ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ビアンキのローマの特徴と簡単にできるカスタム法をご紹介!

2017.8.13

スポーツ自転車で有名なメーカーと言えば、ビアンキですよね。

中でも、ローマシリーズは世界で人気があります。

今回は、ローマがどんな自転車なのか、同じビアンキのカメレオンテとも比較してお伝えします。

また、初心者の方でもできる、簡単なカスタム方法もご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

パナソニックの自転車は丈夫で壊れにくい!オススメする理由

自転車の通勤やお子様の送迎など様々な用途で使われる自転車。 せっかく買うなら丈夫で壊れにくく、...

マビックホイールのオーバーホールは自力でやれる?

ホイールのオーバーホールをしたことがありますか? オーバーホールは、それこそ総点検ですから...

箱根に行く人必見!芦ノ湖のサイクリングコースを走ろう!

休みに箱根旅行に行こうと考えている方はいませんか? そんな方には、芦ノ湖沿いを自転車で巡る...

電車に自転車を持ち込むときの注意点!輪行バッグの選び方

最近では、自転車を愛用する、サイクリストたちが増えたことにより、電車で自転車を輪行する方も、たびたび...

自転車は二段階右折が基本!!違反すると罰金はいくら払う?

自転車で交差点を右折する場合、どのようにしていますか? 意外と知らない方が多いのですが、自転車...

北海道大好き!サイクリングスポット・名前の由来って?

ふと、名前の由来が気になることってありますよね。 特に、親しみのあるものや変わった名前の場...

どうしたら自転車で坂道を楽に上ることができるの?

平地ではスイスイ漕ぐことができるけれど、坂道を自転車で上るのは一苦労・・・そう思う方は多いのではない...

シマノクランクのQファクターを知って最適なセットアップを

Qファクターとはなんでしょうか? ファクターとありますが、これは長さを表す呼び名です。 この...

メリダのスクルトゥーラ100のカスタム!おすすめ製品

ロードバイクはカスタムありきと言っても過言ではなく、何も交換せずに一台が寿命を全うする方がレアかもし...

mtbのウィリーを習得しよう!!練習法のコツ!!

mtbのウィリーといったら、習得したい技のひとつですね。 しかし、お手本もないのに、どうやって...

自転車旅におすすめなカメラをご紹介!ブログを書く人必見!

自転車旅に欠かせないカメラ。 ブログに写真をアップをする人は、なるべく美しい写真を載せたいと思...

存在感は薄れない!ピナレロ・GANをブログから考察する

ピナレロの「GAN(ガン)」は、先代のフラッグシップモデル「DOGMA(ドグマ) F8」のセカン...

おかしいぞ!自転車のタイヤに空気入らない!パンクか?

みなさんは、自転車のタイヤに空気入らない経験はありますか? 一般的に空気が入らないとなれば...

トレックのクロスバイクはハンドル幅が広い!対処法は?

クロスバイクのハンドルの幅が広いままで乗っている方をよく見かけます。 これは好ましくはあり...

自転車につける走行距離計って?その機能や選び方を知ろう!

スポーツ自転車のハンドル部分などについている走行距離計とは、どんなものでしょうか。 また、...

スポンサーリンク

ビアンキのローマはどんな自転車?

皆さんもご存知の通り、ビアンキは、世界でも有名な自転車メーカーです。

ビアンキと言えば、ロードバイクのイメージを持つ方も多いと思いますが、ビアンキのROMA(ローマ)シリーズはクロスバイクの上級モデルであり、世界でも人気のシリーズとなっています。

グレードは、ROMAの他にROMA2、3、4とあり、数字が小さいほどハイグレードなモデルになります。

価格は、ROMA4で7万円ほど、ROMAで11万円ほどです。

また、ローマは「ロードバイク寄りのクロスバイク」とも言われますが、それは、各パーツにロードバイク用のものが使われていることが多いのが理由です。

ギアはフロントが2段になっていて、ロードバイク用のコンポーネントを基にしています。
フレームも剛性の高い、固めの設計になっているので、比較的スムーズに漕ぎ出せます。

トップチューブの角度もフラットですし、サドルの形も薄く、ロードバイクに近いです。
そのため、ロードバイクに近い走りとスピードが体感できるので、人気なのですね。

他にも、ディスクブレーキ搭載で雨や雪でも安心して走れることや、カスタムしやすいことなどもローマの魅力です。

同じビアンキでもローマとカメレオンテはどう違う?

同じビアンキのクロスバイクで、もう一つ有名なシリーズが「カメレオンテ」です。

Camaleonte(カメレオンテ)には1~6までグレードがあり、後ろの数字が大きくなるほどハイグレードになるという点がローマと違います。

価格は年式によって変動しますが、大体カメレオンテ1で6万円~、6で15万円~です。

また、ローマが「ロードバイク寄りのクロスバイク」であるのに対して、カメレオンテは「マウンテンバイク寄りのクロスバイク」と言われます。

それは、その多くにマウンテンバイク向けのコンポーネントが使われていることが理由です。

ギアもフロントが3段のものが多く、リアが8段の場合は、24段の細かい変速ができるので、荒れているオフロードや山道に強い力を発揮します。

フレームも、ローマと違って柔らかめの設計なので、振動吸収性能を意識して作られているのがわかります。

トップチューブがシートチューブ側に下がる角度も強く、サドルが厚いのもカメレオンテの特徴で、ローマと同じく、カスタムして楽しむ方が多いです。

カスタムすると自転車の楽しみがさらに広がる!

ロードバイクと同じように、クロスバイクに乗る目的も様々です。
通勤や通学に使う方もいれば、街乗りや長距離ライド、レースに使う方もいます。

街乗りであれば、ビアンキのローマなどで快適にサイクリングしたり、景色を楽しむのが一般的でしょう。

ですが、ロードバイク・クロスバイクなどのスポーツバイクに乗っていると、この自転車をもっとカッコよく、もっと使いやすくしたいという気持ちがだんだんと出てきます。

パーツ一つにしても、色や形を変えたいと思うこともありますし、見た目を今以上におしゃれにしたい、と思うのは自転車乗りにとっては自然な感情です。

また、性能を上げて今よりもっと走りやすくしたいと思うのも、自分の愛車を愛すればこそですよね。

どこか変えたいと思ったら、自分好みに自転車をカスタムしてみましょう。

初心者の方だと、自転車をカスタムするのは難しく感じるかもしれませんが、思いのほか簡単にできます。

基本的な工具さえあれば、手軽にお手持ちの自転車をバージョンアップできるので、カスタムすることも、クロスバイクの一つの楽しみ方と言えますね。

ボトルケージを変えて、ビアンキのローマを簡単にカスタム!

では、ビアンキのローマをカスタムする簡単な方法をご紹介します。

まずは、初心者の方でもすぐにできる、ボトルケージの交換です。

ボトルケージはしばらく使っていると飽きてきますし、傷んできたりもします。
使ってみたら、使いにくかったということもあるでしょう。

好みのデザイン・素材のものを選んだら、使いやすさを確認して購入しますが、その際に自転車に合わせた色・質感にするとかっこよくなります。

ビアンキは「チェレステ」と呼ばれる緑がかった水色が特徴的なので、それに合う色を選ぶとまとまりが出て、おしゃれに見えます。

自転車店やインターネットで好みのものを見つけて交換するだけでも、クロスバイクの印象が大きく変わります。

また、自分の欲しい性能を考えた時に、気に入ったビアンキ製のケージがなければ、違うメーカーのものでもいいでしょう。

初めてのカスタムではデザインや色、予算、機能などを色々と考えてどれにするか悩みますが、自転車をオシャレにするためにあれこれ考え選んでいくのは、とても楽しいものですよ。

グリップをカスタムするだけでも印象が変わる!

引き続き、ビアンキのローマを自分好みにカスタムする方法をご紹介します。

次は、グリップにバーエンドバーを取り付けるやり方をご紹介します。

バーエンドバーとは、バーエンド、いわゆるフラットバーハンドルの両端に取り付けるバーのことです。
これを付けるだけで自転車の印象が変わりますし、その性能を上げることにもつながります。

簡単に性能を上げられることから、クロスバイク初心者の方におすすめしたいカスタムです。

バーエンドバーをつけると、もうひとつポジションが増やせるので、スピードも上がりやすくなります。

その取り付け方も、お好みのバーエンドバーを買って、グリップに取り付けるだけなので簡単な作業です。

それでは、その方法をもう少し詳しくご説明していきます。

まず、シフトレバーとグリップを六角レンチで緩めます。
これは、バーエンドバーを取り付ける分、シフトレバーを内側にずらさなければならないからです。

グリップは種類によって固定方法が違いますが、多くは、見える所にネジがあるので、それをレンチで緩めてください。

緩めたら、バーエンドバーをハンドルのバーエンドにはめ込みます。

好みの角度に調整したら固定して、シフトレバーとグリップを締めれば完了です

このように簡単にカスタムができるので、試してみてはいかがでしょうか。

タイヤのカスタムで走りの性能を追求しよう!

少し経験を積んでくると、性能を上げるためのカスタムもしてみたくなるものですよね。

最後に、タイヤのカスタムについてお伝えします。

自転車の走りを支えるのは、タイヤです。

走りやすさに直結する大事なパーツなので、カスタムして理想の走りを手に入れましょう。

ビアンキのローマでは、もとから履いている太いタイヤを細いタイヤに交換するのも、一つの方法です。

太いものと細いものでは、重さも違うからです。
タイヤが細ければ路面の抵抗が減りますし、タイヤの軽さは自転車の軽さにもつながります。

また、タイヤは、パターンや材質によっても走りが違ってきます。
細くてスリックなタイヤにすると、平坦な道も楽になりますが、それ以上に坂を走る時に軽さを感じられます。

ですが、タイヤを含めた自転車のカスタムは、これ以外にも人それぞれ、様々なやり方があります。

自分に合ったカスタムは何かを考え、その方法を探しながらカスタムしていくことで、より魅力的な「あなただけのローマ」になっていくはずです。

難しく考えず、できるところから楽しんでカスタムしてみてくださいね。

自分好みのカスタムで、もっとローマを楽しもう!

今回は、ビアンキのクロスバイクの中でも人気のある、ローマの特徴とカスタム方法をご紹介しました。

スポーツ自転車をカスタムしていくと、さらに愛着がわき、走りもさらに楽しめるようになります。

「自分はどう乗ってどう楽しみたいのか」を考えながら、自分好みにカスタムしてみてください。

 - Bianchi, メーカー, 自転車全般