ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

mtbのブレーキの鳴きが気になる!鳴きの解消法と予防法

2017.5.19

mtbに乗られている方にとって、気になるのがブレーキのキーキー音(鳴き)ではないでしょうか。

今まで音がしなかったのに、急に鳴きだし、それが続くとストレスになりますよね。

今回は、ブレーキが鳴く原因と解消法・予防法をお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

使わなくなった自転車のタイヤなどのゴミはどう処分する?

使用しなくなった自転車の処分は、どうするか悩まれる方もいるのではないでしょうか? 自転車は、様...

チタンとステンレス、それぞれの自転車フレームの特徴!

自転車のフレーム素材といったら、アルミ、カーボン、クロモリあたりがよく使用されていますよね。 ...

タイヤサイズで26インチや700cってどのくらいの大きさ?

自転車のタイヤサイズは、様々な表記が入り混じっています。 単位はインチやmm、小数点表記だ...

自転車タイヤのバルブの種類と特徴!それぞれの交換方法

自転車タイヤに付いている、バルブをご存知でしょうか? このバルブは、実は3種類あり、それぞれ空...

自転車にキズ?!外装塗装をセルフメンテナンスしてみよう!

自転車に乗っていると、ちょっとしたことでフレームの外装塗装にキズを作ってしまいます。 自分...

高費用?低費用?パーツによってベアリング交換の値段は違う

ベアリングは機械が回転するための機構ことで自転車には豊富に使われています。 ペダル、BB、ホイ...

自転車にスピードメーター!?ロードバイクでどう活用する?

車には「スピードメーター」が装備されていて、一目で時速が分かるようになっていますよね。 自転車...

折りたたみ自転車のサドルを交換して快適に!おすすめもご紹介

折りたたみ自転車は、文字通り、折りたためる自転車です。 自転車を持ち運ぶ『輪行』に、とても便利...

ストライダーのハンドルをカスタムして快適に乗ってみよう

ストライダーの大会などに出向くとノーマルのものを見るのが珍しいくらい、皆さんカスタムをしています...

ジオスのミニベロパント!!おすすめなミニベロをご紹介

「ミニベロ」というのは、小さなタイヤを持つ自転車の総称であり、折りたたみの機能を持つものもあったり、...

自転車のvブレーキの特徴!ワイヤー交換方法と調整方法

vブレーキは自転車の中でも、とりわけmtbとクロスバイクに使われる事が多いブレーキです。 今回...

イーストンのホイールのレベルは?インプレはどうなってる?

イーストンは、金属チューブの加工で有名なメーカーです。 自転車部門では、フレームのチューブ...

ストライダーの大会に参加しよう!盛り上がる3歳の部!

自転車に乗るための練習用として、お子様をストライダーに乗らせているという方も多いでしょう。 し...

ブルックスなどの革サドル!痛いのに人気がある理由とは!?

イングランドの自転車サドルメーカー「ブルックス」。 品質第一の理念を変わることなく守りつづけ、...

ツールド東北は大人気で倍率が高い!東北の魅力たっぷり

「ツールド東北」というイベントがあります。 サイクリストなら一度は聞いたことがあるでしょうか。 ...

スポンサーリンク

mtbに使われているブレーキの種類と特徴

ブレーキが鳴く理由の前にまずはブレーキのことを知りましょう。

mtbに使われているブレーキはいくつかあって、Vブレーキ、ディスクブレーキ、カンチブレーキの3種類があります。

Vブレーキは、正面から見るとVの形をしているのでVブレーキと呼ばれています。

アーチが長く強いブレーキングが可能です。
また、レバーが軽いことも特徴の一つです。

そして、グレードがあり、上位はXTRやXTという名称になっています。

ディスクブレーキは、オートバイや自動車のブレーキと同じ構造で、他の2つのブレーキよりも強いブレーキをかけることかできます。

また、ディスクブレーキは泥の影響を受け難いことも特徴です。
雪も同様で、悪条件の中でも確実なブレーキングが可能になります。

ただし、ブレーキ鳴きしやすいというデメリットがあります。

カンチブレーキは、歴史が長いものの現在ではあまり使われないブレーキです。

メンテナンスが用意でブレーキの不具合が起き難いというメリットがあります。
しかし、製動力が少ないので現在ではあまり使われていません。

mtbのブレーキが鳴き出す原因

mtbのキーというブレーキ鳴きの原因は、動いているホイールに物が触れていることによって、起こることが多いです。
そのため、ブレーキシューとリムの接触が均一でないとブレーキ鳴きを起こす可能性があります。

また、この場合は弱くブレーキをかけたときにも高音で鳴るでしょう。
このようにブレーキ鳴きする場合は、幾つかの原因があります。

まずは、ホイール(リム)側が原因の場合です。
リム面に異物が張り付いていたり、リム面が磨かれていたりすることで起きます。

または、ブレーキシューが原因の場合があります。
この場合は、ブレーキシューが固化や炭化しています。

つまり、ブレーキシューが劣化しているため起きるということです。

それから、mtbによく使われているVブレーキは、ブレーキセンターが緩みやすいという欠点があります。

まず、停止状態でブレーキをかけてみてください。
そして、左右とも同じタイミングでリムが接触しているかを確認しましょう。

また、思いっきりブレーキをかけてみて、リムが左右どちらかに動いていないかも重要で、そのような場合は片効きになっており、ブレーキシューとリムの接触が不均一でブレーキ鳴きを起こします。

mtbのブレーキの鳴きの解消法

mtbはVブレーキだけでなく、ディスクブレーキでもブレーキ鳴きしやすいです。
どちらのブレーキでも対策としては、しっかりと組み立てられているのか確認しましょう。

また、Vブレーキの場合は、ブレーキシューがまっすぐ取り付けられていますでしょうか。
あからさまに差があるようなら自転車屋さんに持ち込むか、自分で調整して、ブレーキシューをまっすぐ設置してください。

しっかりとブレーキシューの位置調整ができないと何をやってもブレーキ鳴きが直らないのでブレーキシューの確認は絶対に行ってください。

次は、リム面のチェックです。

リム面を全体的に目視していきましょう。
何か付着して汚れていないでしょうか。

ディスクブレーキの場合は、砂や小石を挟んでいないでしょうか。
何か噛んでいたら千枚通しなどの尖ったもので取り除きましょう。

汚れがあるなら落としておくべきです。

それからブレーキシューにも異物が付着していないか確認してください。
リム面に筋が入っている場合は、ブレーキシューに異物が付着している証拠です。

何か付着していれば千枚通しなどで異物を取り除きましょう。

また、ブレーキシューが劣化していることが発覚した場合は、交換しましょう。

mtbのブレーキパッドが原因の鳴きを解消するには

mtbがディスクブレーキの場合で、ブレーキ鳴きするというのなら、ブレーキパッドをよく確認しましょう。

ブレーキパッドの表面がボコボコと凹凸ができていないでしょうか。
凹凸があるとブレーキ鳴きしてしまいます。

そのため、凹凸が確認できたら積極的に修正していきましょう。

修正方法は、まず石鹸水と一緒にゴシゴシと2つのブレーキパッドをすり合わせます。
すり合わせる時間は10分くらいで十分でしょう。

そうするとブレーキパッドの凹凸が削れていくので、ボコボコとした感覚が少なくなるでしょう。
ただし、あまりやりすぎるとツルツルになって製動力が弱くなってしまうので、ザラザラした感じが残るようにしましょう。

そして、よく乾かしてからmtbに再度装着してください。
それからブレーキをかければブレーキ鳴きの改善を実感できると思います。

しかし、ブレーキパッドの質が悪いとすり合わせている間にパッドが欠けてしまうことがあるので注意してください。

Vブレーキの鳴き対策にはブレーキシューの交換も効果的!

mtbが新車だというのにVブレーキがブレーキ鳴きしている場合は、乗り込んでみてください。
しばらく使っているうちにブレーキ鳴きが止む場合があります。

新品のブレーキシューが綺麗過ぎることがブレーキ鳴きの原因になることもあるのです。

そのため、予めヤスリで少し表面を削ってしまうこともブレーキ鳴き対策になります。

また、ブレーキシューの表面に溝を作る加工をすることで、ブレーキ鳴きを改善させることもできます。
しかし、慣れが必要なので加工することまではおすすめできません。

加工はやりたい人だけ行いしましょう。

そして、ブレーキシューを交換してしまうのも良い手です。
mtbのブレーキシューは様々なメーカーから発売されており、価格も安く、自転車屋さんで簡単に手に入ります。

そして、ブレーキ鳴きし難いブレーキシューも販売されているので、ブレーキ鳴きで困っているというのなら、そのようなブレーキシューに交換してしまいましょう。

それから、柔らかめで粘りのあるブレーキシューを使うと、滑らずブレーキ鳴きを起こし難いことを覚えておくと、良いブレーキシューを選べると思います。

Vブレーキの取り付け・調整方法

mtbのVブレーキ取り付けをするなら、ワイヤーはガイドの溝に沿って通して、それからブレーキを手で挟んでブレーキを効かせた状態で固定しましょう。

そのようにブレーキを効かせた状態にして、新品のワイヤーを使っている場合はそこからブレーキレバーを強く握ってさらに力を込めましょう。
そうすることで新品のワイヤーが程よく伸びて調子が良くなります。

そして、ブレーキシューの左右の感覚を調整しましょう。
それぞれ1.5mmか2mmくらいの隙間にしてください。

また、左右のブレーキのバランスも必要になるので、左右の隙間がだいたい同じになることを意識してください。

左右のバランスが異なっている場合は、調整ネジを回して調整しましょう。
調整ネジは、右を締めたら左を緩める、左を締めたら右を緩める、というように左右交互に行ってください。

そのような作業を繰り返すことでセンターが揃うと思います。

また、ブレーキ鳴きしないようにブレーキシューを調整しましょう。
コピー用紙を1枚用意して、ブレーキシューの後ろに挟みましょう。

その状態でブレーキシューを固定します。

つまりトーインになるようにブレーキシューを固定するのです。
そうするとブレーキシューがリムに巻き込まれること防げるのでブレーキ鳴きし難くなります。

ブレーキの仕組みを知り、有効な鳴き対策でキーキー音を予防!

今回は、mtbのブレーキ音がする原因と対策から、ブレーキやブレーキシューの交換法までをお伝えしました。

mtbのブレーキ音にお困りの方は、これを参考に解消法を試してみて下さい。

静かにしっかり止まれるよう調整することもmtbに乗る面白さにつながると思います。

 - 自転車全般