ビアンキのロードバイクと言えばチェレステだが白はどう?

ビアンキとは?と問われた際に、ほぼ100%に近いロードバイク乗りは「チェレステ」と答えるはずです。

チェレステはビアンキを象徴する色で、母国イタリアでは1つの色の種類として認定されているとも言われています。

そういった状態ですから、ボディカラーも圧倒的にチェレステなんですが、他の色もあります。

例えば白などはチェレステとの相性が良さそうなので、多く採用されているのでしょうか?確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メリダのロードバイクとシマノ・105の関係性を考える

シマノのロードバイク用コンポのミドルグレードで、幅広く完成車に採用されているのが「105」です。...

ビアンキのロードバイクの気になるインプレをチェック!

ウェブ上では「インプレ」という言葉を良く目にしますが、これは「インプレッション」の略語で、印象や感想...

トレックのロードバイクは定価販売!ではなぜセールがある?

トレックを始めとする大手スポーツバイクメーカーは、ロードバイクなどを通常では値引き販売しません。...

小柄な方必見!メリダのスクルトゥーラ410は小柄な専用設計

メリダのスクルトゥーラは主流バイクだけあり、とても種類が豊富です。プロが実際にレースに使うモ...

ロードバイクの補助ブレーキを外すタイミングはいつ?

ロードバイクは、基本的にドロップハンドルです。それに伴って、ブレーキとシフターが一体型となってい...

トレックの凄いグリップで快適!クロスバイクのグリップ交換

「トレック」のクロスバイクのグレードが「FX3」以上であれば、独自の技術が盛り込まれた振動吸収性...

自転車界に新風を吹き込む!スペシャライズド「セコイア」

ロードバイクは基本的にはレースに使用する自転車というコンセプトなので、フレーム形状も組みわせてあ...

ラレー crfの乗り心地は?クロモリロードの実力をチェック

ラレー crfは伝統的なクロモリフレームを採用したロードバイクです。最新の実力派コンポを採用...

ルイガノの人気クロスバイク・rsr4のレビューを確認する

ルイガノと言えば、カナダのスポーツメーカーですが、日本での自転車部門はアキコーポレーションがライ...

大きく変わる!ピナレロの2018モデルと2019モデルを比較する

秋の時期ともなると、各メーカー、ブランドの2019モデルが出揃い、そろそろ店頭にも並び始めていま...

日本にもアルミ再興の流れが!アンカーのロードバイク・RS6

今回はアンカーのロードバイク「RS6」を取り上げます。世界的に再興ムードが高まっているア...

ロードバイクのクラックは珍しいものではない!?

ロードバイクともなると、最低でも10万円から、高いものでは100万円を越えるものもあります。この...

ロードバイク購入したら、ブログに記録を残そう!

今、自転車の中で、とても人気のあるスポーツバイクのロードバイク。しかし、ロードバイクは他のスポー...

存在感は薄れない!ピナレロ・GANをブログから考察する

ピナレロの「GAN(ガン)」は、先代のフラッグシップモデル「DOGMA(ドグマ) F8」のセカン...

シェファードシティをカスタムしてどこを目指そうか?

皆さんは「ライトウェイ」というメーカーを、ご存知でしょうか?日本のメーカーで自社ブランド...

スポンサーリンク

ビアンキの「チェレステ」へのこだわり

ロードバイクのボディカラーは性能には一切関わりがありませんので、完全に見た目だけの問題であり、自分の好みが最優先です。

ビアンキの「チェレステ」、ジオスの「ブルー」など、そのブランドを代表するカラーはありますが、それにこだわる必要もありません。

しかし、長年にわたってイメージ付けがされて来ただけあり、確かにビアンキの「チェレステ」に対するこだわりは尋常ではありません。

2018年のロードバイクは全17シリーズですが、全てにチェレステカラーのフレームがあります。

さらには、別のボディカラーの機種でも、必ずどこかしらには挿し色としてチェレステを入れています。

珍しくチェレステがないと思っていたら、ホイールのバルブキャップがチェレステだったりします。

そんな中で「白」は、チェレステとの相性は悪くないと思うのですが、ビアンキのボディカラーとしては極めて採用率が低い色です。

ビアンキにも他の色が似合うロードバイクがある!

私だけかもしれませんが、チェレステカラーのロードバイクを見掛けると「ビアンキだな」と条件反射的に思ってしまうのは事実です。

それだけビアンキ=チェレステというイメージになっており、色だけでここまでイメージを固定させるのは凄いの一言です。

しかし、色は好き嫌いの問題もあり誰もが好む色など存在しないわけで、ビアンキは好きだけどチェレステはどうも苦手という人もいます。

例えば、2018年のロードバイクのニューモデル【ARIA(アリア)】には、赤のボディカラーがあります。

ビアンキでは赤も白に匹敵するくらい採用率が低い色です。

アリアはエアロロードなので太いチューブを採用していますが、赤がとても映えています。

また、トップチューブからフロントフォークにかけての黒のラインが、絶妙に赤とマッチしており秀逸なデザインになっています。

アリアにはもちろんチェレステカラーの車体もありますが、赤の方が明らかに速そうに見えます。

「速そう」というのは個人的なイメージですが、スピードが最優先のエアロロードならそれもあながち間違いではないでしょう。

ビアンキで白のボディーカラーを採用しているロードバイク

今回は「白」がテーマですから、ビアンキのロードバイクで白のボディーカラーを採用しているロードバイクを紹介します。

2018年モデルは、【VIA NIRONE7(ヴィアニローネ7)】シリーズのみです。

ヴィアニローネ7はビアンキのロードバイクの中では、最廉価のエントリーモデルです。

名前が創始者が初めてお店を出した場所に由来しており(ニローネ通り7番地)、いわゆる1号店の場所が冠されているバイクです。

それだけにエントリーモデルとはいえこだわりが強く、販売実績も好調なので不動のロングセラーになっています。

ビアンキの中では、長距離走行に適したエンデュランスモデルに位置付けられています。

カーボンの数倍衝撃吸収性に優れている、「ケルバー繊維」がフロントフォークとシートステイに挿入されています。

また、アップライドな姿勢で乗れますので初心者のみならず、ロードバイクをゆったりと楽しみたいユーザーにも人気の1台です。

シマノのコンポによって3つの機種がありますが、いずれも白の車体カラーが用意されています。

「ヴィアニローネ7」は白の車体+チェレステラインが秀逸

ビアンキのヴィアニローネ7ですが、白のボディーカラーの車体には、数ヶ所にさりげなくチェレステのラインがあしらわれています。

ハンドルやバーテープ、サドルが黒なので、そのコントラストが目を引きます。

ロゴがシルバーで少し見ずらい感じですが、ビアンキはロゴのデカールが目立ちすぎるという意見もあるので好みの問題でしょう。

見た目に対する個人的な印象ですが、ビアンキらしいオシャレ感があるカラーというところです。

白は膨張色なので全体的にボテッとしてしまいがちですが、ニローネは割とすっきりとまとまっている感じで、好き嫌いが出ずらいのかなと思います。

また白ボディ+チェレステのラインの相性が良いので、ビアンキらしさ=チェレステとするならば、らしさも失われていないと言えます。

以前、ビアンキストアに出向いたときに店員さんに聞いたことがありますが、ロードバイクでもかなりの人気カラーということでした。

その証拠に、白の車体のヴィアニローネ7が展示してありましたので、間違いないところです。

ビアンキのロードバイクには色をオーダーメイドできる車種がある

ビアンキのロードバイクには、ボディカラーをオーダーメイドできる「タボロッツァ」というシステムがあります。

ただし、プロチームにも提供されているフラッグシップモデル【SPECIALISSIMA(スペシャリッシマ)】、【OLTRE XR4(オルトレXR4)】の2機種のみです。

ビアンキのホームページ上でボディカラー(15色)、ライン(14色)、ロゴ(6色)そして、全体的に艶消しにするか光沢にするかを選択して、組み合わせを完了させます。

それをプリントアウトしてビアンキストアに持って行き、オーダーします。

ちなみに費用は、車体価格+3万8千円になります。

組み合わせが画像で確認できるので、タボロッツァをオーダーしなくてもボディーカラーのイメージをつかむのに使えます。

2,000種類以上の組み合わせが可能なので、ぜひとも試してみてください。

ビアンキのロードバイクに白を挿し色で使う

今回の話の流れから、白い車体のロードバイクを求めると、ビアンキの場合は両極端になることが分かります。

ヴィアニローネ7は最廉価モデルですし、タボロッツァは車体価格が軽く100万円を超えるようなモデル限定です。

そうなると、別の機種では自分で白を挿し色として入れるしかありません。

例えば、ドリンクのボトルをダウンチューブに支持する「ボトルケージ」は、結構目立ちますのでアクセントが付いて良いです。

目立つと言えば、ハンドルに巻く「バーテープ」ですね。

常時握っている場所なので汚れやすく、汚れが目立つ白は敬遠されがちですが、インパクトはあります。

あとはタイヤですが、表面のゴム全体が塗装されているカラータイヤは、安全面に不安があることもあり、安易におすすめとまでは言いにくいです。

しかし、サイドのみが塗られているタイプなら、走行時に影響が少ないのでオシャレのひとつとして活用したいところです。

パナレーサーの「クロ-ザープラス」や「ツーキニスト」、ブリヂストンアンカーの「EXTENZA(エクステンザ)」などが代表的です。

ビアンキ=チェレステをあえて覆す選択も

今回はビアンキのロードバイクの色にまつわる話をしました。

余りにもビアンキ=チェレステのイメージが強すぎるので、こだわりを理解した上で、あえて別の色を選択するのも悪くありません

チェレステは挿し色として必ず入ってきますので、別のボディカラーでも良いということです。