ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

bianchiのロードバイクで女性におすすめのモデルは?

2018.6.4

これまでは、男性向けの趣味と思われてきたロードバイク。

しかし、最近はさっそうとロードバイクを駆る女性の姿を見かける機会も増えてきました。

特に女性から人気が高いのが、「青空」を意味するチェレステというブルーのカラーリングで有名なイタリアのブランド、bianchiです。

今回は、初心者の女性に向けたbianchi(ビアンキ)のロードバイクの選び方についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクのホイールを考える!ロングライド向きなのは?

ロードバイクはスピードが身上ですが、ドロップハンドルや大口径のホイールは長距離・長時間を走ること...

シマノ105がR7000に進化!アルテグラ・R8000との違いは?

シマノのロードバイク用コンポは、2016年より型番の頭にロードを表す「R」が付くようになりました...

新シマノ・105搭載のロードバイク!アンカー 「RS8 EQUIPE」

2018年シマノのロードバイク用コンポ「105」が、R7000にモデルチェンジされました。 ...

メリダ・スクルトゥーラ100の2018は上位にも引けを取らない

メリダのエースロードバイクの「スクルトゥーラ」ですが、アルミフレーム車のフレームに関しては、どの...

ロードバイクのシートポストはオフセットの有無でどう違う?

ロードバイクに乗る方にとって、走りの快適さはとても重要ですよね。 それには、サドルの位置も大き...

スペシャライズドの「VENGE・VIAS」の実力を検証

スペシャライズドのエアロロードバイク「VENGE(ヴェンジ)」は、まだエアロロードバイクが一つのカテ...

趣味や趣向のあるサイクルライフを楽しく始めませんか?

大人になってはじめる「趣味」には、いくつかのハードルがあります。 家族やお金や時間のことだった...

ロードバイクのタイヤにボントレガーを選ぶのはどうなのか?

ボントレガーは、世界的な自転車メーカーである「Trek(トレック)」傘下のパーツブランドです。 ...

ロードバイクのホイールは調整が不可欠~必要な箇所はどこ?

ロードバイクはレースの機材として開発されていることから、メンテナンスが不可欠です。 特にホイールは...

シマノのハブをメンテナンスしよう!グリスアップの方法は?

皆さんは、ご自身が乗る自転車のメンテナンスを定期的にしていますか? また、近年の自転車ブームで...

コルナゴのコンセプトを試乗者のインプレから検証する

今や空力性能に特化した「エアロロードバイク」は、レースでの大活躍もあり、一つのカテゴリーとして確立さ...

シマノのロードバイク用ホイールrs31の後継【rs330】の実力

シマノの凄いところは、ハイエンドクラスの製品ばかりではなく、エントリーモデルの品質も高いところに...

シマノのクラリスについて。世界的にも評価の高いシマノ!

シマノのコンポーネントは世界的に見ても高い評価を得ています。 シマノのコンポーネントは、各グレ...

ロードバイクホイールの王道カンパニョーロ!グレード別一覧

ロードバイクは完成車で購入するにしても、フレーム買いをするにしてもパーツをカスタムしながら自分好みに...

メリダ製フレームはトップシェア!中古を探して安価に組もう

メリダ製のフレームは、さまざまなメーカーに提供されているのはご存知でしょうか? メリダでは、O...

スポンサーリンク

bianchiのロードバイクの代名詞、チェレステ

bianchiはイタリアの自転車メーカーで、創業は1885年といわれており、実は現存する世界最古の自転車ブランドです。

さまざまなビッグレースでも使用されるなど、ベテランのロードバイク乗りからも信頼の厚いブランドである一方で、おしゃれなデザインで女性からも高い人気を誇ります。

bianchといえば、なんといっても有名なのはそのカラーリングでしょう。

そのさわやかで美しいブルーはイタリア語で「青空」を意味する「チェレステ」と呼ばれており、いまやbianchの代名詞的な存在です。

同じような青色にみえますが、実は毎年、微妙に色味が変わっているのをご存知でしょうか?

イタリアの職人が毎年、ミラノの青空をみて配合を決定する、ともいわれており、真偽のほどはともかく、さすがデザインにこだわるイタリアン・ブランド、と思わせられますね。

bianchiのロードバイクに女性向けモデルはある?

かつては男性だけの趣味、と思われていたロードバイクですが、近年は、人気コミックやアニメの影響もあり、女性ライダーも増えてきました。

その動きに対応するように、giantのようにいち早く女性専用のロードバイクブランド、「Liv」を立ち上げるメーカーも現れています。

もちろん、ロードバイク自体はユニセックスな存在ですが、男性と女性ではどうしても体格差、体型差があるのも事実です。

他ブランドで女性向けのモデルを見ると、一般モデルとの違いは、ピンクなどのフェミニンなイメージのカラーリング、コンパクトなサイズのフレーム及びサドルの形状、といったところでしょうか。

しかし、日本でのbianchi、2018年モデルのラインナップをみるかぎり、残念ながら特に女性向けのモデルは用意されていないようです。

bianchiのロードバイクで女性におすすめのフレームのサイズは?

女性から「bianchiのロードバイクが欲しいけれど、どれがおすすめ?」と相談を受けたらどのモデルを推薦すればよいでしょうか。

ここでネックになるのがフレームサイズです。

bianchiの2018年モデルをみると、ロードバイクではフレームサイズが47/50/53/55/57の5種類用意されているモデルが多いことに気がつきます。

最小サイズとなるフレームサイズ47は適応身長が160㎝~170㎝と説明されていますが、実際にはその中間の165㎝の方にちょうどよいサイズ、といわれています。

しかし、調査によると20歳以上の日本人女性の平均身長は154.2cmとなっています。

よって、最小の47サイズのフレームであっても、平均的な女性の身長ではフィッテイングが厳しいことになります。

47よりも小さい44サイズのフレームが用意されているのは、カーボンフレームのINTENSO(インテンソ)及びアルミフレームのIMPULSO(インプルーソ)です。

44サイズのフレームの適応身長は、一般的に160㎝±5㎝といわれているので、「これなら乗れる!」という方も多いのではないでしょうか。

bianchiで女性におすすめのロードバイクその1:INTENSO

bianchiのロードバイクで小柄な女性にも適応可能な44サイズのフレームが用意されているのは、前項で述べたように、INTENSOとIMPULSOです。

まずは、INTENSOからみていきましょう。

INTENSOの特徴は、その優美なデザインのカーボンフレームです。

価格ではアルミフレームを採用するIMPULSOが¥173,000(税抜)なのに対し、INTENSOが¥208,000(税抜) (いずれもシマノ105モデル)とINTENSOが約3万円高くなっています。

カーボンフレームでコンポーネントにシマノ105を採用してこの価格は、はっきりいってバーゲンセールのようにも思えますが、ビギナーにとっては3万円の差はやはり大きい、と感じるかもしれません。

アルミよりもカーボンが優れているのは、高剛性でありながらしなやかな乗り味。

特に、長距離を走る際には、他の素材のフレームよりも疲労が軽減されるのでありがたいですね。

ツーリング志向が強い女性であれば、こちらをおすすめしたいところです。

また、一般的にトップチューブが地面に水平なホリゾンタルフレームよりも、斜めになっているスローピングフレームの方が、コンパクトな仕上がりになります。

それを考慮すると、INTENSOの方が小柄な方が多い女性には、おすすめといえるかもしれません。

bianchiで女性におすすめのロードバイクその2:IMPULSO

IMPULSOとはイタリア語で「稲妻」(インパルス)の意味です。

溶接跡も美しく処理されたアルミフレームは、カーボンにも負けない軽量さ、振動吸収性を誇り、さらにアルミロードバイクならではのクイックな操縦性も楽しめます。

また、女性ライダーの中にはbianchiといえばチェレステカラー、という方も多いでしょうが、INTENSOの場合、2018年モデルはマットブラック×チェレステカラーとなっています。

チェレステカラーがアクセントに使われていて、とてもシックなカラーリングですが、鮮やかさでは単色のカラーリングに軍配が上がります。

どうしてもチェレステカラーのbianchiに乗りたい、というのであればIMPULSOの方が良いでしょう。

もちろん、性能の方も、完成車で9㎏を切る軽量さに加えて、より状態の起きたポジションでロングツーリングも楽々こなすなど、この価格帯で購入できるロードバイクの中でも、抜きんでたものを持っています。

鮮やかなチェレステカラーに一目ぼれして、見た目で選んでしまっても、がっかりすることがない、実力派の一台です。

ロードバイクが欲しい女性が気を付けなければならない点は?

女性の場合、男性に比べると小柄な反面、手足の長さでは男性よりも長いことが多いので、1サイズ大き目のロードバイクでも大丈夫、という人もいます。

ただし、あまり無理をするのはおすすめできません。

bianchiの場合、フレームサイズ47が主流で、モデルもカラーリングもそちらの方が豊富なので、どうしてもそちらに目が行きがちになってしまうのは仕方がないかもしれません。

とはいえ、ロードバイクはあくまでもスポーツするための道具です。

身体に合っていない道具を使うことは、知らないうちに自分の身体にダメージを蓄積していってしまうことになります。

それが続けば、最終的には自分の身体の故障にもつながりかねませんし、それ以前に、乗っていても楽しめないでしょう。

大きいサイズのフレームのロードバイクにのると、ハンドルが遠くなってしまうことから、特に腰への負担が強くなります。

一般的に、フレームは小さい方が調整代は大きく、迷ったら小さい方のフレームサイズを選ぶのが鉄則といわれています。

海外の有名なレースをみていても、大柄な選手が、コンパクトなフレームのロードバイクに乗っているのをみかけることは少なくありません。

ロードバイクに関しては、「大は小を兼ねない」ことは理解しておいた方がよいでしょう。

特に長距離を走ることが多いロードバイクではポジションに関しては妥協せずに、徹底的にこだわっておくことが大事です。

bianchiならロードバイクを始めたばかりの女性にもおすすめ

いかがでしたか?

女性のロードバイク選びですが、男性に比べて選択肢が少ないのが現状です。

女性に人気のイタリアン・ブランド、bianchiであってもその状況は変わりませんが、それでも、INTENSOやIMPULSOという本格的なロードバイクが選べるメリットは大きいでしょう。

この2台は、本格的な仕様ながら価格も比較的リーズナブルなので、身近にロードバイクに挑戦したい、という女性がいればbianchiは良い選択肢の一つになるでしょう。

 - LOUIS GARNEAU, LOUIS GARNEAU ロードバイク, メーカー, ロードバイク