ロードバイクのタイヤを修理・交換する!外し方をご紹介

ロードバイク乗りの方なら、一度はタイヤのパンクを経験したことがあると思います。

パンクしたときに、もし近くに自転車屋さんがなかったら、自力で修理するしかありませんね。

しかし、私もそうでしたがパンク修理どころか、最初はタイヤの外し方すら分かりません。

今回は、そんな知っているようで意外と知らない、タイヤの外し方についてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピストバイクのタイヤを選ぶなら!?交換方法をご紹介!

自転車で唯一地面と接するパーツがタイヤですね。ピストバイクは他の自転車に比べ、タイヤの負担が...

シマノのディスクブレーキ!エア抜きは必要?その方法は?

最近のスポーツサイクルに増えてきた、ブレーキシステムの一つに、シマノのディスクブレーキがあります。...

feltのf75はアルミの逸品!しかしホイール交換はしたい

「felt(フェルト)」のアルミロード【f】シリーズは、創始者のジム・フェルトが長年かけて、理想...

自転車タイヤのチューブレスタイヤのメリット・デメリット

自転車タイヤでチューブレスタイヤをご存知ですか??今回はチューブレスタイヤの特徴を調べてみた...

トレックのロードバイクはいつから型落ちになる?注意点は?

ロードバイクは高額な上に定価販売が基本なので、価格が気になる方も多くいらっしゃると思います。...

ホイールバランスが歪むとスポーツバイクにどう影響する?

スポーツバイクに乗っている人ならば、ホイールバランスを聞いたことがあるのではないでしょうか?...

メリダのスクルトゥーラ100のカスタム!おすすめ製品

ロードバイクはカスタムありきと言っても過言ではなく、何も交換せずに一台が寿命を全うする方がレアかもし...

ロードレーサーのサドル調整方法解説!ポイントを押さえよう

ロードレーサーに乗っていると、避けて通れないのが「サドルの調整」です。しかし、シティサイクル...

ロードバイクのホイールでシマノ・デュラエースはどう?

シマノのデュラエースと聞くと「高価すぎる」「高嶺の花」など、あまり自分には縁がないと思っている方も少...

ロードバイクのホイール交換をする~工具や作業工程をご紹介

ロードバイクにおいて、最初にカスタマイズするのは、ホイールであるという意見が多いです。ホイー...

メリダのスクルトゥーラ5000を他モデルとの比較で評価する

メリダのロードバイク「スクルトゥーラ」は主力シリーズなので、非常に多くの機種があります。...

フルクラムのレーシング5のハブを分解してグリスアップ

フルクラムはカンパニョーロの子会社で、ホイール専門メーカーです。アルミリムホイールには、全て...

ロードバイクのホイールをグリスアップする理由とは

ロードバイクにおいて「グリスアップ」は、様々な部分で定期的に行う必要のあるメンテナンスです。...

自転車のタイヤとホイール交換をしたい!おすすめはどれ?

スポーツ自転車(ロードバイク)の初めてのカスタムで行われることが多いのが、タイヤとホイールの交換...

知って損は無い!自転車の後輪ブレーキの種類・修理・交換

普段の移動に自転車を使っていらっしゃる方は多いことと思います。そんな自転車を、より安全に乗る...

スポンサーリンク

タイヤはホイールにはまって車輪となる

本題に入る前に、注意していただきたいことから先にお話しておきます。

「タイヤの外し方」で検索すると、その多くは「ホイール」の外し方がヒットします。

「車輪」という広義な意味で、タイヤ=ホイールになっているのだと思われますが、写真や動画がないと誤解を招きかねません。

通販サイトなどでは、タイヤの購入ページに「ホイール付きですか?」という質問が見られます。

これは無理もない話で、ロードバイクなどの完成車は、もちろんホイールにタイヤが取り付けられた状態です。

さらに、通販サイトのタイヤのページの写真は、たいていホイールに付いて車輪になった状態で、掲載されています。

これでは、タイヤとホイールがセットになっていると思ってしまうのは、仕方がないことです。

ですから、まず大前提として、タイヤとホイールは別物ということを覚えておいてください。

タイヤがホイールに、はまって車輪となるわけです。

ロードバイクのホイールの外し方は簡単

前置きが少し長くなりましたが、ここからはタイヤの外し方についてお話していきます。

「タイヤの外し方」の検索で、ホイールの外し方がヒットするのは、タイヤを外すときはホイールも一緒に外すことが多いからでしょう。

タイヤを新品に交換するときや、パンクの修理をする際は、ホイールが付いたままでも作業はできますが、外した方がやりやすいのは確かです。

ママチャリなどのシティサイクルは、ホイールがボルトでフレームに支持されています。

そのため、外す際に最低でもモンキーレンチは必要になります。

ところが、ロードバイクなどのスポーツ自転車のホイールは、クイックリリース機能でフレームに取り付けられています。

これは、レバーの操作だけで脱着が可能な機能なので、工具もいらず非常に簡単です。

そのため、ロードバイクのタイヤ交換やパンク修理は、自力で行うことが推奨されます。

そこで今回は、タイヤの外し方の延長線上にある、交換やパンク修理に付いても、お伝えしていきます。

ロードバイクのホイールの外し方

それでは、タイヤの外し方を説明します。

タイヤの交換を前提にしますので、まずはホイールから外していきます。

ロードバイクを逆さまにして、ハンドルとサドルで車体を支えるようにします。

そのままでも可能ですが、片輪を外すと安定しなくなるので、ひっくり返しましょう。

まず、前輪から外します。

ホイールを外しやすくするために、ブレーキのクイックリリースレバーを開放します。

次に車輪側のレバーを倒し、レバーと反対側のボルトを緩めると、前輪は外れます。

後輪も基本は同じですが、戻すときにやりやすいように、チェーンを前後のギア共に小さい歯車に移動させておきます。

ペダルを回しながらシフターを操作して、フロントはローに、リアはトップにギアを入れてください。

前輪と同じようにブレーキのレバーを緩め、車輪のレバーを倒します。

後輪は、リアディレイラーを後ろに引きながら、車体を持ち上げると外しやすいです。

これで前後のホイールが外れますが、ロードバイクのホイールは、このように素手で外せるものなのです。

ロードバイクのタイヤの外し方

ロードバイクからホイールを外したら、次はタイヤを外します。

タイヤも素手で外せないことはないですが、「タイヤレバー」あると、より安全に外せます。

後述しますが、100円ショップで売っているパンク修理キットに入っています。
単体でも1本100円程度で購入できます。

それでは、外し方を説明します。

まずは一旦、空気を抜きます。
バルブキャップを外し、バルブを押して空気を出したら、ナットを緩めて外します。

タイヤレバーを1本差し込み、上に起こしてリムとの間を広げます。

少し離れた位置にもう1本差し込んだら、スライドさせながら1周します。

タイヤはビードという、耳の部分がホイールのリムに噛みこむようにしてはまっているので、外す際はビードを下に落とし込むイメージです。

片側のビードを外したら、タイヤの中からチューブを引き抜きます。

この状態になれば、あとは手で外れるので、完全にタイヤを外します。

ここで確認していただきたいのは、ホイールのリムの内側に貼られている「リムテープ」の状態です。

リムテープは、スポークの留め具であるニップルや、リムのバリでチューブが傷付かないようにしているものです。

破れたり切れたりしていると、パンクの原因になりますので、劣化している場合は交換してください。

通販サイトなら、500~600円ほどで購入できます。

タイヤのパンクは自力で修理できる

前項までは、ロードバイクのホイールとタイヤの外し方を説明しました。

ここからは、タイヤを外した後の処理であるパンク修理と、取り付け方をご紹介します。

タイヤのパンクは、ガラス片や金属などの異物がタイヤ本体に刺さる「貫通パンク」。

道路の段差を越えようとしたときなどの衝撃で、チューブが変形してリムと地面の間に挟まってしまう「リム打ちパンク」が主です。

貫通パンクは、修復がほぼ不可能ですので、交換になります。
しかし、リム打ちパンクは、チューブを補修すれば再利用可能です。

自転車屋さんに頼むこともできますが、前述のように、ロードバイクはホイールとタイヤの脱着が容易です。

このあと説明するチューブの修復も、難しいところはひとつもないと思いますので、自力でできるようにしましょう。

パンク修理に必要なものですが、修復キット・バケツ(洗面器でも可)・白いマーカー・いらない布・金づち・空気入れ(仏式バルブ対応)です。

修理キットは、穴を塞ぐパッチ・ゴムのり・紙やすり・タイヤレバー・虫ゴムなどがセットになっています。

ロードバイクのタイヤ修理方法

ここからパンク修理の手順に入りますが、既にロードバイクからタイヤを外した状態で、説明します。

チューブに空気を少し入れて、水を張ったバケツに入れます。

チューブを揉んでいき、気泡が漏れるところに穴が開いていますので、当たりを付けておきます。

チューブをよく拭いてから、白いマーカーで穴の部分に目印を付けます。

目印の付近をやや広めにヤスリで削って、ザラザラの状態にします。

ザラザラになった部分にゴムのりを塗って、5分ほど乾かします。

乾いたら、穴よりも大きめのパッチを貼り、しっかりと圧着させるために、上から金づちで軽く叩きます。

あとは、もう一度チューブを水に浸して、気泡が漏れなければ、パンク修理は成功です。

最後に、タイヤをホイールに取り付けていきます。

チューブのバルブ口をリムに通します。

片側のビードをはめたら、チューブをタイヤの中に潜り込ませるようにして戻します。

このときに、チューブがタイヤとリムに噛みこまないように注意して、真っ直ぐに入れましょう。

チューブを収めたら、片側のビードをはめていきますが、最後の数センチがキツいかもしれません。

そのときは、タイヤレバーを差し込んで、ビードを上げるようにして、はめてください。

あとは、外し方でお伝えしたのと逆の手順で、ホイールにはめていきます。

最後に、ブレーキのクイックリリースレバーを戻すのを忘れないでください。

タイヤやホイールは簡単に外れる!

自転車に限らず、乗りものからホイールやタイヤを外すのは、「分解」という言葉が頭をよぎるので、最初は抵抗があるものです。

しかし、今回説明したようにロードバイクバイクにおいては、全く尻込みする必要はなく、簡単に脱着が可能です。

そのため、パンク修理も自力でできるようになっておけば、鬼に金棒ですよ。