ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

サドルバッグで快適に楽しもう!持ち運び可能なおすすめ商品

2018.8.1

「荷物を乗せる」という考え方のないスポーツバイクには、カゴや荷台が標準装備されているものが、ほとんどありません。

そのため、サイクルウェアには大きな収納スペースがあり、サドルやフレームに取り付けるバッグが多数販売されています。

また、バッグに貴重品も入れると携帯しなくてはいけませんので、「外して持ち運びたい」と考えるようになるものです。

そこで今回は、外して持ち運ぶことも考えながら、サドルバッグをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ママチャリ運転でお尻が痛い!サドルの交換方法や選び方

大学生の通勤や、お母さんが買い物をするときに使われているママチャリですが、乗っていてお尻が痛くなる経...

ブレーキワイヤーの調整方法!自転車を長く使う為の秘訣

ブレーキワイヤーの調節方法をご存知でしょうか。 もしかたら、皆さんが知っているやり方は、自転車...

自転車タイヤの空気が抜けてしまう原因!虫ゴム・バルブ交換

自転車の空気がすぐ抜けてしまうことがありませんか? タイヤがパンクしたと思う方も多いのですが、...

徒歩と自転車、スピードはどのくらい違ってくるの?

皆さんの主な移動手段はなんですか? 徒歩でしょうか。 それとも、自転車でしょうか。 ど...

自転車の発進時に音がするのは故障か?異音の原因を考える

自転車に長く乗っていると、色々と不具合が出てくるものです。 「タイヤがすり減る」「ブレーキ...

オリンピックの自転車競技で日本人が弱いと言われる理由

オリンピックや自転車競技の大会を観戦していて、欧米人が強く、日本人が弱いのを目の当たりにすることがあ...

1時間の走行距離はどのくらい?自転車通勤がおすすめなわけ

自転車で1時間の走行距離は、自転車の種類や乗る人にも変わりますが、15~20kmほどと言われています...

自転車タイヤ交換、時間はかかるけど自分でやれば安く済む!

自転車に乗っていても、乗っていなくても、タイヤには寿命があり、定期的に交換する必要があります。 ...

ケイデンスセンサーが反応しない!ナゼ?どうしたら良い?

ロードバイクに乗っていると、いろいろなアクセサリーが欲しくなってきますよね。 また、自分がどの...

キャノンデールのCAAD12のサイズ50はどのくらいの大きさ?

アメリカの自転車ブランドの「キャノンデール」のロードバイクは、サイズが豊富なことで有名です。 ...

シマノ製のハブはカップ&コーン!ベアリングの種類について

普段お使いのロードバイクのハブベアリングは、どのメーカーの物をお使いでしょうか。 始めたばかり...

電動自転車のバッテリーの充電を長持ちさせる方法はある?

電動自転車に使われているバッテリーですが、間違った使用方法で使用すると、寿命を縮めてしまうこともあり...

スペシャライズドのMTBに注目!評判が良い理由は?

スペシャライズドは今でこそ、ワールドツアーに参加するチームにロードバイクを提供するメーカーですが...

シマノのハブダイナモは分解して交換や修理は出来るのか?

ロードバイクでは、あまり聞きなれない名前のパーツ「ハブダイナモ」。 このパーツは、一体どんなも...

自転車の油圧ブレーキから確実にエア抜きするメソッドを紹介

自転車の中でも特にMTBでは、ディスクブレーキの使用が一般的になってきています。 中でも、ある...

スポンサーリンク

自転車に取り付けるバッグと言えば「サドルバッグ」

自転車に取り付けるバッグには様々な大きさがあり、まずは、何を入れておきたいかによってバッグの容量を考えます。

最低限持っておきたいのは、パンクに対応するための、予備のチューブ、パンク修理キット、携帯用の空気入れなどです。

これを基本として、体に何も身に付けたくないのであれば、スマホや財布、タオルなども入れるスペースを確保したいですね。

さらに、遠出をするならば、駐輪するためのワイヤーロックなどのカギ類も必要ですし、夏であれば着替え、冬はウインドブレーカーなどの防寒具も入れておきたいところです。

このようなものを収納するために使うバッグの種類として、最も一般的なのはサドルバッグです。

文字通りサドルやシートポストに固定するバッグです。

このサドルバッグは、走行の邪魔になりにくい場所、ということで自転車につける収納ケースとしては、よく使われます。

取り付け方法は、ストラップでサドルのレールやシートポストに括りつける方式と、アタッチメントを固定してそこにバッグを差し込むという方式です。

簡単に外して持ち運びたいのであればアタッチメント式、固定力重視ならストラップ式と言われますが、今はストラップ式も、簡単に取り外せるものが多いです。

持ち運びできるサドルバッグも必要?

以前であれば、サドルバッグはウエストポーチ的な感覚で、工具やポケットティッシュくらいしか入らない、小型のものが主流でした。

もちろん、それでも事足りることもありますが、最近は「体に何も身に付けずに走りたい」という要望が増えてきており、最低でも1L以上の容量がある中型が主流になっています。

また、キャンプなどで宿泊まで伴うような場合は、着替えや防寒具に洗面道具、ワイヤーやU字ロックまで入る、5L以上あるような大型もあります。

そして、前項でもお話しした荷物の中でもスマホや財布などの貴重品を入れるとなると、今度は自転車から外して持ち運びすることを考えなくてはなりません。

つまり、ここは個人の乗り方や用途も関係してきます。

例えば、「目的地まではなるべく寄り道をしない、休憩は自転車が見える場所で取る」こんな乗り方であれば、バッグを持ち歩くことは考えなくていいかもしれません。

しかし、「コンビニに寄ることもあれば、お店で食事もしたい、目的地では街歩きもする」このような状況であれば、持ち運びに便利なバッグを選ばなくてはなりません。

持ち運びをする際に便利なサドルバッグ①

それではここから、筆者がおすすめするサドルバッグをご紹介していきます。

【REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン):Terrapin(テラピン)】

参考価格:¥22,950(税込み)

取り付け方法はストラップ式ですが、自転車に取り付けるベース部分と収納部分が別になっているので、荷物を入れた部分だけを取り外して持ち運びができる仕組みです。

最大14Lという大容量ですが、開口部分をロールして容量を調節できます。

そのため、短距離の街乗りでも、ツーリングなどのロングライドにも対応できますし、完全防水加工なので貴重品を入れても心配ありません。

【OSTRICH(オーストリッチ):スマートイージーパック・インナーバック付属】

参考価格:¥8,500

輪行袋でも有名なオーストリッチのサドルバッグですので、強度や耐久性は抜群に高いものがあります。

日本メーカーということで体型に合わせて低めのシートポストでも、5㎝ほど露出していれば装着可能です。

また、付属のインナーバッグは「たすき掛け」が可能なので、取り外してボディバッグとして活用することもできます。

持ち運びをする際に便利なサドルバッグ②

前項に引き続き、筆者がおすすめするサドルバッグをご紹介します。

【rin project(リンプロジェクト):トラベルサドルバッグ14L】

参考価格:¥15,120

こちらは、バック上部のストラップが掛け替えられるようになっており、サドルから外した際はリュックとして持ち運びができる仕様です。

防水性に優れているのはもちろんですが、タイヤとの擦れを防ぐプロテクターも付属しており、サドルバッグとしても機能性が高いです。

また、リュック用のストラップは、サドル取り付け時に荷物を固定するものとして利用できるので、ウインドブレーカーなどを挟みこんでおけます。

【FAIRWEATHER(フェアウェザー) :seat bag mini black】

参考価格:¥8,700

こちらは中型サイズで見た目はコンパクトですが、開口部がロール式なので、最大1.5Lまで入る容量があります。

そのため、携帯式の空気入れやボンベまで収納可能です。

生地の表面はテフロン加工で汚れづらく、裏面には防水フィルムがラミネートされていますので、激しい雨でも染み込みの心配がありません。

さらに、コンパクトにまとめられますし、見た目にもサドルバッグ感が強くないので、街歩きに持ち運べて、違和感もありません。

大容量のサドルバッグがおすすめの理由とは?

今回、筆者がご紹介したサドルバッグは、外して持ち運びができることを優先しています。

したがって、スマホや財布、着替えや防寒具まで入れられる大容量のものが多くなりました。

そして、大容量のものをおすすめするのは、筆者自身が苦い経験をしてきたから、という理由もあります。

以前から自転車通勤をしていましたが、まだ今のようにサドルバッグの種類がなかった頃は、リュックを背負っていました。

実際にリュックを背負って走ると分かりますが、疲れがたまってくるので、特に帰り道では必要以上の重さを感じます。

また、夏場は蒸れてしまうので、背中が汗でベトベトになって、とても不快でした。

さらに、上着のポケットに入れていたスマホが、ちょっとした段差を超えた際に飛び出てしまい、画面が割れた経験もあります。

こういった経緯もあるので、できるだけ荷物を身に付けなくて済むサドルバッグは、ぜひとも使っていただきたいアイテムです。

サドルバッグは大は小を兼ねない?

最後にサドルバッグについて注意点をお伝えさせていただきます。

ここまで大容量のサドルバッグについてお伝えしてきましたが、実は大は小を兼ねるという考え方はあまり好ましくありません。

走行時には地面から衝撃がきますので、サドルバッグは想像以上に大きく揺さぶられます。

その際に、バッグの大きさに対して中に入っている荷物の量が少ないと、中で暴れ回ってしまうので気になりますし、思わぬものが破損してしまう可能性もあります。

また、容量が大きくなれば当然ながら重量が嵩みますし、バックが大きいと空気抵抗も増えますので、坂の上りが厳しくなります。

さらにダンシング(立ち漕ぎ)では、車体を左右に振りづらいですし、横風にあおられれば転倒する危険性すらあります。

持ち運びをしたい荷物の量にもよりますが、峠などが連続するようなライドの際は、なるべくコンパクトなサイズにしておいた方が賢明です。

あとは、スマホや着替えなど、濡れてしまうと困るものもありますので、防水性能は重要です。

撥水加工は、ほぼどのバックでも謳っていますが、ツーリングなどでは山に行くこともあり、ゲリラ豪雨などの激しい雨では染み込んでしまう可能性もあります。

そのため、完全な防水加工になっているか、カバーが付いているものがおすすめです。

このように容量が大きいことによる弊害も起きかねないのです。

荷物が多い場合には、容量の持ち運びのできるサドルがおすすめですが、そうではなく、かつ走ることをメインに考えているのであれば、小さめのサドルバッグを選択するのが良いですね。

走行距離が伸びるに伴って持ち運ぶ荷物が増えていく!

今回は、サドルバッグについてお話ししました。

自転車で長い距離を走るようになると、想像以上に、持ち運ばなければならないアイテムが多いことに気付くはずです。

また、リュックなどは、身に付けるうっとおしさも感じるようになるので、サドルバッグ購入の必要性が出てきます。

その際のバッグ選びに、今回のお話が参考になれば幸いです。

 - サドルバッグ, 自転車のアクセサリー, 自転車全般