ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ロードバイクのホイールでヒルクライム用とはどんな特徴か?

2018.2.23

ロードバイクのレースに「ヒルクライム」という競技があります。

山登りに特化したレースですが、乗り手もパーツも、全てが軽量だと有利と言われています。

その中でも、重要な要素となるホイールについて、どんなものがヒルクライム用として最適なのかを考えていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

高級レースモデル!そのピナレロのロードバイクの価格は?

スポーツバイクの専門店で、壁の上部の方に高級感を漂わせながら展示されているメーカーのロードバイク...

サイクルベースあさひ限定!メリダ「スクルトゥーラ300」

メリダの「スクルトゥーラ300」は、サイクルベースあさひ限定販売のエントリーグレードのロードバイ...

ロードバイクのフレームを作るために溶接は便利で必要!

自転車のフレームはスチールでできていますよね。 そのフレームを繋げているのは、溶接という加工方...

あったら便利!?ロードバイクに補助ブレーキは必要なのか

ロードバイクといったら、ハンドルの先端が下に大きく曲がったドロップハンドルが特徴的なスポーツ自転車で...

イタリアの至宝デローザのskの凄さをブログから読み解く

デローザ、コルナゴ、ピナレロといえば、イタリアの自転車メーカーの御三家です。 ロードバイクに乗る人...

初心者必見!アンカー・RS6のインプレ評価から見えるもの

ロードバイクは本格的にレースをする人に向けて作られているため、興味は持っても自分にはハードルが高...

ロードバイクのスポーク調整をしよう!!やり方と注意点

ロードバイクに乗っている皆さん、きちんとホイールバランスを取っていますか?? ホイールバランス...

スコットのアディクトはブログでどのような評価を得ている?

スコットのアディクトには、幅広いファンがいるので、多くの情報がブログに載せられています。 また...

歴史に名を残すベストセラー!PINARELLO・FP3を振り返る

PINARELLOは創業60年以上の老舗ブランドですが、常に新しいものを求めて新陳代謝を繰り返し...

ロードバイクのフロントディレイラーがチェーンを擦る原因

ロードバイクのフロントディレイラーの調整は難しく、特に精通していない内は途方に暮れてしまう事もありま...

ここを押さえておきたい!ロードバイクのパーツ別メーカー

ロードバイクには多くの消耗品が使用されていますし、カスタムという点でもパーツの交換をしながら自分なり...

このロードバイクメーカーがおすすめ!安い価格の物もご紹介

ロードバイクを購入するに当たってまず考えるのは予算、そして次にメーカーではないでしょうか? 価...

シマノ105・R7000の価格を踏まえてカスタムの仕方を考える

シマノのロードバイク用コンポのミドルグレード「105」が2018年にモデルチェンジされ、型番もR...

スペシャライズドの「ルーベ」には重量より大切なことがある

スペシャライズドのロードバイク「ルーベ」は、悪路や長距離走行に適正の高い「エンデュランスモデル」です...

デュラエース7900系が残した財産を11速化した9000系が引継ぐ

シマノのロードバイク用コンポの頂点と言えば「デュラエース」です。 完成車では、50万円以上の高...

スポンサーリンク

ロードバイクのヒルクライムとは

まず「ヒルクライム」と聞いても、ピンとこない方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明させていただきます。

ヒルクライムのスペルは「hill climb」、直訳すると「丘を登る」となります。

自転車の世界では、山や丘陵の上り坂に設けられたコースを、駆け上がるタイムを競う競技のことを、ヒルクライムと呼びます。

主にロードバイクを使用することが多いですが、大きな大会になるとMTBの部もあります。

標高差は1,000~1,500m、全長20~25kmで、ロードレースとしては短い距離の勝負になります。

重力に逆らって進むことになるので、小柄で軽量な人が活躍しやすい環境にあります。

また、車体やパーツも軽いほうが断然有利となるので、ヒルクライム用と言われるのは、フレームやホイールでも軽量なものになります。

さらには、平坦のロードレースと比較すると、個人の脚力の差がストレートに出るので、集団走行になりづらい面があります。

集団での駆け引きや、他者との接触の可能性が低くなるので、レース初心者の方が目指しやすい競技です。

ロードバイク用のホイールは絶対に軽さが正義なのか?

ロードバイクを表現する際に「軽さは正義」という言葉がよく使われますが、ヒルクライムには、正にこの言葉がぴたりと当てはまります。

前述した通り、重力に逆らって進むこと、距離が短いこと、そして平坦路を走るようなスピードではないことが理由になります。

一般のロードレースでは、平坦路を一定の速度で走る高速巡航性が重視されます。

高速巡航性というのは、速いスピードを維持するという意味なので、いかにしてスピードを落とさないかがカギです。

その意味では、重量が軽すぎると不利になるのです。

例えば、野球の硬式用のボールと、子供が遊ぶビニールのカラーボールを、同じ力で転がしたとします。

最初は重量が軽いカラーボールが勢いよく転がっていきますが、最後まで転がり続けるのは硬式ボールです。

重いものはスピードに乗るのも遅いですが、落ちるのも遅いので、スピードの維持に長けているのです。

短い距離を速く走るなら、フレームやホイールはヒルクライム用と言われる、軽量なものを選ぶべきでしょう。

しかし、一定の速度をキープすることが重要な場合は、「軽さが正義」とは言い切れない部分もあります。

ヒルクライム用にはリムの重量が軽いホイールが良い

今回はホイールがテーマなので、ここからは、どんなホイールがヒルクライム用と言えるのかをご説明します。

ここまでの話でもお分かりになったかと思いますが、軽量であることに越したことはありません。

ただし、ヒルクライムはロードバイクを背負って登坂する競技ではなく、走らせるものです。

そのため、重要なのは、手で持った際の重量ではなく、走りの軽さです。

坂の上りやゼロストップからの漕ぎ出しの軽さは、ホイールの外周部分「リム」の重量が大きく関係してきます。

その意味では、カーボンリムが断然有利となります。

前後セットで1,000gを切ってくるようなものまでありますので、さすがに重量で比較するのは、スチール製がかわいそうです。

しかし、カーボンリムのホイールは高価です。

最低ラインでも10万円台の後半からで、30万円~40万円のものが珍しくもありません。

さすがに、これからヒルクライムに取り組もうとしている人に、これをおすすめですとは言えません。

そのため、今回は、できるだけ軽量なアルミリムのホイールをご紹介していくことにします。

ヒルクライム用のホイールは剛性の高低が重要

ヒルクライム用のロードバイクホイールを検証していますが、重量と共に重要な要素は「剛性」です。

剛性は、物質の変形しにくさを表す言葉で、高低で表現されます。

ホイールは、上から乗り手によって加重されるので、多かれ少なかれ、たわみます。

ホイールがたわんでしまうと、ペダルを漕いだ力が逃げてしまい、動力がしっかりとホイールに伝わらなくなります。

特に、登り坂では立ち漕ぎなどもしながら、ペダルに大きな力を掛けます。

このときに、たわみが大きいと、漕いでも漕いでも進んでいかないホイールになってしまいます。

ですから、ヒルクライム用のホイールは、ある程度の剛性の高さも要求されます。

縦方向からの加重に対する剛性の高低は、いくつかの要素で決まります。

まずはリムの硬さですが、硬いものは変形しづらいので剛性は高くなります。

リムが硬いとクッション性がないので衝撃吸収性が悪く、地面からの振動がダイレクトに伝わります。

この振動は、ボクシングのボディーブローのようにジワジワ効いてきますので、長時間乗っていると疲れが溜まります。

しかし、ヒルクライムはスプリント勝負なので、衝撃吸収を考えるよりは剛性の高さ優先で良いでしょう。

あとは、アルミスポークのホイールは剛性が高くなります。

ほとんどのアルミリムホイールは、予算の関係もありスチール製のスポークですが、一部の上位モデルではアルミスポークを採用しています。

ただし、アルミリムにアルミスポークの組み合わせは硬すぎてしまうので、ある程度脚力が付いてきてからの選択になるでしょう。

おすすめのヒルクライム用ロードバイクホイール①

それでは、ここからあくまでも個人的にではありますが、ヒルクライム用と思われるホイールをご紹介していきます。

【シマノ:WH-9100 C24】

シマノのロードバイク用コンポのハイエンドモデルである、「デュラエース」グレードのアルミリムホイールです。

全体の重量も軽量ですが、リムが前後計で400g(リムテープ含まず)を切っています。

これはアルミにカーボンをラミネートしているからで、15万円を超えるアルミリムでは、かなりの高級品です。

しかし、さすがに漕ぎ出しの軽さはお墨付きですし、9100系にモデルチェンジしたところで、剛性が上がったという評価もあります。

シマノはリムが柔らかいことで有名なので、この評価はヒルクライマーにとっては朗報でしょう。

【マビック:キシリウム・エリート】

シマノのデュラエースは、メーカーのハイエンドモデルですが、こちらはミドルクラスのホイールです。

同じキシリウムでも「プロ」の方をヒルクライム向きとする人が多いですが、「プロ」はアルミスポークなので、あえてエリートを選びました。

何と言っても特筆ものなのは、リムの軽さです。

410g前後ですので、デュラエースにリムテープ分を入れれば、ほぼ同じくらいの重量です。

また、リムが頑丈で硬いので、ヒルクライムに適した剛性になっています。

これでいて10万円を切っていますので、コスパも十分保証できます。

おすすめのヒルクライム用ロードバイクホイール②

ヒルクライム用のおすすめロードバイク用ホイールは、まだまだあります。

【フルクラム:レーシング・ゼロ】

一説には、アルミリム最強という声もあるホイールで、アルミスポークを採用しています。

クラス最軽量とまではいきませんが、とにかく反応が凄いので、漕いだら漕いだだけ前に進む感覚は異次元です。

剛性が高く硬すぎるという声も多いので、脚力に自信がない人は避けるべきかもしれません。

しかし、慣れてくれば、ヒルクライムにおいて、これほど強い味方になるホイールも他にはないでしょう。

【イーストン:EA70 SL 】

イーストンは、リムが強いのとスポーク本数が多いので、剛性が高いです。

また、イーストンは金属フレームのチューブを製造しているメーカーなので、アルミを軽量に仕上げる技術が高く、リムは軽いです。

10万円を切るホイールとしては、ハブの評価も高いので、巡航性を鍛えたい人にも向いているホイールです。

ヒルクライムはレースだけではありません

ヒルクライムは、いわゆる自転車を使った「登山」ですから、何もレースに限ったことではありません。

また、山や丘でなく近所にある勾配のキツイ坂道を登るのも、一種のヒルクライムです。

ですから、特に今後レースを目指さないという方でも、坂を登るというシチュエーションに備えておくことは損ではありません。

もし、今の自分の用途で坂を登ることが多いような人は、ヒルクライム用のホイールを一考してみてください。

 - ロードバイク