ロードバイクのタイヤは700c!インチに換算してはダメ

いきなりですが、ロードバイクのタイヤサイズは「700c」と覚えてしまってください。

これからお話していきますが、自転車のタイヤサイズは規格が入り乱れ、表記がまちまちなので非常に分かりづらいです。

そのため、自分が乗っている車種のタイヤの規格と、サイズの表記方法を覚えてしまうのが、最も間違いが少ないです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日本もバイクブランドはある!アンカーのロードバイクの評価

ロードバイクに限りませんが、何か大きな買い物をする時に自分の考えだけで決めるのは難しく、評価や評...

自転車ホイールの歪みを見逃すな!チェック方法とは!?

自転車に乗っていて、なんだか走りにくい・・・なんて経験ありませんか?もしかしたら、それは...

ルックのロードバイク765はどんなシーンで活躍する?

フランスのLOOK(ルック)といえば、ロードバイク用のビンディングペダルが有名です。また、ロード...

自転車ブレーキがキーキーうるさい!鳴きの原因を解明しよう

自転車のブレーキをかけたと同時に、物凄いブレーキ音が鳴った経験はありませんか?自転車のブレー...

あったら便利!?ロードバイクに補助ブレーキは必要なのか

ロードバイクといったら、ハンドルの先端が下に大きく曲がったドロップハンドルが特徴的なスポーツ自転車で...

trekのロードバイクを「激安」価格で購入できる?注意点は?

日本人は「激安」「特価」「大売出し」のような謳い文句に弱いところがあり、値引き販売に飛びつく習性のよ...

フラッグシップの実力は?ピナレロ・ドグマのインプレ評価

ピナレロの「DOGMA(ドグマ)」は押しも押されぬフラッグシップモデルであり、今世界で一番レースに勝...

ピナレロは安いモデルでも相場以上の価格!その理由とは?

ロードバイクはプロがレースに使用する物も市販されますので、高額なイメージが付きやすいものです。...

テクトロブレーキの利きは良くない!?おすすめは105以上?

ブレーキは命に関わるほど重要なパーツです。しかし、安価な完成車に搭載されていることが多いテク...

シマノのコンポーネントを互換性表を参考にグレードアップ!

ロードバイクを購入してから、暫く乗っていると、今のコンポーネントだとギアの段数が少なくて「坂がつらい...

ANCHORのクロモリロードの中で「RNC3 EX」をおすすめするわけ

今回ご紹介するANCHORの「RNC3 EX」は、クロモリフレームの完成車であり、一番下のグレー...

ロードバイクのクラックは珍しいものではない!?

ロードバイクともなると、最低でも10万円から、高いものでは100万円を越えるものもあります。この...

マビック製アクシウムは安くて特殊?グリスアップは必要か

フランスの自転車部品メーカー「マビック」。ツール・ド・フランス等を含めた自転車ロードレース等...

ロードバイクで使うシューズカバーって何?自作出来るの?

ロードバイクに乗っている人のビンディングシューズに、カバーがされているのを見たことはありませんか?...

自転車のハンドルロックを交換しよう!故障の原因と対処法

自転車のハンドルロックが故障してしまった時、修理を行うか交換をしなくてはいけません。もし、そ...

スポンサーリンク

ロードバイクのタイヤは「WO(ワイヤードオン)」

自転車のタイヤには規格が複数あり、それぞれが譲らずに主張を続けて、現在に至ります。

タイヤサイズに、26インチや700cという、異なる表記があるのはそのためです。

タイヤは単体では、ただのゴムの塊であり、ホイールにはまって、初めて車輪として機能します。

タイヤのホイールにはめる部分のことを「ビード」と言いますが、ビードの形が違うことから、規格の乱立が始まります。

現在は、イギリスやフランスで古くから用いられていたWO(ワイヤードオン)が、自転車全体の80%を占めています。

一方、アメリカで多く採用されていたHE(フックドエッジ)が20%となっています。

そして、WOでも、イギリス規格とフランス規格に分類がされています。

ママチャリなどのシティサイクルは、イギリス規格。
ロードバイク・クロスバイクは、フランス規格です。

また、HEは、MTBやミニベロに採用されています。

自転車のタイヤにはインチ表記とミリ表記がある

市販されているタイヤのサイズは、外径×幅で表されていますが、規格の違いによって、表記方法が異なります。

WOイギリス規格は外径・幅をインチで表記し、幅は整数で表せないサイズもあるので、その場合は分数で表記します。

例えば【26×1-3/8】という表記のママチャリ用タイヤは、外径26インチ・幅1-3/8インチという意味です。

ここで、1インチ=何センチという質問が良く出ますが、1インチは2.54センチです。

しかし、自転車のタイヤの場合は、インチをセンチやミリに換算すると、余計にややこしくなってしまいます。

そのため、インチ表記のものは、インチで覚えたほうが賢明です。

一方、同じWOでもフランス規格はサイズをミリで表記し、適応するホイールのリムの規格を表す記号が末に付きます。

ロードバイクの代表的なサイズである【700×25c】は、外径700ミリ・幅25ミリで、c規格のリムに適合するタイヤという意味です。

ロードバイクのホイールは一部を除き700cなので、タイヤも700cを選べば、ほぼ間違いありません。

MTBなどに採用されているHEは、外径・幅をインチで表記し、幅の整数以外は、小数点表記になります。

【27.5×1.75】などが一般的で、外径27.5インチ・幅1.75インチという意味です。

なお、WOイギリス規格と同じインチ表記ですが、例え同じインチ数であったとしてもビードの形が違うので、互換性は一切ありません。

ロードバイクのタイヤの互換性は「ETRTO」で確認する

自転車のタイヤについては、自分が乗っている車種の規格を把握してしまえば、間違いは少ないはずです。

ところが、最近は車種の垣根を超えたカスタマイズなども流行っており、MTBにロードバイク用のタイヤを履きたいというような要望もあります。

そうなると互換性を確認しなければいけませんが、その際に役立つのが、統一規格の「ETRTO」です。

ETRTOは、タイヤの外径ではなく、ビード径で表されます。

ETRTOのビード径が同じであれば、リムにはめられるという意味なので、互換性があることになります。(WOとHEは互換性無し)

ETRTOは、タイヤ幅-ビード径の順番で表され、単位はミリに統一されています。

例えば、ロードバイクの700×25cは、ETRTOでは「25-622」となります。

そのため、WOのETRTOのビード径622ミリのタイヤであれば、例え○○インチと表記されていても、基本的にはロードバイクに適合すると考えて大丈夫です。

現在は従来の規格の表記と共に、ETRTO表記も義務付けられていますので、互換性の確認が随分と行いやすくなりました。

MTBの26インチと27.5インチは規格が違う

ETRTOは互換性を見るうえでは、非常に便利な規格ですが、幅の表記が全てミリになるので、数字だけでWOかHEを判断することができません。

現在は、MTBやミニベロにもWO規格のタイヤが存在するので、間違いが起きやすくなります。

そのため、ETRTOでビード径を確認し、幅は従来の表記で確認するのが、間違いが少ない選び方になります。

具体的な例を挙げてみますと、MTB用のタイヤは26インチはHE、27.5インチや29インチはWOです。

そのため、26インチのMTB用タイヤは、WO規格のママチャリには適合しません。

また、今のMTBの主流である27.5インチはWOのため、650Bというサイズ表記も見られます。

しかし、ETRTOのビード径は584ミリ、しかもB規格のリムなので、ロードバイクには適合しません。

29インチ(29er)は、ビード径が622ミリでc規格リムのため、ロードバイクに適合しますが、問題は太さです。

従来のロードバイクのフレームは、20~25cのタイヤを履くことを前提に設計されています。

ところが、29er用のMTBタイヤに、そんなに細いものはありません。
そのため、MTB用のタイヤをロードバイクに履かせるのは、ほぼ無理と考えられます。

インチ分数表記と小数点表記は規格の違いと覚えてしまう

ここまでの話を、いったん整理してみましょう。

自転車のタイヤの規格は、まず、WO(ワイヤードオン)とHE(フックドエッジ)に分かれます。

これはタイヤをホイールにはめる部分のビードの形状の違いなので、2つの規格に互換性はありません。

WOは、イギリス規格とフランス規格に分かれ、サイズの表記方法が異なります。

イギリス規格はインチ分数表記、フランス規格はミリ表記です。
また、同じWOであれば、ETRTOのビード径が合えば、互換性があります。

一方、HEは、インチ小数点表記です。

小数点はHEだけの表記方法なので、この時点で、WOとの互換性無しと覚えてしまえば簡単です。

タイヤの互換性に関しては、ETRTOのビード径で分かりますが、幅に関してはフレームとの関係なので、また別問題です。

例えば、ETRTOが同じ622ミリでも、幅が35ミリもあるタイヤは一般的なロードバイクにはめることは、ほぼ不可能です。

しかし、市場には700×35cというタイヤが出回っていますので、間違いが起きる可能性があります。

これは主に、シクロクロスやツーリングバイクのもので、純然たるロードバイクのタイヤではありません。

こういった複雑さも、スポーツ自転車の難しいところです。

ロードバイクのタイヤが細い理由

ここまでの話でお分かりかと思いますが、タイヤの大きさはビード径で表されます。

ビード径=ホイールのリム径なので、タイヤの大きさは、ホイールを交換しなければ変えることはできません。

そのために自転車のタイヤは、幅(太さ)で性格をコントロールしているのです。

ロードレースの機材であるロードバイクは、軽量で加速力があり、パワーロスがないように変形率が少なくなければいけません。

そのため、あれだけ細いタイヤが採用されています。

一方、MTBは悪路を力強く走ることが前提です。

車体を安定させ、コーナーでの強いグリップ力も求められるので、太くてゴツゴツしたタイヤが採用されています。

このような性格が分かると、タイヤサイズからも、自分に適した自転車の機種が浮かび上がってきます。

例えば、ロードバイクとMTBの中間的なクロスバイクの主流のタイヤサイズは700×28cです。

ロードバイクと同じ外径ながら、MTBに近い太さを持ちます。

そのため、タイヤサイズだけを見ても、クロスバイクが中間的要素を持っているのが分かります。

ただ、クロスバイクにはHEの26インチやWOの650Bなどが混在していますので、注意が必要です。

タイヤの規格は難しく考え過ぎない方が良い

今回は自転車のタイヤのサイズについて、規格や表記方法を確認しました。

規格の統一は今後も望み薄なので、自分が乗っている自転車の規格を覚えてしまいましょう。

その上で車種を越えた運用を考える場合は、統一表記のETRTOを参考に、ビード径で確認してください。