にならない?

自転車のロードバイクは、ママチャリなどのシティサイクルに比べると、あらゆるパーツの寿命は短く、定期的...

自転車のサスペンション!点検のポイントはオイル!?

自転車、特にマウンテンバイクには欠かせないサスペンションですが、細かい性能の違いを意識したことはあり...

自転車が接触して傷ついてしまった時の影響と対処法

いつの間にか自転車に傷が付いている! その場合考えられるのは、何らかの接触による傷です。 ...

自転車はどうしたら止まるの?ブレーキの種類と原理!

自転車がその機能を果たすためには、いくつかの動作が必要になります。 自転車の機能とは、走ること...

自転車ブレーキがキーキーうるさい!鳴きの原因を解明しよう

自転車のブレーキをかけたと同時に、物凄いブレーキ音が鳴った経験はありませんか? 自転車のブレー...

テクトロブレーキの利きは良くない!?おすすめは105以上?

ブレーキは命に関わるほど重要なパーツです。 しかし、安価な完成車に搭載されていることが多いテク...

bb30の異音が止まらない!その原因と対策を考える!

自転車のフレームにクランクを取り付けるためのアッセンブルパーツのbb(ボトムブラケット)の使用が必要...

ロードバイク観光に、ブログおすすめスポット!三重県編

三重県といったら、参拝で誰もが知っている伊勢神宮を初め、三重ならではのグルメやさくら名所100選に選...

スポンサーリンク

自転車のベアリング箇所のおさらい

自転車にはたくさんのベアリングが使われています。

具体的にどこに使われているのかというと、基本的には回転する箇所です。
ベアリングは回転するための機構であり、回転する箇所には必ず使われているものなのです。

自転車で回転する箇所といえばホイールでしょう。

そのため、ホイールにベアリングが使われており、ホイールのどこにベアリングが使われているのかというと、ホイールの軸です。

つまりハブにベアリングが使われています。

他にも回転する箇所ならベアリングがあり、BBにもベアリングがありますし、ペダルにもベアリングがあります。

そして、回転というとイメージし難い箇所にもベアリングが使われています。

ベアリングは機構そのままに、ひねる箇所にも流用できます。

自転車でいえばハンドルで、ヘッドチューブにもベアリングが使われています。

そのように自転車にはたくさんのベアリングが使われています。
そして、それぞれのベアリングでサイズが異なっているのです。

自転車ベアリングの玉のサイズ表記はインチ

多くの機械で使われているベアリングは、ミリメートル(mm)でサイズを表記しますが、自転車の場合はインチ(inch)で表記されます。

そのように使っている単位が違うことに注意しなければなりません。

1インチあたり25.4ミリメートルとなるので単位を間違えると桁違いに大きさのベアリングを買ってしまうことがあるので要注意です。

そして、自転車に使われるベアリングでは、数値の表記は分数となります。

たとえば、1/4、3/16、1/8という具合です。

普通はそれ以外の表記をしません。
つまり1/4インチは6.35ミリメートルですが、後者の小数点を使った表記はしないということです。

それが分かっていれば、ベアリングのサイズを大きく間違えることはないでしょう。

1/4インチと3/16インチは似たサイズだと思うかもしれませんが、ミリメートルに直せば6.35mmと4.76mmであり、直径が2mm弱も違うので注意していればサイズを間違えることはなくなると思います。

ハブに使われるベアリングのサイズ

自転車にはタイヤがフロントとリアに1つずつあり、ハブにしてもフロントとリアに1つずつあります。

機能としては、タイヤですから回転することで、フロントとリアで共通しているのですが、フロントとリアではベアリングのサイズが異なっているのが普通です。

フロントハブには3/16インチのベアリングがよく使われていて、リアハブには1/4インチのベアリングが使われていることが多いです。

つまり、フロントとリアのベアリングでは玉の直径が2mm弱も違うのです。

そのため、フロントとリアで、それぞれ玉を用意しなければならず、フロントとリアで玉を流用することができません。

それ以外のサイズの場合は、フロントハブに5/64や7/32といった玉が使われていたり、リアに15/64や5/32や3/16といった玉が使われていたりすることがあります。

しかし、それらサイズは稀で、特殊なサイズの玉を使っていると考えられます。

そのため、ハブのベアリングであれば、フロントが3/16インチで、リアハブが1/4インチの玉を使っていると覚えておくと良いでしょう。

BBとペダルに使われるベアリングのサイズ

BBに使われているベアリングの玉のサイズは1/4です。

リアハブと同じサイズの玉を使っているので、BBとリアハブなら同じ玉を使えます。

購入時にベアリングの玉は多数入っていることも多いので、同じ玉を使えるということを知っていれば玉を無駄にすることが少なくなるでしょう。

それに対して、ペダルに使われるベアリングは小さなものになります。

その玉のサイズは、5/35インチです。
ミリメートルに直すと3.97となり、そのサイズはフロントハブの玉より小さいものになります。

ちなみに5/32インチというのは、特殊な玉を使用していない限り自転車のベアリングでもっとも小さいサイズとなります。

ペダルは回転する部分であっても注油を忘れがちな箇所です。

注油をしないと回転が渋くなってしまいますし、もっと悪化して油がなくなってベアリングがこすれて傷ができてしまうことがあります。

そうなると明らかな抵抗が生じて脚力のロスになってしまうので、ペダルも忘れずメンテナンスしましょう。

ヘッドチューブとフリーホイールのベアリングサイズ

自転車のベアリングはヘッドチューブにも使われています。

金属の棒を組み合わせただけではハンドルをスムーズに動かすことができないので、ハンドルにもベアリングが使われているわけです。

そのため、ブレーキワイヤーがなければハンドルを1回転させることもできます。
そんなハンドルのベアリングに使われているベアリングのサイズは5/32です。

そのサイズは、ペダルのベアリングと同じサイズになります。
つまり、ペダルのベアリングとヘッドチューブのベアリングは同じものが使われているわけです。

それから、フリーホイールにもベアリングが使われています。

フリーホイールは、逆回転させたペダルの回転が後輪に伝達しないように空転させるための機構で、それに使われているベアリングのサイズは1/8インチとなります。

しかし、7/32インチの場合もあるので注意してください。

7/32インチとなると1/8インチの2倍くらいになるので、かなり違う大きさになります。

自転車のベアリングの種類

自転車のベアリングでサイズ以外を考えるなら、素材に注目しましょう。

通常であれば鋼球が使われています。
この鋼球でも十分な性能を発揮してくれます。

グレードの高いコンポーネントを使っている場合は、ステンレス球が使われていることもあります。

ステンレス球のほうが耐腐性に優れており、耐久性が高いです。
しかし、鋼球とステンレス球では、ステンレス球のほうが重いです。

それでも比重を見れば、ステンレス球のほうがわずかに高いだけですし、ベアリングの玉は小さいため、重量が走行に影響することはないでしょう。

他の素材で作られたものにセラミック球があります。

この中で剛性は、耐久性ではピカイチです。

しかしその反面、高すぎる剛性のため、調整を誤ると玉押しやボールレースを変形させてしまうことがあります。

そして、性能面に関しては、自転車はモータースポーツではないので差はありません。

回転時の発熱を問題視することがありますが、自転車の回転数ではほとんど熱を持たないので、発熱による玉の膨張は無視できるでしょう。

また、セラミック球に関しては、グリスを使わないことでグリスによる抵抗を減らせると考えることがありますが、それでは防塵性があまりに低すぎるのでグリスを入れることが普通です。

そのため、ベアリングの素材に関しては耐久性で判断するのが良いでしょう。

ベアリングのサイズ一覧

自転車に使われているベアリングのサイズを一覧します。

・フロントハブ        3/16
・リアハブ          1/4
・BB             1/4
・ペダル           5/32
・ヘッドチューブ(ハンドル) 5/32
・フリーホイール       1/8

以上が基本的なサイズであり、全部で4種類です。

ただし、それ以外のサイズが使われていないわけではありません。

メーカーによって考え方が様々であり、使われているベアリングのサイズも様々なので、自分の自転車を分解して、玉のサイズを確認することをおすすめします。

 - まだまだ知りたい自転車のあれこれ, 自転車全般