CATEGORY

まだまだ知りたい自転車のあれこれ

  • 2020年11月14日

自転車のペダリングはふくらはぎを効率的に使う方がよい!?

ロードバイクやMTBそしてママチャリなどすべての自転車に共通していることは自転車を漕ぐことです。自転車の動力源は、ライダー自身であるため必然的に漕ぐ必要性が生じます。自転車を漕ぐことは、一般的にはペダリングと呼ばれます。初心者ライダーに多いのが、ペダリングでふくらはぎに負荷をかけてしまうことです。今回は、自転車のペダリングとふくらはぎの関係について紹介します。

  • 2020年10月10日

自転車の種類によりポジションを前乗りにした方が乗りやすい

ママチャリやロードバイクなど自転車の種類を問わずライダーを悩ませているのがポジションです。自転車に乗っている時のポジションでしっくりきているひ人は少数派です。主な原因として、ライダーの特徴が自転車に合っていないことが挙げられます。通常であれば、パーツで調整を行いますが前乗りにすることで改善できる可能性があります。今回は、自転車の各種車体と前乗りポジションについて紹介します。

  • 2020年6月13日

自転車の車体性能だけが平均時速に影響するわけではない!?

自転車には、一般車とされるママチャリとロードバイクやMTBなどのスポーツ車に区分されます。それぞれの自転車によって車体性能は異なり、走行性能や安定性もさまざまです。自転車を乗るうえで気になることといえば、平均時速についてです。自転車は目的地へ訪れるための移動手段なので平均時速は欠かせないものとなります。今回は、自転車の車体性能と平均時速について紹介します。

  • 2020年5月9日

日々の通勤で自転車を使用する場合は片道10kmが限界!?

自転車通勤をしている人は年々増加傾向にありますが、その多くは片道10kmの距離を走行しています。日頃から自転車に乗っている人でなければ、片道10kmも走ることは難しいとされています。一般的には、誰しもが自転車通勤できる距離は片道5kmほどになります。自転車通勤が可能とされる距離は、自転車の種類によっても異なります。今回は、通勤で使用する自転車の種類と距離について紹介します。

  • 2020年4月11日

カメラ撮影を目的として自転車に趣味として乗る人が急増!?

最近よく見聞きすることは、付加価値を付けた乗り方をしているライダーが急増していることです。付加価値の中でも、カメラ撮影と自転車の趣味を組み合わせているライダーが数多くいます。カメラ撮影を行う上で、自転車との相性が良く手軽に遠い距離を移動できるからです。ただし、カメラ撮影と自転車を組み合わせる際に気を付けるべきこともあります。今回は、カメラ撮影と自転車の相性について紹介します。

  • 2019年2月1日

ロードバイクのディスクブレーキ化!メーカー別おすすめ機種

MTBやクロスバイクでは完全に主流となっているディスクブレーキですが、その流れがロードバイクにも押し寄せてきています。プロチームのレースでの使用の足並みが揃っていないこともあり、まだ主流とまでは言えませんが、消極的に思えたメーカーもラインナップさせてきていることからも流れは傾きかけています。そこで今回は、主力メーカーから筆者おすすめのディスクブレーキ搭載のロードバイクをご紹介します。ディスクブレーキはリムブレーキからの換装が原則不可能であり、完成車(フレームセット)から選ぶ必要がありますので、ぜひ参考にしてください。

  • 2018年12月29日

MTBを始めるならここから!メリダ・ビッグセブン100

MTBは車体が重く、表面がゴツゴツとして太いタイヤが装着されているので、用途が特定されてしまい、縁遠いイメージを持たれている方も少なくないかと思います。しかし、今回はそういったイメージがある方にこそおすすめしたい、メリダ「BIG.SEVEN(ビッグセブン)100」をご紹介します。メリダのMTBの中でも、かなりコスパの高い部類の一台ですので、自信をもっておすすめしていきます。

  • 2018年12月22日

簡単確実!ストライダーのホイール塗装方法を詳しく解説!

ストライダーは構造が簡単であるため、様々なカスタマイズが楽しめるのも魅力です。既存のパーツを組み合わせてオリジナルのストライダーにカスタマイズができますが、やはり特別なわが子には特別なパーツを使用したストライダーを与えてあげたいと思われるでしょう。そこで、普通のストライダーを、手軽に特別な1台にするのが「ホイール塗装」です。この記事では、そのストライダーのホイール塗装の方法を詳しく解説します。

  • 2018年12月17日

MTB最初の一台に!メリダ・ビッグセブン20MDの実力を知ろう

今回ご紹介するのはメリダのMTBの中でも、初心者向けのエントリーグレードとされる「BIG.SEVEN(ビッグセブン)20MD」 です。MTBが初めてという方はもちろんですが、ママチャリなどのシティサイクルしか乗ったことがないという方にも、スポーツバイクの入門機としておすすめです。また、今回は併せてメリダのMTBの全体像もお伝えします。

  • 2018年12月15日

メリダ・ビッグセブン500からMTB選びの判断基準を知ろう!

メリダは今でこそロードバイクのイメージも強くなってきましたが、元々はMTBで世界にその名を知らしめたメーカーです。ビッグチームに機材を提供し、何人ものチャンピオンクラスの選手の手助けをしてきた功績は非常に大きいものがあります。特にハードテイルのクロスカントリー用の品揃えは豊富で注目を集めますので、今回はそのクロスカントリー用の中から、27.5インチのビッグセブン500を取り上げます。