サイクルウェアは競技用?レディースのカジュアルウェア!

スポーツバイクに乗ってサイクリングやツーリングに出かけるようになると、その際の服装が気になり始めます。

しかし、競輪選手のような、あのピチッとしたサイクルジャージは、ちょっと遠慮したいという方も多く、カジュアル系サイクルウェアが増えています。

また、自転車を楽しむ女性も増えてきており、サイクルウェアに興味を持っている方もいるかと思います。

そこで、この記事ではレディースモデルを取り上げていきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車がパンクしたら便利な修理剤を使おう!使い方と注意点

自転車で走行中、パンクしてしまったら、誰だって困りますよね。そんなときに便利なアイテムが...

登山向け自転車、マウンテンバイクの選び方と楽しみ方!

登山道でも何なりと走れる自転車と言ったら、マウンテンバイクでしょう!まさにマウンテンバイクは...

趣味はロードバイクと言うためのスポーツ自転車の楽しみ方

「趣味は何ですか?」と聞かれた時に「ロードバイクです」とか、さらりと言えたらカッコ良くないですか?...

ハンドルバーやグリップを変えたい!交換方法や選び方!

あなたはご自分の自転車のハンドルに満足していますか?普通に街を走る分には問題ないかもしれない...

自転車による接触事故!どんな対応をすればいいの!?

自転車に乗っている人なら誰でも起こりうる接触事故。自転車に乗るのに特別な免許などは必要ないので、...

スプロケットの交換やハブのグリスアップ~後輪のメンテ

自転車の後輪には、スプロケットやハブのフリーボディなど、駆動系の大事なパーツが複数取り付けられて...

さいたまクリテリウム2013の赤字の原因と2014年大会

自転車好きな方ならご存知の方も多いクリテリウムですが、さいたま市でも開催されたことがあります。...

ストライダーのカスタム!サドルそのままじゃもったいないよ

ストライダーは対象年齢が2歳からと早いこともあり、ペダルなし自転車の中でもサイズがコンパクトにま...

ブレーキのディスクは交換時期がある?どの位で交換すべき?

最近では、マウンテンバイクだけでなくロードバイクやクロスバイクにも、ブレーキにディスクを用いたシステ...

自転車にホイールカバーを付ける効果と取り付け方をご紹介!

テレビでロードレースなどを観ていると、車輪にカバーの付いた自転車で走っている選手がいます。...

ランドナーのタイヤ交換時に注意したい互換性と汎用性

ランドナーと言われて、ピンとくる人は、失礼ながらオールドな自転車ファンの人ですね。ランド...

自転車を買う人へ!おすすめ購入期間と必要な道具をご紹介!

自転車の購入を考えている人は一度こちらの記事に目を通してみてください。スポーツ自転車に乗りた...

弱虫ペダルがアツい!登場人物のバイクメーカー名大公開!

大人気の「弱虫ペダル」ですが、みなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回...

自転車を目的地に発送するため、より安い方法とは

スポーツバイクに乗り慣れてくると「もっと遠くで走りたい!」「イベントに参加してみたい!」って誰しも思...

ストライダーにかつてビームス限定モデルがあった!

アパレルブランドの「ビームス」は日本のみならず、世界にも店舗を構える巨大ブランドです。そ...

スポンサーリンク

現在はカジュアルに着こなせるサイクルウェアが増えている

サイクルウェアの定番である、競技用のピチッとした服は「サイクルジャージ」、下は「レーシングパンツ」と呼ばれます。

このようにピチッとしていることも理由があり、空気抵抗を極限まで抑えるために肌に密着させ、風にばたつかせたりしないようにしています。

しかし、それはロードレースや競輪などの競技であればこそなので、形はサイクルジャージでも、もっとゆったり着れるものも多く出てきています。

また、後程詳しくご説明しますが、自転車から下りてそのまま街歩きをしても違和感ない、カジュアルなサイクルウェアも多いです。

自転車に長距離、長時間乗ると大量に汗をかきます。

夏場は当然ですが、冬でも滴り落ちることはなくても、汗がにじんでくる感じはあります。

そうなると、サイクルウェアに求められるのは通気性と速乾性です。

また、やはり長い間ペダルを漕ぎますので、特にパンツは生地に伸縮性がないと漕ぎづらいですし、擦れて痛みが出たりもします。

さらに、レディースモデルによくあるスカートですが、サドルにまたがりやすいものがいいですし、風でめくり上がってしまったら大変ですので、そこも考慮しなくてはいけません。

この辺りをしっかりと備えた上で、カジュアルな雰囲気であるものが理想、ということになります。

レディースモデルも充実している定番サイクルウェアメーカー

前項でお話ししたように、ただカジュアルというだけでは普段着と変わりませんので、サイクルウェアである以上はいかにして快適なサイクリングができるかが大切です。

そして、「餅は餅屋」という言葉もあるように、そういったことはやはり専門メーカーが一番ということで、まずはサイクルウェアのメーカーを確認するところから始めましょう。

国内最大手と目されている【パールイズミ】は、本格的な競技用ジャージからカジュアル系まで、本当に様々なサイクルウェアを扱っています。

カジュアル系よりも少し本格志向寄りではありますが、レディースモデルの中ではゆったり目に着れるサイクルジャージの「フリージー」がおすすめです。

デザインがシンプルなので「いかにも」なサイクルジャージという感じはしませんし、地味なものを好む方であれば普段着としても違和感がありません。

もちろん、機能性にも優れていて、汗の吸収力や速乾性などの基本性能はもちろん、背中側の丈が少し長くなっていますので、前傾姿勢でもめくり上がらない仕様です。

また、走行中にものが取り出しやすいように、背中にポケットが付いています。

さすがはサイクルウェアの専門メーカー、という仕様になっていますので、特にツーリングなどで長距離を乗る方は、パールイズミを選んでおけば安心というところです。

カジュアル感の強いサイクルウェアが多いメーカー

前項でご紹介したパールイズミは少し本格的志向なので、ここではもう少しカジュアル系のメーカーをご紹介します。

【カぺルミュール】は普段着も扱っているメーカーで、サイクルウェアにもそのカジュアル感がふんだんに盛り込まれています。

本格的な競技用ジャージもありますが、サイクルウェアには全く見えない普通のシャツのようなジャージが、カぺルミュールの真骨頂というところです。

中でも、レディースモデルからおすすめしたいのが「スカート」です。

ティアードやフレアなどスタイルが豊富ですし、無地からチェック、水玉などデザインも様々で、とても充実感があります。

ペダリングがしやすく、それでいてめくり上がらない最適な丈になっているので、安心して乗っていただけます。

サイクルジャージとのトータルコーディネイトはとてもおしゃれで、街歩きにも違和感がないものでしょう。

レディースモデルのサイクルウェアがとにかくカワイイメーカー

ここまでご紹介したパールイズミとカぺルミュールはどちらかというとシンプルで、シックなデザインのものが多いメーカーです。

それだけに、普段着としても着回せるということになり、初心者の方でも入っていきやすいサイクルウェアメーカーでもあります。

さて、ここでは打って変わって、「派手!」「カワイイ!」という評判のメーカーをご紹介します。

【パンダーニ】というメーカーですが、非常に奇抜で派手なデザインが目を引きます。

名前の通り「パンダ」をモチーフにしたデザインもありますし、全身に星が描かれたレディースモデルなどは、まるでアイドルのステージ衣装のようです。

それでいながら、シンプルでカジュアルなものもありますし、本格的な競技用のジャージも手掛けています。

しかも、基本的な性能の確かさから、プロチームからの信頼も厚いメーカーです。

そういった性能面でも安心感がある上で、とにかくレディースモデルは「かわいい」のひと言なので、ぜひ女性サイクリストの方にはチェックしてもらいたいですね。

カジュアルなサイクルウェアなら「ユニクロ」も視野に

ここまでは、サイクルウェアの専門メーカーを確認してきましたが、通販は別としても実店舗は中々近くにないという場合もありますし、正直に言えば少し高価でもあります。

そこで目を向けてみたいのが、カジュアルブランドでお馴染みの【ユニクロ】です。

ユニクロは多くのプロスポーツ選手がCMを務めているように、スポーツウェアも多く扱っています。

例えば、「AIRism(エアリズム)」シリーズなどは汗を吸収してから、湿気を外に逃がすという構造なので、汗をかく自転車には合っています。

メンズのTシャツや、レディースではキャミソール、タンクトップなどで、特にレディースはブラジャー内蔵のものが利便性が高いです。

アウターとしてもパーカーがありますので、サイクルウェアとして十分に活用できます。

また、特にロードバイクでお尻が擦れて痛いというお悩みの方には、「ウルトラシームレスショーツ」がおすすめです。

レーシングパンツなどは直ばきに抵抗がある方もいらっしゃると思いますので、インナーとしてもとても優秀なこちらを試してみてください。

女性はレディースモデルのサイクルウェアが最適

サイクルウェアはあくまでも相対的に見てですが、男性向きの製品の方が多いように感じます。

そうなると、女性の方は選択肢が少なくなりますが、それでもなるべくレディースモデルを選んでください。

男性と女性では体格や体型も違いますし、根本的にはサイズも違います。

また、これはサイクルウェアに限ったことではないですが、女性と男性ではお尻や股間の痛みが出る場所も違います。

そのため、形を女性に合わせていることもあるので、レディース用がいいでしょう。

カジュアルなものはユニセックス(男女兼用)のものもあり、トップスやアウターなど上着は問題ないものもありますが、パンツやレギンスは特に注意してください。

その意味でも、今回ご紹介したブランドはレディースモデルが充実しているところばかりですので、参考にしてみてください。

カジュアルでも機能性を無視してはダメ!

今回はレディースモデルのサイクルウェアでも、特にカジュアルなものを中心にご紹介してきました。

街歩きでも浮くことなく溶け込むスタイルやデザインながら、しっかりと機能性を兼備するものをピックアップしてみました。

また、安くてイイものという意味では、ユニクロも十分に活用できますし、実店舗で自分の目で見て購入できるのでおすすめですよ。