ロードバイク通勤して良かったことをブログから考察した!

通勤の移動手段として、あなたは何を使っていますか?

徒歩・自転車・バイク・車・公共交通機関のどれかを使っているという人が、ほとんどでしょう。

今回は、自転車に分類される「ロードバイク」にスポットを当てていきます。

ロードバイク通勤のメリットを、いろいろな方のブログから考察しました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのホイールに赤スポークをまとったものがある!

ロードバイクは見た目もひとつの重要な要素です。フレームの形状や色は当然なのですが、その面積の...

mtbのディスクブレーキ!ブレーキパッドはメタル?レジン?

mtbに搭載されているブレーキは時代とともに移り変わってきましたが、現在はほぼディスクブレーキに...

メリダのロードバイクはマイナーぽいけどサイズも豊富で良い

世界一の自転車大国台湾の中で、第2のメーカーと言われるのが「メリダ」です。多くの世界的メ...

アルミのエアロは希少!メリダリアクト400のインプレを確認

今やどのメーカーもラインナップには欠かせない存在になっているのが、空力性能を重視した「エアロロー...

bmxとトライアルは別物?レース内容、自転車の違いとは

自転車競技の中でbmxとトライアルをご存知でしょうか?2つの自転車の見た目はとても似ています...

ケイデンスは自転車にとってどんな意味がある?理想は?

自転車用語としては常識とも言える「ケイデンス」ですが、一般的に使う言葉ではないので、最初は何のこ...

スペシャライズドのアレーはa1アルミよりE5アルミが主流に!

マウンテンバイクやロードバイクなど車種に関わらずスペシャライズドの自転車はプロのレースでよく使用され...

デローザの原点。鉄フレームのネオプリマートを徹底インプレ

イタリアの名門「デローザ」伝統のクロモリフレームバイク、それが「ネオプリマート」です。美しい...

ロードバイクのカーボンフレーム。事故や落車で破損する!?

近年、ロードバイクのミドル〜ハイエンドフレームは、金属製フレームではなく、カーボンファイバー製の...

ウイリーをカッコよくキメたい!効果的な練習方法って!?

マウンテンバイクで挑戦したい技といえばウイリーですよね。ウイリーとは、フロントタイヤを浮かせ...

自転車は有酸素運動!30分で消費するカロリーはどのくらい?

誰でも乗れる、身近な乗り物と言ったら「自転車」ですね。自転車は運動の中でも負担が少なく続けや...

ビアンキのミニベロ、カスタムするならどこがおすすめ!?

身長が低い方や女性にも人気のある自転車ミニベロ。ビアンキのミニベロは、ちょっとした買い物や街...

ロードバイクが転倒!フレームよりハンガーの曲がりに要注意

ロードバイクは楽しいだけではなく、様々なトラブルも起こります。もし、愛用のロードバイクを転倒...

シマノのビンディングシューズで!心地いいサイズの合わせ方

ビンディングシューズの着用は、ライディング技術を更に向上させる上でとても重要アイテムです。で...

日本人に合うサイズのメーカーとは?女性向きもご紹介

現在は以前と比べ、女性がロードバイクなどに乗っている姿を良く見かけるようになりました。しかし...

スポンサーリンク

ロードバイクはどのくらいの速さが出る自転車?

スポーツ自転車の一つとして挙げられるロードバイクは、自転車の中でも最も速いスピードを出すことのできる自転車です。

乗る人にもよりますが、買い物や通勤のような街乗りの場合、平均速度は25km/hくらいです。
そして、一流のロードバイク選手では、40km/hといった速度を出すこともできます。

40km/hといっても、どのくらいのスピードか想像つかない人も多いはずです。

簡単にその速さを想像できるようにご説明しますと、1秒間にだいたい11m進むといった速さです。
さらに、想像しやすくご説明しますと、よくある25mプールを、だいたい2秒ほどで進む速さということです。

そう考えると、ロードバイクとはいっても、人力の乗り物で40km/hというスピードが出せるのは、凄いですよね。

そして、速く走ることのできるロードバイクで通勤することには、様々なメリットがあるのです。

その様々なメリットを、実際にロードバイクで通勤をしている、多くの方々のブログから考察していきましょう。

ブログでも多くの方が挙げているのが、渋滞や満員電車の回避

仕事へ通勤する際、移動手段は様々あります。
中でも多く使われている通勤の移動手段が、車と、公共交通機関です。

しかし、朝の通勤ラッシュの時間帯は、車が走る道路が非常に渋滞しています。

また、公共交通機関も利用する人が多いため、東京都など人口密度の高い地域では満員電車などが当たり前となります。

満員電車といっても、乗車率が100%ではなく、120%になることも珍しくありません。
毎朝仕事に行く前に、満員電車で疲れてしまっている人はきっと多いはずです。

そんな通勤が原因となり、仕事に行くことを憂鬱に感じてしまう人は数えきれません。
そのことから、通勤手段を公共交通機関から、自転車に替える人は非常に多いのです。

ブログを考察したところ、この理由が特に多いことが分かりました。

ロードバイク通勤に替えると、満員電車から解放されて、朝から気持ちよく通勤することができることがメリットとなります。

ちなみに、普通の自転車では会社まで距離があると感じても、ロードバイクなら長距離走行しやすく、スピードも出すことができるので、自転車移動の概念が大きく変わります。

ブログから分かるロードバイク通勤のメリット!運動になること

現代には、昔では考えられなかったほどのいろいろな食べ物があります。
脂質やカロリーが高いものも多く、知らず知らずのうちに、肥満への道を進んでいる人が少なくありません。

肥満を解消するためには、食べ物に気をつけることも大切ですが、それと同じく運動をすることも大切です。
しかし、仕事が忙しかったりすると、運動をする時間もありませんよね。

そういった人にもおすすめなのが、やはりロードバイク通勤なのです。

ブログを考察すると、運動不足を解消するためにロードバイク通勤を始めた、という人はとても多いことが分かります。

運動が続かないという人でも、ロードバイク通勤なら、通勤のために必要な行動のひとつとなるので、3日坊主になることも少ないようです。

そして、朝から運動することで、寝起きの悪い人でもスッキリとした気持ちで仕事を始めることができるでしょう。

また、運動をすることは、体だけでなく心にもいい影響を与えます。

ロードバイク通勤で交通費の節約に!

ロードバイク通勤をしている人のブログを見てみると、嬉しいメリットが、他にもまだありました。
それは、通勤の際の交通費が浮くということです。

電車やバスなどの公共交通機関は、高い交通費ではなくても、毎日だと意外と費用がかかっているものです。
また、車での通勤の場合も、ガソリン代がかかっています。

その交通費を浮かすことができたら、誰もが嬉しいと感じるでしょう。

浮いた交通費でお昼ご飯が買えたり、貯金ができたりと、プライベートで使うことのできるお金も増えるはずです。

もちろん、交通費を0円にするには、ロードバイク通勤です。

普通の自転車の場合、会社までの距離があると通勤が辛くなってしまいますが、ロードバイクはスポーツ自転車なので、移動速度も速く、長距離移動もしやすいです。

そのため、交通費を0円にするためのロードバイク通勤は、無理なく続けることができるでしょう。

満員電車に乗らなくて済み、運動不足も解消できて、交通費も0円にすることのできるロードバイク通勤は、まさに、メリットだらけの通勤手段といえます。

ブログから考察!ロードバイク通勤で自分の時間が増える

ブログを考察すると、ロードバイク通勤のメリットは、とても多いことが分かります。
中でも、多くの人が感じるメリットをお話ししましょう。

そのメリットとは、自分の時間が増えるということです。

公共交通機関などでの通勤は、例え誰かと会話をすることはなかったとしても、自分1人の空間ではありません。

しかし、ロードバイクで通勤することは、自分の1人の時間となります。
さらに、公共交通機関の時間に合わせて生活することもなくなります。

ロードバイクで通勤すれば、自分が好きなタイミングで家を出て、好きな時間をかけて通勤することができるのです。

もちろん、時間によっては遅刻してしまったりすることもあるので、ある程度の時間配分を考える必要はあります。

そして、公共交通機関でよくあるのが、事故などアクシデントで起こる遅延です。
遅延してしまうことも考えて、1つ前の電車に乗ったりする人も非常に多いです。

ですが、ロードバイク通勤では、そういったことを考える必要がなくなるのです。
自分の好きな時間、好きなタイミングで通勤できるのは、心にも大きなゆとりが生まれます。

ロードバイク通勤で欠かせない持ち物

ロードバイク通勤には、様々なメリットがあります。

実際にロードバイク通勤をしている人のブログを見ていると、「ロードバイク通勤にして良かった」という言葉を多く目にしました。

メリットが多く、人気の高いロードバイク通勤ですが、その通勤の際には欠かせない持ち物があります。
最後に、その持ち物をご紹介するので、参考にしてください。

●予備チューブ&タイヤレバー
タイヤがパンクしてしまった場合に備えて、2本持っていると安心です。

●携帯ポンプ
パンクを修理した際、空気を入れるために必要です。

●携帯工具(携帯ツール)
ロードバイクのネジが緩んでしまった場合など、調整が必要になった場合に使います。

●鍵(チェーンロック)
ロードバイクはお手頃な価格とはいえません。

そのため、盗難される危険性も高くなります。
大切なロードバイクを守るためにも、鍵が必要です。

ちなみに、スマートフォンも必要な持ち物ですが、ほとんどの人が持って会社に行くはずです。
スマートフォンは、走行するルートや、道に迷った時のナビとして必要です。

充電を100%にしておくと安心ですね。

ロードバイク通勤はメリットだらけ!

ロードバイク通勤には、たくさんのメリットがあることが分かりましたか?

現在ロードバイクを持っているという人は、そのロードバイクを通勤に使ってみてはどうでしょうか。

また、ロードバイクを持っていないという人も、まずはお店でロードバイクを見てみてもいいかもしれませんね。