ヨーロッパは自転車でのんびり旅!おすすめなのは?

ヨーロッパを自転車でのんびり旅してみませんか?

ヨーロッパの中でも、オランダは自転車大国といわれています。

オランダで車を運転する人は、ほぼ全員がサイクリストといわれ、自動車の運転手はサイクリストの気持ちを理解した運転をしてくれる傾向があります。

そのため、観光客でも気軽に自転車を利用できる場所です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車にサドルバッグを固定するにはどんな方法があるか?

スポーツ自転車に乗っている方の多くが、工具や予備のチューブなどを持ち運ぶためにサドルバッグを取り...

自転車のネジのサビ取り方法と、自転車を長持ちさせるコツ

あなたの自転車、部分的にサビていませんか?自転車のサビは放っておくと大変です。自転車...

ランドナーのタイヤ交換時に注意したい互換性と汎用性

ランドナーと言われて、ピンとくる人は、失礼ながらオールドな自転車ファンの人ですね。ランド...

スペシャライズド製サドルの選び方とローミンの最新モデル!

ロードバイクのサドルは、走りの快適さを左右する重要なパーツです。自分に合うサドルを探し求めて...

自転車での雪道運転は危険で怖い!走行中の注意点とは?

雪道で凍結している道路は非常に滑りやすく、細いタイヤの自転車はなおさら危険です。転倒すると考える...

オススメ!大磯クリテリウムのビギナークラスに参加しよう!

自転車を趣味にしてから少し経つので、そろそろ一度くらいレースに参加してみたいけれど、玄人ばかりのレー...

ビアンキからカーボンフォークの取り付けに関する注意あり!

2016年12月にイタリアのビアンキが、カーボンフォークのステムへの取り付けに関して、重要なお知...

タイヤなどの自転車パーツの重量を軽量化する意味とは?

一般的に、「自転車は軽量化するほど良い」と耳にすることがあります。それに伴い、自転車も重量が...

足に合うものがない!?小さい男性向けシューズ探しのコツ

自転車のウェアの中でも、ビンディングシューズは、力をペダルに伝達する大事な役割を持ちます。し...

クランクとチェーンリングの交換は体格と脚力で決めよう

ロードバイクを購入してサイズを合わせたはずなのに、なぜかしっくりこないなと感じている方はいませんか?...

ストライダーのベアリング洗浄で車輪の回転がよみがえる!

ストライダーはおもちゃでありながら、自転車や工業製品にも使用される「ベアリング」が使われています。...

自転車のクランク取り付けは工具の種類さえ知っておけば簡単!

自転車のクランクの傷が気になってきた、またサビもあるので交換したい。そのような場合はクランク...

子供用二輪車「ストライダー」の種類の違いと購入時の注意点

「ストライダー」は子供用のペダルとブレーキのない二輪車のことです。足で地面を蹴って進み、...

自転車のサスペンションってなに?分解の方法は?

サスペンションをご存知ですか?自転車のサスペンションについて、知っている方もいれば知らない方もい...

ストライダーをピンクなどのカラーパーツでカスタムする

ストライダーはお子さんが乗るものですから、できるだけカッコよく、またはかわいくカスタムしてあげた...

スポンサーリンク

自転車でのんびり旅をするならヨーロッパがおすすめ?①

ヨーロッパは、春と秋、北部なら夏であれば、自転車ののんびり旅に向いています。

ヨーロッパの春の新緑の中を走るのは、とても気持ちが良いです。
爽やかな空気の中で、適度な暖かさを感じながら自転車で走るのは、とても楽しいです。
秋は、日中なら良いのですが、夕暮れになると冷え込みます。

夏は、南部や地中海沿いは、日差しがかなり強くて暑いので、日中は自転車で走るのは大変です。
北部なら、夏でも湿度がないので爽やかなため、自転車で走るのには最高です。

冬は、内陸部は氷点下になることが多く、路面が凍るところもあるので、自転車はおすすめできません。

ヨーロッパの治安は、他の大陸と比べるととても良いです。
飛行機、鉄道、バスは、決まった路線しか行きませんが、自転車は未知の場所に行くことができます。

そのため、いつの間にか危険な場所に入ってしまった、ということもありえます。
しかし、ヨーロッパにはそんなに危険な場所がないので、安心して自転車の旅をすることができます。

このように治安が良いことが、のんびり旅をするのに最適な理由です。

自転車でのんびり旅をするならヨーロッパがおすすめ?②

ヨーロッパは、自転車でのんびり旅をするのに良い環境が整っています。

自転車専用道が整備されている、自転車専用の信号や標識がある、などです。
自転車専用道や標識があれば、自転車で安全に走ることができます。

次の街への距離、坂道の傾斜、かかる時間などが記載されていることもあります。

また、ヨーロッパでは、自転車を電車に乗せることが可能なので、自転車で走るのに疲れたり、少し急ぎたいときは、自転車を電車に乗せることができます。

さらにヨーロッパには、たくさんの歴史的な建造物、美しい景観があります。
自転車で走ると、川、街、山脈、海、歴史のある街並み、などを楽しむことができます。

車では止まりにくい所でも、自転車だとゆっくり止まって、写真を取ることも可能です。
また、電車やバスや車のように、景色との間に壁やガラスがありません。
そのため、景色を直接感じることができます。

これは、周りに何も囲まれていない自転車旅行の醍醐味といえるでしょう。

ヨーロッパを自転車でのんびり旅するならおすすめはオランダ!

ヨーロッパを自転車でのんびり旅するなら、中でもオランダがおすすめです。
オランダは、道が平坦なので、自転車を楽しむには最適です。

オランダでは、自動車よりも自転車がメインで、生活に密着しています。
そのため、自転車専用道路が設備されていて、どこでも安全で快適に自転車で走れます。

アムステルダム中央駅の裏には4階建ての駐輪場があります。
2,500台収容できますが、実際には4,000台くらい駐輪しているともいわれています。

駐輪場はいつも自転車でいっぱいですが、駐輪禁止エリアでなければ、どこに止めても大丈夫です。
街には、自転車をチェーンロックで繋げるポールが設置されています。
また、運河沿いにの柵を使って駐輪するのも良いでしょう。

オランダの主な街には、レンタル自転車店があり、パスポートあるいはクレジットカードの引換えで、自転車を借りることができます。
料金は1日13ユーロ、日本円で約1,500円程で連絡できます。
また、短時間だけレンタルしたい場合は、時間ごとに借りれます。

初心者向け!オランダを自転車で走るならおすすめはスポットは?

ヨーロッパ・オランダを、自転車でのんびり旅するときのおすすめのスポットをご紹介します。

まず、ゴッホの森ルートがおすすめです。
ゴッホの森と呼ばれる「国立公園デ・ホーヘ・フェルウェ」では、メインの場所に白い自転車が置いてあり、無料で借りることができます。

園内の自転車置き場で乗り捨てできます。
路線バスでビジターセンターまで来たら、自転車を借りましょう。

そして、「クレラー・ミュラー美術館」へ行ってください。
それから、ビジターセンターへ戻って、パンケーキ屋でお昼を食べると良いでしょう。

時間があれば、周りを自転車で散策してみましょう。
散策するときは、「狩猟の館」を目的地にするのをおすすめします。
5月下旬は新緑、8月はヒース、10月は黄葉などが楽しめます。

キューケンホフ公園もおすすめです。
公園の周りには、たくさんの色の球根畑が広がっています。

園内の施設のレンタサイクルを借りれば、自転車で走りながら球根畑を楽しむことができます。

ヨーロッパ・オランダを自転車で走るおすすめコース①

ヨーロッパで有名なユトレヒトとデ・ハール城に行ってみましょう。

案内所でANWB自転車地図を手に入れてください。

デ・ハール城まで、自転車で景色を眺めながらのんびり旅をすると、1時間くらいで着きます。
ロス・チャイルド家所有の庭園を散策したり、内部見学をしたら、ハールザイレンスでお昼を食べると良いでしょう。

それから市内に戻って、美術館やドム塔などを回るのをおすすめします。
アムステルダム郊外とユトレヒトの間を流れるフェフト川沿いには、豪商が建てた館があります。
アムステルダムから電車で20分のハーレムへ行ってみましょう。

案内所で地図とレンタサイクルの情報を手に入れてください。
市内の観光スポットを自転車で回ったら、西へ行きましょう。

Zuid-Kennemerlandを通って10kmくらいで北海へ出ます。

南下して、ザントフォールトで食事をするのも楽しいでしょう。

そして夕方、アムステルダムに電車で戻るルートも楽しいですよ。

ヨーロッパ・オランダを自転車で走るおすすめコース②

アイセル湖畔の村をめぐるルートをご紹介します。

アムステルダム中央駅の北から無料のフェリーに自転車と乗って、EYEミュージアム方向へ行きましょう。

降りたら、Buiksloterwegを通って、Flora公園を抜けて北東へ行きます。
さらにアイセル湖の方へ行けば、モニキンダムに着きます。

時間があれば、アイセル湖にあるマルケン島へ行ってみましょう。
マルケンは、緑の家と民族衣装を着ている人がいる村です。
アイセル湖畔沿いに進めば、フォーレンダムに着きます。

次は、星型城塞都市ナールデン・ルートです。

フレヴォパーク、ディーメルパークなどの公園を通って、マイデルトレックヴァールトを走ります。
ナールデルトレックヴァールトに入ると、星形城塞の跡が残る街ナールデンに到着です。

城塞に上ったり、中世の街を散策したりして、半日くらい滞在しましょう。
オランダは自転車道が国境まで整っているので、ドイツやベルギーまで自転車で行くこともできます。

このように自転車を使えば、のんびり旅をしながらヨーロッパを楽しむことができます。

ヨーロッパは自転車にやさしい国

いかがでしたか?

ヨーロッパでの自転車旅がおすすめな理由が、お分かりになったかと思います。

ヨーロッパの多くの国では、自転車専用の道路や信号が設けられており、安全に走行することが出来ます。

また、美しい町並みや風景を見ながらのサイクリングは、とても気持ちのいいものでしょう。
ぜひ機会があれば、ヨーロッパでの自転車旅をしてください。