クロスバイクで都内観光!ブログおすすめスポット「大阪編」

クロスバイクで大阪の街を探索してみませんか?

大阪には、観光スポットも豊富で、おいしい食べ物もたくさんあります。
賑わう町並みも大阪ならではですね。

クロスバイクでなら気軽に移動することが出来るので、クロスバイクで観光してブログに書かれている方も多く見かけます。

そこで、大阪おすすめの観光スポットやグルメをご紹介していきます。
ぜひ、カメラを持って、大阪をクロスバイクで観光しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車に向かってクラクションを鳴らすのは違反行為になる?

自転車で走行中、自動車のドライバーからクラクションを鳴らされた経験はないですか?2015年6月に...

mtbでトレイルを楽しむ!!関東のおすすめトレイルコース

mtbでトレイルを楽しんでいる方やこれから始めるという方に、mtbでトレイルのおすすめな関東周辺のm...

giantのクロスバイクは価格が安いが品質はどうなのか?

giantは世界一の販売台数を誇るスポーツ自転車メーカーであり、価格が安い機種を多く扱っているこ...

スクランブル交差点を自転車で通行する時の、交通ルール

スクランブル交差点は、多くの通行人が通る交差点です。中でも有名な渋谷駅前交差点では、多いとき...

mtbのウィリーを習得しよう!!練習法のコツ!!

mtbのウィリーといったら、習得したい技のひとつですね。しかし、お手本もないのに、どうやって...

mtbのブレーキの鳴きが気になる!鳴きの解消法と予防法

mtbに乗られている方にとって、気になるのがブレーキのキーキー音(鳴き)ではないでしょうか。...

メリダ・グランスピードのグレード選び!それぞれの評価は

メリダの「GRAN SPEED (グランスピード)」は、クロスバイクのカテゴリーになりますが、メ...

ジオスのミニベロはタイヤ径が大きい!優れた走行性能に注目

イタリアのスポーツ自転車メーカー・ジオスですが、近年は、やや街乗り車を多く、ラインナップさせてい...

スペシャライズドの「シラス」はディスクブレーキ車が人気

スペシャライズドはアメリカに本拠を置くブランドで、世界初の量産型を発表しています。また、...

ビアンキのクロスバイク「アドバンテージ」を振り返る

イタリアのビアンキはツール・ド・フランスを制したこともある、老舗のレーシングブランドです。...

自転車通学にオススメの自転車!ランキングでご紹介します!

小学校や中学校は徒歩で行ける距離でも、高校や大学は自転車で通う距離に・・・そんな方は多いのではないで...

自転車の速度は何キロ出る!?一般的な速度とは?

自転車といっても、その自転車によって出る速度は大きく変わります。なんと言っても、一番スピード...

自転車の盗難届は防犯登録が必要!防犯登録には期限がある?

皆さんは、自転車を購入するときに防犯登録を行っていますか?あまり知られていませんが、防犯登録...

念願のクロスバイクを購入!でも持ち帰りはどうしたらいい?

ずっと欲しかったクロスバイクを、ショップで、念願叶ってやっと購入出来たときは本当に嬉しいですよね...

東京のデートは自転車で!レンタサイクルショップはある?

「最近デートで行くところがない…」という方はいませんか?そんな方におすすめなのが、東京で自転...

スポンサーリンク

クロスバイク大阪観光をブログに残そう!大阪といったらまずはここ

クロスバイクは、スポーツバイクの中でも街乗りに向いている自転車です。
そんなクロスバイクでなら、都会である大阪でも観光しやすくおすすめです。

そこでクロスバイクで大阪を観光してみましょう。

大阪は観光地やおいしい食べ物がたくさんあります。
ブログにアップするといったら、やはり写真は欠かせませんよね。

今回は大阪で、おすすめの観光スポットやグルメをご紹介していきましょう。

○道頓堀

大阪といったら、この道頓堀商店街を思い浮かべる方も、多いのではないでしょうか。
それほど、大阪のシンボルとも言える、「道頓堀商店街」。

商店街周辺には、大阪ならではの美味しい食べ物が沢山あります。
かに道楽のカニ、食い倒れ人形、グリコの看板などは、大阪・ミナミの代表的シンボルです。

写真スポットとしても定番中の定番ですね。

飲食店は道頓堀通りの北側に、さまざまなお店があります。
道頓堀通りは、一年を通し観光客が絶えない商店街であり、賑やかな商店街でもあります。

近年では、テーマパーク・道頓堀極楽商店街をはじめ、川面の遊歩道・とんぼりリバーウォークなども開業されました。
道頓堀の新らしい、スポットとして注目されています。

大阪道頓堀のおすすめグルメと言ったらここ!

やはり、大阪をクロスバイクで観光するなら、グルメを堪能したいものですよね。
その土地でしか味わえない、グルメはブログネタとしてもよくアップされているものです。

そこで、道頓堀でおすすめなグルメをご紹介します。

○串かつ、新世界~だるま

大阪と言ったら、たこ焼き、お好み焼きについで、食べておきたいのが串かつですね。

串かつと言ったら、やっぱり定番な新世界本店は外せません。

道頓堀にある有名串カツ店、新世界。
通天閣のふもとにあり、昼間から行列を作る有名店です。

二度付け禁止でも有名なお店です。

ソースの中に思いっきり、串かつをつけて食べるのが、だるま流です。
新大阪駅にも梅田駅にもありますが、やはり、雰囲気楽しむなら新世界の通天閣の真下で食べるのがおすすめです。

○かに道楽本店

道頓堀の近くに、かに道楽本店があります。
動くかにの看板は、誰もが知っているであろう、おなじみの看板ですね。

カニ料理専門店でいただく、かに料理は絶品です。
ちょっと贅沢に、休憩がてら食事をとってもいいですね。

ブログ用写真スポットにおすすめ!大阪松竹座

○大阪松竹座

道頓堀近くで、ブログの写真スポットとしても有名なのが、この大阪松竹座です。
ぜひ、大阪をクロスバイクなどで街を観光しているなら、ぜひ立ち寄ってみてください。

大阪松竹座は、1923年に関西初の洋式劇場として誕生しました。

以前は映画館として使われていましたが、現在は、歌舞伎を始め、ミュージカルまで幅広いジャンルの演劇が行われています。

洋風な劇場の外壁はネオ・ルネッサンス様式を意識して美しいアーチ、壁や床は品のあるベージュ色の大理石で仕上げてられています。

古い建物ながら、雰囲気のある大阪松竹座は、ミナミのメイン劇場になっています。

劇場内には、食事をするところもあり、お弁当も売られています。
幕間でしたら、お弁当を食べることも可能です。

また、お土産屋もあるので、歌舞伎のお土産をここで購入することが出来ます。

特に、夜には欧風の建物全体がライトアップされ、より美しい建物を引き立てています。
写真を撮るなら、夜もおすすめですよ。

クロスバイクで行く!アメリカ村のおすすめグルメスポット

アメリカ村は、大阪府大阪市中央区西心斎橋付近の通称で、アメ村と称されたりもします。
「アメリカ村」は若者文化の発信地で、若者の活気を感じることが出来る街です。

店の数は、約2500店ものお店が並んでいる繁栄地となっています。
たくさんの店がある中で、アメリカ村といったらぜひ寄って欲しい、お店を厳選しました。

ブログの参考にしてみてください。

○甲賀流

大阪と言えば「たこ焼き」は外せないソウルフードですよね。
アメリカ村でたこ焼きといった、甲賀流という程の人気のある有名店です。

やはり人気なだけあって、日ごろ常に行列を成しています。
素材にこだわって、作られているたこ焼きは、カリカリの外生地に、中はふわふわ、大き目のタコで、素材の味もしっかりと感じられます。

三角公園内にあるたこ焼き屋さんなので、場所も分かりやすいでしょう。

○Long Softcream アメリカ村店

日本一長いソフトクリームとして有名なお店です。
超長いソフトクリームにびっくりすること間違いないでしょう。

価格は300円と、とてもリーズナブルです。

ぜひアメリカ村にクロスバイクで来たら、立ち寄ってみてください。

名所のひとつ、大阪城をブログに残そう

アメリカ村からクロスバイクで向かうには、少し離れた場所にありますが、やはり大阪に来たら一度は寄りたい名所と言えば、大阪城ですね。

○大阪城 天守閣

大阪を代表とする名所のひとつでもある、大阪城・天守閣。
ここ大阪城は、全国各地の観光客や外国人観光客で賑わっています。

~大阪城・天守閣の入場料金~
大阪城は、西の丸庭園と天守閣以外は無料開放されています。

ただし、大人の場合、西の丸庭園は200円が必要になります。
「観桜ナイター」期間中は350円にアップするので、お忘れないよう準備しておいてください。

入館料は大人で600円になります。
中学生以下は無料なので、家族連れも多く見られます。

西の丸庭園以外なら、天守閣の入場料金を払えば大丈夫です。

~大阪城天守閣の開館時間~
開館時間
午前9時~午後5時 ただし、入館は4時30分までになります。

○大阪城に来たら、展望台に登ろう

大阪城の展望台からは360度、大阪を見下ろすことが出来ます。
ブログ用の写真スポットとしてもおすすめの場所です。

大阪城・天守閣の次は、クロスバイクで黒門市場に行こう

大阪城から近くにある、黒門市場は、大阪の台所と呼ばれています。
道頓堀にも、おいしいグルメはたくさんありますが、こちら黒門市場も負けてはいません。

大阪の黒門市場は、揚げ物、粉物の他に、海鮮系が豊富です。
黒門市場おすすめと言ったら、新鮮な天然魚介類がそろう「深廣商店」が有名です。

店頭で行われるマグロの解体ショーは普段見ることが出来ない貴重なシーンです。
こういったショーが行われているのも、外国人にもウケている理由でもあります。

店内にイートインスペースがあるので、お好きなお刺身を選び、丼飯代300円をプラスして海鮮丼を作れば、オリジナル丼ぶりの完成です。

そして、たいていの物は店先で調理されたものを買ってその場で食べれてしまいます。
おいしいグルメをブログで紹介するなら、ここで間に合ってしまうかもしれませんね。

ただ、大阪観光する場所は、大変人ごみで混雑することが考えられます。
クロスバイクで行くときは、どこか駐輪場所を探す必要があることと、人との接触には十分に気をつけましょう。

大阪をクロスバイクで楽しむ

いかかでしたか?

大阪は、たくさんの観光地とグルメを楽しめる街です。

クロスバイクで観光するメリットとして、観光スポットを効率よく回ることが出来ます。
また、電車賃や、バスを使うよりもお金もかかりません。

観光地を巡るときは、大変混雑することが考えられます。

歩行者に十分注意して、観光を楽しんでくださいね。